生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

六甲山系 六甲山 <第二弾> (2011.4.3) 

20110403-9.jpg
六甲山中にて ※左から、Takeshiさん、キーコさん、キバラー、段取八分さん、yossiさん

『今日の六甲山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分38秒)


<ルート>
芦屋駅前駐車場→高座谷→キャッスルウォール→岩梯子→下って→
奥高座滝遡行→ワンダーランド徘徊→黒岩→荒地山→ワンダーランド徘徊→
七兵衛山山頂→JR摂津本山駅


前回は初の六甲山ということもあり、主要なポイントを経由して
最終的には六甲山山頂をめざすというツアーであった。

今回は山頂には行かず、奥高座ワンダーランドを登ったり下りたり迷ってみたりと
歩き倒してその複雑ぶりに理解を深め、最終目標の通称カネテツ山と揶揄されている
「七兵衛山」のピークを踏みに行き、起点から2駅離れたJR摂津本山駅のほうに下山し、
電車でJR芦屋駅に戻るというもの。

午前8時、JR芦屋駅前駐車場に前回のメンバーで集合。
途中の阪急芦屋川駅でTakeshiさんと合流して5名で歩く。
Takeshiさんとは2人でよく金剛山を登っていたが、
しばらくブランクが開いていて実に四ヶ月ぶりの再会だ。
昨日までの暖かさから一転して寒い朝。
それでも天気予報では午後から晴れて気温が上がるということで
それを信じていつもの秋冬長袖シャツの下には半袖夏用のコンプレッションを
着て行ったらスースーして寒いのなんの。
いつものモンベルのジオライン長袖中厚ハーフジップがいかに暖かいかということを
思い知らされた。
氷点下の真冬でもそんなに寒くないし10℃程度までなら対応できる。
機能性ウェアは着膨れ対策としても非常に効果的である。
そんなわけでアウターに持っていったフリースは、行動時に着ると暑くなってくるし
脱ぐと極端に寒いという温度調整がたいへんだった。

さて、肝心の今日のルートのほうであるが、実のところさっぱり理解できなかった。
結局どこを歩いたのか、もう一度行けと言われても無理。
行き止まり無しのジャンボ迷路か、はたまたアリの巣状態と表現すれば良いのか。
とても六甲山2回目にして理解できるようなスケールではない。
なんとなく行きたい方向はGPSを見れば判るが、そっち方向に道があるとも限らない。
これらの全ルートを調べつくした地図は存在しないだろう。
経験豊富な段取八分さんでさえ迷うことがあるという。
今日聞いたお話では、まだ慣れない頃、堂々巡りをして抜け出せず、
同じ場所に3度出たときにはさすがに怖くなったとか。
迷路の中にはいろんなオブジェや小屋、水場、ビューポイント、広場が隠されていて
昼食を摂った広場もGPSでは荒地山と横池のちょうど中間という程度しか
人に説明できないし、よくわからない場所だった。
それでも3組ほど食事をされていたからルートを理解されているのであろう。
平坦ならともかくアップダウンを伴うのであまり迷ってばかりもおれないのが現実。
七兵衛山も独特で、どうやってあんな場を作ったのか正直ハテナ?である。
下山中もさまざまにステージは変化し、最後の岡本の住宅街に出る直前には
転落するときわめて危険なV字型の深い谷沿いの道を歩く。
六甲山頂に行かなくとも丸一日十分に楽しむことができた。
桜の花はほころび初めているものの今日はついに暖かくなることは無かった。

その他の画像は以下より。
20110403-1.jpg
GPS軌跡

20110403-2.jpg
ロックガーデン・奥高座ワンダーランド部のGPS軌跡の拡大

20110403-3.jpg
垂直プロファイル

20110403-4.jpg

20110403-5.jpg

20110403-6.jpg

20110403-7.jpg

20110403-8.jpg

20110403-10.jpg

20110403-20.jpg
キバラー

20110403-11.jpg
Takeshiさん

20110403-21.jpg

20110403-12.jpg
段取八分さん

20110403-13.jpg

20110403-14.jpg
GPS軌跡

20110403-15.jpg

20110403-22.jpg

20110403-16.jpg

20110403-17.jpg

20110403-18.jpg

20110403-19.jpg
キバルン
Check [ 2011/04/03 23:56 ] 六甲山系 | TB(0) |   コメント(14)
昨日はありがとうございました!
まだまだ、全然わかってませんが
ほんの少しだけワンダーランドが
わかった気がします・・気のせい?
途中、軌跡がはずれているのはわたしですね^^;

段八さん
どうもありがとうございました。
またまた引き続きお願いしますm(__)m

楽しかったです(^^♪
[ 2011/04/04 18:49 ] [ 編集 ]
こちらこそ昨日はありがとうございました。
ワンダーランド、少しでももう理解されたのですか?
軌跡を見ましたが、もっと派手に縦横無尽に歩いたと思ったら
わりと小ぢんまりしてますね。
今度は摩耶山のほうに行ってみたいですよね。
またよろしくお願いいたします。
[ 2011/04/04 20:11 ] [ 編集 ]
GPSの軌跡・・・
山菜採りでも行かれたんですか?(笑
凄いですね、段取八分さん!

TOPの写真、イイですね!
楽しそうな雰囲気が伝わります

[ 2011/04/04 20:16 ] [ 編集 ]
山菜取り。。
段八さんに「好きなように歩きまわってください」
という自由タイムがありました。
その結果がコレです。
方向感覚がまったく無くなりますよ。
[ 2011/04/04 20:54 ] [ 編集 ]
ル―トが複雑すぎて全然わかりませんが

面白そうですね~真似は出来ませんが(笑)

ハンドルネームは仮面ライダーから?ですか?
最後の【キバルン】でそう思いました?。
[ 2011/04/04 22:11 ] [ 編集 ]
皆様。一日中楽しく遊んでいただきありがとうございました。
Takeshiさんのお陰で、いつも巻いていた最後の滝も登ることができました。お礼申し上げます。
今回初めて七兵衛山のてっぺんまで行きましたが、ボーッと海を見ているのには最高の場所ですね。
また、快晴ではなかったものの、大阪方面とくに金剛山の輪郭がよく見えてよかったです。
[ 2011/04/04 22:55 ] [ 編集 ]
久しぶりのキバラーさんとの山行
そして「ザ・金剛登山」の出演、大変楽しかったです。

今回は段取八分さまのご案内で大変充実した六甲、奥高座滝周辺でしたね
ほとんどのメジャーなスポットは行けた感じがします。
六甲山の魅力をまた再確認いたしました。今後も時々行きたいと思います。

ですが最近金剛山がご無沙汰なので今週末でも行きたいと思います。
ダイトレ参加の方々の応援に・・・(笑)

段取八分さま
今回は奥高座滝周辺をご案内していただきありがとうございます
今後の私の六甲山への山行に大変役に立つ貴重な体験をさせていただきました。
また、有馬や摩耶・須磨アルなど行きたいい所ばかりですので今後ともよろしくお願い致します。
そしてまた金剛山に行く時などありましたらお声を掛けていただければ幸いです。
ありがとうございました。

※奥高座滝、私のおかげなんかではないですよ、
 段取八分さまのチャレンジ精神がそうさせたのではないでしょうか?
 そのおかげで私も大変楽しめました。こちらこそありがとうございました。
[ 2011/04/05 14:15 ] [ 編集 ]
フットワーク・ネットワークをお持ちの足軽kazuさま、ぜひ六甲へ。
GPSお持ち&使いこなしまくりのkazuさまですから、
どこを歩いても最後は登山道に出たいときに出れると思います。
一筆書きであらゆる道を歩いてみるとどんな軌跡になるのか
見てみたいほどです。

ハンドルネームは仮面ライダーとはまったく関係ありません。
「キバルン」は先日、同行の方に命名されたばかりなのです。
それまでは単なる反射板だったんです。
ちなみにハンドル名ですが、
マツラーとかユニラーとか何かしらないですが「ラー」を付けるのが
流行った時期がありまして、単純に自分の名前の一部にラーをつけただけで
実に無計画で思いつきなハンドル名です。
さらに当ブログの題名も「ザ・」なんとかっていうナニカ(忘れましたが)を
たまたま目にしたので、何も考えずに付けました。
いまでは金剛山に限定してしまった題名のせいで非常に困っています。
[ 2011/04/05 20:55 ] [ 編集 ]
先日はお世話になりましてありがとうございました。
あの動画にもあるヤバイ滝はツルツル滑り、
ワンミスが許されない難所でしたので登れなくは無かったのですが、
実はご存知無いと思いますがプチ滑落もあったので、
安全第一を考えて私と女性陣は巻かせていただきました。
ヘルメットを購入・持参するようにしてから望みたいです。
念願の七兵衛山はわりと異色の存在でしたね。
またよろしくお願いいたします。
[ 2011/04/05 20:55 ] [ 編集 ]
先日は久しぶりにお会いできて一緒に登れてうれしかったです。
もうフラれてもたかな~と思ってましたので。(笑)
いつもながら断りもなく勝手に撮影、勝手にブログ公開の失礼をお許しください。
最近引っ張りだこのTakeshiさんはギャラが高いですから、って冗談です。
これに懲りずにまた近いうちにまた金剛山ででもよろしくお願いいたします。
[ 2011/04/05 20:56 ] [ 編集 ]
いや~とんでもないところですね~(笑)
一回登っただけでは、六甲山のろの字も知ることはできませんね。

Takeshiさんずいぶんストイックに行かれてませんか?(笑)
また案内してくださいよ~。
[ 2011/04/05 21:21 ] [ 編集 ]
500~600mの中でもがいている感じです。
けどどこかに必ず人が居るというかんじで、
あそこに行きたいけどどうやって行くのかなぁ
みたいな謎解きみたいな要素もあって。
しかし夏場は暑くて無理そうなところです。
陽が良く当たることでしょう。
Takeshiさんも六甲山の大先輩なので、
今回、無理言って強引にお誘いしました。
段八さん+Takeshiさん=六甲完璧
っていう方程式があるんですよ。
方程式というよりタダの四則演算ですけどね。

[ 2011/04/05 22:00 ] [ 編集 ]
六甲の楽しい迷宮に迷い込んだという感じでしょうか?
GPSの軌跡は、まさしく徘徊!
楽しそうです。

TOP写真サイコー!
[ 2011/04/06 16:06 ] [ 編集 ]
ロッコーのロックガーデン~奥高座が楽しめるのも
日差しが暑くなるまでだと思います。
アクセスが他の周辺低山にくらべて高額になりますが、
のぶさんも一度行ってみてください。

TOP写真の件、ありがとうございます。
どこで撮影したのかよく覚えてないんですよ。
GPSのログと写真のタイムスタンプから割り出すしか
手立ては無い状態です。
似たような場所がたくさんありすぎて。。
でも、先日はここがいちばんの撮影スポットでした。

[ 2011/04/06 21:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ