生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

秋山を安全に楽しもう。 

それにしても突然、寒くなったものだ。
高い山から低山へと秋は移行し、そして冬を迎える。
まだまだ秋を楽しめそうだ。

近場の低山とは違ってスケールの大きな大峰山系では、
何でも無いようなところでも遭難碑やプレートを見かける。
これまでに、
・山上ヶ岳に向かう洞辻茶屋手前で2少年の遭難碑
・稲村ヶ岳に向かう途中の大日のキレットでも遭難碑
・レンゲ辻から稲村小屋に向かう途中でも遭難碑
・行者還岳から七曜岳に向かう途中でも遭難碑
と、いずれも難所とは言いがたい場所だったりする。
これも季節変わるとその厳しさはまったく違ってくるのだろう。
夏場には何ともなくとも真冬には近づけないところが多い。
そんな厳しい本格的な山なんだと認識しなければならないんだろうな。


秋山、安全に楽しむには? 遭難者急増で県警など呼びかけ /奈良県
2010/10/20 朝日新聞 朝刊 27ページより引用

 県内の山岳遭難者がハイペースで増えている。
9月末現在、遭難者は19人、うち死者は5人に達し、すでに昨年1年間を上回った。
これからの紅葉シーズンに多くの登山客が予想され、県警はグループでの登山や十分な装備、
登山届の提出などを呼びかけている。(寺本大蔵)
 県警本部地域課によると、過去5年の遭難者数(カッコ内は死者数)は、
2006年が25人(2人)▽07年が15人(1人)▽08年が20人(9人)▽09年が15人(3人)。
同課は「このペースだと、ここ5年で最悪となる可能性もある」と危惧(きぐ)する。
 19人のうち15人が40歳以上、7人が単独登山者だった。
同課は、近年のブームで中高年の登山者が増加し、軽装備での単独登山者も多いと指摘する。
 天川村消防団山岳救助隊の中森圭一さん(33)は秋の登山について「想像以上に寒いため、
夏場より体力を消耗しやすい。遭難して2、3日が勝負
」と話す。
 暖をとり、のろしを起こすためのライターや防寒具を装備し、
遭難した場合はその場を動かずに救助を待つ方がよいという。
 登山ルートなどを記した登山届を警察に事前に提出し、コピーを家族に渡しておくことも大切だ。
任意のため、ほとんどの人が提出していないというが、遭難した場合、
登山ルートを元に捜索するので素早い発見につながる。中森さんは「登山届がないのは、
広い砂浜で小さな貝殻を探すようなもの」とその難しさを例える。
 中森さんは山岳保険への加入も勧める。遭難して無事救助されても、
警察の協力団体である救助隊員には1日2万~4万円の日当が支払われる。
通常20人前後が捜索にあたるため、3日で救助された場合、遭難者の負担は約180万円前後にもなる。
県や県警のヘリコプターが整備などで出動できない場合、民間ヘリに出動要請されるが、
1時間60万円といわれる費用も遭難者の負担となる。
 日本費用補償少額短期保険(本社・長野県松本市)は09年4月、山岳レスキュー費用保険を始めた。
年間5千円の掛け金で300万円までの補償を受けられる。09年度は1万2千人が加入し、
今年度は2万人(9月末現在)と倍のペースという。

 ■山岳遭難に備えたポイント
 ●無理な登山計画を立てない。複数で登山の場合、一番体力のない人に合わせた計画を立てる
 ●遭難した場合、尾根へ向かう。上空のヘリから発見されやすく、携帯電話がつながる可能性がある。
  ただ、体力を消耗しやすい秋はその場で動かない方がよい
 ●ライターや鏡を持参。火を使ってのろしを上げたり、鏡を使って日光を反射させたりして居場所を知らせることができる
 ●遭難した場合、使用する時以外は携帯電話の電源を切っておく
 ●服装は蛍光色など目立つ色で
 ●登山届を提出し、山岳保険に加入
 ●秋の山中は想像以上に冷えるので、防寒具を多めに持参
 ●水を多めに携え、脳を活性化させやすい甘いお菓子も持参
 ●火の暖を取るマッチやライターを持参する
 <天川村消防団山岳救助隊の中森圭一さんによる>
Check [ 2010/10/27 20:27 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(8)
山岳保険と登山届はOK
その他。。。ライター、お菓子。。持ってないな~
皆持っているのかなぁ
とりあえずライターは100均で買おう。
[ 2010/10/27 20:46 ] [ 編集 ]
ライターは使いようによっては山火事を誘発しそうなので
どうかと思います。
私はコンロの点火装置ではうまく火がつかない時用に
防風型の山用ライターを持っています。
普段、出番の無いものだらけでザックが常に重いのが大問題です。
山岳保険、なんか手続きがめんどくさそうで未だに入れていません。
極力遭難しそうなところには行きませんが、
山は何があるかわかりませんね。
自動車保険とかをやっている保険会社がやってくれたら便利なのですが。
[ 2010/10/27 21:01 ] [ 編集 ]
山岳保険(捜索・救助費用保険)、私はヤマケイの雑誌についていた申込書に記入して郵便局で支払いして入りました。そうややこしくはないですよ。ネットからも資料請求できます(^o^)/~~~
[ 2010/10/28 04:23 ] [ 編集 ]
山岳保険へ入ろうと思って早二年・・・
未だに未加入です。
ほんと山では何があるか分からないから家族の為にも入っておくのが正解なんでしょうね~
それ以外の装備は毎回バッチリです!
[ 2010/10/28 07:15 ] [ 編集 ]
山岳保険にきちんと入ってらっしゃるのですね。
大峰奥駆道を縦横無尽に走られてらっしゃったら
備えられるに越したことはありませんね。
私も努力してみます。
紙での手続きが苦手で。。
[ 2010/10/28 23:23 ] [ 編集 ]
まさ吉さんも未加入でしたか。
私も同じくで、理由は書類手続や窓口での振込みが面倒なので。
アマ無線の再申請も今や電子申請で、
手数料ももネットバンクから振り込むだけで済みましたので
再開局ができた次第でして、あれを書類でやってたら
ものすごく面倒なのできっとやってなかったでしょう。
ネットからキーボード操作ですべて完結できるのなら
入ってみようかなという感じです。
一般の保険屋さんが扱ってくれれば良いんですけどね。

[ 2010/10/28 23:30 ] [ 編集 ]
日本費用補償少額短期保険の「捜索・救助費用保険(レスキュー保険)」は私も加入しております。ゆうちょ銀行、郵便局で払込取扱票を記入、保険料を払い込むだけなので、手続き上それほど煩わしさは感じません。
ネット上から手続きできるかどうかはわかりませんが・・・
[ 2010/10/30 23:22 ] [ 編集 ]
山のまこまささまは今年は特に遠征を
精力的にされてらっしゃるので、
やはりきちんと入られておられましたか。
参考になる情報をいただきましてありがとうございます。
[ 2010/10/31 19:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ