生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山にある千早神社 

20110203-1.jpg
千早神社 ※パブリックドメイン画像より。

金剛山には個人的に清々しく感じる場所が3つある。
 一つは、金剛山頂の葛木神社
 二つめは、奈良側郵便道ルートの起点にある高天彦神社だ。
 三つめは大阪側に、忘れてはならない千早神社がある。
これらは今流行の言葉で言うとパワースポットということになるのかもしれない。

高城茶屋を起点とする千早本道を登ると、わざわざ迂回してまで立ち寄ることが無いが、
千早登山口バス停からだと、急階段を登るところからスタートし、
千早城趾(茶店前)を通り、千早神社の前を右に巻いて千早本道へと合流する。
千早本道から登ることが少ないのでついつい忘れがちであるが、
特に夏場、千早城趾広場での清涼感と清々しさは金剛山髄一だと思う。
その近くにある千早神社は、普段はひっそりと佇んでいる感がある。
太平記にある千早城での戦いの場であったことから多くの血が流れたはず。
そんな千早神社を、今、新たに活性化しようという動きがあるそうだ。
詳細は以下より。


楠公さんの力で千早神社“再建” 籠城、敵撃退の地=大阪
2011/01/27 大阪読売新聞 朝刊 31ページより引用

 ◆氏子「パワースポットに」 
 千早赤阪村の千早神社の氏子らが、同神社を南北朝期の武将・楠木正成(1294~1336)ゆかりの
パワースポットとして売り出そうと準備を進めている。
同神社は、正成が籠城して鎌倉幕府軍を防いだ国史跡・千早城跡にあるが、氏子が少なくなり廃れていた。
氏子らは「正成さんに助太刀を願い、知恵を出し合って各地のスポットに負けない名所に」と張り切っている。
 「太平記」にも記される千早城の戦い(1333年)では、正成軍が千人足らずで百万人の幕府軍を相手に
100日間籠城(ろうじょう)し、撤退させたとされる。
同神社は金剛山(1125メートル)中腹の本丸跡にあり、正成らを合祀(ごうし)して1874年に再建されたが、
半世紀前から別の神社の宮司が宮司を兼務していた。
 しかし最近では、歴史好きの若い女性が千早神社を訪れたり、各地でパワースポットブームが
起きたりしていることから、氏子らは地域おこしの好機と立ち上がった。
 定年退職後に村へ帰り、境内を清掃してきた氏子の仲谷正輝さん(65)は昨春、
参拝者のために神社のステッカーを作成。
さらに皇学館大学(三重県伊勢市)へ通い、神職の資格を取得した。
神社に通い詰め、参拝者らを出迎えるよう努めるという。
 氏子らは、境内でジャズ音楽会を開いたり、参拝者用のトイレや参道に続く登山道を整備したりするほか、
ホームページやブログなどで神社やスポットの由来を発信していくことも検討している。
 一方、村は周辺自治体との合併協議が次々と破談し、増税を検討せざるを得ないほどの財政難に見舞われている。
松本昌親村長(71)は「籠城に耐えた正成の我慢強さや正成を支えた妻との夫婦愛……。
ここに来ると、人生の苦難を乗り越えられる不思議な力が得られるはず。
多くの参拝者に来てもらい、村おこしにつなげたい」と話している。
 
 〈パワースポット〉
 風水や気功、信仰などから、特別な力が得られるとされる場所。
神社仏閣やご神木、森林のほか、景勝地や遺跡が含まれることもある。
健康に恵まれるなどの効果があるとされるが、明確な科学的根拠はない。
 
写真=「風にざわめく木々の音に、正成さんの息吹を感じる」。
千早神社の境内を掃除する仲谷さん(千早赤阪村で)

※写真は引用しておりません。

以前 千早神社経由で登ってる時に三の丸付近で女性が一人うずくまって泣いてたのを見てから
千早神社へは行けなくなりました。。。
ある意味パワースポットかもです↓
[ 2011/02/04 07:34 ] [ 編集 ]
私は、特に神や仏に信心があるわけではありませんが、
神社や寺院の醸し出す雰囲気は好きです。
キバラーさんのおっしゃること、同感ですね~
神社が神域として大切にしている森が、どれだけ日本の伝統的な自然の森を守っていることか・・
次々と開発されていく日本の森を、神社や寺院が守っていると、
私は感謝しています。
[ 2011/02/04 07:39 ] [ 編集 ]
神社やお寺を訪れると心身共にピシッと引き締められるような感じがします。そのような感覚ってある意味パワースポットを感じているのかも知れませんね。
我が家のももちゃんは仏様を拝む時でも何故かパンパンと手を叩いてしまいます。(~_~;)
[ 2011/02/04 11:53 ] [ 編集 ]
大阪側、特に本道は以前からあまり利用しませんが(4~5年前はほとんど大阪側でした)
千早神社はモミジも綺麗、見晴らしも良いので
大好きな場所です、
新聞記事は見ましたが斜めに少し読んだくらいです(汗)
この記事で読みました、賑やかになったら良いような悪いような??
[ 2011/02/04 17:02 ] [ 編集 ]
千早神社から本道に向かう途中にある立派な休憩所。
あそこが妙に怖い。
以前、あそこでカップ麺食ってたんですけど、急に悪寒が走って急いで立ち去ったことがあります。
それから千早神社を通るルートは避けるようになりました。
[ 2011/02/04 20:16 ] [ 編集 ]
え~、そんな人が居たら私ならとりあえず声かけますけど~。
心霊現象やオカルト的な話はぜんぜん信用してませんので。
以外と鈍感な私です。
[ 2011/02/04 20:59 ] [ 編集 ]
私も神・仏・宗教的なことはさっぱりピンとこないんです。
ただ、姿勢を正すと言いますか、そういう「無」になる精神は大事だと思っています。
侘び寂びの世界、静寂で心を落ち着く雰囲気は好きです。
なるほど、神社があるおかげで開拓されずに守られているわけですか。
納得です。
[ 2011/02/04 20:59 ] [ 編集 ]
Poohさまは心身が引き締められるような気持ちになられるのですね。
私は鈍感なので、あまり何も感じないです。
パワースポットめぐりって今、流行ってますが、
自身で気持ちが落ち着くとか、精神が洗われるような気持ちになるとか
何かを感じ取れないと、ただのレジャーになってしまうように思います。
なので、大勢より単独で寺社に接するのが良いように思いますね。
ももちゃんは・・・。コメントに困りました。(笑)
[ 2011/02/04 21:00 ] [ 編集 ]
私は千早神社よりも、千早城址がとても良い所だと思っています。
夏は風が吹き抜けていつでも涼しく、
冬は・・あまり行かないのでよくわかりませんが、
茶店のおばあっちゃん、娘夫婦とみなさん愛想が良くて癒されます。
千早神社だけはひっそりとしずまりかえっていて、
さっさと通り過ぎたくなります。
賑やかになるとしたらウェルカムですね!
[ 2011/02/04 21:00 ] [ 編集 ]
え~、のぶさんもダメですか。
単独だと何か寄って来そうですね。
あそこはさすがの夜の金剛山の夜登さまでも無理でしょうね~。
夜景は少し望めそうですが。
[ 2011/02/04 21:00 ] [ 編集 ]
登山口のバス停から石階段を半ば頃まで登ると、千早の村の明かりが
道路沿いに点々と続いて見えるようになり、千早城跡広場入り口からは
、千早の村の向こうに大阪の夜景が見えますよ。

感覚的には、神社の敷地内なら暗闇でも怖さを感じませんが、
それを越すと、なにやら背筋が寒くなるようなことはあります。



[ 2011/02/04 22:04 ] [ 編集 ]
ちょっとだけ呼びました~。
そういえばすでにあの石階段からの夜景を撮られてらっしゃいましたよね?
村の灯りはわずかで、大部分が山しか見えないですよね。
霊感の強い夜登さんでも千早神社は何かを感じられるのですね。
これから活性化というときにえらい風評被害です~。ヽ(> <)ノ
[ 2011/02/04 22:10 ] [ 編集 ]
歴史好きのぱろやんにとっては、なかなかステキなスポットです。
この記事は新聞で読みました。一番惹かれたのは、
「歴史好きの若い女性が千早神社を訪れたり・・・」
の箇所ですが(笑)

夜登さんのコメントが何気に恐ろしい~(笑)
[ 2011/02/05 07:10 ] [ 編集 ]
ぱろやんさんは歴史好きでいらっしゃったんですね。
またお話を聞かせていただきたいです。
歴史好きの若い女性ですか。。
こんどは歴女ブームなんですかね。
また千早城址を歩いてみたいです。
[ 2011/02/05 21:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ