生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

最近の大峰山系での事故事案 

本格的な登山シーズンを迎えて、大峰山系もやっと新緑や花の見頃となってきた。
そんな中で、つい最近の大峰山系での事故事案を新聞記事から拾ってみました。
つまらぬことで足を怪我しただけで動けなくなって、単独だと遭難なんて簡単に起こってしまいます。
単独での登山は気楽で自由で気の向くままに行動できる反面、事故には十分な注意が必要ですね。


遭難男性4日ぶり救出 県南部の大峰山系
2011/05/19 朝日新聞 朝刊 31ページより引用

 県南部の大峰山系に登山に出かけ、遭難した男性が18日午前10時半ごろ、4日ぶりに救出された。
釣り人(58)が同日朝に発見、県防災ヘリが救助した。衰弱しているが、意識ははっきりしているという。
 中吉野署によると、男性は福島県須賀川市和田の須賀川労働基準監督署職員●●●さん(34)。
 ●●さんは14日朝、日帰りの予定で天川村から大峰山系を一人で登り始めた。
同日午後3時40分ごろ、行者還岳(ぎょうじゃがえりだけ)(標高1546メートル)の登山道から足を滑らせて転落。
約8メートル下の谷底に落ちて左足が折れる大けがを負った。
●●さんは1キロほど山を下りたところで動けなくなったという。
 登山用の厚手のシャツに長ズボン姿で、持っていたチョコレートやビスケットを食べ、
スポーツ飲料や沢の水を飲むなどして飢えをしのいだ。
携帯電話はあったが圏外だったという。


天川村で白骨遺体
2011/05/17 朝日新聞 朝刊 33ページより引用

 中吉野署は16日、天川村坪内の山中で白骨遺体が見つかったと発表した。
現場は山道の崖下50メートルで、滑落した可能性があるとみている。
署によると、15日午前10時ごろ、登山中の男性(55)から110番通報があり、署の山岳救助隊らが16日に確認した。
死後1年近く経過していると見られ、付近に登山用のザックが落ちていた。
現場は弥山(標高1895メートル)に向かう山道の付近。


川上村の登山道で男性滑落、重体
2011/05/04 朝日新聞 朝刊 21ページより引用

 3日午前11時20分ごろ、川上村柏木の不動窟(ふどうくつ)鍾乳洞の南約50メートルにある登山道から
神戸市西区北別府の無職●●●さん(66)が滑落したと、同行していた仲間から119番通報があった。
男性は救助され病院に運ばれたが、頭を強く打っており意識不明の重体。
 吉野署によると、男性は3日未明に天川村であった大峰山の戸開け式を見た後、
川上村柏木を目指して登山道(幅約1メートル、傾斜約45度)を仲間と歩いていたところ、
足を滑らせ10メートルほど下に転落したという。

※名前はすべて伏せさせていただきました。
Check [ 2011/06/03 21:07 ] その他 | TB(0) |   コメント(15)
いつもいろんな話題豊富で
楽しく読ませていただいております
ありがとうございます。
事故なんて他人事というか自分は事故なんて起こさないとずっと思ってましたが、やはり起こる時は悪い偶然が重なって起こってしまう事もあるのです。
登山はリスクが高いということを自分はともかく家族の方にも覚悟が必要だと常々思っています、骨折ぐらいで済めば問題ないでしょうが、後遺症が残ったり最悪の事態になっても「まあ仕方ないわ」で済ませるぐらいの覚悟と十分な保険が必要ではないでしょうか。
うちの家内に言わせると「まあ仕方ないわ」の金額は2億円だそうですその保険料の一部は私の小遣いから出しています、私40歳子供小学生二人こんなもんでしょうか、家のローンもいっぱい残ってるし・・・。
ちょっとリアルな話になってしまいましたが
特に沢登りやバリエーションルートを攻める方はもしものことも十分ありうると考えて家族への周知なども必要ではないでしょうか。
脅かすようですみません。

拳大の落石が人の人生を大きく変えてしまうこともあるのです

皆さん気をつけてくださいね。(事故経験者より)

[ 2011/06/04 00:12 ] [ 編集 ]
楽しい・きれいだけで登っていたのではダメだな・・と。
もしも・・を常に想定しているつもりなんですが、
100%防ぐ手立てはありませんね。
最大限に減らす努力は怠らないよう、気をつけていきたいと思います。
一緒に登っている仲間に何かあっても辛いですから・・
[ 2011/06/05 11:03 ] [ 編集 ]
はじめまして。
経験者からの貴重な助言をいただきましてありがとうございます。
近くの低山で事故なんてありえないなんて油断していたら
本当に何があるかわかりませんね。
とても現実味のある話です。
こぶし大の石でも勢いがつくと恐ろしいものですね。
[ 2011/06/05 12:49 ] [ 編集 ]
怪我こそなかったものの落石経験者なので
本当に気をつけなければいけないと思いました。
保険で守られているからってことで油断しないようにしたいですね。
[ 2011/06/05 12:51 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/06/05 23:17 ] [ 編集 ]
上のザック発見人様
それはないでしょう。
是非とも届けるべきだと思いますよ。
[ 2011/06/05 23:58 ] [ 編集 ]
せめて大声で呼ぶかホイッスルで
確認ぐらいはして欲しかったなぁ・・・

私、以前バイクで林道から転落して登山者に助けられたことあります
その方はこんな山奥にバイク捨てに来る人もいるもんだと思ったそうです
人が動いていたのでびっくりしたとおっしゃってました。
[ 2011/06/06 12:10 ] [ 編集 ]
昨日、クライミングをしていたら別パーティの事故を目撃しました。

関係者が多く適切な危急時対応が出来、命には別状は無かったとのことです。
事故はクライミング途中で発生したものでは無く、移動中に起こったとの事。

いつ何が起こるか判らないですよね。
山に行く者として心掛けなければならない事はいくつもあると思っています。
[ 2011/06/06 13:02 ] [ 編集 ]
今回興味深く拝見してました。
私も事故経験者ですが、山荷 登郎様、 yossi様、ガンバラー様、はんてい様のご意見に教えられました。
私のようにならないためにも、皆さんのご意見を参考に楽しかったな~と言える山歩きにしたいですね。
事故が起こった場合、本人も、もし相手がおったら、相手方もつまらないことになるのですから。
もし事故にあったり遭遇したら皆で協力して対処したいですね。
[ 2011/06/06 17:46 ] [ 編集 ]
ガンバラー様 山荷 登郎様
ご指摘ありがとうございます。
今のボクならきっとそうすると思います。
放置されている様子だったのと、10年以上前のことでまだまだ山の初心者だった頃のことです。
どうか大目に見てやってください。


もともとキバラー様だけに読んでもらうつもりでしたので、隠させていただきました。
[ 2011/06/06 18:04 ] [ 編集 ]
のぶさんさま、ガンバラーさま、山荷 登郎さま、はんていさま、奈良の爺々さま

勝手ながらまとめさせていただきます。

この度は貴重なお話をありがとうございます。
なにぶん、文字で真意を伝えるのは正しく伝わらなかったり
誤解があったりと一文字違いでずいぶん意味が変わったりするものですね。
遭難者がいそうなザックが落ちている現場をそのまま見過ごすような方は
一人も居ないと信じております。
みなさんの熱い思いはさすが山を愛する方たちばかりだということもよく伝わりました。
これに懲りずに今後とも熱い思いはこの場をいくらでも利用して議論していただいても結構ですのでよろしくお願い申し上げます。

[ 2011/06/06 20:53 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/06/06 23:32 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/06/07 09:55 ] [ 編集 ]
気になる内容なので、初めてコメントさせていただきます。

詳しい状況はわかりませんが、他の方のコメントから推察するに、山でリュックを発見したが放置したということですかね?

登山者が倒れてるならまだしも、リュックが転がってるだけなら私も放置するかもしれません。

登山者が最後に使用し棄てて帰ったリュックも見たことありますので。


批判するのは簡単ですけど、実際その場で理想の行動をとれるかと言うと、私も含めて怪しいものですね。
[ 2011/06/08 19:21 ] [ 編集 ]
はじめまして。
貴重な経験談、コメントありがとうございます。
ザックが落ちているというのが果たしてどういう状況なのか、
文字では情報不足で推測に過ぎず、さまざまな考え方が生まれてしまいますね。
捨てて帰ったというゴミ的なものがゴミと見て取れるか、
難しい問題ですね。
見てないだけに何とも言えないです。
[ 2011/06/08 21:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ