生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第224回 (2010.12.11) 

20101211-1.jpg
二ノ滝にて

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分29秒)


登り:ツツジオ谷源流ルート
下山:わさび谷ルート


午後から予定があったので、午前中に千早本道でもピストンするかなぁと思っていたら
katsuyukiさんから連絡をいただいたので一緒に登ることになった。
朝7時くらいに山頂気温を確認してみたら4℃だったので今日は暖かくなりそうだ。

まつまさ8時スタート。
しばらく登ってないルートはどこだろうかと考えた結果、
ツツジオ谷ルートの沢を最後までつめるという冬場しか適さない源流ルートを登ることにした。
このところトータル8時間クラスの長距離が多かった。
金剛山であればだいたい2時間もあれば登り切れるので時間が読めて、
気持ちにゆとりをもったのんびり登山ができる。
源流ルートは大阪側と思えないようなちょっとした沢ルートを楽しめる。
夏場はブッシュで苦労するということなので登ったことは無いが、
枯れ落ちた冬場である今日は障害もなく登れた。
最後の急登はキツイという印象があったが、
もっと長い急登をたくさんこなしてきた今となっては一瞬で終わったかんじ。
六地蔵のほうには抜けず、笹薮のプールを本来のルートで進んで下の広場の奥に出る。
汗をかかない程度のゆっくりめのペースで、撮影などしながら登っても
あっという間に山頂に着いたかんじ。
それでもゆっくり過ぎたのか2時間もかかってしまった。

山頂10時の気温は6℃。
高い木の上のほうは風でゴーゴーとざわめいているが、
下の広場の井戸の近くは風も通らず暖かい。
午後から雨が降るとかの予報のせいか、この時間はいくぶん人は少なめ。
お昼には下山完了するつもりだったが、せっかくなのでカップラーメンでも食べて
のんびり休憩をすることにした。
いつも山頂でよく会い、明るい笑顔で声をかけてくださる石山さんのそばに座ったので
いろいろとお話ができた。
かなり興味深い情報をいただきました。ありがとうございます。
ぜひとも後日記事にさせてください。

ほどなく鉄人kosiziさんがタカハタ谷ルートで登って来られた。
最近のkosiziさんの活躍はというと、冬季閉鎖一日前の11月30日に
テント泊で大台ケ原を登っておられたのをチョリオさんの日記で読んだばかり。
あいかわらず逞しい活躍ぶりを続けてらっしゃる。
こんどまた遠くの山へ行かれるとか。
一緒にお昼を摂る。
そうこうしていたら、こんどは金剛山のキムタクさんが登ってきた。
いつもゴミを回収しながら登られて、山頂で大声で歌を歌っている赤い半袖を着たあの人である。
どうやらkosiziさんと知り合いのようであった。
そんなこんなで1時間以上山頂で過ごした後、kosiziさんと共にわさび谷ルートで下山。
途中、いろんな新しい道を教えていただいた。
清井山からサマーハウスに通じる道を下山してみようかという話になったが、
タイムリミットがあったので泣く泣く見送り。
疲れのでない程度のちょうどよいのんびり登山を楽しめた半日だった。

その他の画像は以下より。
20101211-2.jpg
ツツジオ谷ルートとツツジオ谷源流ルートとの分岐点

20101211-3.jpg

20101211-4.jpg

20101211-5.jpg

20101211-6.jpg

20101211-7.jpg

20101211-8.jpg

20101211-9.jpg
鉄人kosiziさん
お、今回の記事は、なんとなく本来の『ザ・金剛登山』っぽい記事ですね~。なんとなくですが~。

私が以前源流を登った時は、倒木のところから左手へあがって六地蔵裏の墓地に出ました。
直進する道がよく分からなかったのですが、倒木のところをさらに直進すればよいのでしょうか?
・・・とか聞いても、なかなか行こうと思わないルートですけどね(笑)
禿山経由の方が好きですから。
[ 2010/12/12 06:31 ] [ 編集 ]
2004年版の山と高原地図にツツジオ谷はありますが(登山道ではない)
わさび谷はありません??カトラ谷の近くですか?


[ 2010/12/12 16:06 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/12/12 16:07 ] [ 編集 ]
本来の?らしいですか?
どんなイメージをお持ちだったのか気になるところです。
倒木から六地蔵ですか。
その方法もあるみたいですが、沢を詰めます。
これ以上進めないというところで左に登って行くと
墓地の裏のほうに出ます。
そのまま墓地を通って登山道に出ることもできますが、
広場の奥に出るに出るのが本来?のルートです。
最近はあまり歩く人が居なくなったのか、
広場のほうへの笹プールには踏み跡が無くなりつつありました。
ハゲ山は最近は歩く人が少ないのか、
かなりのブッシュですよね。
石ブテ系ほどは汚れないですけど。
[ 2010/12/12 20:05 ] [ 編集 ]
わさび谷はカトラの近くです。
青崩道でセトへ行く途中に左にはっきりとした分岐があります。
その分岐を行くと植林地帯のやせ尾根までは迷うことはありません。
そのまま道なりに行くとカトラに合流してしまいますが、それだとわさび谷ルートにはなりません。
やせ尾根の途中に赤いテープを見落とさずに見つけることができれば、右へ折れます。
途中、ちいさなナメ滝を横断して道なりにいくと林道に下山できます。
[ 2010/12/12 20:08 ] [ 編集 ]
連絡いただきありがとうございます。
また週末を楽しみしておきます。

[ 2010/12/12 20:10 ] [ 編集 ]
昨日はお疲れ様でした。私たちも昨日金剛山に登っておりました。
山頂10時頃は私たちも山頂におりました。山のまこが青と赤のウエアの方を見たと言っておりましたが、やはりキバラー様とkatsuyuki様だったんですね。鉄人kosizi様も連日で来られていたとは驚きました!皆さんになぜかお会いできませんでしたね?!
これからの季節、ツツジオ谷の滝の氷瀑が楽しみです。
[ 2010/12/12 22:08 ] [ 編集 ]
kazuさま

kazuさんがかつて私とすれ違ったとおっしゃっていたカタクリポイントへ下りる道・・・いわゆる72番ルートですが、それがわさび谷へと通じていますよ。

横レスですですみません(笑)
[ 2010/12/12 22:33 ] [ 編集 ]
土曜日にも登ってらっしゃったのですね。
お会いできなくて残念です。
千早本道をピストンされてらっしゃいましたか。
山のまこさまは赤鬼と青鬼を見つけられてたんですね。(笑)
ずっと下の広場でじっとしていたものですから。
kosiziさんは日曜日も登られていたという情報がありましたので
3日連続のようですね。
火曜日から遠征されるとのことなので、その体力調整なのかもしれませんね。
ツツジオ谷の氷瀑ももみじ谷本流の氷瀑も楽しみです。
[ 2010/12/13 20:18 ] [ 編集 ]
ぱろやんさんはkazuさまとお会いになったことがあられるのですね。
私はまったく面識がなくてすれ違ってもわかりません。
何度かkazuさまから見つけられてるようなのですが
なかなか声をかけていただけないようで。(笑)
またこっそりkazuさまの人相を教えてくださいね!
[ 2010/12/13 20:20 ] [ 編集 ]
2日連続の山行お疲れ様でした(私もですが…)

今回のこのルート、最後の詰めは「なかなかやるな~」って感じでした。
でも登りきったら山頂広場の真下に出たので少し得した気分かな(笑)。

観音峰は展望台からの眺めが相変わらず素晴らしいですね~。
土曜日に細かい所要時間を聞かれてたので気になっていましたが、まさか次の日に行かれるとは…。

稲村ヶ岳はまだ積雪が無い様ですね。
貴重な情報ありがとうごさいました。(意味深)
[ 2010/12/14 08:53 ] [ 編集 ]
先日はお疲れさまでした。
ひさしびりにのんびり登山ができて良かったです。
観音峰からの展望は大峰随一ですよね。
そしてからなずそこに誰かしらの人が居ます。
稲村ヶ岳、先日は暖かく積雪もなさそうでしたが、
一夜にして一変するのが山の気候。
もしかして近々行かれるのでしょうか。
お気をつけて。
[ 2010/12/14 20:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ