生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

釜谷ルートの真実 

20100925-2.jpg

かま道ルート・・・山頂から見て、松の木ルートに入ってすぐの分岐をそのまま直進。
釜谷中ルート・・・松の木ルート中腹から別の尾根へ分岐し、途中、右の沢へ下りる。
釜谷ルート・・・・松の木ルート中腹から別の尾根へ分岐し、そのまま直進し、左の沢へ下りる。

「松の木ルート」から派生する釜谷系のルートは、
その尾根を最後まで行くと尾根の左側に現れる谷(釜谷)の最後部分に突き当たる。
これを「釜谷ルート」と便宜的に呼ぶとする。
その釜谷ルートの尾根から見て右側の沢にも下りれるしっかりした道が付いている。
ここを下りる「釜谷中ルート」と看板に書いてあるように読み取れた。
釜谷中ルートは、釜谷ルートとは対象的にずいぶんと沢の上のほうである。
この谷の名前は不明。
この沢を最後まで上り詰めれる人もいらっしゃるらしい。
かなりさびしく不安になりそうな沢だった。
沢の最後では「かま道ルート」と合流してすぐに下山完了となる。

一方、釜谷のほうは明るく広く歩きやすい感じ。
釜谷ルートを下山しても沢の中を歩くことがほとんど無い。
ところがこの沢の中をずっと山頂に向かって登って行けそうな雰囲気。
山抜けしているが、沢に沿った林道も付いているくらいなのだ。
次の課題はこの釜谷の沢を遡行してみること。

20100925-1.jpg
もともと名前が無かった所にカトラ谷の名前を使い浸透した物だから どうしようもなくなってますね。
千早赤坂村が調べ発行した小字地図があります これを正解とした場合、手持ちの地図では1967金剛・岩湧、仲西版から違っていたことになります。なお1969年発行日地の地図では表記がありません
[ 2010/09/25 23:17 ] [ 編集 ]
今地図を見直して気がついたのですが生活科学研究所のある小字が千早谷・・・
つまり、今黒とが谷と呼ばれているところが実は千早谷
カトラ谷と飛ばれているところが黒とが谷
無名の谷が・・・カトラ谷?
現段階ではまだ仮説です。
[ 2010/09/25 23:32 ] [ 編集 ]
昭文社の地図のタカハタ道が松の木ルートでしょうか?
あそこの登り口も分かりずらかったですから、
釜谷(中)ルートは見つけられそうにないです^_^;
[ 2010/09/26 07:06 ] [ 編集 ]
今日はほんとは南葛城山でバリエーションの尾根をあるくはずが・・南海高野線で自分の乗ったすぐ前の電車が人身事故!!
白鷺駅で2時間待たされ、すっかり出鼻をくじかれ、やる気なし・・バスの便の多い千早へ行くしかなくなってしまった。
決まり切ったルートを歩いてもおもしろくない・・ちょっと気になっていた高畑谷を尾根に上がらず、行けるとこまで詰めてみた。倒木だらけで植林の谷・・何のおもしろ味もない、人に会わないことぐらいがせめてもの救いか・・
こうなったら、キバラーさんが言ってた新ルートを歩いてみようってんで、下りは松の木ルートへ・・
このくそおもしろくもない植林の尾根は、たしか釜尾根っていったような気がするのだが・・
確認しました! 釜谷中ルート・・確かに尾根の途中で右の谷に下りる踏み跡あり・・藪をこいで出ました! 橋のたもと。
でも、「かま道ルート」ってのはどれ?
キバラーさん、「謹告」の道標のちょっと下、沢を渡ってすぐの尾根に取り付く道を登ると、
989mピークから松の木ルートへ下る尾根がちょっと平坦になった丸太のベンチの所に出ます。
この道は歩かれたことがないみたいですね?
[ 2010/09/26 20:36 ] [ 編集 ]
カトラ谷がカトラ谷じゃないなんて。。
今さら受け入れられない事ですね。笑
小字地図、私も確認しました。
千早谷とたしかに書かれていますが複雑すぎて
よくわかりません。
夏カゲとか板窪なんてありますね。
高城茶屋のあるところはたしかに高城(たかしろ)となっていますね。
お調べいただいてありがとうございます。
[ 2010/09/26 21:29 ] [ 編集 ]
昭文社の山と高原地図(ヤマコー)を確認しました。
タカハタ道はタカハタ谷ルートとイコールです。
松の木ルートではありません。
タカハタ谷に対して左手にある尾根伝いが
松の木ルートになります。
タカハタ道の途中から尾根に向かっての急登がございます。
釜谷の説明となると、文字や言葉では説明が難しいです。

10月は大峰メインで行こうと思っております。
またお会いしたときはよろしくお願いいたします。
顔出しされている写真を拝見しましたので、
こちらから見つけることができるかもしれません。
[ 2010/09/26 21:34 ] [ 編集 ]
南海電車の事故の件は、
今日、金剛山で会った方から知りました。
たいへんでしたね。
今日はふてくされられてタカハタ・松の木ですか。
私もそのあたりでした。
お疲れ様でした。
「かま道」は山頂から下りてくきますと、
タカハタとの分岐を過ぎて松の木ルートに入って
まっすぐ下っているとほどなく直進できるところがあります。
そちらになります。
釜谷中ルートは正解のようですね。
謹告の看板のところで「かま道」と合流して終わりです。
尾根違いで最後はイコールという感じですね。
沢を渡ってすぐの尾根を登ると「かま道」ですが、
ベンチですか?ちょっと私の記憶と違うように思います。
もしかしてまた新ルートかもしれませんね。
[ 2010/09/26 21:41 ] [ 編集 ]
私のいう丸太のベンチの所に出る道は、
まさしくキバラーさんのおっしゃる謹告の看板のところで合流する尾根道のことです。
だとしたら、すでにご存知ということで・・失礼しました・・
[ 2010/09/27 17:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ