生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

南アルプス 仙丈ヶ岳 + 甲斐駒ケ岳 【後編】 (2011.7.9~10) 

20110710-0.jpg

<二日目>・・・甲斐駒ヶ岳

 北沢駒仙小屋-仙水峠-駒津峰-(直登ルート)-甲斐駒ケ岳山頂-(巻き道)-
 駒津峰-北沢駒仙小屋


満点の星空をのんびり眺める間も無く、テントに入ってしまってバタンキュー。
腕時計のアラームは3時半にセット。
着いた日の朝もそうであったが、旅に出るとカラダが敏感になっているのか、
どんなに爆睡していても、体内時計にてめざまし時刻の10分前になぜか正確に目覚めてしまう。
不思議だ。
3時20分に目覚めてテントの外に出てみるも、まだ真っ暗闇。
顔を洗いに小屋まで行ったりしていると仲間も起きだしてきて
昨夜の鍋料理の残りに残飯を入れて雑炊を作って食べる。
身支度が終わって出発する4時半くらいにはあたりも明るくなった。

北沢駒仙小屋を4時40分に出発。
めざすは甲斐駒ケ岳だ。
ちなみに「駒ケ岳」と名のつく山は全国に18山もあるという。
その中でも最高峰だとか。
下から見上げる甲斐駒ヶ岳の山容は、急峻な立ち上がりの岩峰で
あんな所に本当に登るのか?と心配になるような印象である。

まずは沢沿いのシラビソ林の中を歩く。
朝早いのでとても気持ちが良い。
30分ほど歩いて登りに差し掛かったところで仙水小屋があった。
先行者のグループが、トイレを貸してくれとお願いをしていた。
ここから行く先には山小屋は一切無いのだ。
13時前の下山完了までトイレ無しで自分でもよくガマンできたなと思った。
仙水小屋を過ぎてしばらく行くと、これはスゴイ!初めて目にする光景だ。
大小さまざまな岩石がばらまかれて積もったような露岩帯で、ルートを見極めるのが難しいほど。
露岩帯が終わると「仙水峠」だ。
スタートしてから一時間半後の6時に到着。
人が集まっているので何か?と思ったら、東の方向遠くに雲海が見えた。
さて、ここからは「駒津峰」までは延々と急登だ。
一気に高度500m登り切らないといけないが、実質は金剛山の千早本道くらいか。
所々で展望が開け、休憩がてらその景色に見入ってしまう。
登れば登るほど展望があるので、そのたびに立ち止まっては同じような写真を撮っていることに気づく。
駒津峰に登り切ってからだと360℃一望できるので一度で済んだのに。
南側は栗沢山の山容が美しい。
西側は昨日登った南アルプスの女王と言われる仙丈ヶ岳が。
そんなこんなで、森林限界を越えてガレ場を歩いてやっとの思いで「駒津峰」に到着。
もうすっかり山ひとつ登り切ったような気分。
展望は最高で、気分も最高。
北アルプス、中央アルプスの山々が遠くに見て取れる。
槍ヶ岳もトンガッている。
ここでは腰を下ろして休憩をし、景色に見とれながら軽い食事を摂る。
ところでドクターは?というと、課題があるとかでタイムアタックよろしく先に行ってしまった。
これから向かう「甲斐駒ケ岳」を眺めると、「本当にあんなところに登れるのか?」
「いったいどこから登のか?」と思ってしまうほど険しそうに見えた。
さて再出発。
まずはほぼ横ばい移動し、そこからはいったん激下る。
帰りにまたこれを登るのかと思うと。。。
巨大な岩石(六万石)を過ぎてしばらく進むと分岐があった。
直登するか、巻き道を行くのか。
ここは直登するルートを行く。
アスレチックさながら、手も足もフルに使って登って行く。
山と高原地図には危険とあるように、ここが踏ん張りどころ。
よろめいたり、よじ登るチカラが残ってないとヤバイ。
頂上が近づいてくると別の意味でヤバイ。
ゴロゴロ転がっている岩石はもろく、それらが砕けたザレ場の路面。
ズルっと滑ってずっこけるなり、おっとっと・・と勢いついてしまうと命は無い。
慎重に慎重に足を運んで詰めて行く。
多くの人はさきほどの「駒津峰」にザックをデポして登ってきているようだが、
こちらは10kgはあるザックにカメラ。
そんな苦労をしてようやく甲斐駒ケ岳山頂に到着。(9時30分)
午後に近づくにつれてガスが多くなると言ったが、東側は早くもガスってきている。
登る途中に見えていた富士山はもう見えない。
山頂には20人くらい居た。
ここでついにドーピングご投入。その名も「ウィダーインゼリー(エネルギーin)」
こんなの飲むの初めてだし、なんだか気持ち悪いゲル状のものだなぁと思っていたが、
マスカット味(果汁入り)で常温でも飲みやすく、それでもぜんぶは飲めなかった。
さぁこれに入っているアミノ酸がどの程度効果を発揮してくれるか楽しみ。
しばらく展望を楽しんで、少し休憩した後、巻き道ルートから下山へ。
直登に比べて楽勝かと思いきや、これまた油断できない。
ザレ場が延々と続き、ズルっと滑りそうになる。
滑ったその先にはどこまでも転がって行きそうな長~いすべり台が待っている。
ミスしなければ何でも無いのだが、荷物が重すぎたり、疲れが溜まっていると要注意。
しかしなかなか厳しい山だな。。
時間の関係で「摩利支天」には行かなかった。
ようやく直登ルートとの分岐に合流し、そこからは登り基調で最後は激下った岩場を登り返す。
あれ?どういうわけかサクサク登れる。
帰りにここをまた登るのはウンザリだな~と思っていたのに、まるで何でも無い。
もしかして?ウィダーインゼリー(エネルギーin)が効いてる???ぜったいそうだ。
アミノサプリがこんなに効果的だとは。。。やっぱりこれはドーピング。
登り切って「駒津峰」までの横ばい移動に転じたところで、またまた雷鳥の親子が。
昨日もそうであったが、ツガイではなかった。片親と子供たち。
それにしてもかわいすぎる。。。
「駒津峰」まで戻ってお茶休憩を摂ったのち、いよいよ下山だ。
山と高原地図のコースタイムの約3倍速でのスピード下山。
けっこう膝に負担をかけてしまった。
仙水峠からの露岩帯では、ゴロゴロころがっている石の上を石飛びするように
やはり三倍速くらいでリズミカルに駆け抜けるのが楽しかった。
なにしろ13時のバスに間に合わないと、次は2時間後になるから急いだ急いだ。
フラットな樹林帯では走った走った。
そしてテン場について大急ぎで撤収。
手に手にザックに詰め切れなかったものを持ちながらバス停までの林道を登る。
なんとか、なんとかギリギリで間に合ったー。
バスに乗ったとたんに雨が降りだした。
約一時間バスに揺られて仙流荘前に戻ってきたところで仙流荘の温泉にて汗を流してサッパリ。
そしてどこにも立ち寄ることなく15時頃に出発して帰国の途へ。

<アクセス>
近畿自動車道-第二京阪-京滋バイパス-新名神-東名阪-伊勢湾岸-東海環状-中央道-(伊那)

<走行距離>
およそ770km

<水場>
北沢駒仙小屋、仙水小屋

※仙水小屋の潤沢に出ている水がものすごく冷たくておいしかった。
 まさに南アルプス天然水!

動画を撮影するつもりは無かったけど、たまたま撮っていたものをつなげてみました。


その他の画像は以下より。
20110710-1.jpg

20110710-2.jpg
まずは沢沿いを行く。

20110710-3.jpg
ちょっとした渡河もあり。

20110710-4.jpg

20110710-5.jpg
圧倒的スケールの露岩帯

20110710-6.jpg
仙水峠から雲海を眺める。

20110710-7.jpg

20110710-8.jpg

20110710-9.jpg

20110710-10.jpg

20110710-11.jpg
どうやってあそこまで登るのか?とアタマをかかえてしまう。

20110710-12-2.jpg
鋸岳(のこぎりだけ)と遠くに槍ヶ岳などが見える北アルプスが。

20110710-13.jpg
激下り

20110710-14.jpg
直登ルートから駒津峰のほうを振り返ってみる。

20110710-24.jpg

20110710-15.jpg

20110710-16.jpg
摩利支天のほうを眺めると、巻き道ルートに小さい人が。。

20110710-18.jpg
甲斐駒ケ岳山頂にて ※うっちぃさん(ドクターは先に行ってしまった)

20110710-19.jpg

20110710-20.jpg
うっかり滑らないように慎重に歩く。

20110710-21.jpg
左上に小さい人。。滑るとヤバイ。

20110710-22.jpg
六万石の巨石と駒津峰への登り返し

20110710-23.jpg
またまた雷鳥の親子。 くるっくー
Check [ 2011/07/13 20:51 ] アルプス | TB(0) |   コメント(22)
甲斐駒からで正解ですか、ありがとうございました
それにしても2日ともライチョウに遭遇するとはラッキーでしたね
私もどの山へ行くのも車です
甲斐駒、千丈は車で行き一泊二日で二山登れる
美味しいコースですので、昨年、北岳、間ノ岳の時に
来年(今年)は戸台口から(昨年は広河原)と決めていました
私はキバらーさんとその仲間のコース設定最高だと思います。
[ 2011/07/13 21:47 ] [ 編集 ]
実は私も南アルプスに行きたいと思っておりましたので、
キバラー様の記事がとても参考になりました。

長野側(伊那)から前夜出発一泊二日の行程で、
仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳を効率よくいけば、二座とも登頂することは
不可能ではないんですね。

甲斐駒の黒戸尾根は厳しそうですが、北沢峠側からも
侮れなくて危険ですか・・・仙丈ヶ岳とは対照的な山容のように思えます。

下山後仙流荘の温泉が利用できるとはいい情報をいただきました。
私も今月利用するかも知れません。
[ 2011/07/13 22:44 ] [ 編集 ]
段平さまは北岳にはすでに登ってらっしゃったのですね。
駒津峰から眺める北岳は大きく、
思わず「でっかいな~」ってつぶやいたところ、
仲間から、「富士山の次に大きいんだけど・・」って。
なるほどでかいはずです。
それで急に気になり出しました。
その前に南ア以外のアルプスに行ってみないとと思っています。
今回のコース設定はベテランがすべて段取りしてくれました。
段平さんって、もしや。。そうとしか思えません。
リンクさせてくださいね。
[ 2011/07/13 23:22 ] [ 編集 ]
参考にしていただけたらうれしいです。
まだまだ要点を抑えきれてなかったなぁと思っています。
甲斐駒の北沢峠側ですが、山のまこまささまなら大丈夫ですよ。
仙丈ヶ岳とはまったく対照的でした。
温泉は600円です。
タオルは100円です。
わりと小ぎれいな温泉でしたよ。

[ 2011/07/13 23:26 ] [ 編集 ]
そうそう。仙水峠に上るまでのところは岩がゴロゴロしていましたね。
もう15年も前に日帰りで行ったっきりですが(当時は静岡県民だった)、
昨日のことのように思い出しました。
キバラーさんのレポを読んで駒津峰で引き返してよかったな~
と胸をなでおろしております。
でもやっぱりあの先まで行ってみたかったですね。
「駒ヶ岳」のヘッドにふさわしい名峰だということがよくわかりました。
前のエントリーで書き忘れましたが、
初アルプスで雷鳥に遭遇できたというのは相当運がいいですよね。
キバラーさんやっぱり何か持ってますね~
[ 2011/07/14 01:02 ] [ 編集 ]
最高の天候にアルプスデビューおめでとうございます!
断言します、アルプス、間違いなくクセになります。
私は北アばかりで、この駒ヶ岳狙ってたところです
そう、まさにこのコースでと、昨年からプランニング
してました、なので、嬉しく拝見しました。
後編トップのキバラーさん画像、さすがにちょいと
お疲れ?それでもやった感が溢れてるのがいいですね
いい画像だと思います。お疲れ様でした。
[ 2011/07/14 11:08 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
私も3年前、先輩に連れられて2日間、全く同じコースを歩きました。甲斐駒の山容を眺め、「あんな山に人が登れるの?」と感じたのはキバラーさんと全く同じです。
 しかし、結構ニアミスでした。
私は10日、伊那谷を経て、中央アルプスの駒ヶ根から空木岳、高低差2000Mを12時間かけピストンしました。
甲斐駒が良く見え、何度も双眼鏡で眺めてましたが、キバラーさんのお姿は発見できませんでした?
 来月は剣岳、立山に挑戦します!
[ 2011/07/14 15:33 ] [ 編集 ]
2日間、お疲れさまでした~。
どうしてみんなアルプスにこだわるのか・・、わかっていただけましたか?(笑)
楽しんで頂けたのか少し不安ですが(相変わらずの私の足の遅さ・・)、少なくとも私は、楽しかったです~(^^;)

空気も薄いし、延々の登りも辛いけど、やっぱりアルプスサイコー!って思います。
ありがとうございました!!

また、近々お願いいたします~♪
[ 2011/07/14 18:56 ] [ 編集 ]
おの@あびこさまは静岡県民でいらっしゃったんですね。
いまでもずいぶんお若いのに、15年前というと。。。
地元の方ならともかく、アルプスまで行って「駒津峰」に行ってきましたーって
大声では言えないですよね。
甲斐駒ケ岳は大きな失敗をしなければ危険ではないです。
小学生くらいの子供さんも登っておられました。
ぜひともリベンジを果たしてください。
雷鳥、そうですか?運がいいですか?それはうれしいです。
何か良いことりあそうです。
[ 2011/07/14 20:48 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
今回はニアミスとはいきませんでしたね。。
アルプス、癖になりますかー。
いや、夏場の避暑地としては最高ですよね。
遠くに来た感も手伝って、テンションも上がります。
二日目はあまり写真を撮りませんでした。
甲斐駒の厳しさを表現したかったんですが、
油断ならなくてゆとりがありませんでした。
なんせザックが重くて。
駒津峰でデポしている人が多かったです。
摩利支天に行く時間が無かったのが残念でした。
片道10分となってますが、実際にはもうちょっと時間がかかりそうに見えましたよ。
[ 2011/07/14 20:49 ] [ 編集 ]
たいへんお久しぶりです!
チャレンジ登山で出会って以来ですよね。
お顔は今でも覚えております。
RYUさまもアルプスに行っておられたんですね。
高低差2000mですか。。
上で泊まらずピストンですか??
相当きびしそうですね。
こんど計画中の山域は1500mの高低差。
ボッカしてはたして大丈夫かななんて考えております。
私も双眼鏡であちこち眺めてたんですが、RYUさまを見つけることができませんでした。
仮に射程内にいらっしゃっても、まさかこんなところでお会いするとは
ぜったい思わなかったことでしょう。
立山は私のあこがれです。。
観光で黒部ダムしか行ったことないのですが衝撃的でした。
[ 2011/07/14 20:49 ] [ 編集 ]
うっちぃさん、先日はお世話になりました。
大峰縦走以来のプチハードな山歩きをご一緒できて楽しかったです。
さすがアルプス歴が長いようで慣れた感じでしたよ。
避暑地としても最高ですし、俗世間から遠く離れた感がまた良いです。
景色も最高で、あとは美味しいもの。。。
空気の薄さがまた高山らしくて良いですね。
またよろしくお願いします。
[ 2011/07/14 20:49 ] [ 編集 ]
お初おめでとうございます。いいもんですなあ。
キバラーさんに触発されてアルプス行きたい病が発症しました。はてさてどうしたものか。
治すのは行くしかないみたいですね。 写真もグレートですね。
[ 2011/07/15 00:39 ] [ 編集 ]
アルプス遠征お疲れ様です!うらやましいです><前職でアルプス上空を通る機会がよくあり、憧れていつも見てました。あの山の美しさ・・。私もアルプス系登山に行きたいですが、まだ体力も技術も知識も未熟で><いろいろ経験していつかは登りたいと思っております。やはり危険なところが多いのでしょうか?
[ 2011/07/15 09:45 ] [ 編集 ]
僕の場合は一日目が甲斐駒ケ岳で仙水峠から駒津峰で駒ケ岳でしたが下りは双児山越えでした。
[ 2011/07/15 18:33 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
夏のアルプスを体験してしまうと、
低山に戻れるか心配になりそうです。
何せ、涼しい、虫は居ない、と夜はとても過ごしやすいです。
日中は照りつける太陽で暑いのは同じで、
空気が薄いのでゆっくり歩きになってしまいますが。
ぜひ、nozillaさまもアルプスへ。
[ 2011/07/15 21:04 ] [ 編集 ]
電信級さまはヘリのパイロットでしたっけ。
私は高いところは苦手です。。
山並みはとても美しく、涼しく快適です。
とても清々しい所でした。
危険なところは岩稜系の山に限られていると思います。
仙丈ヶ岳は平和そのものでした。
なかなかお金もかかりますが、
ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。
[ 2011/07/15 21:05 ] [ 編集 ]
kosiziさまは下山は双児山越えでしたか。
そちらのルートもとても気になったんですが、
時間に追われてたこと、登り返しもありそうで時間かかるとのことなので
今回はピストンとなりました。
[ 2011/07/15 21:05 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした と おめでとうございます(^^)
とても楽しませていただきました。
景色よし雷鳥親子もかわいいし♪
[ 2011/07/16 23:33 ] [ 編集 ]
ご覧いただきありがとうございます。
飛べない鳥、雷鳥は逃げまわっていてかわいかったです。
きたっちさんのアルプスの写真を見てみたいです。
[ 2011/07/18 01:44 ] [ 編集 ]
方向的にはまたも偶然かもしれません。
同日に西穂高へ行っておりました。
甲斐駒、仙丈いいですね
[ 2011/07/23 10:39 ] [ 編集 ]
遠征もされてらっしゃるんですね。
今年はまだまだアルプスに行きますので、
そのうちまたどこかでお会いできると良いのですが、
七面山の時の記憶しかありませんので、
実際に会っても認識できるかどうか。
何かいつも付けてらっしゃるような目印があれば
また教えてくださいね。
甲斐駒と仙丈はまったく性格を異にする山でした。
[ 2011/07/23 16:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ