生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第536回 (2017.8.13) 

20170813-25.jpg
金剛山山頂にて Nさんと

【動画編】


残暑お見舞い申し上げ〼

【ルート】
 登り:久留野峠ルート
 下山:文殊東尾根ルート(寺谷ハード)

立秋が過ぎて、盆もまもなく明けようとしている。
梅雨がまだ明けやらぬような不安定な天気に、
休日はあってもびんぼう暇なし。
この時期、遠征しないかできないのなら低山は金剛山で十分。
暑さ大爆発なので他の山に行く理由が思いつかなくて。。
過去を振り返っても8月はあまり活動してないなぁ。
暑さに参ってブログ書く余力が無くて撮影したのに書かなかった事が増えてきてる。
直近でも3座くらいの未踏だった山の記事がボツに。
と言っても、特筆すべき核心部の無い山だったんだけどね。
うーん、だんだんとブログを書くのがしんどくなってきてるのかな。。
最近、ライブカメラの影響も手伝って?金剛山の登山人口が目に見えて増えてきているように思う。
岩湧山が?除草剤散布やら草刈りで貴重な花が消えて行ってるとか?
さらに、火器が使用禁止になったとかでコアなハイカーが金剛山へシフトしているとか。
ところでみなさん、夏バテ大丈夫ですか?
特に今年の夏は過去に例が無いほど気力・体力のパワーダウン。。
毎回フル装備で登っているものの、今回の撮影分もたぶんボツって思っていたら、
山頂でNさんと再会し、元気をいただいたので記念に編集。
その節はありがとうございました!
さぁて、来月からもっともっと情熱出せるかな?!
あ、まだまだ今月日数残ってたね。(^^ゞ

その他の写真は以下より。

金剛山 第531回 (2017.7.29) 

20170729-0.jpg
金剛山 妙見の谷にて

【動画編】


暑中お見舞い申し上げ〼

【ルート】
 登り:妙見谷ルート
 下山:千早本道

毎日がこうも暑いと、あらゆる意欲や考えることを削がれてしまう。
山の上は多少涼しいとわかっていても、そこに達するまでに汗だくになってしまって
涼んでいたらアブやブヨややぶ蚊の襲来を受けるので長居をせずに退散下山となる。
下山後、シャツだけでも着替えるとまるでシャワーでもしたかのようにさっぱり。
よく山頂で着替えている人がいるけど、下山後もお色直しするのかな?
夏の山シャツの気になるニオイは重曹洗濯でもダメだけど
沸騰したお湯の鍋で数分煮込むと取れるらしい。
ロゴマークとかどうなるのかなぁ??
誰かやってみて!(≧∇≦)
今日は沢ルートでちょっとでも清涼感が味わえるかなぁと思って
久々の妙見谷ルートへ昼からという遅めの出勤。
1ニョロ遭遇(=シマヘビ)
沢が終わった終盤でパンツの上からヤブ蚊とブヨに多数やられる。
途中で雷雨なりに遭遇するかなと思ったけど大丈夫だった。
自慢の傘を今日に限って忘れてきたし。
上から下山されてこられた犬連れのお二人にお声がけいただいた。
その節はありがとうございました!
15時頃に雨が降りそうな予想と教えていただきました。
少しパラツいただ程度だった。
で、妙見谷の沢ルート、いつもの厚着でもさすがに涼しかった。
着ているウェアは山頂に到着した時点では上下ともに汗まみれ。
虫刺されは下半身に集中。
薄いパンツだと上から余裕で刺しよる。
アブなんか厚いソックスの上からでも刺しよる。
ああ、やっぱ冬のほうがええかなぁ。。

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/07/31 22:06 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(8)

時空旅人 7月号(Vol.38) 『遙かなる熊野古道』 

20170727-1.jpg
時空旅人 7月号(Vol.38)  「遙かなる熊野古道」

幾度も復活を遂げる蘇りの道


自国の世界遺産なのに、外国人ハイカーさんのほうが熊野古道に詳しそうで、しかも熱い!
という気がするのは自分だけか?
何も考えずに歩いていると、こんな遠くまで来てダイトレと何がどう違うんだ?
という程度の稚拙な考えで済ませてしまう自分がいる。
外国人たちと遭ったり、ちびちびと熊野古道の片鱗を知るに従って
もうちょっと熊野古道に対する歴史的興味を持ってもいいんじゃないか?と思った。

にしても暑い。。歩いているときはそれどころじゃなかったんだよね。。(^^ゞ

20170727-3.jpg

前回のブログをアップしてからもだんだんと日が経ち、
熊野古道の続きについてはまたいつか、って感じで遠ざかりつつあった。
たまたま本屋をうろついていたら、「時空旅人」という雑誌に目が止まった。
奇数月の隔月刊の雑誌のようで、7月号がなんと「熊野古道」特集だった。
なぜ今このタイミングで目の前に?タイムリーすぎだろ。(≧∇≦)
これって今すぐ買えって暗示だよね?
何気ない毎日の中にもいろんな暗示やヒントが隠されていて、
それに気づけるかどうかが運命の分かれ道だったりするんじゃないかと。
ってことで当然のように購入。
半分くらい広告だろって思ってたら、想像以上にその中身は濃かった。

なぜ、熊野古道は世界遺産なのか?

答えは本の中に。

平安時代に最も熊野信仰が盛んだったらしい。
時代ごとによる栄枯盛衰があったとか。
お釈迦さんが亡くなって千年ごとに世の中が衰え滅びていくという考えがあり、
そこから何としても逃れたいという思いがあったらしい。
昔の人は純粋に信仰心が厚かっただけでなく、
自分の身体、生きた証、あるいは書いたもの後世に残したいという思いから
危険を冒してまでも熊野を目指したという。

熊野古道とは何を指しているのか?
知れば知るほど、ただ漫然と歩くだけなんてもったいない。
多くの先人たちが色々な思いで歩いてきた跡の残る道を、尊敬の念を持って歩きたい。
我々はそんな先人たちに未来を託された子孫なのだから。
日本人の生き方はその歴史が教えてくれる。
それが熊野古道なのかもしれない。

20170727-2.jpg
Check [ 2017/07/27 21:16 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(3)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ