思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

鈴鹿山系 藤原岳 (2018.3.31) 

20180331-0.jpg
藤原岳山頂(展望台)にて
キバラー、オリスさん、みねごん、うっちぃさん、こーやさん

【動画編】


暑かったり、寒かったり、風があったり、無かったり

【ルート】
 登り:聖宝寺道(裏登山道)-藤原山荘-藤原岳頂上-山荘付近(お昼)-天狗岩
 下山:大貝戸道


今回の山行のヤマレコはこちら

鈴鹿山系にも花の季節がやってきた。
山麓ではどこもかしこも桜が満開で美しい。
このところ例年は、桜満開のタイミングで雨が降って叩かれて散る
ということが多かったが、今年は雨が降らないので最初から最後まで楽しめる。
鈴鹿の山は他の山域と違ってみんな個性的であるが、
それを具体的にわかりやすく一言で表現する方法が思いつかなかったが、
orisさんがサラッと言ってのけた表現がまさにそれ。
そう、鈴鹿のほとんどの山はてっぺんが遮るものがほとんど無く
360度の展望のある山ばかりのイメージ。
四国の山にも通じるところがあるが、あっちは一見して芝生広場に見えるが
実際には笹藪なので歩けるところが限定されてる場合が多い。

みねごんからのお声がけで藤原岳に行こうということで
計画段階では孫太尾根を含めたコースで検討を行った。
ピストンするか登りで使うか。
タイムリーなことに、段平さんが藤原岳を歩かれたばかり
ブログ記事を参考にすると、孫太尾根を下山に使われていたので、
なるほどそのほうが全体のコースタイムは短縮できそうだなと。
個人的にはセブンマウンテンは完踏しているものの、
以前に藤原岳を登った時は展望が無かったために見送った
藤原岳最高地点の天狗岩にはぜひ行ってみたかった。
孫太尾根を取るか、天狗岩を取るか。
他のメンバーには藤原岳初めてだったり、聖宝寺道が未踏だったりなので
それならばふつうに聖宝寺道から登って山頂と天狗岩を踏んで
大貝戸道で下山する一般的なルートで歩くことになった。
それでも高低差千メートルはあるのでそれなりにハードではあった。

朝2時半起きで定員の5人乗車1台にて西藤原小学校前の藤原岳観光駐車場へ。
その前に大貝戸登山口駐車場6時30分ぐらいに立ち寄るもすでに満車だった。
駐車料金は300円。
午前7時5分にゆっくりスタート。
聖宝寺道は、前回歩いたときとさほど変わらず、
前回も今回同様に下りに使った大貝戸道があまりにも印象がなかった。
それに比べると聖宝寺道は出だしからいろいろと変化に富んでいるほうで、
登りに使って正解だ。
8合目で大貝戸道と合流後は同じルートを共有することになるが
とたんにハイカーが増えて、絶好の天気のこの時期はさすがに多い。
9合目あたりから福寿草が見られるようになり、
藤原岳山荘前はハイカーでごったがえしていた。
山荘は覗いてみなかったし、トイレも利用しなかったので様子はわからない。
休憩もそこそこに山頂を目指すも20分程度で到着。
やはり人が多かったが、なんとか記念写真を撮って、
軽く三座同定、といっても竜ヶ岳と御在所岳を確認した程度かな。
再び山荘まで戻り、少し天狗岩のほうに登り返したところで昼の大休憩。
天狗岩まで片道で40分くらいはかかると聞いて、
行くのがめんどくさくなったが、それだと何しにきたかわからない。
天狗岩は行かないわ、孫太尾根は歩かないわで前回のパターンになってしまう。
大休憩後には下山したくなるところをがんばって天狗岩へ。
天狗岩、もっと断崖絶壁のイメージがあったが、下から登ってこれそうな
まるっとした感じの印象だった。
空撮、久しぶりすぎて操作が。。あのメニューどこいった状態で。。(^^ゞ
満足に飛ばせないまま撤収。
もう少し時間があればもっとあちこちで撮りたいところであったが、
再び山荘に戻ってきたら14時半にもなっており、まだ下山に二時間はかかる。
藤原岳ってこんなにボリューミーな山だったとは。。
おニューの靴は2回目の使用だったので下山中に足先が痛くて。。。
そんなこんなで下山後はかけ流し温泉(源泉ではない)の阿下喜温泉へ。
その後、王将の中ではランキング上位の四日市インター前店へ。
さすがに疲れて帰りの運転は交代してもらって後席で爆睡。。
気づいたら天理ICまで帰ってきてた。(^^ゞ
ご一緒いただいたみなさん、ありがとうございました!
Check [ 2018/04/03 23:00 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(10)

啓文社書房 『100回登っても飽きない金剛山』 藤原久敏著 

20180329-1.jpg
「100回登っても飽きない金剛山」 藤原久敏著

未来から来た本?!(発行日が)

いつだったか、3月吉日の出版当日に購入。
金剛登山180回の、40代前半の若き(僕よりも)著者が書かれた本。

金剛山常連としての視点から見ると、そうそう、そのとおり、
よぉわかってはるやん的なまとめ方で、あれを書かなあかんやろ
というようなツッコミどころはほとんどみつからず。
カトラ谷ルートに関しても、昨年の台風災禍後の内容になっている点など
情報も新しく、なかなか無難なまとめ方をされてるのは、
公式じゃないルートについては紹介されてない点からも見て取れる。

そんなわけで、アラ捜しをしても隙無し!と思える完成度の高さではあるが、
金剛山登山(※)みたいな題名を看板にしている当ブログの威信を賭けて
あえていくつか発見した。

 その1 115ページにまったく意味が異なる誤字を発見(≧∇≦)
 その2 時計台ポーズは流行りのものと少し異なる
 その3 本の発行日が未来


ほんと苦し紛れのツッコミどころである。(^^ゞ
発行日だって、本というのはそういうものかもしれないが、
そこをあえて鬼の首を取ったみたいに大騒ぎしてみた。(≧∇≦)
詳しくはお求めになって確認してみてください。
金剛山へ通い始めようと思ってる方に、
金剛山ってこんな山なんだよ、って説明したい事が
ほとんど全部書かれているバイブルとなる書。
熟練、常連者にとっては、日常すぎて
忘れかけてることを気づかせてくれる再確認の書となることだろう。
こんな庶民的な本がほしかったと思わせる内容となっている。

この著者の方、もしかしてご近所さんかもしれないなぁ。

本の出版のやり方を教えてもらって、
金剛山のルート1つで一冊の本になるようなシリーズ本を出したくなった。

※ブログ名の「金剛登山」というのは、金剛山登山に限定した意味あいではありません。

20180329-4.jpg
この記事を書いてるのが2018年3月29日である。
Check [ 2018/03/29 21:24 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(2)

金剛山 第578回 (2018.3.25)  

20180325-0.jpg
金剛山山頂にて
キバラー、ニシオさん、うっちぃさん、arajinさん、ぱろやんさん、Takeshiさん、キョーコさん、はんていさん

【動画編】


なつかしい顔ぶれ、大人の遠足

【ルート】
 登り:黒栂尾根ルート~青崩道合流~西谷~大日岳~山頂
 下山:香楠荘狼尾ルート


久しぶりの懐かしい顔ぶれで金剛登山。
何の偶然か、最近、なつかしい人とばったり金剛山で出会う事が多々あった。
集う経緯はさておき、そんな方々との飲み会メインでの山登りとなった。
歩き方から、しゃべり方から、口癖から、ぜんぜん変わってない~(≧▽≦)そらそうか
どれくらい懐かしいかというと・・

Takeshiさん
2009年9月5日の金剛山がブログ初登場で、初めての大峰(大普賢岳)の思い出も。
そして、2013年4月28日の播磨アルプスが最後となっていた。

ぱろやんさん
2010年5月16日の大峰山上ヶ岳行きで初登場。
2013年2月17日の金剛登山が最後になっていた。

arajinさん
2010年4月25日の金剛山高天谷ルートで初登場。
あの時は当時10mくらいあった滝の右手をロープ左手、カメラ右手で登っていてあわや滑落。
高天谷ルートは当時、確保ロープが必要で、arajinさんの手助け無しには突破できなかった。
2015年11月3日、歩き尽くされた比良を案内いただいたのが最後となっていた。

はんていさん
2011年4月29日のGW、まだ雪溶けやらぬ大峰稲村ヶ岳行きが最初。
2011年7月9日、私の初アルプスに仙丈・甲斐駒まで導いていただいた。
若気の至りで迷惑かけてばかりだった。
2013年1月13日の六甲山トウェンティクロスのが最後となっていた。

他にもまだまだご無沙汰している方はいらっしゃって、
今、どうしてらっしゃるのか気になっているが
小心者の自分からお声がけするきっかけがなくて。。(^^ゞ
そういえば、当ブログを始めた頃、一緒に登っていた
あーちんとも最近、金剛山でお会いしたんだった。

山頂ではkosiziさんにもお待ちいただいていたものの、
計画より少し到着が遅くなってしまったのでお会いできずほんとに残念。

金剛山でみなさんに会うとほとんど変わって無くて時がゆっくり流れているようで
いつでもあの頃にタイムスリップできるような錯覚に陥る。
ざっくり10年を振り返っても、個人的には身内を看取ったり、
親が高齢になってきたことで休日にいろいろサポートしたりで、
顔には出さなくても、誰もが日々、何かと格闘し、抱えてらっしゃることだろう。
それでも金剛山は、いつでもあの頃の自分を取り戻してくれる、そんな存在かな。

さて、みなさんとは近鉄と南海が乗り入れる河内長野駅で集合。
バスによる楽ちん移動は、時間も遅めの10時発なので全員着席しても空席があった。
山頂12時半~13時の到着目標で、大阪側からのルート計画は
ツツジオやタカハタではすぐに山頂に着いてしまう。
水害後のカトラや黒栂谷は通行禁止。
ワサビ谷も良いけど最近も歩いたけど大勢だと縦列歩行になる。
横に広がって歩けるとしたらあそこしかない!
そう、なんちゃって西ブテ・・じゃなくて石ブテ西谷。
どうしてなんちゃってなのか、核心部の滝が終わってからの
平和な植林帯だけを、美味しいところだけをいただくから。
当時、時々金剛山で出会う山ガールの先駆け、ダーさんが言ってたから。
マニュアルミッション車のWRX STIをかっ飛ばして金剛山に通ってた彼女はどうしてるかな。
そんな西谷へアプローチするには黒栂谷ルートが最適であるが前述通り通行禁止。
そしたらもう黒栂尾根ルートしかないではないか。
最近、新たに開拓された林道のつづらを詰め、
まだ踏み跡があるかなと探すとすぐに見つかり、尾根の急登を登る。
青崩道に合流後はセトまで下る予定であったが、
山頂で待つkosiziさんとの待ち合わせ時刻に間に合わせるためには
もうここを下りるしかない、とのことで合流点から西谷へ着地する。
もう少し山頂側に進めば、もっと楽に下れたのに何を苦労してきたんだ?!
本当はもっと下流、やっぱりセトから歩きたかった。
いつもは途中から石ブテ尾根に取り付くので、谷を詰めるのは超久しぶりすぎて
見慣れぬ風景に、最初は違う谷に迷い込んだかと思ったほどだった。
谷の源頭はズルズルの斜面。今でもトラロープがあったのが嬉しかった。
しかしながら、トラロープを使うより左手から巻くほうが楽にスムーズに登れた。
そんなこんなで大日岳経由で山頂へ。
時すでに遅しでkosiziさんは去った後だった。
山頂では、あの袋とじクリップへの印刷をしてくださったニシオさんと初対面。
その節はお世話になりました。
軽めの昼食の後、ちはや園地経由、香楠荘尾根にて下山。
河内長野駅前の飲み屋さんでちゃみさんと久しぶりの対面。
あっという間の充実した一日だった。

その他の写真は以下から。
Check [ 2018/03/27 22:20 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(8)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにハマったのはたった数年だけ。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ