生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

『山と高原地図 (49) 金剛・葛城』 昭文社  

20100811-1.jpg

おくればせながら、山と高原地図シリーズの「金剛・葛城」を本日、ついに買った。
よくも今までコレすら持たずにいったい何をしてきたの?と
石でも飛んできそうなほど非難されそう。
事実、今日の今日まで見たことすらないし、持っていなかったのだ。

これまで、だいたい登るところはしれてるし、
どうせ金剛山メインだし、金剛山ならわかってるし、
他の山にはあまり興味もないし..という感じでいったい何年やってきたのだろう。
それにネットを検索すればだいたい出てくるだろうと安直に考えていた。

今、山と高原地図をしげしげと眺めてみて驚いた。
金剛山はともかくとして、その他の周辺の山のルートを知らなさすぎた。
どうりで葛城登山道の「天狗谷ルート」すら、
今年の3月に登るまでは「はて?それどこ?」という調子だったのだから情けない。
今年になって単独行も多くなり、ダブル登山をするようになってから
金剛山周辺の低山がかなり気になってきたのだ。
そして、今、いちばん気になっている山に関してもばっちりルートが。。
をいをい。
もっと早く買うべきだった。。
これから穴のあくほど見て再勉強させていただきます。

地図はいくら眺めていても飽きない。
いつも何かしらの新しい発見がある。

20100811-2.jpg
この地図を監修された「上横手健義」さんとは、たま~にブログでやり取りします。
いろいろとおっしゃる人もおりますが、この地図は良く歩かれて監修されてると思います。
僕もバイブルのように持ち歩いてました。
葛木神社下のブナ林の近くに石灯籠を奉納建立されていらっしゃいますよ。
[ 2010/08/12 01:27 ] [ 編集 ]
私の持ってるのは、2006と2007年版でちょっと古いんですが、地元の槇尾山を登り始めた頃から使ってます。
ただ、金剛山と岩湧山周辺の一部だけが2万5千分の1で、後は5万分の1なので、
地図を頼りに地形を見ながら歩くにはちょっと心もとないですね・・
それと、細かな所で登山道と線がずれてます。
例えば、カトラ谷ルートなど、昭文社の地図に記されているのは、本来のルートよりかなり手前でタカハタ道の尾根に向かってます。
実は、カトラ谷ルートはあちこちに枝道があって、昭文社の地図に記された所にもほんまに道があるんですよ・・
この分岐の道には谷沿いにクリンソウが咲いてたりするのですが、
でも一般の人はあまり通らないから・・まさか知ってて書いたわけでもないと思いますが・・
悪いけど他にもいっぱいずれがあるんで、私は参考程度で余り信用してません。
[ 2010/08/12 07:11 ] [ 編集 ]
地図を調査執筆された上横手さんをご存じなのですね。
古い地図(持っていません)では別の方だそうで、
その方もどこかの山の会の方がお知り合いで
一緒に調査されてると聞きましたので、
けっこう身近にいらっしゃるんですね、大物の方が。
[ 2010/08/12 09:18 ] [ 編集 ]
持ってなかったんですよ~。
しばいてください。
最近引用した2007年版の地図の画像は、
以前、知人から一瞬お借りしたときに
金剛山の一部のみスキャンさせてもらったものです。
今回、地図を買ってみたところ、
金剛山以外でぜんぜん知らないルートがいっぱい載っていてすごく楽しいです。
行きたいところがかなり増えました。
arajinさんのおっしゃるように、大部分は5万分の1ですね。
今、気付きました。(^^;
2010年版ですが、たしかに金剛山のカトラ谷ルートは、あの這いつくばってロープで登る秘密のルートのほうに案内されていますね。
地図のほうのルートは、昨年、土蜂に追いまわされました。
なんだぁ、ええかげんじゃないですか。。笑
国土地理院の地図は登山道すら載ってないんじゃないですか?そう思うと、無いよりはずっとマシですよね。
[ 2010/08/12 09:28 ] [ 編集 ]
地図持ってなかったって、爆笑かも(^o^*)/すみませんm(_ _)m
そんなにへんぴなルート行かなければいらないのも確か:-)
でも、大峯へは何度行ってもお守り的に携帯してます
細かなルートというより、全体の傾斜は参考になりますョ。
弥山川遡行や、大台・大和岳行く時は頼りになりました(^o^*)/
[ 2010/08/12 09:42 ] [ 編集 ]
そうなんですよ、金剛山専門でやってきたものですから。
大峰に行くときも、その行く先の岳周辺部だけ
コピーして持って行ってます。
地図の原本がボロボロになるのは困るので。
過保護でしょうかね。
[ 2010/08/12 09:47 ] [ 編集 ]
金剛山の地図を持ってないビックリしました
持ち物にこだわりそうなギバラーさんが

地図をいまだ読めない私でも、行く山の地図は最初に用意しますよ。
[ 2010/08/12 13:11 ] [ 編集 ]
カトラ谷のあの道を知ってるとはさすがですね~
そういや、最初の頃は、ここも登ろう・・あそこも行ってみよう・・と
昭文社の地図を見ながら私も楽しんでましたね・・
私はだいたいのルートは昭文社の地図で把握し、
それを国土地理院の2万5千分の1地形図に鉛筆で書き写して使ってるんですよ。
現地に行って、実際に歩いた感覚で地形を見ながらそれを修正し、
最終的に確定だと思ったら、ボールペンで破線を描き、地形図をだんだん登山地図に書き変えていきます。
[ 2010/08/12 13:53 ] [ 編集 ]
ええ、自分でもびっくりです。
知っている山という思い込みが、
地図を買ってみたら、ぜんぜん知らないとこだらけでした。
これからは近場の低山でも大活用する所存です。
[ 2010/08/12 21:46 ] [ 編集 ]
はい、カトラのあのお花畑から右への分岐方向には
二度登ったことがあります。
難ありなルートですね。
もっと手前に大きく沢が二つに分岐するほうの右や、
左への分岐もありますが、それぞれ行ったことがありません。
国土地理院の地図へ書き写されてらっしゃるのですね。
根気のいる大変時間のかかる作業ですよね。
等高線を完全に把握されてらっしゃるarajinさんだからこそできる技ですね。
[ 2010/08/12 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ