生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

奈良県宇陀市 三郎ヶ岳 (2017.2.25) 

20170225-0.jpg
三郎ヶ岳山頂にて

ひたすら静寂・・・

【ルート】
 仏隆寺-登山口(小峠)-高城岳-三郎ヶ岳-バリの尾根(昼食)-石仏
 -伊勢本街道-登山口(時計回り)


この時期、アイゼンを取ったり外したり、外したり取ったり?
山頂付近だけ踏み固められたアイスバーンな部分が残っていたりで
付けたり取ったりの中途半端なコンディションがなぁ。。
もう大丈夫だと思って外したら、まぁ~た装着が必要だったり。
登山口から雪があるか無いか、1か0かデジタルでお願いできないでしょうか。
今回はそんな心配のない、雪なんて無い山へ。
もう、僕の中では冬山は終わり!\(^o^)/
今冬もチェーンスパイクだけで済んだ、短い冬だったなぁ。
三郎ヶ岳、何それ、どこ?
名前は聞いたことがあるような無いような。。
このところ行きたい山、気になる山がちょ~っと見えなくなってきていて、
どうしたもんかなぁと、しばらく山を?ブログを?休みたいような・・。
しかしながら週一、二回の体力づくりと森林浴?は欠かせたくはないし。
最初から山なんて興味なくて?運動しなきゃってことで歩いているだけでは?
市街地を歩くよりは空気が良いし?
しかもただ歩くだけでは退屈なので、カメラとか、およそ山登りには無くても影響がない
そんなアイテムを使って遊び半分の山歩きをしていただけだったのか?とか思ったり。
そうなるとハンコ集めの金剛登山ばかりになってしまう。(始めの頃はそうだった)
そうとは言いつつ、勝手のわからない、目にするもの全てが初めての山は
新鮮な驚き、体験、そんな探検登山は好きだ。
五感を総動員しなければならない緊張感は、サバイバル生存本能が目覚めるような。
なんてね。
以前いただいた方のコメントに今回の山行きのヒントがあったのでメモしていた。
それが今回の三郎ヶ岳。
あの、誰もがわかりやすい絵に書いた餅のような曽爾高原にも手が届きそうな
プチ遠征の距離にあたる三郎ヶ岳。
まだ花も咲かない閑散期だからだろうか、
最初から終わりまで人の気配の無い、貸し切りな感じが良かったかな。

仏隆寺付近の無料駐車場は他に駐車車両なし。
まず仏隆寺の桜の巨樹、千年桜が目に入るが花咲くシーズンにはまだまだ先。
ちょっとそばまで見に行ってみたもののすぐに引き返す。
人っ子一人歩いていない静かな山村を抜けて登山口へ。
よくあることだが、地図には無い林道などが付いていて面食らう。
今回も単純な一本道ではなくて、そんなのが交錯するやや難解な出だし。
明るい植林帯をひたすらせっせと登りつめて、岩場が出てきたら一旦フラットに。
何と書いているのかわからない、歴史のありそうなナニカがぽつんと。
亨保なんちゃらと書いてるような書いてないような。。
ほどなく高城岳(たかぎだけ)に。
この山頂は人の手が入っていて、そこそこ広いし、
立っていないと見えない遠い展望もある。
誰も居ない、静かだ。
弁当広場適地であるが、まだ登りだしたばかりである。
山頂の東屋に何やら得たいのしれないオブジェが置いてあった。
この東屋から先しばらくはこれまでと様相は一変。
自然林に低い熊笹の狭いトレースがあって、下ったり登ったり、そしてまた植林帯。
この山の個性を捉えるのが難しい。
特別な取り柄があるわけでもなさそうで、
岩湧山近辺の山域を歩いているのと一体どう違うの?って思ってしまったり。
それでもまわりが山に囲まれた山深い中にあって、遠くに来た感があるような無いような。
わぁどうしよ、書くことが何も無いかも。。
アップダウンがあったものの、地図に無い林道をうまく活用すれば、
どうでもいいアップダウンを歩かなくても良かったような。。
そんなこんなで最後は一気に100mくらい登った感じで三郎ヶ岳山頂。
ここの山頂は高城岳ほど広くは無いが、展望はさらに良いかな。
だれも居ないし休憩適地であったが、まだ風は冷たく寒いので、ちゃっちゃと下山モードへ。
自然林帯で鎖場続く激下りを50mほど下ったところで何やら建物が見えたり、
石仏はこっちみたいな道標があったが、下ってきたまま尾根に突入してみた。
登山道ではないが、歩きやすい尾根なので、
このままバリエーションで伊勢本街道まで下っても良いかもと思った。
下るといっても大した高低差ではないが、その前にせっかくなので腹ごしらえと。
一時間ほど休憩してたら、やや風も出てきて尾根なので寒くなって撤収。
時間はたっぷりあったが、もう早く終わらせて次の予定へ行ってみたいと思ったので
バリエーションの尾根はやめて登山道へ復帰。
下る前に石仏とやらを見に行ったら、一体や二体どころか、奥へ行くほど次々と。
これはなかなか凄い彫り物だった。
亨保に掘られたものだとしたら1700年代前半。
う~ん、歴史を感じる~。あの時代の人はどういう暮らしをしていたのやら。
そんなこんなで植林帯ショートカットでさくっと伊勢本街道に着地し、
てくてくと歩いてまた山村抜けて駐車地に。
人っけの無い、なんと静かな山だったことか。。
帰りに、長谷寺の北側の山の中にある、わりと有名な笠そばで二度目の昼食。
う~ん、どこにでもあるごく普通の蕎麦の味だったなぁ。
さて、ここからは運転していて眠くなるほどの大移動。所用で大峰は洞川へ。
ごろごろ茶屋から母公堂前までの道はもう恐ろしいほど凍っていて
レールのようにわだちのある、まるで透明氷みたいな路面。
四駆スタッドレスタイヤでもツ~ルツルツル、デフロックしてLOWでゆっくり走っても
戻り時にはスタックしてタイヤ空転。外に出るとたちまち立ちごけしそうになる凸凹スケートリンク状態。
平べったい石を拾ってきてタイヤに詰め、なんとか脱出できた。
母公堂まで行く必要あったんかいな。。ったく。。
すっかりカラダも冷え切った(外気温マイナス4℃)ので洞川温泉に飛び込む。
湯舟の中では男性と二人だけ。
「もしや、キバラーさんでは?」とヤマレコのakirasさんだった。
メガネを外していたので、最初はお互い認識できていなかった。(≧∇≦)
1件は報道もされたが、この日2件もの滑落現場に遭遇されて大変な一日だったとか。
温泉でのぼせてきたところでお別れして帰途へ。
今日はぜんぜん眠くならなかったのでちょっと歩き足らなかったなぁ。
みんながこぞって押しかけるような名のある山ばかりでなく、
考え事しながら静かに歩けるこんな山も良い。
亨保2年、今から300年ほど前の先人たちが、この山をどのように思い、
生活にどのような位置づけで、どういう毎日を過ごしていたのか、
今でこそ近くまで生活道路や林道が来ているが、当時は山深いところだったのだろう。
山の岩に掘られた石仏を見て、そんな思いを馳せてしまった。

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/02/28 23:17 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(13)

台高山系 高見山 (2017.2.11) 

20170211-0.jpg
高見山山頂にて
orisさん、みねごん、ニシオさん、うっちぃさん、ゴンさん、yossiさん、キバラー

【動画編】


厳冬の高見山の厳しさをあらためて実感

【ルート】
 たかすみ温泉-高見杉-高見山山頂(ピストン)


ヤマレコ版はこちら

高見山に過去15回も登っているというorisさんから、
今年こそは最高の高見山をご案内しましょうと
週末が近づくたびにタイミングを見計らっていただいたが、
この週末を逃すともしかすると後が無いかもしれない寒波襲来。
土日のどちらでもよかったが、翌日ゆっくりできる土曜日に決行となった。
奇しくも今シーズン最大の積雪が予想され、
登山口に行き着くことさえ困難かもしれない可能性もあった。
たかすみ温泉までたどり着けたら、あとは温泉に入って帰るだけでもいいし
行くだけ行ってみて、状況をみて判断することに。
今回、お馴染みメンバーに加えて昨年、六甲地獄谷をご一緒したニシオさん、
以前からご一緒したいと思っていた龍門組のゴンさん
そして3年ぶりの再会となる、うっちぃさんの友人のyossiさんだ。
6:30にたかすみ温泉にて待ち合わせということで、
orisさんのことなので、いつも待ち合わせ時刻の30分くらい前には到着している。
雪が降ろうが槍が降ろうが遅れてはならじと南阪奈道路まで使って時短を試みる。
桜井市の女寄トンネル手前あたりから路面積雪となる。
進むに連れてどんどん雪深くなり、先行されていたorisさんから、
道の駅大宇陀以遠はスタックしそうなので進行を断念したと連絡を受け、
こちらの車に乗り換えてもらって行けるところまで行くことにした。
轍の深さが30cmほどあろうかと思うR166をひた走ってなんとか温泉に到着。
空はどんより、しばらく降雪も続いていたのでしばらく様子見。
徐々に外は明るくなり、雪がやみ、青空も出てきた!
先行者のトレースもついていたし、数人のハイカーは出発準備をしているいし
これはもう決行するしかないと期待が高まる。
標高470mほどのたかすみ温泉ですでに20cmほどの積雪があったので、
山の上はさぞどえらい積雪ではないか?という想像の中、順調に進んで行く。
湿っぽい雪の重さに必死に耐えてるような木ばかりであったが、
枝が折れて落ちてきたような形跡はどこにもなかった。
雪質が雪質だけに高見杉まではノーアイゼン。
そこから先、グリップが効きにくくなってきたところで
アイゼンにするかチェーンスパイクにするか迷ったあげく後者に。
湿っぽいのは登り出しだけだったので雪団子が懸念されたが終始大丈夫だった。
杉谷平野分岐あたりからはさらに雪深くなって雪景色の美しさも際立ってくる。
山頂が近づいてくると風も出始め、山頂手前の風の当たらないところでoris隊長から
「もうすぐ暴風の稜線に出るので、最大限の防寒を」とのこと。
自分は寒がりなので、登り出しから(下山完了まで)レイヤリングは変わらず。
お気に入りのモンベルのトレールアクションパーカーはバラクラバにもなるのだ。
暑い暑いと言いながら登ってきたメンバーはアウターを着込んで準備。
さていよいよ稜線、ここまで登ってきてあまり風らしい風もなかったので
どれだけ寒いかと思いきや、まさかの爆風で信じされない寒さ!
高見山は、冬はもちろん、いろんな季節に登ってきたが、
本当の寒さは知らなかったなぁ。
あまりにも冷たい強烈な風で、たちまち体温を奪いかねない。
それでも気持ちに余裕があったのは、すぐそこに避難小屋があるからだ。
こんなのが延々と続くような山で寒さに耐えたくないなぁ☆彡
山では風があるかないか、強いか弱いかの影響は大きい。
避難小屋に飛び込むと、風の当たらないありがたみは完全に天国だった。
霧氷号の団体さんが来られるまでに記念写真を撮ろうと一旦山頂のお馴染みの場所へ。
外で食事するなんて今日は不可能だ。
撮影が終わるとすぐさま避難小屋へ戻って昼食をとった。
霧氷号の団体さんが到着すると満員電車状態どころか、屋上はいなばの物置、
中に入れない人が突風にされされながら大渋滞とのこと。
大峠(高見峠)に下りて食事し、周回して帰るというのも良いと考えていたが、
今日の寒さではとてもそんな気になれず、パンとスープで軽い食事を済ませる。
みなさんも軽く済ませたみたいで、30分足らずの休憩を終え、
来た道ピストンにて下山体制へ。
もし避難小屋に入れなかったらミックスナッツでもほおばりながら
無休憩で下山するところだった。
下山はさらに爆風がパワーアップしているように思えた。
まもなく霧氷号の団体さんが続々と登ってこられた。
到底避難小屋に収容できない人数が続々と。。
そのあまりの多さに、この時期の高見山の人気ぶりが伺えた。
下りは雪深いのでグリセードよろしく月面浮遊のように楽チンだったりで、
登りの倍速くらいの早さで下りてこれたと思う。
いゃ~、それにしてもあの寒さは、いまだかつて経験のないレベルであった。
orisさんには実行計画から現地でのタイムキープ、的確なアドバイス、
たいへんお世話になりました。
寒かったけど、楽しかったなぁ。

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/02/13 20:45 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(22)

3年目のチェーンスパイク 

20170210-1.jpg
モンベル「チェーンスパイク」  ※3年前とパッケージデザインもまったく進化なし(´ `)

500回記念に、ささやかながらチェーンスパイクを3年ぶりに新調。
ちゃんとした爪の多いアイゼンも持ってはいるが、これまたぜんぜん出番が無い。
そんなアイゼンを使う山に行くならばピッケルも装備として必要だろう。
そうなるとカメラを手に持って、もはや撮ってなんかおれないよね、ってことで現在に至る。
ちなみにヘルメットは所有しているので、あとはピッケル・・。
どなたか使わなくなったピッケルがあれば下取りしましょうか?(≧▽≦)
以前、冬の稲村でピッケルが無くてストックでは話にならず、
トラバースが大変だった思いをしたことがあるので。
以前って・・え! もうあれから6年も経ってるの?? 3年くらい前だと思ってた!(≧∇≦)
まぁそんなこと言ってるうちに短い冬も、短い人生も終わって・・・。
ほら、春はもうそこで待ってるよ。
チャレンジ登山のカウントダウンも始まったことだし、ピッケル、もうええかぁ。。☆彡

20170210-2.jpg
左が最新の新品、右は3年落ち
わずかに色が異なるのは、退色したか、製造のバラ付きか、まぁそんなところだろう。

さて、チェーンスパイクの説明は3年前に詳しく書いているので今さら必要ないだろう。
雪質によっては思いっきり高下駄の雪団子ができるし、刃が短いので腐った雪ではまったく刃が立たないけど、
中途半端に雪があったりなかったり、凍っていたり乾いていたり、アイスバーンって時には最適。
3年も使ってると、真っ先にシリコン部がちぎれたりするのかとおもいきや、ぜんぜん平気で
シリコンのかかとあたりを引っ張り上げ足らずに地面(岩など)に接触したりして
こするようなことでもしない限り、擦り切れることはまず無いということが確認できた。
まぁ、3年も使えば、もう元取ったと思っているが、
新調したものの、もったいぶってまだまだ古いのをメインで使い続けそうなこの頃。

スパイクが前に8本、かかとに2本の計10本ある中で、最もすり減っていたのはかかと部だ。
現在のすり減り状態だと、ガリガリのアイスバーンな路面では、
体重のかけ方によってはかかと部のスパイクが、ガーっと引っ掻くように少しではあるが滑る。
でもまだ使えそうなので、新調したものは予備ってことで。(^^ゞ
スチール製なら鉄分となるのに、ステンレス鋼の削れた金属クズは山に溶け・・自然に還らないよね。。

20170210-3.jpg
3年目のかかと部の刃

20170210-4.jpg
新品のかかと部の刃
Check [ 2017/02/10 21:02 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

キバラー

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中

ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ