生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

台高山系 大台ケ原 (2011.6.26) 

20110626-12.jpg
正木ヶ原にて

20110626-0.jpg

<ルート>
大台ケ原ビジターセンター-展望台-日出ヶ岳展望台-尾鷲辻-牛石ヶ原-
大蛇グラ-シオカラ谷-ビジターセンター


あれ?今日は思いっきり雨の予報ですっかりそのつりだったけどナニコレ?
過去に5回以上は大台ケ原に来てるけど、雨だった試しがない。
今日は雨とわかっていて行ったのにまたもや晴れ。
それも、梅雨明けを思わせる強烈な日差し。
帰ってカガミを見てびっくりした。
日焼け止めを塗ってなかった手の甲だけ真っ赤っか。

先週までは縦走を控えたトレーニングだの、縦走本番だので頑張りすぎたので
今日はのんびり金剛山・・と思ったけど暑そうなので突然、大台ケ原へ。
累積高度がたったの250mというユルユルの
散歩みたいな山歩きをした理由のひとつには、
昨日、ついにマトモな(ソールが分厚く固い)登山靴を衝動買いしてしまったから。
慣らしておかないと泊まりがけの登山に間に合わなくなるからさっそく試用。

今日の大台ケ原、午前7時過ぎの駐車場はガラガラ。
風が吹いて涼しさ抜群。雨が降る様子は微塵も無い。
若干ガスっている部分もあったが、流れが早くどんどん吹っ切れて行く。
まずはビジターセンターを日出ヶ岳に向けて歩き始める。
アップダウンもほとんど無くてゆるゆるの散歩。
登山靴のほうはぴったりフィットで快適であるが、
大台ケ原を歩くにはオーバースペックだ。
歩いていると何やら鳴き声が響く。
セミの「ヒグラシ」だ。
涼しげな鳴き声であるが、中にはヤンキー・ヒグラシも居て
「ヒーグーラーシー」と鳴いている。
要するに孵化したてで鳴く練習をしているような感じ。

ほどなく分岐の展望台に着く。
ここからは天気が良いと富士山が見えるが、
今日はあいにく熊野灘からの上昇期中で湿った空気が流れていて遠くは見通せず。
周回路から外れるが、日出ヶ岳のピークに行ってみる。
日出ヶ岳には一等三角点があり、そこには木で組まれた展望台がある。
上がってみると風が吹き抜けて涼しい。
あまりに気持ちが良いので長居をしてしまう。
その間、双眼鏡で大峰山脈のほうを眺めてみたり、写真を撮ったり。
大峰山系の釈迦ヶ岳、行者還岳や和佐又ヒュッテ、大普賢岳を一望できた。
もう時間を気にしていないので気の済むまで居た。
一旦下りて、続いて正木ヶ原へ続くと木の階段を登って行く。
「ヒグラシ」も大量に居ると「涼しげ」を通り越してやかましい。
正木ヶ原まで来るとピタっとセミの声が止んだ。
そう、正木ヶ原は枯れた立木や笹ばかりで蜜のありそうな樹木が無いのだ。
時間にして10時にもなっていたが、登山者の姿はほどんど無く、
風があって涼しく、暑くも寒くも無く快適そのもので、
木のベンチでボケ~っとしていたら、またまた長居をしてしまった。
ベンチからは熊野灘が見えた。
そろそろ尾鷲辻に向けて移動開始。。
そのまま尾鷲辻を素通りして牛石ヶ原へ。
さらにどんどん進んで「大蛇グラ」。
久しぶりに来たけどここからの眺めは圧巻そのもの。
飛行機の中から和製グランドキャニオンを眺めているかのようだ。
もっと違う方向から大蛇グラのほうを眺めてみたいと思った。
ここでも休憩しながらパンなどを食べたりしていたら、
やたら日差しが暑くなってきて退散。
登山道に乗ってシオカラ谷へと激下り?あれ?昔は激下りで大変と思ったけど、
高度計でわずかに100mほど下っただけだった。
シオカラ谷の沢で少し涼んで、吊り橋を渡ってから激登り。
これもわずかに150mほど登ってビジターセンターへ。
天気も清涼感も抜群で、すぐには帰りたくなくなって
テーブルベンチで珈琲を作って茶菓子で休憩。
その後、フラフラとさまよってのんびりと帰国の途へ。
これからの夏場、1000m以下の低山は暑くて無理かも。

#オニューの登山靴、結局はどうだったのかというと、
 履き替えたトレランシューズが紙のように軽いたと思ったこと。
 マリポサの時はそんなに差を感じ無かったのに相当重かったことになる。
 靴自体の剛性の高さと引換に重くなるのはいた仕方が無い。
 それと蒸れ。マリポサより蒸れた。
 あと、馴染んでないことによると思われるが足の指先の付け根が
 右足だけ痛い。
 これでもまだソールは固いと言っても柔らかいほうだそうで、
 10本爪アイゼン装着がOKという人と、柔らかいのでムリと言う店員さんがいたのが
 気になった。
 マリポサも浸水してしまったようなので、予備のマリポサを慣らさないといけないし、
 これからというときに登山靴が新品しか無いというのはなぁ。。

その他の画像は以下より。
20110626-1.jpg

20110626-2.jpg

20110626-3.jpg

20110626-4.jpg

20110626-5.jpg
「日出ヶ岳」展望台

20110626-7.jpg

20110626-9.jpg

20110626-10.jpg
「行者還岳」

20110626-11.jpg
「日出ヶ岳」一等三角点

20110626-13.jpg

20110626-14.jpg

20110626-15.jpg

20110626-16.jpg

20110626-17.jpg

20110626-18.jpg

20110626-19.jpg

20110626-20.jpg

20110626-22.jpg

20110626-23.jpg

20110626-24.jpg

20110626-25.jpg
Check [ 2011/06/26 23:36 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(16)
雨覚悟だったのに、お天気恵まれたんですね:-)
泊まりがけの登山、期待してます(^o^)/~~~
あ、次の縦走路、台高山脈の一部を切り出すのは
いかがでしょう、かなりマニアックかと(笑)
[ 2011/06/27 05:59 ] [ 編集 ]
台高山脈の縦走は楽しそうですね!
地図を眺めて考えてみます!
ありがとうございます。
それにしても昨日のような日差しだと、
すっかり慣れてしまった雨のほうがマシかも、
とすら思えました。

[ 2011/06/27 06:11 ] [ 編集 ]
いつもより遅いUPに、どうされたのかと心配?してました。
今の時期大台はいいですね。しかも昨日は予想を裏切る好天気!
やっぱりいつも山に対する心がけのいい方は違いますね。
お勧めがあります。滝見尾根を降りて谷の向こう側に見える 西の滝・中の滝はその高低差に圧巻です。カメラや動画の好きな方がいっぱい撮影されてます。(私達はそこからシオカラ谷に降りてシオカラ吊り橋まで遡行しました。私の数少ない経験談です。これからもキバラー様には益々飛躍されることを願ってます。)
[ 2011/06/27 09:39 ] [ 編集 ]
 良い天気で最高ですよね・・・。
山友と「西大台ケ原」に行きたいと話をしています。
ただし、立入には事前の手続きが必要なので面倒くさいので
そのままになっていますが・・・。
 あぁ・・・つ!行きたい!
[ 2011/06/27 20:17 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
実は滝見尾根道がすごく気になってました!
そこから眺める深い谷、滝、さぞかし圧巻だろうなと想像してました。
山と高原地図を見ると「通行禁止」と書かれていたのであきらめました。
その高低差をぜひとも眺めてみたかったです。
なるほど、尾根を戻らずにシオカラ谷に下りて上流に向かって遡行できるのですね。
行く前に知っていたらぜったい行ってました。
また年内にでもチャレンジしてみます。
貴重な情報をありがとうございます。
[ 2011/06/27 20:47 ] [ 編集 ]
西大台ヶ原ですが、取り付き部分にちょうど駐車スペースがあり、
確認してみたところ、鍵が二重にがっちりかかってました。
ビジターセンターに講習会場みたいなのがあり、
簡単なレクチャーを受けて許可もらう仕組みになっているようです。
私も歩いてみたいと思いました。
[ 2011/06/27 20:47 ] [ 編集 ]
キバラーさん晴れ男だったんですね!
先々週くらいに雨とガスにたたられてビジターセンターで撤退しましたから、
まったくもってうらやましい限りです。
西大台は必要書類が自宅に郵送されるのを待たなくてはならない関係上、
山行の1週間くらい前には申請しなくてはならないのが面倒ですね。
実は先日(6/11)西大台を回るつもりだったのですが、
その日はドがつくほどの大雨でしてどうしようかなと思っていたところ、
大雨で通行規制がかかった日には別の日に振り替え可能とのことだったので、
レクチャーだけ受けて帰ってきたのですよね。
[ 2011/06/28 18:05 ] [ 編集 ]
晴れ男と思ってたんですが、先週なんか縦走という大事な時に降られてます。
天気都合のいい男なのかもしれません。
雨だったときは雨で良かったと、そう思いたいです。
カンカン照りなら縦走だと水不足でバテてたかもしれません。
西大台、簡単なレクチャーだけじゃなかったんですね。
書類云々郵送の手間がかかるんですか。
おの@あびこさまがすでに西大台歩きに注目されてらっしゃったとは。
周回しか知らなかった自分は完全に勉強不足でした。
次回は西大台を狙いたいです。
レポート楽しみにしています。

[ 2011/06/28 21:07 ] [ 編集 ]
大台ヶ原山はずいぶん昔行きましたが
ほとんど何処を歩いたか覚えていません
朝登る時車からみた山並みはハッキリ覚えていますが
とにかく綺麗だなぁと
山を歩くときは小雨がふり 景色も場所も??
谷の方へ下りた様な・・・
人に連れて行ってもらったので・・・
秋には一人で行ってきます。
[ 2011/06/29 12:11 ] [ 編集 ]
入山制限が始まる前に行きました。
明るい東大台に比べ、鬱蒼としてちょっと心細かったです。
霧にまかれたらヤバいなと思いながら散策した記憶があります。

それにしても大蛇グラでの斬新なアングルの自分撮りに目を奪われました。
難易度も高そうで、自分撮りマニアとしてはライバル心メラメラです(笑)
[ 2011/06/29 21:01 ] [ 編集 ]
大台ケ原をずいぶんと歩いてらっしゃらないのですね。
健脚かずさまなら周回のみならず、何かプラスアルファされそうですね。
どんな山歩きをされるのか非常に興味があります。
周回+西大台周回か、
はたまた小処温泉からのピストン(片道6時間)とか。
[ 2011/06/29 21:03 ] [ 編集 ]
西大台を周回されたんですね。
鬱蒼としてましたか。
滝とか見える展望箇所は無かったんでしょうか。
大蛇グラを別の場所から眺められるポイントを探しています。
自分撮り写真ですが、ふつうに三脚を構えられる場所ですよ。
足の長さをそれぞれ変えないといけませんけど。
のぶさんの写真にはいつも楽しみにしています。
[ 2011/06/29 21:07 ] [ 編集 ]
大蛇グラの正面に横たわる竜口(リュウゴ)尾根なんぞ如何でしょうか?
[ 2011/06/29 21:21 ] [ 編集 ]
大蛇グラに人が居る様子を北側から撮影されたものが
大きなポスターになっているのを見ました。
どこから撮影したのか気になっています。
また、大蛇グラの南側が、北側のシオカラ谷以上に落ち込んでるんです。
その高低差をぜひとも眺めてみたいんです。

[ 2011/06/29 21:24 ] [ 編集 ]
大台ケ原の南、
すばらしい自然林の残るこの尾根に、
めちゃくちゃ魅力を感じています。
[ 2011/06/30 06:32 ] [ 編集 ]
竜口(リュウゴ)尾根、地図で確認しました。
縦走できそうな山稜ですね。
ここから眺める大蛇グラはどんなんでしょう?
踏み跡とかあるのでしょうかね。
[ 2011/07/01 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ