生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

槇尾山 + 金剛山 第238回 (2011.3.19)  

20110319-17.jpg
槇尾山 清水の滝にて
※左から、kosiziさん、キーコさん、うっちぃさん、yossiさん、中村さん、みーさん、POMさん、katsuyukiさん、キバラー

20110319-16.jpg
金剛山頂にて みーさんと。

『今日の槇尾山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分28秒)


<ルート:槇尾山>
青少年の家前→焼山→兜卒岳→卒都婆峰→ゆたか茶屋(施福寺)→槇尾山山頂→蔵岩→ゆたか茶屋(施福寺)
→尾根分岐→清水(きよず)の滝→五ツ辻→青少年の家前

<ルート:金剛山>
登り:寺谷ルート
下山:車

直前まで遠征登山する予定で山行きを計画していただいていた。
ところがここ数日の寒波来襲による積雪があることから安全第一で急遽予定が変わって槇尾山へ。
槇尾山をホームグラウンドとして愛してやまない中村さんにルート設定してもらい案内してもらうことに。

午前8時、市立青少年の家前をスタートし、舗装道路を少し戻った所から取り付いて登り始める。
少し林道歩きした後、焼山(標高483.9m)に向けていきなりの急登。
高度を上げてゆくと徐々にまわりの展望が開けてくる。
ここ、焼山は10年以上前に山火事で丸焼けになった山である。
焼け残った立木が、あたかも大台ケ原の正木ヶ原のようにも見えなくもない。
偽ピークにいくつもダマされながらも焼山の山頂に着くとそこは大パノラマ。
360℃ぜんぶ見渡せるなかなか珍しい展望である。
焼山から下ってまた登り返して兜卒岳ピークへ。
さらに卒都婆峰へはルート上は通らないけれど、わざわざピークを確認に行った。
卒塔婆と聞くと墓の後ろに立てる細長い板を連想してしまうが、
一文字違いで「卒都婆」である。
槇尾山には捨身ヶ岳なんていう所もあるだけに卒塔婆だとしても不思議ではないが、
正直、それだとあまりにも怖い山になってしまう。
卒都婆峰のピークを確認したあとは一旦下って、広い登山道に合流後、
登り返して「ゆたか茶屋」のある施福寺境内へ。
到着時間は10時35分。スタートして約2時間半。
小休止の後、槇尾山山頂を目指してさらに登る。
山頂到着は11時ちょうど。
その後、蔵岩が見通せるとっておきの場所まで下りていく。若干難所あり。
またまた登り返して蔵岩へ。
今日は誰もクライミングをやっていなかった。蔵岩だけにクライワミング?
12時10分、再び施福寺境内のゆたか茶屋前に戻ってきた。
昼食の準備に取り掛かる。
中村さんには食材10人前を用意いただき、数名で手分けして歩荷して運びあげた
道具類や水、飲料で鍋を二箇所、焼肉などの焼き物一箇所と店を広げて宴会。
山で食べる鍋は最高でした。

14時30分、再スタート。
そのまま下山するのではなく、清水の滝を見に行って五ツ辻まで登り返して
下山するというハードなルート。
清水(きよず)の滝はいつみても素晴らしい。
途中、下山に使うには危険な難所もあって疲れたカラダながらも油断できない。
市立青少年の家前に戻って下山完了したのは16時50分。
まだ日は明るい。
しばらくご無沙汰になっている金剛山に登る余力があったので、
誰か付き合ってくれる人を探したところ、みーさんが登っても良いというので
一緒に登りに行くことになった。
ここでみなさんとはお別れ。
それぞれ自分の車で金剛山に向かって百ヶ辻駐車場到着は17時40分。
重い物を置いていけばいいのに、いろいろ入ったそのまんまのザックですぐに登山開始。
登りは最短の寺谷ルートから。
みーさんと途切れることのないお喋りをしながらあっという間に山頂に着いたが
寺谷なのに所要時間に一時間もかかって金剛山頂到着は18時40分。気温3℃。
山頂周辺はアイゼンは必要無い程度に少し残雪があってぬかるんでいた。
井戸広場でテント泊している単独の男性が居た。昔はここはキャンプ場だったのだ。
山頂で写真を撮ったり、フィンガーチョコなどを食べてくつろいでいると時すでに19時15分。
捺印所は閉まっている。
ヘッドランプを用意して、そろそろ下山しようとしていたら、
みーさんのお知り合いの金剛山関係者の方が車で下山しようとされていて
乗せていただくことになった。
これがガタゴトとアトラクションよろしくスピード感とスリルがあっておもしろかった。
結局ヘッドランプを使うことなく19時25分、下山完了。
今日もいろんな予想外な事があって楽しく、なが~い一日だった。

その他の画像は以下より。
20110319-0.jpg
今日の歩行GPSログ ※ブルーの線

20110319-1.jpg
焼山に向かう途中から施福寺の屋根が見えた。

20110319-2.jpg
われらが鉄人kosiziさん

20110319-3.jpg

20110319-4.jpg

20110319-5.jpg

20110319-6.jpg
槇尾山山頂にて

20110319-20.jpg

20110319-7.jpg

20110319-8.jpg
蔵岩にて みーさん

20110319-9.jpg
蔵岩にて kosiziさん

20110319-10.jpg
蔵岩にて POMさん

20110319-19.jpg

20110319-18.jpg

20110319-11.jpg

20110319-12.jpg
Check [ 2011/03/19 23:57 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(22)
いい山ですね。
槇尾山の方にはなかなか足が伸びませんが、
クソ暑い夏になる前に何回か言ってみたいですね。
[ 2011/03/20 07:24 ] [ 編集 ]
今週も中村さんの鍋の登場でしたか~。
しかも焼肉もですか?
家族を省みずに私も参加させてもらったらよかった~。
槇尾山も色々見どころがあるんですね。
[ 2011/03/20 12:03 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした!
見所が満載で、たっぷり歩ける槇尾山は、金剛山に次ぐ魅力ある山でしたね♪私はしばらくハマりそうです。
今回もよー歩きました!アップ・ダウンに「激」がつく所が多くて、私的には20kmぐらい歩いたようなクタクタ感なんですが、そない距離は歩いてないのかなぁ?
そして、やっぱり〆は金剛山♪これで、とても充実しました。
非常に楽しい一日だったです♪ありがとうございました。また山行きましょね!^^v

[ 2011/03/20 18:00 ] [ 編集 ]
おの@あびこさまもたしか今日?一徳坊山に行かれたんですよね。
けっこう気になっている山なんです。
タツガ岩とセットで登ってみたいなと。
あと名前が面白い「ボテ峠」とか「猿子城」も気になっています。
[ 2011/03/20 20:29 ] [ 編集 ]
今日は登ってらっしゃったんですね。
一日ほぼ良い天気でよかったですね。
龍門山、六甲山とプチ遠征してましたので、
昨日は本当に金剛山はひさしぶりでした。
クラヤミでしたが、寺谷ルート、また階段が増えていたように思います。

鍋写真、追加させていただきました。
[ 2011/03/20 20:30 ] [ 編集 ]
昨日は夜の金剛山までお付き合いくださいましてありがとうございました。
ヘッデン点けてのナイトハイクは楽しめませんでしたが、
トロッコみたいなガタゴト爆走車での下山はまたとない経験ができました。
みーさんの人脈ならではですね。
またよろしくお願いいたします。
[ 2011/03/20 20:30 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした。
やっぱりあれから金剛山に登りましたか!
楽しかったですね。

僕は今日も金剛山でしたが8日間連続なので明日は雨が降れば休みます・・・
[ 2011/03/20 20:36 ] [ 編集 ]
昨日はお疲れさまでした。
さすがにあれだけの大人数、kosiziさんも含めてひとりひとりとゆっくりお話することができませんでしたし、撮影のために足を止めてもらうわけにもいかないので困難極めました。
けど、大人数登山もワイワイと楽しいので好きです。
ついに8日連続山入りですか。
明日は雨100%なので、ごゆっくりおくつろぎください。

[ 2011/03/20 20:48 ] [ 編集 ]
よう歩きましたね~
槇尾山にしばらくはまってみようかな・・
と1年ぶりに思いました。
六甲とはまた違った複雑でしたね^^;

ありがとうございました!
[ 2011/03/20 21:44 ] [ 編集 ]
昨日はたいへんお疲れさまでした。
六甲とはまたちがった味がありましたね。
焼山は気に入りました。
焼山から施福寺までは地図に無い分岐があってなにげに複雑でしたね。
今回、私はついていくだけでしたので何も考えませんでしたが。(笑)
yossiさんのつぶやきは何げに面白いですよ。

[ 2011/03/20 22:15 ] [ 編集 ]
のぶさんの後輩で、きたっちといいます(^^)
槇尾山も色んな景色があって楽しそうですね♪
みなさんの笑顔が素敵です。
[ 2011/03/20 22:38 ] [ 編集 ]
昨日はお疲れ様でした
金剛山、車での下山は貴重な体験ですね!

かまくら小さくなってましたか?
水分道・坊領の頃あんな可愛かったかまくらが
道塞ぐぐらいまでデカくなり・・・
明日の雨に耐えてくれるでしょうか?
最後まで見届けたいですね。
[ 2011/03/20 23:02 ] [ 編集 ]
右に同じくマキオな日々です。

姫と姫っ子の子2を連れて、降りそで降らぬ滝畑ダイトレ蔵岩ルートを歩いてきました。前の週は、姫と二人、歩き慣れた五つ辻から、側川清水蔵岩施福寺と、えーかげんにせい山歩きでした。あぁ震災の事が気になるけれど、変わりない日常を送ることで経済は循環するのですね。いい言葉です。がんばれ日本!
[ 2011/03/21 01:25 ] [ 編集 ]
槇尾山、初めて登りました!
槇尾山の絶景を巡るツアーでしたね!
何度も地図を見る時間をいただいて、地図読みの練習もさせていただけて勉強にもなりました!
とても楽しい一日でした!
ありがとうございました!
[ 2011/03/21 02:22 ] [ 編集 ]
私も一度車で下山させて頂いた事がありますが 二度とゴメンと思いました。
昨日 今まで頑張って手書きでルートを書き込んだ地図が強風で飛ばされて何処かへ逝っちゃいました・・・
また一からやり直しです(T_T)
[ 2011/03/21 14:46 ] [ 編集 ]
槇尾山はまったく行った事の無い不思議空間です。
いろいろアトラクションがありそうで興味津々・・・。

クルマでの下山もたのしそう。
[ 2011/03/21 22:19 ] [ 編集 ]
初めまして。
ご訪問いただきありがとうございます。
みーさんと龍門山へ行かれた方ですよね。
槇尾山も良いところです。
正面道を登るとたったの30分で施福寺に着くんですけどね。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2011/03/21 23:01 ] [ 編集 ]
先日はお疲れさまでした。
道案内だけでなく、食材・道具に歩荷・調理に至るまで
何から何までお世話になりました。
日頃ホームグランドにされてらっしゃるだけあって
さすがにお詳しいですね。
今回は展望の素晴らしい焼山をはじめ、蔵岩を見上げる場所、
蔵岩、清水の滝、と槇尾山の魅力をすべてを堪能させていただきました。
ありがとうございました。

金剛山頂カマクラはそんなに大きさ変わってませんでしたよ。
あれが溶けるまでは時間かかると思いますよ。
消えて無くなる寸前が面白いですよ。
車でも下山は、それこそものすごいスピードで、
ぴょんぴょん跳ねながら、ジェットコースターさながらでした。

[ 2011/03/21 23:01 ] [ 編集 ]
偶然にもnozillaさまも槙尾山入りされてらっしゃいましたか。
我々の取ったルートの逆ですね?
側川から清水は秘境で危険な香りのする難所続きですよね。
地震は大変な災害でしたが、これからの復興で新しい日本になってほしいです。
[ 2011/03/21 23:02 ] [ 編集 ]
先日はお疲れさまでした。
槙尾山、はじめてでいらっしゃいましたか。
私は二回目でしたが、槙尾山の魅力がほぼすべて盛り込まれた
ルート設定だったと思っています。
さすが中村さんです。
地図読みの練習にもなったんですね。
よかったです。そして楽しかったです。
またご一緒してください。
よろしくお願いいたします。
[ 2011/03/21 23:02 ] [ 編集 ]
まさ吉さんも金剛山を車で下山された事がおありなんですね。
私はアトラクションさながらで楽しかったですよ。
だいたい10分程度で下山できたと思います。
四輪チェーンだったので取り外しのお手伝いをしました。
トータルで20分くらいかかったでしょうか。
予定では文殊中尾根下山のつもりでしたので
下山の所要時間は早くて30分ですから10分程度の時短?!
え~、地図飛んでいっちゃいましたか。
野外で何かされてらっしゃったんでしょうか。
[ 2011/03/21 23:03 ] [ 編集 ]
のぶさんが槇尾山に行ったことないとはビックリです。
低山ならどこでも登ってらっしゃいそうなのに。
本チャンの山の魅力をコンパクトに凝縮したようななかなかの秘境ですよ。
[ 2011/03/21 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ