生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

EMPEX「サーモ・マックス50」 

20100816-1.jpg

山での温度確認の必要性は?

金剛山頂ではランドマークにもなっているデジタル式の気温計がある。
山頂に着く直前に今日の気温を予想している人も多いのではないだろうか。
自分も、思っている温度と実際の気温が一致しているのかどうかの確認作業を無意識に必ずやっている。
低山は別として、そもそも山において温度確認の必要があるのかどうか?
それに風が吹くとカラダの表面の熱が奪われるため、気温とは別に体感温度というものがある。
それは風の吹く強さによって変わる。
人間の温度感覚なんていいかげんなもので、気温はもちろん、湿度や日射の有無や
心理状態によって簡単に左右されるという。
夏場はだいたい察しがつくが、冬場の気温となるとわかりずらい。
氷点下かどうかというだけで対処方法が大きく変わるし、風があるとさらにシビアになる。
20100816-3.jpg
こういうアクセサリー的なモノはメモリ間隔が10℃単位というおおざっぱさ。
これって無いよりマシというよりも無いほうが邪魔にならなくて良いだけマシではないか?
プチコンパスが付いているのがせめてもの救いか!?

そんなわけで温度計というか気温計はあったほうが良いとは思うが、
アウトドアショップ等でいろいろ探してみても、リングの付いたアクセサリーのような
オマケ的なものしかなかったし、そんなのはこれまでも使っていたが、
早春の大峰山系の稲村ヶ岳では、山小屋に取り付けられていた気温計の温度と
アクセサリーの気温計とはまったく違う値だったのでアテにならなかった。
気温計機能のある腕時計もあるが、体温の影響を受けるなどで誤差が大きいという。

20100816-2.jpg

そこでこんなアウトドア用のアナログ式気温計を見つけた。
エンペックス気象計株式会社という気象計専門メーカーの製品で、しかも日本製だ。
非常に軽くて25g。
大きさもそれなりに小さいのでさほど邪魔にならない。
メモリも細かく、なんと!1℃単位だ。
驚くべきなのは、なんとマイナス50℃まで計測できる。(必要ないけど)
上限は50℃というのはちょっと足らないのではないか?というのはこの際、問わないことにしよう。
ちなみに部屋にあるデジタル温度計としばらく比較を続けてきたが、
常に一致しており、極めて正確であることがわかった。
これなら安心して山に連れ出せる。
価格は千円程度。
あとは体感温度をどう計算するかという問題に直面する。
たとえばマイナス3℃の気温の下で、山の上ではよくある風速5m程度の風が吹くと
いったいカラダは何℃の世界にさらされることになるのか?
それについては後日、明快な解決方法を紹介しようと思う。

Check [ 2010/08/16 00:05 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(8)
ん~~ 気温に関しては全く何も考えてなかったですわぁ~
「暑い」「寒い」って言うぐらいで・・・
そんな感じなんでプロトレの温度計なんて滅多に使いません。 
と、言うより体温が邪魔していつもハチャメチャな数字が出ますしね。
[ 2010/08/16 07:58 ] [ 編集 ]
ごぶさたしています。
昨日は、久し振りに手ごたえのある山登りをしました。

金剛山はあまり「ヒル」の話題が少ないですが、久し振りに見ました。
血を吸われるまではいかなかったですが、秘境と呼ばれる谷筋にはいるようです。

キバラーさんはギターも弾かれるんですか?
今日も暑い日となっています。
こんな日は、秘境と呼ばれる谷筋を冷や汗かきながら歩くのが一番なんですが・・・。
[ 2010/08/16 15:14 ] [ 編集 ]
1月に稲村ヶ岳登ったとき、小屋の入口に有る温度計はマイナス9℃でした。
その数値を見たら余計に寒く思えてきましたよ~。

きっちりと山行中のデータ取っていったら面白いかも・・・。
[ 2010/08/16 19:14 ] [ 編集 ]
たしかに「暑い」か「ちょうどいい」か「寒い」をベースに、
暑すぎる!とか寒すぎる!など5段階くらいで十分間に合ってますね。
デジタル式もいい加減なところがあり、
アナログ式ではおおざっぱだったりと
気にしだすとキリがありませんよね。
高度だって。。。
[ 2010/08/16 20:45 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
ブログのほう拝見しました。
アリスの父さまが登られた秘境とやらが新たな目標となりました。
またいろいろ教えてください。
ツイッターでつぶやいたギター屋さんにはちょっと用があったもので。
遠くは石川県や京都から毎週教室に通っている人もいる
有名なショップがありまして。。
詳細はまたメールさせていただきます。
[ 2010/08/16 20:45 ] [ 編集 ]
稲村ヶ岳の入り口に、たしかにでっかい温度計がありますね。
あそこは風が常に吹きさらしで、春でもたいそう寒い思いをしました。
冬場、マイナス9℃ですか。。
ってことは風があるので体感温度は。。。
冬の大峰なんて行くもんじゃないですね。
現状、自分の持っている装備では対応できないです。
10本爪以上のアイゼン+ピッケル+ザイルくらいは最低必須ですね。。
では、温度は確認しないほうが
精神的にはよろしいということになりますね。
[ 2010/08/16 20:45 ] [ 編集 ]
家を出発する前に金剛山山頂のライブカメラで気温をチェックするは勿論ですが、
風の強さや霧の濃さも見ています。
しかし、金剛山では温度計や高度計が必要と思ったことがないので持っていません。
やはり大峰山ぐらになると、あれば便利というようになるのでしょうか。
[ 2010/08/17 20:05 ] [ 編集 ]
そうですよね、冬場だと金剛山へ行く前は山頂気温をチェックしてからだいたい出かけますよね。
なので金剛山では出番がありませんが、本格的な山である大峰山系ともなると、ライブカメラもなければ気温も行ってみないとわからない。慣れない岳だとなおさらあったほうが楽しめそうです。
[ 2010/08/17 21:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ