生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第232回 (2011.1.22) 

20110122-1.jpg
もみじ谷本流ルート第六堰堤氷瀑にて
 後左から、キバラー、POMさん、kosiziさん、katsuyukiさん、yossiさん、うっちぃさん
 前左から、中村さん、みーさん、キーコさん

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分37秒)


登り:もみじ谷旧本流ルート→金剛山頂→香楠荘
下山:サネ尾根ルート
登り返し:水引き谷源流
下山:太尾東尾根ルート


当ブログ史上最大メンバー!9名
もみじ谷の第六堰堤の氷瀑は圧巻だった!

ブログ「低山徘徊者の徒然日記」の管理人ののぶさんと初めて一緒に登った日に知り合った、
のぶさんのご友人(マイミク)のみーさんから、紛失した借り物のマジックアイゼンの
片方をいただけるという事から今日の登山が決まり、いざ当日になってみたら、
あれよあれよという間に9名になってしまった。
今回初顔合わせのみなさんは、み~んな鉄人kosiziさんのご友人だというから驚きだ。
こんな大勢で金剛山に登るのは初めてだなぁ。
どうなることやら・・。

午前8時、水越川公共駐車場を出発。
まずは自己紹介しながら林道歩き。
みーさんはパソコンのインストラクター。
パーツからの組み立ても好きなプロフェッショナルで家にはPCが10台あるとか。
もちろん登山はベテランで、二上山から金剛山まで歩くニ剛会のメンバー。
キーコさんも同様に登山のベテラン。
yossiさん、うっちぃさんはアルプスを初めとしたテント泊登山はもちろんのこと、
ボルダリングまでこなすという。
最近ではブログ「チョリオの山旅日記。」でも活躍されてたばかり。
途中でPOMさんと合流。
POMさんはジギング(海釣り)のプロフェッショナル。
10キロを越えるブリやタイなどを釣り上げるというからすごい。
こんなすごいメンバーと金剛山のノーマルなルート。。
一瞬で登り切るかと思いきや、さすがにこの大人数なのでそれなりに時間はかかった。
9時50分、第六堰堤に到着。
氷瀑の凍りようは見事だった。
中村さん曰く、金剛山ではこの堰堤が標高的に最も高い位置にあるのでは?と言い出す。
気になったのでGPSで確認してみると、標高940mほどの位置にあった。
しばし写真撮影に興じる。
みーさんが、氷瀑の左を直登しようよ!と提案。
直登組と巻き道組に別れるかと思ったら、みなさんチャレンジャーなので
ひとつ返事でみーさんに続く。
堰堤を乗り越え、さらに進むと本流ルートと旧本流ルートの分岐に到達。
ここは旧本流ルートから登ることになった。
いきなり2mくらいのナメ滝がある。
ロープが凍って張り付いてはなかった。
巻く者、ロープを使う者、みなそれぞれ。
この滝程度で動じるものは誰も居ないのはさすがだ。
しばらく平和に進み、その後、ラストスパートの急登。
過去に一度だけ登った自分であるが、
誰も歩いていない新雪30cm以上積もった状況では道を思い出せない。
テープを頼りに先頭に立ってラッセルしながら、半ばバリエーションな感じで登る。
これが雪深くてたいへん苦労した。
スパッツの装着していない自分と中村さんは靴の中に雪が入り、
そのまま最後まで靴の中が濡れて不快な状態が続くことになった。
やっとの思いで登り切ってブナ林下の鳥の餌場に到達した。
鳥の餌場では、カメラを構えた人たちが数人と、それに混じって
あの「金剛山のサムライたち」という幻の本を紹介してくださった石山さまがいらっしゃった。
そのまま葛木神社の裏道をトラバースし、金剛山頂到着、11時11分。
気温マイナス3℃。
実に3時間もかかった。
捺印等を済まし、腹ペコなのですぐに香楠荘に移動を開始した。

一時間休憩し、13時ちょうどに香楠荘を出発。
夕方から予定のある方もいらっしゃるので当初は太尾東尾根で下山する予定であったが、
ここは今日いちばん好奇心を発揮されてるみーさんがサネ尾が気になるとのこと。
じゃあ行ってみますか?という提案に誰も異論なし。
「そこってコワイとこですか?」みたいな質問がありそうなものだが、
今日のメンバー、誰もそんなこと気にしない、平気である。
「一度つまずくとトコトン転がって行くほど急で、中尾の背ルートも真っ青」
と言ってみたところで「わ~、楽しみ~♪」なのだから拍子抜けする。
今日のメンバー、スゴイわ、こりゃ。
今度、金剛山でいちばんスリリングなイワゴノ谷ルートを案内しようと思う。
たぶんケロっとして付いてくるに違いない。
一方、今日一度もアイゼンを使わずにボッカトレ中の中村さんは、
かなり苦労しながらお尻で滑りながら下りられる。
サネ尾根ルートを思いっきり楽しみ、林道に到着。
14時35分、「越口」の近くまで戻って来たところで
kosiziさんご一行の6名の方とはお別れする。

自分、katsuyukiさん、中村さんの3名は、まだこれから登り返しだ。
前から気になっていた、橋を渡ってから進めそうなところを確認するためだ。
大昔は途中まで林道だったのだろう、幅広の道が続いてそう。
少し進んだところですぐに藪になった。
足あとがあったのは、いわゆる登山用語で言うところの「キジ撃ち場」だった。
せっかくなので藪を通り抜けて進んでみたら、また林道が続いていて、
最後まで詰めたところで沢へ下りないと進めなくなった。
沢を少し進むと、谷が右又と左又に分かれていた。
左又のほうには立派な滝。
ロープを使わないと登るのがたいへんそうだ。
GPSと地図で確認すると、左又の滝を越えて進んだところで、
ほとんど太尾塞近くのガンドガコバ林道に出るだけのようだった。
右又のほうへ進むことにした。
ガレ場の水の無い沢になっていて、どんどん登って行くと
だんだん急角度になってきて少々危険なステージに。
ついにザイルのお世話になることになった。
katsuyukiさんのザイルが大活躍し、何度も確保してもらいながら
急登を登り進めて行く。
最後は尾根に取り付き、トラバースしてようやく太尾東尾根ルートに合流した。
とにかくたいへんな目に合った。
とてもおすすめできないバリエーションだった。
16時55分、下山完了。

今日のメンバーとは今年はたくさん一緒に登ることになりそう?!

その他の画像は以下より。
20110122-2.jpg

20110122-3.jpg

20110122-4.jpg

20110122-5.jpg

20110122-6.jpg

20110122-7.jpg

20110122-31.jpg

20110122-8.jpg

20110122-9.jpg

20110122-10.jpg

20110122-11.jpg

20110122-12.jpg

20110122-13.jpg

20110122-15.jpg

20110122-16.jpg

20110122-17.jpg

20110122-18.jpg

20110122-19.jpg

20110122-20.jpg

20110122-21.jpg

20110122-29.jpg

20110122-23.jpg

20110122-24.jpg

20110122-30.jpg

20110122-26.jpg

20110122-27.jpg

20110122-28.jpg
ココはホントに「ザ・金剛登山」?って言うくらい大所帯ですね。
女性が登場するのも珍しいような気が・・・。

今日一日仕事しながら「行きたいな~、楽しいやろな~」って思ってましたよ。
[ 2011/01/23 01:16 ] [ 編集 ]
う~ん・・経歴を拝見すると、女性を含めてみなさん猛者ばかり・・
私なんか初心者に毛が生えたぐらいのもんですわ!?
ところで、なんで雪の登山でスパッツしないんですか?
考えられませ~ん!
それと、最後のバリエーションの谷・・地図で見てもどこか分からないです。
この大所帯は、人見知りの単独行者の私には荷が重いかも・・
お誘いを受けても引いてしまいそうです(笑)
私は今日、単独でもう一度明神平行ってきます。
[ 2011/01/23 05:03 ] [ 編集 ]
今日はもみじ谷へ行くことにします!

しかし豪華なメンバーですね。
このメンバーで登る機会が増えるということは、大峰、台高に止まらずさらに東へ遠征されるおつもりですね?
それにしても、この人数、香楠荘には無事に入れたんでしょうか?余計な心配をしてしまいます(笑)

>arajinさま、今日は明神平ですか。親分たちによろしく~。
[ 2011/01/23 06:31 ] [ 編集 ]
やかましかったですか?^^;
たいへん楽しい1日をすごせました!

今年はぜひ! ぜひ! 
あっちこっちご一緒させてくださいね(^^♪
楽しみにしています~

 この場を借りまして中村さん・katsuyukiさん
ほんとにありがとうございましたm(__)m
またよろしくお願いします。
[ 2011/01/23 07:16 ] [ 編集 ]
どんどん山の輪が広がっていきますね(⌒0⌒)v

ちょっくらこの場をお借りします!

「昨日 高城茶屋に地図を取りに来られた方へ!」

何やらコピー地図が切れてたみたいで誠に申し訳御座いませんでした。
本日 大量に持って行っておきますので機会が御座いましたらまた訪れて下さいませ。
[ 2011/01/23 07:43 ] [ 編集 ]
モミジ谷の足跡はキバラーさん達だったんですね:-)
>みーさんが、氷瀑の左を直登しようよ!と提案。
なんかいつもと違うルートだなと思いつつ、足跡をたどって登りました(^o^*)/
[ 2011/01/23 07:47 ] [ 編集 ]
昨日はツツジオ谷を登りました。
同じ時間くらいに着き城址をうろうろしていました。

ひょっとしてキバラーさんかと思ったのですが、女性も交えたた団体さんで、引っ込み思案な私は声をかけることが出来ませんでした。(^^ゝ

お疲れさまでした。

[ 2011/01/23 08:46 ] [ 編集 ]
キバラー様、皆様

昨日は楽しい山行、有難うございました。
イケイケの方々と普段、同行されてるとお聞きしてたので
恐らく・・・と思ったら、やはり皆さんイケイケでした。(笑

また是非、ご一緒させて下さいませ!
[ 2011/01/23 10:55 ] [ 編集 ]
女性が登場するのが珍しいのは、単に私の人脈のせいです。(笑)
今回のメンバーはのぶさんのご友人でもあり、
我々男性陣も負けてられないと思わせるパワーを感じました。
予定さえあれば今後もご一緒させていただこうと思います。
早くもみーさんに「火曜日有休取って休め~」って言われています。(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2011/01/23 11:23 ] [ 編集 ]
明神平、お気をつけて。
私もこの冬は明神平&高見山に行きたいと思っています。
kosiziさんの人脈はスゴイです。
スパッツですが、富士登山の時に買った上等なのを持っているはずなんですが、
家の中で紛失。
これまではスパッツを必要とするラッセルするような雪なんて
ありませんでしたから。
今日は家の中を探しまくります。
昨日のバリエーションの部分は後日レポートさせていただきます。
[ 2011/01/23 11:23 ] [ 編集 ]
今日は金剛登山でいらっしゃいますか。
良い天気で最高ですね。
今年は大峰・台高をさらにパワーアップしていきたいです。
テント&シュラフをついに導入することになるかもしれません。
香楠荘、いつになく混んでました。
テーブルは満席、座敷もたちまち。
いちはやく座敷の2テーブルを差し押さえました。(笑)
[ 2011/01/23 11:24 ] [ 編集 ]
昨日はありがとうございました。
賑やかで楽しかったです!
みなさんパっと明るいので、こっちまで元気をいただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2011/01/23 11:24 ] [ 編集 ]
金剛山でこれだけの人数はオーバースペックかと思ってましたが、
十分楽しめました。
地図を取りに来られた方がいらっしゃったんですね。
ここを見てくださっていると良いのですが。
[ 2011/01/23 11:25 ] [ 編集 ]
またしてもニアミスでしたか。
我々の足あとトレースを辿られたのですね。
9人分のパワーで圧雪しておきました。
今回はお会いできなくて残念です。
さすがにあの急登はRUNできませんよね。
[ 2011/01/23 11:25 ] [ 編集 ]
ツツジオの氷瀑をブログで拝見しました。
あの時に山頂にいらっしゃったんですね。
お会いできなくて残念です。
またお気軽に声をかけてください。
私、人を見つけるのが下手で、見つけられる事のほうが多いです。
[ 2011/01/23 11:25 ] [ 編集 ]
昨日はたいへんお疲れさまでした。
最後のバリエーションはちょっと怖い思いをしました。
えらいところにお誘いしてすみません。
イケイケの方というとチョリオさんやのぶさんの事ですね!
我々もこれからさらにがんばらないといけませんね。
[ 2011/01/23 11:28 ] [ 編集 ]
すごく楽しい金剛山の一日でした!有難うございました。^^
初めての大所帯との事でしたが、にぎやか登山もけっこう楽しいでしょ♪コレに懲りずにまたご一緒させてくださいね!
ちょっとヤカマシイのをガマンも必要みたいですが(のぶさん談w)気の良い人達ばかりですので、今後ともヨロシクお願いします。o(^o^)o

この場をお借りまして
中村さん・katsuyukiさん、すごく楽しかったです♪どうもありがとうございました、またよろしくお願いします。
[ 2011/01/23 12:55 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/23 14:56 ] [ 編集 ]
昨日はお世話になり有難うございました。皆さんお元気なので付いて行くのが大変でしたが・・・
でも綺麗な雪景色と氷瀑が見れましたv-221

お別れしてから多分あの道は谷に降りてから太尾の尾根に登り返さなければ行けないだろうな~と話をしてました(^_^.)

今日はチョリオさんの演奏会で吹田でした。

明日の晩から高見山に登って来ます。
[ 2011/01/23 18:34 ] [ 編集 ]
凄く楽しそう、大勢もいいですね。
モミジ谷綺麗ですね~
最後の方に右に行くんですか??本流ルートは
行って来ます、明日か明後日。

[ 2011/01/23 19:12 ] [ 編集 ]
賑やかで楽しい登山でした。
ありがとうございました。
やかましいなんて一度も思ってませんよ。
ワイワイ・ガヤガヤは好きです。
またぜひご一緒してください。
火曜日ですごい計画がある時は連絡ください。
有休取れるよう調整してみます。
[ 2011/01/23 19:50 ] [ 編集 ]
昨日はたくさんのご友人を紹介くださいまして
ありがとうございました!
あの谷はすぐに詰まりまして、ものすごく登りにくい崖登りになりました。
良いところなら誰も放っておかないですよね。
え!明日から高見山ですか!
この冬はぜひ行ってみたいと思ってましたので、
よろしければまたお付き合いください。
[ 2011/01/23 19:51 ] [ 編集 ]
大勢の登山も楽しかったです。
もみじ谷本流は堰堤後の分岐を直進(左)で、
さらに最後の詰めの分岐を右へ。
しばらくして左の尾根に取り付きました。
夏場ならはっきりと道があるのですが。
[ 2011/01/23 19:52 ] [ 編集 ]
第2弾でテント(モンベルのムーンライトテントⅡ)と60ℓのザック買いました。
なんか、服やレインウェアやストックなどろくに山用品持ってないのに、すぐ使えないような物ばかり買ってる気がします・・
雪の明神平は、天候に恵まれ雪景色を堪能しました。
でも、休日の明神平は人が多すぎて嫌になりました・・もう行きません。
高見山なんかもっとすごい人・人・人らしいですよ?!
それだけで、雪の高見山は・・パス!
やっぱ私は静かな山行が好きです。
(ぱろやんさん、親分ってPOTさん? 行かれてたんですか? すごい方なんでお見掛けしても気後れして、たぶんよう声かけませんわ・・)
[ 2011/01/23 22:49 ] [ 編集 ]
今回はお誘い頂きましてありがとうごさいました。
そして参会者の皆さまにもお世話になりました。
この場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、今回歩いたもみじ谷とサネ尾は先日1人で行ったばかりですが、やはり団体だと賑やかでいいですね。
いい気分転換になりました。

ところで問題の「後編」ですが、あまり多くを語るのは辞めましょう(笑)。とりあえず今回は反省点が多過ぎですので。
(装備不足とか…)
でもあの左の谷気になるな…。
[ 2011/01/23 23:20 ] [ 編集 ]
ページを開けた瞬間、
大所帯だし、えらい華やかだしでびっくらこきましたw
硬派な(?)キバラーさんがついに「山コン」に手を出さはった!とすら…

でも読み進めてみたら、こんなハードな山コンないですよねw
[ 2011/01/24 01:19 ] [ 編集 ]
今回は、楽しい山行に参加させていただきありがとうございました!
初心者なので、なかなか独りでは足を踏み入れられないコースを歩けて楽しかったです!
また、是非ご一緒させてくださいね!
今後ともよろしくお願いします!
[ 2011/01/24 11:41 ] [ 編集 ]
ついに今年はテン泊に本気で望まれるのですね!
60リットルに荷物一式詰めて、果たして歩けるかどうか
中村さんのようにボッカテストしてみないといけないですね。
私も今年はテン泊デビューを考えています。
明神平、そんなに人が多かったんですか。
[ 2011/01/24 20:23 ] [ 編集 ]
先日は撮影ご協力とザイルでの確保等お世話になりました。
同じルートを単独と9名とで歩かれて、ずいぶん印象が違ったことでしょうね。
団体もいいものです。
途中で別れて3人になったときは寂しかったです。
後編はがんばって明日にでも記事にしてみたいと思います。
[ 2011/01/24 20:24 ] [ 編集 ]
自分でも華やか過ぎてびっくりしています。
当ブログらしくない賑やかさ。
おっさん数人の地味なブログが、もしかして今年は路線が変わったりして。
いやぁ~、一緒に登ってくださる友達が一気に増えました。
みなさんベテランすぎて、私がいちばん初心者ですよ。
[ 2011/01/24 20:24 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!
先日はご一緒できて良かったです。
本格的な山スタイルに羨望のまなざしでした。
雑誌にでも出てきそうな隙の無い完璧なコーディネイトでしたよ。
また機会がありましたらぜひご一緒お願いいたします。
[ 2011/01/24 20:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ