生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

THERMOS(サーモス) 『山専ボトル』 (FEK-800) 

20100928-1.jpg

ついに800mlの領域へ。

ステンレスボトルは、モノによって保温力にあまりにも差があることについては以前に書いたことがある。
それ以来、ずっと保温力の高いタイガーのサハラスリム(MSH-B)(ポーチ付き)を愛用してきた。
特にジェットボイルを出動させるほどの長時間の山行きではない時には重宝した。
その保温力の高さは6時間後でもカップラーメンをアツアツで十分作れるほどのスペックを誇る。
しかし、残念なことにタイガーのサハラスリムには最大500mlの容量の商品しか存在しない。
カップラーメン+お茶(1杯)という使い方においては、ぎりぎりセーフ!という心許なさ。

ちなみに、定番のカップラーメンに必要なお湯の量はというと、

 日清カップヌードル=290ml
 日清どん兵衛きつねうどん=390ml
 日清焼そばUFO=590ml


※ちなみに水・お湯に限れば、1ml = 1cc = 1gです。
 他の液体だとこの質量とは限りません。

日清焼そばUFOに至っては足らないばかりか、捨てるお湯をわざわざ持っていくようなものだ。
これが800mlあればずいぶん応用の世界が広がるのに、と思っていたところ、
こんな製品があるのを知ってから半年たったつい先日、秋冬に向けて購入。

数あるステンレスボトルの中でもずば抜けて保温力が高いという山行き専用仕様のボトル。
どういう点が山専用なのかというと、

  ・長時間冷めにくい・・・熱湯を入れてから6時間後でもカップラーメンが十分作れる。
  ・操作しやすい・・・グルーブをはめたままでも操作しやすい滑り止め加工された蓋。
  ・プロテクター装備・・・倒したり落としたの衝撃を吸収するバンパーや底ガードで保護されている。

これらすべてが厳冬下の厳しい条件でも普通に使うことが出来るよう考慮された専用設計だ。
お湯を注ごうとして、あれ?と思うのは中蓋。
一般のステンレスボトルはほとんどボタン式になっていて、くちばしが開くような仕組みになっているが、
これだと凍結したりして操作ができなくなることもあれば構造的にも壊れやすい。
このあたりもクラシックで単純なスクリュー式になっている。

800mlモデルと500mlモデルがあり、色も女性向けと男性向けの2種類。

見た目ではこれくらいの重さだろうなぁと持ち上げてみるとその軽さに驚く。
本体のみの重量は800mlタイプだとたったの360gと非常に軽量。
(バンパー類を加えると400g笑)

保温効力については多少外気温に左右されるものの、
注いだ約100°の熱湯が、6時間後には約80℃24時間後でも約60℃という。

800mlの熱湯があれば、
 カップヌードル(300ml)+尾西食品のアルファ米赤飯がっつり2食タイプ200g(220ml)+お茶(280ml)
これくらいが実現出来てしまう。
これ以上望むなら、誰か一緒に登った人がジェットボイルくらい持ってきてくれているだろう、と他人任せにしよう。
そんなわけで、この冬、この山専ボトルがあればほとんどの山行きに間に合ってしまうという最強の一品。

山メシにカップラーメン系で済ますのは、ええ加減卒業しろよ、という声も聞こえてきそうだ。

ちなみに、よく熱いお茶などをボトルに直接入れてくる人があるが、
自分の場合、お茶等だとボトル内が汚れるし、帰ってから手入れも必要なのでお湯しか入れない。
お茶ならほぼ飲むことしかできないが、お湯なら何かと応用が利く。
水はぬるくても水分補給として飲むことはあっても、普段、熱いお湯を飲むことはあまりないはず。
しかし登山中において、お茶と思って飲むとこれがぜんぜん違和感がない。おいしく飲める。
無理してお茶などで味をつける必要が無いと思うのは自分だけ?
(昼食時にはもちろんティーバッグのお茶や珈琲を使う)

※サーモスのボトルなら大型スーパーや電気店などどこでも売ってそうに思えるが、
 これだけは登山グッズ専門の店にしか卸してないそうです。
シンプルで壊れにくく使いやすいですよ。
500mlでは少し足りない事あるんで800mlぐらいがほど良いです。
春以降山に行けてませんがこの冬使えるかな?
[ 2010/09/28 23:18 ] [ 編集 ]
って、コメントを書こうとしていたら、今まさに、国見城址の金剛山頂の看板が引っこ抜かれる瞬間をライブカメラの映像で見てしまいまいた(笑)
衝撃映像でした。。。

・・・で、山頂でカップスープを飲みたい私は、こんなボトルがありがたいですね~。
ジェットボイルも欲しいですけど(笑)
[ 2010/09/29 08:52 ] [ 編集 ]
たいへんご無沙汰しております。
春から山には登られてないのですか。
一緒に良く登って、
このブログにも登場していただいていた頃がなつかしいです。
ゴルフにテニスに忙しいのでしょうか。
このボトル、すでにお持ちだったんですね。
[ 2010/09/29 20:24 ] [ 編集 ]
看板を引っこ抜かれるところを目の当たりにされたのですか。
それはショックだったことでしょう。
また復活するんでしょうか。。
復活しなければ金剛山連合でカマボコ板使って作りましょうか。
そのときは「葛木岳山頂(1,100mぐらい)」って書くつもりです。

ジェットボイル+水数リットルはかさばりますよ~。
ジェットボイルは重くはないのですが。
私のザックは32リットルですから。
[ 2010/09/29 20:24 ] [ 編集 ]
これ買ってから冬の間、ジェットボイルの出番がすっかり無くなってしまいました。。
そして夏はこれに冷茶を入れてました。

とりあえず戻ってきて良かったです(笑)。
[ 2010/09/29 21:22 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
最近はすっかり大峰に行ったっきりになってらっしゃるkatsuyukiさんが
以前持ってらっしゃったのを見たのが、購入に至った動機になっています。
最初に目にしたのは観音峰でしたっけ?
夏場には荷物になるだけだと思っていましたが、
大峰行きには持っていってらっしゃったんですね。
買ってから半月くらい経ちますが、
まだ出番無く新品です。笑
[ 2010/09/29 21:49 ] [ 編集 ]
500mlでは少ないなと思いながらも、保温力の高さでいつも持って行きます。
800ml有れば、仰るとおりカップ麺+食後のコーヒーも余裕ですね。
なんなら行動途中にカップスープもいけちゃいます。
[ 2010/10/01 22:17 ] [ 編集 ]
このボトルの500mlをお持ちですか。
私のサハラスリム(500ml)と保温力対決してみたいです。って、何の意味もないか。
500mlは冬の金剛山ではちょうど良いくらいです。
冬場は金剛山しか行かなかったりしますが。
[ 2010/10/01 22:23 ] [ 編集 ]
冬に夏に重宝しますね。
私も所有している800のサイズ。
このクールグレーのみが、
完売になったようです。
サーモスの製品紹介ページで知りました。
[ 2013/08/27 08:15 ] [ 編集 ]
いつもご覧いただきありがとうございます。
山専ボトルのクールグレーが無くなったのですか。
また新たなカラーが登場すると良いですね!
情報ありがとうございます!!
[ 2013/08/27 20:22 ] [ 編集 ]
FFX-900というタイプで
中栓が2重構造で容量もアップのようです。
一部サイトで通販開始のようですね。
[ 2013/09/28 18:48 ] [ 編集 ]
はじめまして!
新しいのが出るとのことで旧モデルが安くなってました。
型番まで情報いただきありがとうございます。
800mlは持っているので500mlを買いたいと思います。

[ 2013/09/28 23:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ