生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系での登山事故(3) 

大阪から近場にある本格的な山の大峰山系で、また事故があったようです。
冬場のほうが事故が起こりやすいように思っているんですが、
夏場のほうが登山する人が多いので発生率は高いのでしょうね。

ところで「十郎山」って初めて聞く名前なのですが?
最近、大峰山系に行くことが多く、多少理解してきているつもりでしたが、
聞いたことのない山の名前です。
山と高原地図を軽く(30秒くらいですが)眺め回したんですが、
見つけられませんでした。

水が無いと3日も持たない人間のカラダですが、
水さえあれば食料が無くても一ヶ月は生き延びれるはずです。
沢であれば水は潤沢にあることでしょう。
早く無事発見されることを祈ります。


不明者見つからず=奈良
2010/08/17 大阪読売新聞 朝刊 26ページより引用

上北山村の大峰山系・十郎山に沢登りに出かけたまま帰宅せず、
遭難したとみられる大阪府茨木市北春日丘、●●局理事●●●さん(61)の行方は
16日夕方になってもわからず、吉野署は、いったん捜索を打ち切った。
17日朝から捜索を再開する。 
同署によると、14日午前、テントが見つかった場所の北約2キロで、
沢登りをしていた女性が川崎さんとみられる男性を見かけた。
男性は「テントまで戻って別の沢に行く」と話したという。
テントには、●●さん名義のポイントカードや着替えなどが残されていた。

#名前は伏字とさせていただきました。
Check [ 2010/08/18 20:14 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(13)
私も思わず地図で調べました。
「十郎山」釈迦ヶ岳の東側にありました。

早く見つかるといいですね…。
[ 2010/08/18 21:20 ] [ 編集 ]
この人登山のベテランのようですね
点線も何もない所の沢みたいですが自信が有ったのでしょうが、何が起こるか分からないのが山だと思います、
私のような初心者がコメントするのもどうかと思いますが
危険な所へ行くなら3人で行く様にと教わりました
技術も知識も体力も有る人ならではの事故のようですが
明日位に元気に下山してきそうですが。
[ 2010/08/18 21:23 ] [ 編集 ]
上北山村というヒントがありましたね。
大峰奥駆道からずいぶん離れていますね。
この方以外にも沢登りしている女性が居たというのも
驚きというか、そんなメジャーな山なんでしょうかね。
テントを張ってということはベテランなのでしょうかね。
[ 2010/08/18 22:02 ] [ 編集 ]
単独で沢登りは怖いですね。
大峰奥駆道を縦走するくらいなら単独でも安全だと思いますし、実際、多くの方と会いましたがほとんど単独でした。
沢登りともなるとベテランでないと難しいと思いますね。
[ 2010/08/18 22:06 ] [ 編集 ]
人によって違うとは思いますが、単独だから危険で遭難しやすいってことはないと思います。
単独の時は、大勢で歩く時よりやはり恐怖感があるから、ずっと慎重で臆病です。いつもびびりながら歩いてます。
地図とコンパスで現在地を確認しながら歩くのも、そうしないと安心できないからです。
逆に、おおぜいで歩く時は、ろくに現在地を確認せず流れに任せて歩くので、危険に対する注意力は散漫になってる気がします。
だから、単独の時はあまり無理しません。ちょっと危険かなっと思ったらすぐ撤退してしまいます。
複数だろうが単独だろうが、遭難する危険性に変わりはないと感じます。
[ 2010/08/19 07:22 ] [ 編集 ]
今年に入って釈迦ヶ岳周辺で何人目でしょう・・・
って言うか私が大峯へ行きだして二年の間に何人の方が亡くなられたのか???
実際に救助活動されてる方とも三度出会ってるし改めて怖い山だなと思いますわぁ~
セオリー通り世界遺産の奥駈道を歩くだけなら素晴らしく優しい山なのにね。。。
[ 2010/08/19 08:49 ] [ 編集 ]
死亡が確認されたようです。
沢歩き中落下頭を強打、そして水に流されたようです。

登山道を歩く山登りも滑落するという危険はありますが、沢歩きやロッククライミング等はそういう場面に身をおくわけですから、事故=重大事故になる危険は大ですよね!?

北海道大樹町(たいきちょう)の日高山系で東京理科大学のワンゲル部の遭難は、鉄砲水にテントが流されたようですね!?
4名中3名死亡という痛ましい事故です。

金剛山でもたくさんの方が遭難死亡されています。
お互い再度気を引き締めて山に「畏敬の念」をもう一度抱かなければと思う事故です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
[ 2010/08/19 08:55 ] [ 編集 ]
初めまして。時々、このブログを拝見しております。
さて、今回の遭難者ですが、私はよく存じている方、いやかつて一緒に大阪わらじの会で登っていた人です。人格的にも技術的にも優秀な方です。まさか、遭難するとは。
魔が差したとしかいいようがないですね。ご本人は「沢登りの超ベテラン」です。
改めて冥福を祈りたいと思っています。
[ 2010/08/19 09:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/19 09:39 ] [ 編集 ]
大峰山系は金剛山と同じように思ってたらえらい目に遭いますね。
ルートにもよりますが、あらゆる場合を想定したフル装備で
真剣勝負で望まないといけないですね。
水ひとつ足らなくなっても水場が簡単には無いという厳しさ。
沢登りでなくてもヘルメットが欲しいと思うときもたまにあります。
[ 2010/08/19 21:20 ] [ 編集 ]
残念な結果になりましたね。
亡くなられた方の所属する山岳会のメンバーが
大峰山系・十郎山(1269メートル)の山頂の
北約1・5キロの白川又川で見つけられたようです。
ご冥福をお祈りしたいと思います。
[ 2010/08/19 21:21 ] [ 編集 ]
はじめまして。
コメントいただきましてありがとうございます!
南河内のトライアスリートさまのよくご存知の
身近な方でいらっしゃいましたか。
しかもたいへんなベテランでいらっしゃったのですね。
ほんとうに残念でしたね。
ご冥福をお祈りしたいと思います。

[ 2010/08/19 21:22 ] [ 編集 ]
管理者のみ閲覧でコメントいただきましてありがとうございます。
コメントをお返ししたいのですが、オープンにされてらっしゃらないので控えさせていただきますね。
ありがとうございます。
[ 2010/08/19 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ