生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

鈴鹿山系 天狗堂・サンヤリ (2017.5.5) 

20170505-0.jpg
サンヤリにて

鈴鹿らしさは希薄であった

【ルート】
 君ヶ畑自治会駐車場-大皇器地祖神社-(林道・バリ尾根)-天狗堂山頂-
 展望岩-サンヤリ-休憩地(お昼)-(バリ尾根)-林道-宮坂峠-
 大皇器地祖神社-駐車地

 
平成27年9月に制定された鈴鹿10座。
琵琶湖側の東近江市から登ることができる山であることが前提。
鈴鹿セブンマウンテンの7座中、5座も重複するが登山口はすべて滋賀県の東近江市側である。
今回は鈴鹿10座のうちの8座目となる。

GWの最中の遠出は渋滞に巻き込まれたりするので敬遠したいところであった。
滋賀県側からアクセスする鈴鹿の未踏峰で、
名前が面白い日本コバや銚子ヶ口かなと考えたが、
特に理由もないが周回できそうなので天狗堂にしたという感じ。
その周回はというと、山と高原地図には無いが
ヤマレコ等で先人たちがすでに歩いている時計回りで、
平和でノンビリとした周回の予定であった。
往路は特筆すべき点のない、わりと退屈なトレールだった。
わざわざコストかけてここまで来た価値を見つけたい。
お昼の休憩中にいろいろ調べているうちに気が変わり、
反時計回りの大周回ができるんじゃないかと思い立って冒険へ。
詰んでしまって帰れなる失敗リスクに対する勝算の見込みはある。
しかし、実際に行ってみたら予想外の展開になることも。
果たしてどうなることやら。

昨年11月に歩いた御池岳T字尾根に来たときと同じアクセスで、
あの時よりもずっと手前の「君ケ畑」集落にある、
君ケ畑バス停のところの広場に駐車させていただく。
自治会の駐車スペースらしく、この日は御池岳ツアー参加者が駐車していて
地元の方が軽トラで登山口まで送迎するという事が行われていた。
登山ツアーのサポートをすることで多少なりと地域の収益になっていればいいけど。
あたりは廃屋も多数あり、集落があるのが不思議なくらいの山奥だ。
ツアー客を見送られた後に残った自治会の方に駐めさせてもらって良いか確認。
「今日はツアー客のための駐車場やけど、まぁええよ」と快諾を得た。

取り付きの登山口がわからずに立ち往生していたら、
さきほどの自治会の人がひょっこり現れたので尋ねてみたら、
大皇器地祖神社の境内の中の右のほうに登山口があるとのこと。
9時前という遅いスタートであったが登山開始となった。
最初からいきなりの激登り。
いきなり夏がやってきたような高い気温に新緑。
登りつめて尾根にでたら林道が並走してきていたが下り切ったところで林道も終点。
登り返したと思ったらまた激下って登り返し。。
一瞬平坦なところに出て進むべき方向がややこしかったが、
登り基調に転じたところでピークまでは尾根の一本道。
これといって特筆すべき点がなくて退屈してきたところで左手に林道が見えた。
登山ルートから外れて林道に取り付いてどこまで続いているのか歩いてみた。
ほどなく終点になったので、隣の尾根からバリエーションで登ってみた。
自然林の中、急登であえぎながら登っているとでっかい真四角な岩が出現。
そこを越えてさらに進むも、岩場ゾーンに阻まれたので、
すぐ近くまで近寄ってきていた登山道に復帰して歩くことにしたが、
登山道も岩場ゾーンの急登となり、ほどなく山頂に到着。
サンヤリのほうへ少し進むと展望岩というのがあったので登ってみる。
サンヤリへは80m下って横移動して50m登るという感じで
思った以上に距離があった。
サンヤリのピークはフラットで大休憩適地であったが、
さらに奥へ行ったところで御池岳の展望の良いポジションがあったのでそこにした。
復路はサンヤリピークから尾根を北上し、林道へ通じる尾根を下った。
ところがそう簡単ではなく、スームズなところもあればシャクナゲに阻まれたり
小さな別尾根に引き込まれそうになったり。
最後の最後はソフトランディングできるかと思いきや、
林道に転落しないようにぎりぎりをヘツって・・。
林道に着地したらもうすっかり下山完了気分で平和が訪れたが、
この林道も長く、林道終点から宮坂峠にスムーズに上がれるかが心配の種。
林道終点からは最近重機で道を開拓しました的なところを登っていくと4分岐。
当たりをつけて開拓林道を登りつめて最後まで詰めたら行き止まりで引き返し。
尾根に取り付いて、宮坂峠から下山する尾根を見落として通り過ぎた。
また戻ってきてその尾根を下るも、踏み跡などない荒れた尾根。
なんとか大皇器地祖神社裏に着地するという大周回になった。

その他の写真は以下より
Check [ 2017/05/06 22:25 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(4)

金剛山 第516回 (2017.4.29) 

20170429-0.jpg
金剛山 香楠荘尾根にて
グンちゃん、おとみさん、和美さん、長瀬ともしゃん、ぼくくん、わたしちゃん
orisさん、うっちぃさん、みねごん、キバラー

【動画編】


グンちゃんシリーズ第7弾 『ピザ大作戦!』


【ルート】
 登り:寺谷ルート-山頂-カトラ谷ニリンソウ畑
 下山:香楠荘尾根


ヤマレコ版のレコはこちら。

前回までのグンちゃんシリーズ
 シリーズ第1回(正月の金剛山 2014.1.3)
 シリーズ第2回(樹氷の金剛山 2014.2.11)
 シリーズ第3回(10時の金剛山 2014.3.29)
 シリーズ第4回(ツツジの葛城山 2014.5.25)
 シリーズ第5回(夜明けの金剛山 2014.10.18)
 シリーズ第6回(大奈ミック葛城山 2016.11.12)

今回のグンちゃんシリーズは10名で、
金剛山カトラ谷のニリンソウを愛でて、ちはや園地キャンプ場へ移動し、
ピザ窯を借り切ってのデイキャンプ。

かねてより危険なカトラ谷を登るのは避け、
山頂からはニリンソウ畑まで下ってからの登り返し。
さらにちはや園地に到着した頃には腹ペコ。
しかし、ピザ窯内の温度が500℃近くまで上がるのに一時間ほど。
それでもいろいろ準備をしているとあっという間に焼きごろの温度に。
ピザはうっちぃさんが下ごしらえしてきてくれたこだわりのナポリピザや野菜の窯焼き。
みねごんが仕込んできてくれたパンやチーズケーキ、チキンティカなども窯で焼き焼き。
窯を相手にするので暑いかと思いきや、寒かったなぁ。
みなさんから持ち寄っていただいた食材を使ってこだわり料理の数々。
ゆっくり腰を落ち着けて食事してられないほどの忙しさは反省点かな。
みんなで寄ってたかっていろいろなものを作り上げる楽みを満喫しながらの一日だった。

つづきの写真は以下より。
Check [ 2017/05/02 20:40 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(6)

金剛山 第515回 (2017.4.22) 

20170422-11.jpg
金剛山山頂にて

追想・・

【ルート】
 登り:寺谷ルート
 下山:赤滝谷ルート

もうすぐGWなのに、まだ寒さが残っていたりでうすら寒い。
暑すぎず寒すぎず、低山山登りには最高のコンディションなので近場で十分満足。
まだ、遠くの他の山へ行く「やる気スイッチ」というか、気力がついていかないんだよなぁ。
快適で現状に満足しすぎると人間って堕落するよね。
寒かったり暑かったり、どちらか極端なほうががんばろうという気が?!
そんなわけで、最短最楽の寺谷ルートでトボトボと。
ワンパターンやマンネリ嫌いなので、下山はちょっと久しぶりのところを狙うつもり。
前半のんびり、後半は一所懸命な感じになるかな?

花の撮影に集中しすぎて同じ場所に固まりすぎてしまうと
運動に来たのか、はたまた散歩に来たのかけじめがつかなくなってしまうので
なるべく歩き続けながらチャチャッと撮ることでどれだけの成果が上がるかな。
ほどなく山頂。
山頂売店前では山のまこまささんと遭遇。
翌日曜日には大峰釈迦ヶ岳に行かれるとか。
山頂での滞留はそこそこに、ちはや園地のほうへ移動。
カタクリ尾根、そっちだったのかぁっていうところにカタクリ群生。
自生ではないけれど、香楠荘下の遊歩道のカタクリの咲き乱れっぷりのほうが見事だった。
香楠荘は開店時間にはまだ早かったので周辺をブラブラ。。
11時になって香楠荘で食事を済ませたらダイトレで久留野峠へ向かう。
そこからはダイトレを歩かずに、ダイトレに沿ってる林道をとことん詰める。
思えばここを延々と歩いたのは2013年2月のハリセンボンの時だった。
もう4年も経つのかぁ。。早いなぁ。。
あの時一緒だったけど、今だともうご一緒する機会なんて無いんだろうなぁと思う人も。
同じ目的で知り合った仲でも、時は流れ、価値観が変わり?
まぁ人それぞれ、いろいろ事情はあるよな。
てなかんじで林道はどこまで続いてたっけ?と思いきや高谷山付近で行き止まって終了。
ダイトレに最接近していて合流できる部分が二箇所ほどあったが、
そこまで戻る気にはなれなかったので、少しだけ笹ブッシュを歩いて尾根に乗る。
あれ?この尾根、なんとなく記憶にあるぞ?
そうだ!のぶさんと初対面で2011年1月に初めてご一緒したときに歩いた尾根だった。
よく似た尾根がたくさんある中で、意外と肌で覚えているもんだよなぁ。
もう6年も経つのかぁ。。
そんなこんなでダイトレにはすぐに合流し、千早峠へ。
その間、通過していったトレラン数名、登山者数名。
千早峠からは五條林道へ。
途中、ここはれんげ畑か!と思うほどおびただしい数のショウジョウバカマ群生があった。
赤?っぽいのや白、黄色と4色くらい混じってた。
いよいよ最後の登り返しの東條山へ。
以前無かった林道の分岐があって取り付きがどこなのか一瞬迷った。
取り付きを見つけてからは順調に登るも、テーブがあるへつり側と、
テープはないけど踏み跡のある尾根道とに別れる。
僕の記憶が正しければ、へつりを歩いたのを覚えているので、
そっちへ行ってみたらすっかり荒れてしまっていて、
とうとう進むことが困難になってきたので、適当なところを見つけて尾根に上がる。
さきほどの尾根道とは異なる尾根であったが、大きな障害もなく東條山の山頂に到着。
あの時の山名板はどこへいったのか完全に消失していた。
以前、よくここを訪れたのは2010年頃の事である。
今のようにスマホなんて無いし情報源も少ない時代。
山と高原地図なんてこんなせせこましい低山では役に立たない。
かろうじて当時最先端のGPSは持っていたので等高線と現在地の確認はできた。
あれから7年も経つのかぁ。。
そうそう、下山は最新のテクノロジーで村界尾根を廃隧道入口まで詰めるつもりが、
余裕かましてテープを追って歩いているうちに途中で尾根違いであることに気づいた。
村界尾根よりひとつ手前の尾根だった。
進入するときにちゃんと地図を確認するんだった。。
戻ってリカバリーするにはずいぶん進んでしまっていたのと、
このまま進んだら過去に何度か歩いたことがある赤滝谷に合流するだけなので
そのまま尾根を下っていった。
谷に着地するところはヤバくないかなぁと心配だったが難なくソフトランディングできた。
本来の赤滝谷ルートは、谷を最後まで詰めるのが一般的だった。
やや荒れた赤滝谷の沢歩きは、右へ左へと足の置き場を考えながらクリアしていくのが楽しい。
それでも大きな障害も苦労もなく、比較的スイスイと進めた。
最後に堰堤が、ここから先は行かせないとばかりに急に立ちはだかったのには
ドキっとさせられたが、それも昔の記憶を辿ってクリアして滝の落ち口へ。
そう、赤滝谷は立派な滝ゆえに、滝を巻く高所へつりが怖かったのを思い出した。
たしかに今でも危険なへつり健在で、下山に使用ともなるとやや緊張。
足を滑らしたらほぼ終わり。。
なんとか安全地帯にたどり着いたが、滝まで下るルートが掴みどころなどを考えると
ミスできないので、沢を渡渉するほうへと下りた。
渡渉もなんとか上流の浅瀬を見つけて渡れた。
あのグレーチングの滑りそうな一本橋を渡らなくて済んだ。
こんなルートを歩く人はもはや居ないだろうなぁ。。
マス釣り場を抜けて駐車地へとバス道を登り返して終了。
夏ブッシュになるまでの今の時期に久しぶりに村界尾根を攻めてみたかったが
まさかのルートミスで残念であった。。
おつかれ。。

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ