生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大和葛城山 (2011.5.28) 

20110528-3.jpg
葛城山ツツジ園にて ※うっちぃさん、キバラー

20110528-9.jpg

ようこそ、迷える森へ。

<ルート>
弘川寺からの道(大阪側)


他の山行きのお誘いをお断りして、年に一度の葛城山のツツジの見納めにと
満を持していたら、日が近づくに連れて雨の予報が決定的になってくる。
台風2号も迫ってきていて前日には降水確率がほぼ100%となり、
参加の意思表示をしていただいていた方が次々不参加に。
週に一度の貴重な山行き時間をふつうの雨ごときで中止したく無いという思いの中、
雨でも歩いてもよいよと言っていただいたうっちぃさんと2人で登ってきた。
うれしくてカメラそっちのけでほとんど撮影どころではありませんでした。
すいません。

ツツジの見頃の最盛期であれば、ロープウェイ客が上がってきて混雑するまでにと
少しでも山頂へ急ぐために水越峠から登るところではあるが、
雨ともなれば人も少ないだろうし慌てることもないというわけで
奈良側から登ろうかという案もあったが、
ブログ「郷愁エントランス」おの@あびこさんが弘川寺からの道を登られたレポート
を拝見して、大阪側に天狗谷ルート以外のルートもあることを知り、
およそ2時間足らずで登れることもあってさっそく登ってみることにした。

準備した地図
 1.TMEで印刷した国土地理院の等高線地図
 2.金剛山公式ページ管理人のまっくんさんの作られた案内 →最後は溶けて無くなりました
 3.うっちぃさん持参の山と高原地図「金剛・葛城」

午前6時過ぎに弘川寺に到着。
スタート時間からしてかなり気合いが入ってます。
駐車場は下の駐車場、真ん中の駐車場、上の駐車場と3箇所もあった。
そんなにもここ弘川寺に訪れる人って多いのだろうか?
山頂にわずかでも近い上の駐車場(トイレがある)に止めたが、
わずかではあるが結果的には最も遠い所に止めたことになった。
雨はほとんど小雨でレインウェアの上のみを着る。
上の駐車場をスタートしてすぐ、舗装された林道を上がって行くのだろうと思って
歩き始めてしばらくしてからおかしいことに気付いた。
まっくんさんの案内にはこの林道の事は書かれていない。
しかし案内をよく見ると下の駐車場付近に取り付きがあることが判明。
一旦下山して取り付き部へ。
(後に、そのまま林道を上がるルートも存在することがわかった)
登り始めは自然林に覆われた踏み跡のしっかりした道を行く。
やや鬱蒼とした雰囲気が雨模様と相まってしっとりとしていて静か。
途中、周遊コースの分岐をいくつかやり過ごす。
周回する人なんて居るのかな?
標高500m付近で「弘川城址こっち」と書かれた道標に惑わされて
進んで行った先がだんだんバリエーションのような道となり
最終的には鉄塔に出て詰んでしまう。
また道標まで戻り、今度は道なりに進む。
下ったり上がったり、歩いていて楽しい道。
途中、スポットライトのように光が差し込む場所があって、
そこだけがオアシスのように青々していた。
登りつくと案内板があり、弘川城址を通り過ごしていたことに気づく。
どこで見落としたのかわからず来た道を引き返す。
20110528-0.jpg
最初の道標のあった分岐まで戻ったところでその道標をよくみると
3面ともに書かれているのが弘川城址方向しか指し示していないことがわかる。
いよいよ核心の弘川城址方向に進み、大きく回りこんだところでいきなり巨石が出現。
巨石には「弘川城址 以上」と書いてあるように見えた。
あれ?城址どこ?
鉄塔へ向かう途中のひらけた所だったとしか思えなかった。
弘川城址の事はもう忘れて、先へと進まなければならない。
まだ半分も登っていないのにスタートしてから一時間半が経過しようとしていた。
歩いていると雨が強くなってきたのでレインウェアの上下を着る。
そんなこんなで道幅も広くなってきて林道っぽくなってくる。
そして今度は右からコンクリート舗装林道が合流してきたので
その林道に乗っかって道なりに行く。
ここまで来るのにも途中に気になる枝道があったが、舗装林道上にも
たくさん気になる枝道が付いていた。
金剛山の念仏坂を思わせるコンクリート林道は延々と長く、
曲がり角に来るたびに「あそこを曲がると葛城山頂のキャンプ場があるはず」と
期待するものの毎度裏切られ予想以上に長かった。
誰ともすれ違うことのない林道は念仏坂と違って比較的緩やかで、
雨に合う雰囲気に加えてどこか落ち着ける癒しのある静けさ。
時折カッコーの鳴き声やカエルの合唱が出迎える。
一時間以上経過してようやく右から天狗道が合流してきてキャンプ場が現れる。
白樺食堂前に来たところで登山客はほぼゼロなので今日は閉店の模様。
ツツジ園到着は9時20分で弘川寺をスタートしてからちょうど3時間後の事であった。

肝心のツツジはというと、品種によっては完全に枯れていて茶色。
真紅に染まる満開のツツジもあって、単なる赤一色程度に思っていたツツジが
今日はハッキリとその違いを見て取ることができた。
せっかくなのでツツジ園の中へと細い道を歩いて踏み込んで行く。
ぬかるんでいて滑るかも、と思っていたらさっそく立ちゴケ。
しばらく下ってうっちぃさんが大転倒。さらに自分がもっと大転倒し、
そのままウォータースライダーのように5mくらい滑って大滑落。
その後、下りてきたうっちぃさんを助けようとして2人とも大転倒。
もうどうしようもなく泥まみれになる。
こんな場所だから何ともなかったものの予想以上に滑った。
山頂に向けて林道を登り返し手洗い場で泥を落とす。
キャンプ場まで戻って大屋根の下でコーヒーブレイク。
雨は小雨ながらもずっと降り続いている。
11時17分、下山開始。
さっそくの林道は下山では足への負担もさほど無くスムーズに
およそ40分ほどで林道分岐へ。
そこからは来た道を少し戻って案内板へ。
下山は別のルートから下りるつもりだったので、
地図には無い外周ルートをトレースすべく歩くものの鉄塔が現れてまた詰む。
少々登り返して分岐に出たものの、ここは外周ルートじゃないと判断し、
もう少し戻ったところからやや道の荒れたあやしい踏み跡へと進むと
激下りに転じ、沢の流れる音が聞こえてきたときには間違えたことに気づく。

結局どこで間違えたのかわからず、来た道を戻るにはあまりにも急登。
ここで本来なら山での常識「迷ったら登り返せ」であるが、
だいたいの位置が分かっていたし、この道迷いをむしろ楽しむべく
沢に向けて下山し、竹谷(滝谷)に沿って通っている林道に合流し、
滝谷口を経てずいぶん遠回りして弘川寺駐車場に戻ってきた。
13時40分、下山完了。
ちょっとした尾根違いが大きく違う方向に行ってしまったのは確かで
これが時間に追われている山歩きであればぜったい登り返すべきだったであろうし、
そもそも論として時間が無ければ外周探しをして歩いてみようとは思わなかった。
GPSを持って来なかった時点で未踏のルートなのに甘く見ていた。
それでもいろんなハプニングがあってより楽しい山行きになった事は確か。
うっちぃさん、今日は本当にありがとうございました。

その他の画像は少しですが以下より。
20110528-1.jpg
データロガーによる軌跡

20110528-2.jpg

20110528-4.jpg

20110528-6.jpg
スポットライトが当たったような空間

20110528-7.jpg
案内板

20110528-8.jpg
弘川城址の巨石

20110528-10.jpg

20110528-11.jpg

20110528-12.jpg

20110528-13.jpg

20110528-17.jpg

20110528-14.jpg
コンデジ画像

20110528-15.jpg
コンデジ画像

20110528-5.jpg
コンデジ画像

20110528-16.jpg
Check [ 2011/05/28 21:42 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(26)
行ってこられましたか~
写真で見るかぎり充分きれいですね!
雨のツツジ園もいいもんですね(^^♪
以前、ツツジの季節に地図も持たず弘川寺から登って
どこをどう間違えたか・・・
山頂まで延々と4時間さまよったことあります^^;
方向音痴・・・です(+_+)
[ 2011/05/28 23:17 ] [ 編集 ]
 お疲れさまでした~♪
 シトシト雨で霞んだ山は、新緑が映えて、とてもキレイに見せてくれました。
 雨の葛城山、魅力たっぷりです。
 ありがとうございました♪
 (写真、多すぎて恥ずかしいです・・・)
[ 2011/05/29 00:11 ] [ 編集 ]
行きましたか~!
あまり見ない写真と言う点では、雨のツツジ園もいいもんですね。
今回はうっちいさんの写真集ができそうですね。
泥だらけの写真も見たかった~(笑)
[ 2011/05/29 02:03 ] [ 編集 ]
ケガ大丈夫でしたか?ウェアの汚れですんだのなら良いのですが?

しっとりとしたツツジ園 幻想的ですね
’スポットがライト当たったような空間』写真も良いですね
[ 2011/05/29 05:32 ] [ 編集 ]
雨のツツジ園もなかなかのものですね

弘川寺からは最後の林道が長いのであまり使いませんが

展望抜群の所もあり(雨では…)又歩きたくなりました

道迷いは私等何時もの事です、お疲れ様でした。

[ 2011/05/29 13:28 ] [ 編集 ]
遠くから眺めているとまだキレイでしたよ。
花ははかないですね。
わずか一週間で枯れて行くなんて。
yossiさんも弘川寺の道で彷徨われましたか。
すでに歩いてらっしゃったなんて知りませんでした。
あれは本当にややこしいですね。
[ 2011/05/29 16:40 ] [ 編集 ]
昨日は雨の中お付き合いいただきありがとうございました。
植林地帯でもきちんと間伐されていて明るく
金剛山と違った魅力がありました。
写真、すいません、多すぎですか。。
[ 2011/05/29 16:41 ] [ 編集 ]
雨がぜんぜん表現できてません。
止んだ瞬間なんて無くて終始ずっと降っていたんです。
泥だらけの写真を撮るのを忘れてました。
カメラも泥だらけでヌタヌタになったんです。
[ 2011/05/29 16:41 ] [ 編集 ]
お互いに怪我はありませんでした。
ツツジの木も痛めておりません。
ありがとうございます。
ツツジ園には誰も人はいませんでした。
[ 2011/05/29 16:41 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
弘川寺からの林道があんなに長いと思いませんでしたが、
幅広で明るく雰囲気が良く見るものすべてが新鮮でした。
林道の写真を一枚も撮っていないのが不思議です。
[ 2011/05/29 16:42 ] [ 編集 ]
最初から雨の中は気が進まなくてキャセルして済みませんでした。弘川寺からも沢山の枝道があり迷いますね。昨年の桜の頃に葛城山から下り桜の公園の一番上に出ました。
此れに懲りず又誘って下さい。
[ 2011/05/29 17:33 ] [ 編集 ]
ガスと霧雨の山・・
普段とはちがう山の表情に出会えていいですね・・

でも、ガスと小雨の山に分け入るのには、
踏ん切りをつけるのが大変かな・・

カメラは大丈夫でしたか?
[ 2011/05/29 18:55 ] [ 編集 ]
ツツジ、まだまだ見応えありそうですね・・・って写真に釣られないようにします(笑)
私なぞが撮ってもこんなキレイに撮れないですからね。
今日はおとなしく自宅待機です~。

雨の中お疲れ様でした。
[ 2011/05/29 19:35 ] [ 編集 ]
 お怪我がなくてよかったですね。 ツツジ園の台を見ているだけで滑りそう。
 ガスに煙って濡れているツツジもいいです。 金剛山の遊歩道で見かけたツツジはちょうど満開でしたが。 私も最初から雨でしたが、思ったほどひどくなくてよかったです。
[ 2011/05/29 20:59 ] [ 編集 ]
いえいえ、大丈夫ですよ。
鉄人kosiziさんの弱点が雨だということがわかりました。(笑)
弘川寺からのルートなんて一本だけでピストンだと思っていました。
昨年歩かれたばかりなんですね。
桜の公園・・ああ、ありました、あれですか。
またご一緒してください。
[ 2011/05/29 21:11 ] [ 編集 ]
ガスと霧雨の山も人が少なくて金剛山であっても好きです。
途中から降られる分にはまだしも、最初から雨だと気合いが必要なのは確かです。
カメラは防水・耐衝撃タイプのほうだったのでまったく大丈夫でした。
丸洗いしました。
[ 2011/05/29 21:11 ] [ 編集 ]
予告通り行ってきました。
ぱろやんさんは自宅待機でしたか。
今日のほうが雨はひどかったですからね。
ツツジはもう来週となると晴れてもきびしいと思いますよ。
奈良側のルート歩きなどを楽しまれるのも名案かもしれません。
たくさんあるみたいです。
[ 2011/05/29 21:11 ] [ 編集 ]
ウッドデッキも滑りそうでしょ。
ツツジ園の中はもう笑うしかないほど滑りまくりでした。
おかげさまで怪我には至らずでした。
林道歩きの途中にあったツツジはまだ満開だったので期待していたのですが、
山頂のツツジのほうが早く枯れていました。
浪チャーさまのブログの写真を拝見しました。
クリンソウの群生はまだ見応えたっぷりだったんですね。
[ 2011/05/29 21:12 ] [ 編集 ]
「迷える森」散策お疲れ様でした。

ツツジの品種はヤマツツジ、モチツツジとミヤコツツジの三種類もあるそうで、
最近まで知りませんでした。

つつじ園は雨で人がいなくて、まるで貸切の舞台のようですね。
お天気は残念でしたが、しっとりとした山の雰囲気が伝わってまいりました。
[ 2011/05/29 23:13 ] [ 編集 ]
ありゃりゃ…。けっこうワイルドな山行だったようですね。
僕の中途半端なレポートがかえって迷惑だったかもしれないですね。
でもベッピンさんと一緒に大転倒だなんてうらやましいので謝りませんよぉw
気が付いたら身体が入れ替わってたりしませんでしたか?

言われてみればあの林道。分岐もけっこうあるし、
初めてだとわかりにくいかもしれませんね。
正直言えば僕も正確に覚えてませんからね。
[ 2011/05/29 23:20 ] [ 編集 ]
弘川城址が見つけられなくて迷いましたー。
下山はふつうに迷いましたー。
ツツジの品種は3種類ですか。
完全に枯れたもの、鮮やかな真紅色のもの、ピンクに近いものがありましたので
3種類全部確認できたことになります。
もっと種類が多いように思いました。
人の居るツツジ園ってあんまり知らないんです。
例年は早朝に登って、ロープウェイ客が押し寄せてくる前には下山していますので。
しっとりした山の雰囲気が伝わったのであればうれしいです。
[ 2011/05/29 23:32 ] [ 編集 ]
どうやらおの@あびこさまが登られたルートとは違うようですね。
でもあの展望の場所は下山時に通りました。
他の写真は記憶と一致しません。
1系統しか無いと思っていましたもので。
カラダが入れ替わり?もしかして映画「転校生」ですか。
あれ?そういえばついているはずのものが・・んなわけないです。
乗っかりも重なりも接触もしてませんので誤解のありませんように。
今度機会があれば、またまたおの@あびこさまの登られた
奈良側のくじらルートとか登ってみたいです。
[ 2011/05/29 23:33 ] [ 編集 ]
お疲れさまです。
右に同じく22日雨の中、撃沈しました。
ルートも弘川城址、お昼もキャンプ場。
違ったのはザーザー雨の中、湧いてくる様な人だかりでした。

あんなに濡れて迷っても だからといって懲りずに、それもまた山、風流と楽しめるのは可笑しなものですね。
[ 2011/05/30 01:43 ] [ 編集 ]
一週間違いで、雨の中を同じルートで登られて
同じ場所で食事されたんですね。
偶然ですね。
nozillaさまははたして迷われたのでしょうか。
気になるところです。
ブログに掲載されるのでしょうか。
期待しています。
[ 2011/05/30 21:01 ] [ 編集 ]
素敵な写真、ありがとうございます。
今年は金剛のニリンソウに続いて葛城のツツジも見逃しました…
写真だけでも見られてよかったです。

雨の中の登山、いかがでした?お疲れさまでした。
私、ご存知の通り“雨男”でして、雨率が非常に高いんです。
(今回は私の仕事ではないですよ)
でも、ムキになって雨でも山登りをしているうちに
“雨だからこそ楽しめる”登山があることを知りました。
雨の登山、それに夜間登山、どちらも普通の登山者には
マイナスなイメージでしょうけど、やってみると結構楽しめます。
[ 2011/05/30 21:10 ] [ 編集 ]
チョリオさん、さすがによくわかってらっしゃる。
夜間登山も雨の日登山も大好きです。
晴れの暑い日差しの下より好きかも。
チョリオさん、雨男なんですね。
ちょっと引いてしまいます。。(^^;
[ 2011/05/30 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ