生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

台高山系 高見山 + 金剛山 第235回 (2011.2.11) 

20110211-1.jpg
高見山山頂にて
左から、キバラー、yossiさん、キーコさん、帆亭さん、みーさん、kosiziさん、中村さん、
                                   katsuyukiさん、うっちぃさん、POMさん

20110211-2.jpg
金剛山頂にて

『今日の高見山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分31秒)


【高見山】(初)
登り:高見登山口→旧南伊勢街道→小峠→高見峠→山頂
下り:山頂→杉谷平野→小峠→登山口

【金剛山】
登り:寺谷ルート
下り:文殊中尾根ルート


 高見山は姿形にしても他に類を見ないほどの秀峰で、
 このエリアでは抜きん出た存在である。
 特に西側から眺めた高見山は円錐状のピラミダルな美しい姿を見せ、
 だれしもが登高欲をそそられる。

 ※山と高原地図付録冊子より引用。

朝6時前に外に出ると真っ白に雪が積もってる。
下界に積雪があったのはいったい何年ぶりだろうか。
たしかにニュースでは平野部にも雪が積もるようなことを言っていた。
道の駅大宇陀に8時に待ち合わせということで車を走らせるも、
積雪のため、あちこちでノロノロ運転。
南阪奈道路も立ち往生している車があったりとスゴイことになっていた。
大和高田を抜けて田原本のコンビニで昼食を調達。
yossiさんらと偶然コンビニで遭遇し、道の駅には8時前に無事到着。
車3台で登山口に向かって高見登山口に到着。

9時30分、登山開始。
またもや参加人数記録更新!10名という大所帯。
1月22日に登った時のメンバー9名+ベテラン帆亭さんを加えて純増。
隊列は先頭には鉄人kosiziさん、そして最後尾にはリーダー格のベテラン帆亭さん
(ともに「いろり」所属)という最強のパーティーだ。
高見山が今回が初めてである自分を、経験者のみなさんに連れていってもらう的な立場であるが、
当ブログを通して見るとあたかもキバラー主催ツアーみたいに見えてしまうのはご容赦。

そもそも高見山ってそんな気合いを入れて登るようなたいそうな山なのか?!と思ったりもしたが、
地元では金剛山並にメジャーな山で、四季を通じて人気が高く、小中学生が耐寒登山で登るような山
でもあるそうだ。
あちこちのブログで、今年になって2回も3回も登ったというのを見かける。
鉄人kosiziさんに至っては、夜に登って避難小屋で泊まって高見山に登られたのが
今年に入ってすでに2回もやられている上に今日の参加なのだ。
気合いを入れて登る山というより、大峰山系や台高の山々は、通常、ベテラン装備がないと
登れないわけで、金剛山同様にレベルを問わず冬山をたのしめる低山として価値の高い山であった。

高見登山口から小峠までは植林地帯。
植林地帯なんかどこの山も同じように思っているが、
金剛山のそれとは似ても似つかない独特の雰囲気が感じられた。
登り始めて一時間、途中アイゼン装着休憩を一度取っただけで、
黙々と登って10時38分に「小峠」に到着。
小峠に着くと、すぐそばに林道がついていた。
なんと林道はこの先の大峠まで続いているという。
つまり大峠まではマイカーで来ることもできるわけだ。
われわれは小峠から大峠まではその林道を使わずに自然遊歩道を登った。
そして大峠までは難なく登って来れた。
大峠からは自然林の中の急登を登って行く。
途中、晴れていると展望が抜群に良さそうなところがたくさんあって、
もしかして高見山の魅力はこの展望にあるのではないか?と思った。
さすがに今日の空模様ではまったくそれは望めなかった。
途中、ベンチのある所で休憩を取って、
なかなか登りごたえのある急登をようやく登り切って高見山山頂に到着した。
大峠から山頂までのルートはとても気に入った。
高見山山頂到着は12時22分。
およそ一時間の昼休憩を取った。
本来は山頂は風が強く、とても外で食事などできたものではないらしいが、
避難小屋が満杯だったので、外で店を広げてみたけど寒さに震えることもなく過ごせた。
ほぼ無風で、手袋をしなくても耐えれる寒さだったので恵まれていたようだ。
下山は登ってきた道では無い、たかすみ温泉の方へと下りるルートを使って、
途中の分岐から小峠を経由して高見登山口に戻るというルート取りをした。
有名な「エビの尻尾」というものを存分に堪能し、15時ちょうどに下山完了した。
初の高見山は10名による盛大なものとなり、とても楽しい一日だった。
また、帆亭さんとお知り合いになれたことも大きな収穫となった。
高見山は少なくとも大パノラマを見るまでは足を運びたいと思う。
駐車場にてみんなでしばらくお茶をし、
この後、金剛山に登る自分と中村さんは先に失礼させていただいた。
みなさん、ありがとうございました!

金剛山の百ヶ辻駐車場には17時25分に到着。
山麓は思いのほか残雪が多く時間がかかった。
途中、ガードレールにスリップ事故の後や、路肩につっこんでいる車があった。
17時40分、登山開始。
今日一日にして積もった雪はハンパなく、寺谷ルートとは思えないほどの雪深さ。
18時30分、金剛山頂に到着した。
山頂気温はマイナス5℃。
回数捺印の登山者は少なかったそうだ。

その他の画像は以下より。 20110211-21.jpg

20110211-3.jpg
高見山 小峠にて

20110211-4.jpg

20110211-5.jpg

20110211-6.jpg

20110211-7.jpg

20110211-8.jpg

20110211-22.jpg

20110211-9.jpg
キバラー

20110211-10.jpg
katsuyukiさん

20110211-11.jpg
中村さん

20110211-12.jpg
鉄人kosiziさん

20110211-13.jpg
帆亭さん

20110211-14.jpg
キーコさん ※むっちゃ寒そうですね~

20110211-23.jpg

20110211-15.jpg

20110211-20.jpg
POMさんとエビの尻尾

20110211-16.jpg
金剛山 寺谷ルートにて

20110211-17.jpg
金剛山頂

20110211-18.jpg
金剛山頂

20110211-19.jpg
金剛山頂
Check [ 2011/02/11 23:59 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(34)
ホントはわれわれも水曜日に高見山行くつもりだったんですよ~。
ずっと暖かかったので、樹氷がなさそうなので金剛山に変更しましたが(笑)
さすがに昨日の大雪で、エビの尻尾も見事に復活してますね。
私もぜひ行ってみたいです。

しっかし、10名の大所帯!?「ザ・金剛登山ツアー」の様相を呈してきましたね。
そのうち有料になったりして(笑)
[ 2011/02/12 06:54 ] [ 編集 ]
さすが、人気の高見山、霧氷がみごとですね~
人出の多さに食わず嫌いで敬遠してましたが、やはり一度は登ってみたい山です。
高見山・・快晴の日には金剛山からも、そのとんがった独特の鋭角の山容がはっきりと遠望できる山、
ほんまにマッターホーンみたいでかっこいいですよね~
でも、地図をよく見ると、高見山は東西に長~くのびた屏風のような山容・・
南北から眺めたら、めっちゃ平べったいおでぶな山、
もっぱらこの山は、冬の霧氷で有名ですが、
新緑のころはどうなんでしょうか?
私は、新緑の頃、高見山~雲ヶ瀬山~伊勢辻山辺りを縦走してみたい気がします。
[ 2011/02/12 09:53 ] [ 編集 ]
高見山、展望が無かったのがとても残念でした。
また逆に、展望が良くて雪もあったらすんごい人人人・・らしいです。
エビの尻尾より私は大パノラマが気になりました。
独特の山容は、金剛山の展望台からもハッキリと見てとれるキレイな円錐状です。
雪はそこそこに、天気の良い日にまた行ってみたいです。
10人も居ると、ほとんどしゃべる機会が無かった人も出てきます。(笑)
[ 2011/02/12 11:46 ] [ 編集 ]
予想外の大雪で、今日お誘いいただいてた山に行けなくて残念でした。
arajinさんは高見山は未踏でいらっしゃいましたか。
展望の望める日に、ぜひ登りにいきましょう!
arajinさんならではのバリエーションも加えてください。
そう、金剛山の展望台あたりから眺めると円錐状の山容が独特で、
厳しそうな山に見えます。
実際は平べったいんですね。
高見山~三峰山縦走とかどうでしょう?
[ 2011/02/12 11:47 ] [ 編集 ]
思ったほどの大荒れもなくゆったり歩きができて
楽しいかったです(^^)
エビの尻尾も樹氷も堪能でき充実した1日になりました。

またぜひ「チームキバラー」・・いつから^^;?
で、いろんなところに行けたら良いですね!
爪研いで準備しときます(^o^)丿

この場をお借りしまして、
ご一緒して頂いたみなさんありがとうございました~(^^♪
[ 2011/02/12 12:01 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした!
相当サブいでぇ~って気合を入れて望んだ高見山でしたが、運よく風もなくさほどの寒さも感じず、パフパフ・ザクザクの雪山歩きと迫力ある樹氷を堪能できて、すっごく楽しい一日でした。ありがとうございました。^^

下山後の金剛登山は、さすが「ザ・金剛登山」の管理人さんだけありますねぇ、お見事です♪
今日の金剛山の方が、昨日の高見山より数倍サブかったです~^^;

[ 2011/02/12 12:35 ] [ 編集 ]
私こそどうもありがとうございました。
高見山がずっと気になってましたので、
今回、ベテラン経験者のみなさんに、
初めての私を連れて行っていただいたわけですので。
もっと寒いと思ってダウンやらニット帽まで
持っていっておりましたが、たまたま?風が無くて
寒さに震えることなく楽しめました。
動画をよくみると、ほぼ全員、
ダブルストック使ってらっしゃったんですね。
金剛山ボケしてましたんで、装備不足を痛感しています。
これから完璧に整えていきたいです。
またお気軽に誘ってください。
爪こわひ。
[ 2011/02/12 13:02 ] [ 編集 ]
高見山初登頂できてとてもうれしいです。
印象はですね、
・晴れていれば展望が超良さそう
・金剛山とはぜんぜん違う雰囲気で遠くの山に来た気分MAX
・山頂の社は思っていたより小さかった。
・エビの尻尾はスゴカッタ。
 (スキー場のゲレンデのテッペンを思い出しました)
もっと寒いとおもって準備していたダウンや耳あて、ニット帽などの出番が無くて良かったです。
昨日の感じだと、通常の金剛登山装備で十分行けますね。
え?もう今日金剛山登ってこられたんですか!
お疲れさまでした。
昨日、われわれと登っていても今日登られたんですかね?
kosiziさんからメールありまして、今日は金剛山とおっしゃってましたよ。
昨日まとめて登っておいてよかったです。
連日の登山はちょっとしんどいです。
[ 2011/02/12 13:11 ] [ 編集 ]
行きましたか、行こうと思えば行ける物ですね
私は朝表を見、即諦めました(笑)
三回目同じコースを登りましたが一番良いコースだと思いました
山頂が強風で無くて良かったですね、イセエビも有り
後展望だけですね、私も展望の良さそうな??時にもう一度トライと思っていますが??
[ 2011/02/12 16:56 ] [ 編集 ]
高見山の後、金剛山に登るというのがまったくもって理解不能でありますw
しかし、勝手知ったる金剛山。
クーリングダウンにはもってこいかもしれませんね。
お疲れ様でした。

それはそうと、山行それ自体とは関係なくて恐縮ですが、
POMさん(?)のお持ち物でしょうかね、
迷彩色のザックカバーが印象的でした。
意外とどんな色のアウターとも合いそうなので重宝しそうですね。
僕も見つけたら買ってみようかなぁ(もちろん値段との相談もありますが)。
[ 2011/02/12 18:47 ] [ 編集 ]
高見山に行くにあたり、実はKazuさまのブログの記事を
参考にさせていただいてルートを決めました。
結果的にとても良いルート選択だったと思いました。
たかすみ温泉からの登山道はそんなに魅力が無いと聞きました。
「ああ無常」の記事の時と比べると大雪になりました。
ほんとにあと展望だけでした。
山頂では降雪も風もほとんど無くて恵まれていると言われました。
また登ってみようと思います。
[ 2011/02/12 18:56 ] [ 編集 ]
時間的に捺印(19時まで)に間に合いそうなら、
大峰や台高からでも帰りに十分立ち寄れます。
金剛山回数捺印システムが無かったら
ぜったい登ってませんよ。(笑)
POMさんのザックカバーは我々の間でも話題沸騰でした。
さすが目の付け所が違いますね。
[ 2011/02/12 19:03 ] [ 編集 ]
キバラーさん初めまして、こんちくわ!笑。
いつも楽しく拝見しております。
こちらのブログのおかげで、あまり好きではなかった金剛山がだんだん好きになってきました~。

昨晩6時半頃、何気なく金剛山のライブカメラを見ていたら、なにやら人影が。。
こんな寒い日の、こんな時間に登ってるなんて物好きな人がおるもんやな~と、よく見ると見覚えのある背の高い二人組じゃあ~りませんか。
薄暗くてボンヤリやけど、これ絶対キバラーさんと中村さんやわ~!いつもここで記念撮影してるし~!
と確信しました。

今日のブログを拝見したらやはりそうでしたので、キバラーさんの夜登山・ライブ中継を見られて何だか得した?気分になりました。
極寒の日のダブル登山、お疲れ様でした!



[ 2011/02/12 20:44 ] [ 編集 ]
キバラー様がいはれへん?????


昨日は皆様お疲れ様&有難うございました
[ 2011/02/12 21:31 ] [ 編集 ]
こんちくわ、はじめまして!
コメントいただきありがとうございます!
めずらしいお名前なので、そんなお店があるのか
検索してみました。
阪神大震災前に三宮に「喫茶上高地」というのはあったようですが。
偶然にもライブカメラでご覧になられたようで、
何かのご縁にうれしく思います。
金剛山、どんどん好きになってください。
私は金剛山によっていろいろ変わりましたから。
今後ともよろしくお願いいたします!
[ 2011/02/12 21:46 ] [ 編集 ]
その他の画像にある集合写真は、
セルフタイマーを仕掛ける前のテスト撮影のものです。
昨日はお疲れさまでした。
金剛山にまでお付き合いいただいてありがとうございました。
あのまま皆さんと一緒していればビールで泡々タイムがあったみたいです。
申し訳ありません。
[ 2011/02/12 21:49 ] [ 編集 ]
今回は直前まで行けるかどうか解らずご迷惑をおかけしました。
でも噂に聞いていた高見山の樹氷、堪能出来て嬉しかったです。(展望の件には触れない 笑)

私もキバラーさんと同じ気持ちで、今シーズンの樹氷のある内はあと一回か二回は…。
[ 2011/02/12 22:53 ] [ 編集 ]
昨日はお疲れさまでした。
いつになく風の無い高見山でしたので、
本来の高見山も体感してみたいですよね。
平野部での悪天候も前日は予想ついてましたが、
みなさん、むしろ「楽しそ~」ですからね。
どんな手段使ってでも集まれるメンバーは頼もしいですね。
また機会があればよろしくお願いします。
[ 2011/02/12 23:07 ] [ 編集 ]
映画のような動画に出演できて、光栄です。
家族に自慢しちゃいました♪

それにしても、金剛山の広場での写真、
とてもステキですネ。




[ 2011/02/13 09:36 ] [ 編集 ]
高見山お疲れ様でした。

昨日今日と又金剛山でした。
今日は凄い人出でバスは超満員で臨時バスが出ても追いつかないくらいの人々でしたょ。

寒くても春はもうすぐ近くに来ていて?
マンサクの花がほころび始めていました。
[ 2011/02/13 18:49 ] [ 編集 ]
高見山、ご一緒させて頂きまして有難う御座いました。
生憎の天気でしたが、山頂付近は風も穏やかで寒い思いもせずに楽しい一時を過ごさせて頂きました。

あれから金剛山に登られたんですね。(^^)
凄いなぁ…

これからもよろしくお願い致します。
[ 2011/02/13 19:25 ] [ 編集 ]
先日はお疲れさまでした。
たまたま私の前にいらっしゃったばかりに
カメラのターゲットになってしまってすいません。
夜の金剛山、昼間とは違ってしんみりと落ち着きます。
ありがとうございます。
[ 2011/02/13 19:48 ] [ 編集 ]
先日は高見山をご案内いただきありがとうございました。
昨日、そして今日も金剛山でしたか。
私も今日あたり登りたかったのですが、
金曜日の楽しかった余韻が上書きされてしまうのでヤメました。
kosiziさんが登ってらっしゃるのであれば行けばよかったです。
すんごい人出だったんですね。
金曜日の夕方に金剛山百ヶ辻に着いた時も、
臨時バスが登山客の回収に来てました。
春の足音が聞こてきましたか。
花のことはよくわかりませんが、また教えてください。
[ 2011/02/13 19:48 ] [ 編集 ]
ウワサにお聞きしておりました大ベテランの帆亭さまにお会いできて光栄です。
さすがリーダー格の貫禄がおありでしたよ。
冬場は特に金剛山だけで済ませてきたので、ロクな装備も必要なかった私ですが、
帆亭さまのお供ができるように努力したいと思いますので、
また遠征のほうも声かけてください。
今回のように10名も集まるんだったらマイクロバスをチャーターしましょうよ。

W登山ですが、時間と体力があれば大峰や台高の日帰りならたまにやっています。
2日間連続で山に行くよりも時間が有効に使えるというのと、
装備、ウェア等のスペアが無いので連続2日は無理という理由もあります。(笑)
本来軟弱者なので、テント泊の縦走など長距離は実は苦手です。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2011/02/13 19:48 ] [ 編集 ]
kosizi様
南海電車の中、バス待ちのすごい行列の中、そして山頂の茶店の中・・ちがいますか?
似てるな・・と思いながら、まちがってたら失礼やし、結局よう声を掛けられませんでした。
もし、ご本人でしたら、次からは必ずごあいさつさせていただきます。

ちなみに私は今日、ツツジ尾谷を最後まで詰め、その後山頂からモミジ谷に下り、本流との分岐から上り返して、堰堤を登ってすぐの右岸の尾根に這い上がり、自然林の尾根伝いに再び山頂へ、最後はわさび谷を下りました。さらさらの新雪のラッセルが気持ちよかったです。
[ 2011/02/13 23:14 ] [ 編集 ]
今日は登ってらっしゃったんですね。
kosiziさんとは未だ面識がおありじゃなかったんですね。
今日のルートは最近のarajinさんお気に入りの
定番ルートですね。
私もそのもみじ登り返し尾根が気になります。
今度歩いてみます。
[ 2011/02/13 23:27 ] [ 編集 ]
 ブログ拝見後、思い立ったら吉日(13日)。
さっそく高見山再チャレンジしました。姫と小杉↑↓でしたが、ノボリ応えのある、いい坂いい雪いい景色でした。そして、天候にも恵まれました。青い空、見る間に覆う雲。それはそれは Beautiful picture as well say。

 ちなみに数年前に、たかすみの湯から2月に登った事があり、雪も無く強風で寒くてどうしょうもなかった思い出だけがありました。
[ 2011/02/14 00:44 ] [ 編集 ]
北野田駅の乗換えで何処かでお見かけした様な?と思っていましたが、お名前が思い出せず失礼しました。キバラーさんのブログの中でした。今度お会いしたらお声かけますので宜しくお願いします。

昨日は凄い歩かれたんですね?
ツツジ尾谷に行こうかチョット迷いましたが雪を冠った滝はイマイチだしで登りは松の道でした。
茶店で知人と別れてから転法綸寺の階段上で女性の知人に会い千早園地に移動しマンサクの花を見に行き香楠荘尾根を下りました。尾根には踏み跡も無くふわふわの雪の中を下りました。
[ 2011/02/14 16:44 ] [ 編集 ]
いつも拝見させて頂いております、和泉中央のIです。
私たちも昨日、高見山に行ってきました。
当初たかすみ温泉ピストンですぐに温泉直行を考えていましたが、
前日の夜の書き込みに、キバラー様一行が行かれたルートがベスト選択だったみたいでしたので、
急きょ全く同じルートで行って来ました。
nozilla様が書かれている通り、キバラー様には申し訳ないですが、すばらしい天候の中で登山をすることが出来ました。
土曜日もそこそこ積雪があったようで 、小峠~大峠間・休憩されていたベンチの所も踏み跡ひとつありませんでした。
家内・次男とも、キバラー様と同ルートに変更して、本当に良かったと話していました。
まさしく、二つの登山道の「おいしいとこ取り」といった感じですね。

実は先週の日曜日も昼前にブログを見ていたら、二ノ滝のことにふれていらしたので、
このまま暖かくなってとけてしまったら後悔すると思い、
昼過ぎからですが見に行ってきました。まねばかり・・・

とてもまねが出来そうもない強行軍は、見て楽しませて頂いているだけですが、
いつも参考にさせて頂いております。ありがとう御座います。

またお見かけすれば、お声かけさせて頂きます。

[ 2011/02/14 19:01 ] [ 編集 ]
高見山に登ってこられましたかー。
われわれの高見山行きが、nozillaさまが登られるきっかけになったとすれば
こんなにうれしいことはありません。
たしかに13日は天気良さそうでした。
強風の高見山を知らないので、またいつか修行に行ってきます。
スカイブルーに映える樹氷ってスゴイ絵になりそうですね。
nozillaさま流のブログの更新を楽しみにしています!
[ 2011/02/14 21:23 ] [ 編集 ]
arajinさんとニアミスでしたか。
お互い、直接会われたことがないのに、
ブログで顔馴染みなんてうれしいです。
kosiziさんとarajinさんとの山歩きもマニアックで面白そうです。
アルファベットの名前同士、ぜひ実現してほしいです。
[ 2011/02/14 21:24 ] [ 編集 ]
いつもご覧いただきありがとうございます。
前にお会いしたのは一ヶ月前でしたね。
高見山、例年なら雪が無いこともあったみたいですが、
この連休は偶然にも積雪にめぐまれて、
しかも13日は天候にも恵まれたようでうらやましい限りです。
休憩のベンチのところに踏み跡がないなんて、
あれからまたかなり積もったんでしょうね。
積雪+晴天=登山客だらけ、ではありませんでしたか。
記事が行かれるきっかけとルートの参考になったようで大変うれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2011/02/14 21:24 ] [ 編集 ]
三宮に「喫茶上高地」というのがあったんですね!
残念ながら、そことは何のカンケーもございません(^^)
山と珈琲が大好きなので、将来は山小屋風の喫茶店でもできたらええな~、と夢物語を思い描いておりマス。

店名は、お気に入りの山スポである上高地と(金剛山じゃなくてゴメンナサイ)住んでる所を
掛け合わせてみました。
でもこの先、「喫茶金剛山」に店名が変わるかも・・?!
[ 2011/02/14 23:35 ] [ 編集 ]
三宮に「喫茶上高地」とは無関係でしたか。
大変失礼しました。
上高地はたしかに絵に書いたように信じられない美しさですよね。
私も好きです。
過去に3回以上行っています。
「喫茶 金剛山」良いですね~。
毎週通いますよ。
珈琲大好きですから。
[ 2011/02/15 21:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ