生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第220回 (2010.11.3) 

20101103-7.jpg

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (2分28秒)


登り:もみじ谷本流ルート(最終分岐は右)
下山:太尾東尾根ルート


今日は絶好の山登り日和。
遠征したいところではあったが、午後からヤボ用があったので
午前中メインで登りに行ける金剛山へ。
実に3週間ちょいぶりの金剛山はすっかり秋になっていた。

今日から冬服モード。
中間着の下にモンベルのブレスサーモ(薄)を着てみたら暑かったので
ユニクロのヒートテック長袖にしてみた。
8時40分、水越川公共駐車場をスタート。
寒い!
やっぱりアンダーにブレスサーモ(薄)を着るべきだったかななどと考えながら
10分足らずで水越峠のダイトレ林道に入る。
コンクリートの坂を登り切ると、金剛山がそびえ立つのが目に飛び込んでくる。
朝日が当たって美しい。
この林道がやたらと長く感じる。
すでに下山してくる朝早くから登った人たちと何人もすれ違う。
行って戻って動画撮影などをしていると、
一人の若い山ガールが道端に落ちてるゴミを拾いながらこちらに向かって歩いてくる。
マヌケな撮影シーンを見られてしまったかな?
あわてて撤収して先を急ぐ。
気温は低く、「金剛の水」までせっせと歩いてきても汗をかかなかった。
まだ太陽が昇りきっていないので日陰はうす暗く寒い。
ガンドがコバ林道にさしかかるところから「もみじ谷」へと下りる。
木々の葉は青くしっかりとついて覆われたままなので薄暗い。
右手に小さな堰堤を見ながらいくつもやり過ごし、
最初の大きな堰堤に差し掛かったところで写真を撮影していると、
あのときの山ガールが追いついてきた。
まさか「もみじ谷ルート」のほうに来ると思っていなかった。
堰堤を左から登ろうとしていたので、「右からですよ」と教えてあげた。
撮影している間に先に行ってしまい、姿は見えなくなった。
また撤収して登り続ける。
ほどなく「もみじ谷ルート」(左)と「もみじ谷本流ルート」(右)の分岐に到着。
「もみじ谷ルート」のほうにも引かれつつも、今日は「もみじ谷本流ルート」へ。
先ほどの山ガールが遠くに見えた。
もしかして、このルートに慣れた人なのかも?
せっせと登って最後の大堰堤に着く。積雪期にはとても美しい氷瀑が見られる堰堤だ。
さらにせっせと登り続けて、旧本流ルートとの分岐が見えてきた。
さきほどの山ガールが地図を広げて見ている。
きっと分岐をどちらに進むべきなのかわからないに違いない。
教えてあげるチャンス!と思っていたら、
もうちょっとで追いつくというところで、
追いつかれまいとさっさと旧本流ルートのほうへ行ってしまった。
自分はまだ本流ルートをまともに登ったことがなかったので右へ行くことにした。
前に本流ルート(右)を登ったときは積雪のために踏み跡が見えず、
最後まで谷を登りつめてしまって仕方なく獣道をかき分けて
やっとの思いで尾根に登りついたままとなっていた。
今回はすぐに道がわかった。
肝心の紅葉であるが、ここにきてやっと紅葉らしいものがかろうじて確認できた程度。
山頂売店前の紅葉だけがとても美しかった。
それでもまだ捺印所前のものは青く、去年に比べても少し遅れている感じがした。
山頂10時40分の気温は4℃。
日陰と日なたと温度差が大きく感じる。
売店の中でカップラーメンを食べる。
国見城址広場に行ってみると人出が多い。
ほんとにオシャレな山ガール・山ボーイが増えたものだ。
山頂が大勢の人で賑わっていると、ポッツーンと単独で来た自分は場違いであるかのようにどこか寂しい。
下山は太尾東尾根から。
秋の太尾東尾根はなかなか良い感じ。
なんとなく暗く寂しいルートだと思い込んでいたがそんなことはない。
枯れ落ちた杉の葉がマットな感じなのがうれしい。
下山完了が12時40分。
太尾東尾根ルートが下山に正味一時間もかかるルートだとは思わなかった。

その他の画像は以下より。
20101103-1.jpg
ダイトレ林道から望む金剛山

20101103-2.jpg
最初の大堰堤 ※先をゆく山ガール

20101103-3.jpg
もみじ谷本流ルートへと足を踏み入れる

20101103-4.jpg
最終分岐を右へと進んだ直後の紅葉

20101103-5.jpg
尾根に登り着いたところ

20101103-6.jpg
山頂売店前の紅葉

20101103-8.jpg
山頂売店前にて

20101103-11.jpg
山頂売店内には「金剛山の夜景」の夜登さん撮影の写真が飾られていた

20101103-9.jpg
千早本道(楽な道)を見下ろす

20101103-10.jpg
「金剛山頂」の看板は以前より低くなり、塗り替えられて化粧直し

20101103-12.jpg
太尾東尾根ルートにある、途中から3つに分かれた杉
今日山頂でお会いしました
例の様に目線をそらす(笑)
本当に失礼しました。

人が多かったですね、紅葉も思ったより綺麗で
天気もよく最高の登山日和でしたね。

[ 2010/11/03 21:46 ] [ 編集 ]
本日登ってらっしゃんたんですね。
ぜんぜん気が付きませんでした。
といいますか、お顔を知りませんので見つけようが。。
絶好の天気に紅葉、勿体無く思いました。
せめて香楠荘のほうにも行ってみたかったのですが。
[ 2010/11/03 21:56 ] [ 編集 ]
はじめまして。
ちょくちょく見させてもらっておる者です。
いつもどうやって撮影されておられるのかなと思っていましたが、
ひょっとして三脚かなんかでカメラを固定しておいて、
セルフで撮影されていらっしゃるんでしょうか?
できればその「マヌケな撮影シーン」、
いつか私も拝見させていただきたいものですw
たぶん決して「マヌケ」とは思わないと推測しますけどもね。


当方は11月2日にタカハタ谷とカトラ谷を偵察してきましたが、
葛木神社北側の巻き道からモミジ谷を見下ろした時、
「あぁこっちにすればよかったかも…」と思いました。
キバラーさんの動画からは、モミジ谷の上部はちょうど
今が見頃であるようにお見受けしました。
今度の土日ならギリギリ間に合うでしょうかね。
しかし、今度の土日は用事があるし…。悩ましいところです。


ではでは、いつかお会いできる日を楽しみにしとります。
[ 2010/11/04 01:10 ] [ 編集 ]
キバラーさんの金剛山の記事はホント久しぶりですね~。
一気に写真が秋らしくなりました(笑)
昨日はホントに良いお天気で、妬ましい気分いっぱいで仕事してましたよ~。

夜登さんの写真、私も見せてもらおうと思います。
[ 2010/11/04 06:50 ] [ 編集 ]
おのさま。
はじめまして。
コメントいただきありがとうございます!
2日(火)に登ってらっしゃいましたか。
天気が安定してきて今がいちばん良い感じですね。
逆に私はタカハタとかカトラが気になりました。
もみじ谷の紅葉ですが、上部が黄色くなっている感じで
綺麗と感じるところまでいきませんでした。
葛城神社の裏も微妙な感じです。
まだこれからなのではないでしょうか。

撮影の件、おっしゃるとおり三脚で固定しています。
足の長さが簡単に調整できる安物ですので
設置・撤収が素早くできます。
大勢で登っているときでは誰も待ってはくれませんから。笑

ではまた山で見かけていただいたときは
声をかけていただくとうれしいです。
#ブログのほうゆっくり拝見させていただきます。
[ 2010/11/04 06:51 ] [ 編集 ]
金剛山、ほんとに久しぶりすぎて落ち着きませんでした。
たとえると、辞めた会社に遊びに行ったところ、
「今さら何しにきたん?」という顔をされたような寂しさ?
そんな経験はありませんが。笑
夜登さんの写真以外にも先達の夜景写真がひとつありました。
そちらは数枚を組み合わせたパノラマでした。
色あせていたので相当昔のものだと思われます。
[ 2010/11/04 06:55 ] [ 編集 ]
おはようございます。
夜景写真を捺印所にお預けして宮司さんに届けていただいたものの、私自身はまだ
掲示されている状態を見ていませんでしたので一安心です。

当初はトイレ横の掲示板に貼らせてもらえれば、早朝登山の人達や、売店の閉店後でも
いつでも見てもらえると思っていたのですが、「売店に飾りたいから額装して持ってきて」
との連絡から今に至ります。

いつになるかわかりませんが、昼間登って掲示された写真を自分の目で見ようと思っています。
[ 2010/11/04 07:54 ] [ 編集 ]
私も最近は金剛山へ登る回数が激減してますがキバラーさんの三週間ぶりはちょっと×

ん~ 水越側には俊足の山ガールが居てるんですねぇ~
私も見付けて付いて行きたいと思います♪
[ 2010/11/04 08:41 ] [ 編集 ]
最後から8枚目の写真・・きれいですね~

前を行く美しい女性が、気になってしかたのないご様子ですが?(笑)
女性単独で、物怖じせずさっそうとモミジ谷を行く・・
ちょっとかっこいいかも・・
たしかに気になりますね・・
[ 2010/11/04 11:50 ] [ 編集 ]
10月末に私が厚かましく「もみじ谷」の紅葉をお聞きしたばかりに、
キバラー様にお手数をおかけしたみたいで・・・
「もみじ谷」の現在の紅葉の具合がとてもよく分かりました。
本当にありがとうございました!

私は初めての沢登りに「もみじ谷」を選び、すっかり気に入ってしまい、
9/26、10/3、10/11と3週連続で登ったほどです。
最終分岐点は直進の滝が怖くていつも右(本流ルート)へ曲がります。
今から「もみじ谷」の紅葉や冬の景色がとても楽しみです!

そこで、昨日は冬山登山に備えて、天王寺のデポや南港のATCへ
冬山用品を買いに行きました。
アイゼンや冬山用の服、ズボン、ステッキ等、必要と思われる物は
安い物を探して全て買い揃えました。
これでたぶん完璧です!

紅葉、雪、樹氷、凍った滝などなど
これからの金剛山がとても楽しみです♪

●トップの売店の紅葉の写真、とても素晴らしいです!
  秋の間、デスクトップへ貼らせていただきます♪
[ 2010/11/04 13:19 ] [ 編集 ]
山ガールに先導されての「もみじ谷本流」いいですね。うらやましい
昨日は天気もよく最高だったのではないですか?
仕事しながらキバラーさんが行っているの知っていたので、悔しかったです(笑)

売店前の紅葉奇麗ですね、今週末行く予定ですが、さらに紅葉が進んでいるのを期待してます。
ただ先週同様天気が微妙かな~ちょっと心配です、
[ 2010/11/04 13:45 ] [ 編集 ]
夜登さんの掲示板に書かれてた情報を元に確認に行きました。
そうでなくても売店でカップラーメンを食べないと
食料は持参してませんでしたので。
ちゃんと額受けには座布団まで敷かれてました。
写真には文字が印字されていますね。
それとは別にテプラで「撮影 ○○○○氏」と本名がズバリ。
店内を見回すと、夜登さんの夜景の写真以外に1枚だけ
先達の夜景の写真が掲げられていました。
色あせていて年季が入っている写真でしたが、
そちらの写真は夜登さんの写真を3枚半ぐらいをつなぎあわせた
パノラマとなってました。
なかなかそちらも圧巻でした。
[ 2010/11/04 21:27 ] [ 編集 ]
金剛山主体のブログなのにずいぶんさぼってしまいました。
回数登山を本格的に初めて3週間も開いたのは初めてかもしれません。
元々のポリシーは、
 運動ができて
 おいしい空気が吸えて
 健康も維持できる
ということがカバーされていれば金剛山にこだわらなくても良い
と思っているのですが、捺印回数システムが足かせとなっているのは確かで、
他のどこの山を登っても金剛山だけは欠かせません。
山頂がピークじゃない山もめずらしいですよね。
山ガール?あ、そっちに食いつかれましたか。
特に俊足だったわけではなく、私が撮影でもたついている間に
距離ができてしまっただけです。
それよりも、20代前半くらいの方でしたが、
落ちている他人さまの飴の袋などを拾っては、ザックにぶらさげている
スーパーのレジ袋みたいなところに入れて持ち去ってましたよ。
よくできた方です。
モンベルの社員さんとかかもしれません。笑
[ 2010/11/04 21:28 ] [ 編集 ]
arajinさんもそちらに食いつかれましたか。。
そんなつもりではなかったのですが。
物怖じはされてなかったんですが、私なんかには目もくれずに
去って行かれました。
あんまりみなさんが山ガールに反応されるので、
本日、特集記事を書きます。笑

最後から8枚目・・最初から3枚目(トップを入れると4枚目)
ややこしいですね。。。
ただただ黄色いだけで、見とれるような美しさではありませんでした。
やはり山頂売店前のかえで?がいちばんキレイでした。
[ 2010/11/04 21:28 ] [ 編集 ]
実は私と同じ名前だったりします。。。(暴露)
あまりお役に立てる写真では無かったなと思っております。
こちらこそ、今度はどこを登ろうかと迷っておりましたので
良いヒントをいただきまして、おかげさまで「もみじ谷本流ルート」を
楽しませていただきました。
まだ下の方は青々しておりますので、冬にかけて何度も楽しめる
ルートだと思います。
3週連続とは驚きです。
もみじ谷本流ルートの良さにそこまでお気づきになられるとは
感性が実に豊かなんだと思います。
「もみじ谷ルート」と「もみじ谷本流ルート」ですが、
「もみじ谷ルート」のほうもなかなかの急登っぷりが楽しいです。
ちなみに、書かれてらっしゃる滝?とかは知りません。
そんなところは通らないです。
すぐに左側の尾根の急登を登っていきます。
なんかいいヒントをいただいたようで、そのまま滝?の方向へ
登っていくことも可能だとすればそれは未踏の新ルートとなります。
冬装備を揃えられて、これから迎える金剛山の冬も楽しみですね。
雪が積もりだしてアイゼンが必要になってくるのは
年を越した1月の後半くらいからになります。

[ 2010/11/04 21:30 ] [ 編集 ]
Takeshiさんからメールいただいたときは、もみじ谷本流ルートの
最終分岐を右に取って尾根の急登を登っている最中でした。
おかげさまで良い休憩になりました~。
今週末の日曜日もいい天気だと良いですね。
楽しんできてください。
20代前半の山ガールが、ゴミを拾いながらもみじ谷本流を
登ってくるのには正直驚きました。。
[ 2010/11/04 21:31 ] [ 編集 ]
うまく書けなくて申し訳ありません。
もみじ谷の最後の二股の所で、右は本流ルート、直進はもみじ谷ルートで、
(そもそもここが最終分岐点じゃないのかも?)
直進のもみじ谷ルートへ向かうとすぐ正面に滝(壁?)が見えます。
一度、まっすぐ滝(壁?)の所まで行きましたが、左側へトラロープが1本ぶらさがっていて、
とても私では登れそうになかったので諦めました。

もみじ谷ルートは左側の尾根を登って行くんですね。
了解しました。
ご指導ありがとうございました。

名前、同じなんですね。
シンイチは私の本名です。

それと、私もキバラー様と同じく、大型バイク(最後はX4)に乗っていました。
その後、マラソンを経て、現在は山登りの1年生です。

あと、私も学生の頃に電話級アマチュア無線技士を取りました。
でも、無線局を開設した経験はありません。
電信にあこがれて始めたんですが、難しくて途中で諦めました。
写真で拝見しましたが、キバラー様の免許証はカードなんですね。
私のは2つ折りで、表は薄い緑だったと思います。

趣味が似てますね♪
今後ともどうかよろしくお願いします!
[ 2010/11/05 10:46 ] [ 編集 ]
シンイチ様がごらんになったのは、おそらく旧本流ルートへ向かう谷と思います。
旧本流ルートの入口からしばらくのところに、おっしゃるような滝があります。
本来のモミジ谷ルートへの分岐は、もっと手前にあります。
最後の堰堤の手前の谷の分岐を左へ行き、しばらく登った所を左の尾根に取り付きます。
[ 2010/11/05 19:40 ] [ 編集 ]
長文のコメント、ありがとうございます。
arajinさんが書いてらっしゃるとおり、
最終分岐があるところはすでに本流ルートの終盤になります。
どちらに行っても山頂に行けます。
小滝のほうへ行くと、旧本流ルートです。
難所はその小滝一箇所だけです。
カヤンボからの沢を進んだ後、右に大きく曲がっていきますが
曲がらず直進すると「もみじ谷ルート」になります。
左手の尾根に取り付くのがルートですぐにわかると思いますが
そういえばその尾根に取り付かずにまっすぐ進むと
行けなくもないような気がしてきました。
もしかして新ルートかなと思った次第です。
等高線の地図も見ずに感覚的に思ったまでですが。
大型バイクも乗ってらっしゃったんですね。
私も最近、売っ払ってしまって乗るのを辞めました。
山のほうが楽しいものでして。
無線の免許もお持ちでしたか。
こちらこそこれからもよろしくお願い致します。
また山頂でお会いできる事を楽しみにしております。

arajinさま、フォローありがとうございました。
[ 2010/11/05 20:10 ] [ 編集 ]
arajin様 キバラー様
本当にありがとうございました!
すっきりしました。
あれは旧本流ルートなんですね。
今度、是非挑戦してみます。
arajin様、キバラー様にお会いできる日を楽しみにしています。
(お二人のお顔は写真で拝見していますのですぐに分かりますよ。)
[ 2010/11/05 23:28 ] [ 編集 ]
旧本流ルートも楽しめますが、
もみじ谷ルートも急登っぷりと、
意外な所に出るというサプライズが待っています。
いっぱい楽しみがありますよね。
[ 2010/11/06 23:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ