生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

北アルプス 涸沢 (2011.10.15-16)  

20111015-0.jpg
北アルプス 涸沢のテン場にて

一日目、悪天候に見舞われて北穂高登頂を断念。
そして、今年のラスト・アルプスが終わった。


<ルート>
一日目:上高地バスターミナル(9:25)-明神館-徳沢-横尾-本谷橋-涸沢(16:30)(テン泊)
二日目:折り返しピストン

10月中旬というとほとんどの山小屋が山じまいする時期である。
今月に入って何かと行事が多く、いちばんイイ時期に遠征ができなかった。
この週末でアルプスはほぼラスト・チャンス。
前夜からの雨で、まず一日目の天気は絶望的であったが、
とにかく遠征をしないことには気持ちが収まらず、撤退覚悟でいざ上高地へ。
大阪から東海北陸道の飛騨清見IC下車、
高山清見道路(無料高速)と下道のトータルで5時間程度と、こんなに近いと思わなかった。
平湯のアカンダナ駐車場(一日500円)に着いたのは3時半で駐車場は閉まっている。
料金ゲートの待ち行列(といっても数台)に並んでエンジン切って一時間半ほど仮眠。
外は雨のせいか気温は高く、よく眠れた。
ゲートオープンの合図の車がクラクションを断続的に鳴らしながらやってきたので目が覚めた。
今日のアカンダナ駐車場の車は少なめで、バス停にもっとも近いところに駐車する。
上高地まではマイカー規制なので、バス(片道千円)で行くわけだが、
始発のバス(5時半)の発車時刻になったものの、外は本降りの雨。
さすがに出ていく気になれず、周りの駐車車両からも動き無し、再び仮眠へ。
外が明るくなってきたところで朝食を摂って、雨がほぼ止んできたので準備をしてバスへ。
高原のバスは紅葉とマッチしていて、遠くの山に来たといううれしさがこみ上げてくる。
8時半出発のバスは雨天のせいか、ガラガラの状態で発車。
上高地バスターミナルには9時に到着。 気温10℃。
雨は小降りなのでレインウェア上下を着て9時25分にスタート。
ここで初めて今日、まともにザックを背負ったわけであるが、
あまりの重さにふつうに歩くだけで肩にも腰にもずっしり重要がかかってよろけそう。
これまででいちばん重く感じる。いや、いちばん重いだろう。
いままでの遠征では58リットルのザック。
今回、新たに80リットルのザックを安かったので衝動買いしてしまった。
たくさん入るものだから、ついついいろんな快適グッズを詰め込みすぎた。(> <)
それに、ザック自体が重い。
58リットルザックが約1.2kgなのに対して、
今回の80リットルはなんと2.9kgもあって空荷でも重い。(> <)
水、食料、等々入れる前に計測したところですでに15kgはあったので、
最低でも23kgはあったと思う。軽量化はこれからの最重要課題。
ザックが大きくてもMAX15kg程度に収まるようになんとかしないと。。
そんなこんなでほぼ水平移動なのに「河童橋」から「明神館」まで一時間、
明神館から「徳沢」まで一時間、そして登山口のある「横尾」まで一時間と
合計3時間でけっこう肩や腰のベルトの当たる部分が痛くなって辛くなった。
上高地は、雨にしっとり人も少なく、涸沢までの長い道のりを思うと
足取りもつい早くなって、河童橋を渡ることはおろか、明神池を見に行くこともなく
無駄な寄り道や休憩をやめて、ひたすら距離を縮めるのに集中。
「徳沢」に着いたのはほぼコースタイム通り2時間後の11時30分の事である。
気温11℃。徳沢園のみちくさ食堂でソフトクリームを買う。
これがなんとも美味すぎて帰りにもまた買ってしまった。
15分休憩し、「横尾」に向けて再びスタート。
雨はほぼ止んだので横尾を出て一時間ほどしてレインウェアを脱ぐ。
途中、野生の猿の集団、親子が微笑ましかったので立ち止まって見入る。
「横尾」に着いたのは12時55分で、休憩時間を除いてコースタイムよりやや遅れた。
ここでは30分ほどの大休憩。 結局、お昼らしいものは食べずに行動食でまかなった。
天気イマイチであるし、荷物重いしで、横尾でテン泊したい思いもありつつ
若干の余力と涸沢をひと目見たいという気持ちでがんばって登ることにした。
横尾から涸沢までコースタイムで3時間となっており、
そのため、横尾の吊り橋のところに「午後2時以降の入山は控えてください」とあった。
13時30分、涸沢に向けて横尾を出発。
とにかく荷物の重量がかなりの足かせとなってきつかった。
本谷橋を過ぎてからが高度をどんどん上げていくので、ちょっと登っては息継ぎ休憩
の繰り返しで、ウィダーインゼリーのエネルギーインでアミノ酸の投入。
30分くらしてから効き始め、もーやけくそのようにペースを上げる。
それでもすっかりボロボロ雑巾になって、なんとかコースタイムどおり3時間で
涸沢ヒュッテに到着。16時27分の事であった。
しばらく休憩してテン場に行き、よさそうな所を探す。
先週の連休の涸沢のテン場は、なんと!1000張りものテントで埋め尽くされていたらしいが、
今回は天気が悪いので、パッと見で30張り程度。
テントを張る準備をしていたら雨が降りだしてきたので慌てて建てる。
テン場はほぼフラットながらも岩ガレの上である。
水ハケの良い点だけが唯一の救いなので、泥んこにならずに済む。テント内に避難。
重たい食材をいろいろ持ってきたが、とてもこの状況で調理ができる状態ではない。
もうこのまま何も食べずに寝ようかとも思ったが、ちょっと涸沢ヒュッテまで行ってみようと
思い立って、雨の中をレインウェアを着て行ってみると、
涸沢ヒュッテ内は活気に溢れ暖かく、スタッフも愛想が良く、ここで夕食(2千円)を食べることにした。
食堂も良いムードで、天国(ヒュッテ)と地獄(テン場)を見た気がした。
こんなに快適そうなヒュッテ泊ならば、ぜんぜん荷物もいらないし、余力たっぷりで北穂だの奥穂だの
どこでも登れるような気がした。これは反則でしょ?!
さて、洗面、歯磨きなどを済ませてテン場に戻ると、雨、そして風、寒さも出てきた。
でかいザックはじゃまなので大きなビニール袋をかぶせてテントの外に放置して、
濡れては困る必要なものはすべてテント内に入れてとなぜか疲れもなく
スマホをいじくっていろいろ調べ物をしてと、20時には眠っていた。
ものすごい雨の音とうなるような風で目が覚めたのは1時頃。
まさに台風のような嵐。涸沢カールからの涸沢おろしの突風がテントを吹き飛ばさんばかり。
テント内から自分を追い出さそうとしているとしか思えないほどの暴れっぷり。
それからは寝たり起きたりの繰り返して、ようやく静かになったところでスヤスヤ。
目覚ましなんて合わせるつもりもなかったので、明るくなってようやくテントから這い出してみたら、
夕べの嵐は何は夢だったのか?と思えるほどの抜群の好天。
これならいざ北穂!と一瞬思ったけど、時すでに8時でタイムアウト。
嵐がおさまったのは7時前なので、どのみち4~5時スタートしないと北穂は厳しいので
無理なのは確定していた。
コースタイムで5時間かけて上高地バスターミナルなるに帰らなければならないので
涸沢でゆっくり過ごすことにした。といってもそんなに時間は無い。
夕べ作る予定だった鍋モノは横尾に下山してからすることにして、朝食のホットドッグ作りをする。
涸沢ヒュッテでは小屋じまいなのかスタッフたちが記念写真を撮り合っている。
いよいよ涸沢も冬に閉ざされるシーズンオフの時となる。
ほぼすべて濡れてしまった身の回りを整理して、あとはテントを畳めば良い状態になったのが9時半。
ザックをテント内にデポして、涸沢小屋を見学に行き、戻ってきてテント撤収後、
下山開始したのは時すでに10時30分の事であった。
抜群の天気の下、日曜日だというのに登ってくる登山者多数とすれ違い、
ほぼコースタイム通り所要時間2時間の12時40分に横尾に到着。
涸沢~横尾間、下りのみだというのにやっぱり荷物の重量が足かせになってきつかった。。
横尾ではいよいよ夕べやる予定だった鍋物。ザ・チェアにカラダを預けてもう超ゴキゲン。
そんなこんなで一時間過ごして15分かけて撤収し、上高地に向けて移動開始。
ベルトの当たるところがもう痛くて痛くて泣きたくなる。
徳沢に着くと迷わずあのソフトクリーム(400円)。やっぱりこれは本当に美味い!
昨日とはうってかわって日差しの下をせっせと足を運びながら紅葉を楽しむ。
ついに上高地バスターミナルに到着したのは16時45分。
バスを待って平湯、アカンダナ駐車場に着いたのは17時半ですぐに暗闇となった。
平湯まで移動して「ひらゆの森」の温泉に行ってみるとものすごい数の車。
う~~ん、いこかやめよか迷ったが、とにかく行ってみたらこれまた巨大な温泉で、
泉質も乳白色で素晴らしく良く、露天風呂の数は100を越えるとか?!
すっかり疲れを落として生き返ったところで帰国の途へ。
これにて今シーズンのアルプス遠征が終わった。

その他の画像は以下より。
20111015--16N.gif
今回歩いたルート

20111015-1.jpg
アカンダナ駐車場~上高地バスターミナルへバス移動

20111015-2.jpg
上高地バスターミナルから河童橋への途中。(梓川)

20111015-3.jpg
河童橋

20111015-4.jpg

20111015-5.jpg

20111015-6.jpg

20111015-7.jpg

20111015-8.jpg

20111015-9.jpg

20111015-10.jpg
徳沢園

20111015-11.jpg
徳沢園のみちくさ食堂内

20111015-12.jpg


20111015-13.jpg
横尾にて ※右の建物は避難小屋

20111015-14.jpg
横尾山荘

20111015-15.jpg

20111015-16.jpg
圧倒的な存在感の「屏風岩」

20111015-17.jpg

20111015-18.jpg
本谷橋

20111015-19.jpg
涸沢ヒュッテ目前にて

20111015-20.jpg

20111015-21.jpg

20111015-22.jpg
好感度の「涸沢ヒュッテ」

20111015-23.jpg
涸沢パノラマ売店

20111015-24.jpg
涸沢ヒュッテからテン場(野営場)へと向かう

20111015-25.jpg
涸沢ヒュッテでの夕食(2千円)

20111015-26.jpg


夜の嵐(動画)

20111015-27.jpg

20111015-28.jpg

20111015-29.jpg

20111015-30.jpg

20111015-31.jpg

20111015-32.jpg

20111015-33.jpg

20111015-34.jpg
蝶ヶ岳への展望

20111015-35.jpg
ここからツイートしてました

20111015-36.jpg

20111015-37.jpg
涸沢小屋から眺める涸沢カールの雪渓

20111015-38.jpg
下山途中からの眺め

20111015-39.jpg

20111015-40.jpg

20111015-41.jpg

20111015-42.jpg
横尾の野営場にて昼食

20111015-43.jpg

20111015-44.jpg
徳沢園のみちくさ食堂のソフトクリーム(400円)は何度食べても最高に美味い!

20111015-45.jpg
徳沢の野営場 超好感度!こんどはぜったいここでのんびりテン泊したいので大正池~徳沢ピストンを目論んでいる。

20111015-46.jpg

20111015-48.jpg
河童橋周辺はツアー観光客でいっぱい

20111015-49.jpg
帰りのバスの車窓から
Check [ 2011/10/17 22:35 ] アルプス | TB(0) |   コメント(22)
シーズンを外した涸沢は静かでのんびりできたようですね。
小屋泊まりならもっとのんびりできたのに、やっぱテン泊がいいですか?

ちなみに私はいつもパノラマコースですけど・・・。
[ 2011/10/17 23:23 ] [ 編集 ]
北アルプス遠征お疲れ様でした!
徳沢のソフトクリーム、うまいですよね。私もこないだ行き帰り食べてしまいましたf^^
しかし、野営場の動画見るとすごいことになっていますね。オービットランタンが・・・(:.;゜;Д;゜;.:)

[ 2011/10/17 23:57 ] [ 編集 ]
涸沢の季節ですよね。

8、9、10、の連休は横浜のいとこの結婚式後に
沢度に直行、上高地、徳沢、横尾、涸沢<泊と
1000を超えるテントの一部になっておりました。
結局、穂高には僕らも登らずゆるり登山でした。
やっぱ真近に拝む穂高連峰はいいもんでした。
今度は、あのちょっぺんに登りたいものです。
[ 2011/10/18 01:31 ] [ 編集 ]
いや~まいった!
私も金土日と場所は違いますが予定していましたが
天気予報を見て直ぐ諦めました。
見習いたいです、その行動力。
テント内の動画ほぼ同じ状態を双六で経験しました。
20キロオーバーのザックにも驚きました。

天国と地獄ですが、シーズン中はまるっきり逆だと思います。
ヒュッテに泊まりましたが、私のような小柄な人でも
天井の梁に頭をぶっつけ、一枚の布団に2人、地獄です、笑
その点テントはいいですよ、雨で無ければ・・・
[ 2011/10/18 07:28 ] [ 編集 ]
二日目は悲しいほど晴天ですねぇ(゚´Д`゚)
悪天候、残念です。夜の嵐も凄いですね。

秋の上高地~涸沢もやっぱり良さそうですね☆
この時期ではちょっと遅いのかな??
行こうと思いながら今年の秋は断念・・・。
徳沢のテント場、僕も狙ってますよ♪
[ 2011/10/18 09:43 ] [ 編集 ]
今年のアルプス行きは終わりましたか?
ザック20キロとは重いですね!!!
以前には奥穂から涸沢に下りパノラマコースで徳沢に下りました。僕はもう一度黒部渓谷の近くの山に出かけます。
[ 2011/10/18 17:52 ] [ 編集 ]
今年はアルプス三昧でしたね!
充実されたと思います。

あとキバラーさん、やっぱ青が似合いますね!
[ 2011/10/18 17:57 ] [ 編集 ]
涸沢ヒュッテで夕食とったのですね・・・

キバラーさんの体力なら、小屋泊装備で初日に北穂小屋までいっきに登って小屋泊まりにしても良かったかもしれませんね。
ザック重量も半分もいかないでしょうし。
二日目の天気が良かっただけに北穂小屋からの展望、さぞすばらしかったと・・・・
のぶさん様もおっしゃっていますが、たまに小屋泊することで、テン泊とは違うよさが見えて来るかもしれませんね。

横尾山荘で次男が今月16日まで働いていたので、キバラーさんを見かけていたかもしれませんね。
ブログで顔は知っていると思いますので、気が付けば声をかけていたかもしれません。

それではまた、金綱山でお逢いできる日を楽しみにしております。

[ 2011/10/18 18:55 ] [ 編集 ]
23kg背負って山登りって、お仕置きじゃないですか:-)
反則で山小屋使えば、私みたいに8Lのルーファスで行けますよ。
耳栓は必須ですが^_^;
テン泊が魅力なんでしょうか。。。。
うーーんこのあたり感覚が微妙です^_^;
教えてください。例えば、
山小屋に貸テントがあったらテント背負わずに利用しますか?
山小屋でバーベキューセットみたいな一式貸してもらえたら
食料など背負わずに利用しますか?
[ 2011/10/18 19:12 ] [ 編集 ]
行ってこられましたね!
楽しんでこられたようでなによりです!
それに写真がキレイ!(そしてブログアップが早い…)
キバラーさんの一週間前に行ったのにまだフィルム現像もできてない…
[ 2011/10/18 19:37 ] [ 編集 ]
小屋泊はコスパが痛いです。
テン泊はだれにも邪魔されない自分だけの空間が約束されてますから。
下山してから料理温泉旅館にでも泊まりたいです。
パノラマコースは重量荷物をボッカしてはさすがに行く気になれませんでした。

ツイートありがとうございました。
docomoはどこから電波出ているのか、カツカツでした。
涸沢ヒュッテからも涸沢小屋からも出ている様子は無く、
もしかして蝶ヶ岳からの電波だったのかもしれません。
微妙な角度と高さでないと通じなかったんです。
[ 2011/10/18 21:26 ] [ 編集 ]
danashiさまのブログを見てきました。
8月に奥穂高に行かれてアルプスにハマられたとか。
北穂にも奥穂にも行けなかった私はかなり心残りです。。;;
動画はまだまだ臨場感が足りません。
実際はもっとひどい瞬間もあり、あのオービットランタンが外れて落下したんです。
テントの骨が折れなかったのが不思議なくらいです。
[ 2011/10/18 21:26 ] [ 編集 ]
私がいちばん行きたかった3連休に涸沢に行ってこられたんですね。
しかも私と同じくテント泊ですか!
1000張りだとヒュッテや小屋から相当遠いところに張られたのでしょうか。
寒いと夜に一度はトイレに行くので遠いと大変ですね。
穂高に登らなくてもゆるりとは行きませんでした。
もっと荷物のダイエットしないとです。
来年、穂高リベンジ決定ですね!
[ 2011/10/18 21:26 ] [ 編集 ]
一日だけでも(日曜日)晴れるという希望がありました。
土日両日雨確定ならさすがにやめて、それでも一応行って普通に観光してましたよ。
段平さまもテント泊で嵐にあわれたのですね。
これで同じ戦友ですね!
荷物が重いと本当に最悪です。。;;
小屋泊のハイシーズンの模様をお聞きして、テン泊で良かったと思いました。(^^)v
[ 2011/10/18 21:27 ] [ 編集 ]
AKiNoBuさまの8月に行かれたブログエントリー、参考になりました。
土日の天気と日月の天気が入れ替わって欲しかったです。
涸沢の紅葉は二~三週間くらい遅かったです。
ただ、今年の紅葉はあまりキレイではなかったという話です。
徳沢のテン場狙い、同じ考えでうれしいです。
二日目の帰り、単独の若い男性がのんびりテントの前で読書されてました。
今度はぜったいに真似したいと思いました。
男性も女性も単独の人が本当に多かったです。
[ 2011/10/18 21:28 ] [ 編集 ]
ザックの軽量化が最重要課題です。
kosiziさんにレクチャーしてもらわないといけません。
パノラマコースがどんなのかとても気になります。
こんどは小屋泊で穂高リベンジです。
今シーズン、まだアルプス行けますか?
[ 2011/10/18 21:28 ] [ 編集 ]
青の件、ありがとうございます。
アルプスはすばらしいところなので一泊は勿体無いです。
時間にもサイフにもゆとりが無いので
いつもせっかちな登山になってしまっているのが残念です。
[ 2011/10/18 21:28 ] [ 編集 ]
たとえ荷物が10kg程度になったとしても、
大きな差が無いように思います。
北穂高の山荘まで休憩時間含まず9時間ですね。
チャレンジ登山大会よりキツイように思いますよ。
え!息子さん、横尾山荘で働いてらっしゃいましたか。
横尾山荘に何が売っているのかと中に入りましたよ?
あまり食べ物が置いてなくて、カップヌードルが700円だったので、
逃げるように出てきました。(^^;
こちらこそまた山でお会いできるのを楽しみにしています。
[ 2011/10/18 21:29 ] [ 編集 ]
耳栓は富士登山したときにその必要性を強く感じて購入したのですが、
まだ新品のままです。(^^;

小屋泊9000円v.s.テント泊500円の差は大きいですよ。
経済的事情+テン泊の魅力ってところでしょうか。
アルプスに行くだけでもかなり費用がかかりますので。
ピークハント最優先ならば効率+軽量化+体力温存で小屋泊します。
テント泊を楽しむことにもウェイトを置いておりますので、
小屋泊かテント泊以外の選択肢は考えられません。
素泊まり+自炊は費用あまり変わらず中途半端にクッカーなどの荷物が必要ですから。
[ 2011/10/18 21:29 ] [ 編集 ]
一週間違いで絶好の天気の三連休に北穂に行かれたんですよね。
しかも厳しい東峰をヘルメットを装着して、
ものすごいスピードだったと聞いています。
やっぱりチョリオさんはスゴイです。。
ブログの更新を楽しみにしています!
[ 2011/10/18 21:29 ] [ 編集 ]
キバラーさん、いくら何でも80Lはデカ過ぎかと(笑
縦走用のサイズですね~、私の経験から23キロ分だと
デカくとも50Lに収まるかと思われます
私も第一週にバリエーションから取り付きだったので横尾で
缶ビア3本積んで、計18キロで3泊4日周回しましたが
やーっぱヘロヘロでした(´・ ω・`)
最後の涸沢の空気が伝わってくる画像&レポでした
もう穂高は冬ですね。
[ 2011/10/19 13:21 ] [ 編集 ]
ザックが大きすぎですか。
いままでの58リットルだとカメラはザックにしまえなかったんです。
私も80リットルなんてありえないデカさだと思ったので70リットルと迷ったんです。
ザックがあまりにでかくて中身が少ないと、
きっとみすぼらしいしぼみ具合になるんでしょうね。
じゃあ今のままで58リットルでがんばれば良かったのかな。

おかげさまでフライパンは毎回大活躍です!
[ 2011/10/19 20:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ