生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 狼谷の謎 

20100806-1.jpg

先週の土曜日に登った「もみじ谷(旧)本流ルート」と、
下山した「ガンドガコバルート」のGPSログを眺めていたら、
両ルートの間にでっかい谷があるのに気がついた。

(疑問)
 ・ここにルートがあるのでは?
 ・なんか開けた広場のようなものがあるがここは何?

20100806-2.jpg

ひと昔前の山と高原の地図では、最新版では消されてしまったルートが
まだ多数記入されている。
その地図を見てみると、狼谷という谷があるのがわかる。
これらは石ブテ西谷や東谷、そして丸滝谷と同様の大きな谷があるようだ。
もしかしてこれが狼谷ルートと呼ばれるやつなのか?
金剛山公式ページの金剛山登山道情報で紹介されている狼谷ルートと
同じとは思えないような気がしている。
私が始めてモミジ谷へ入った時は今ほど知識もなかったんで本流ルートじゃなくて狼谷を登ってました。
その後 何度なくモミジ谷からの派生ルートもあっちこっち踏みましたが結局よく似た感じのルートでそれ以来行く事はなくなりました・・・
広場は地図を見てもそれと分かる等高線になってますが昔は何か小屋でもあったんでしょうかねぇ???
[ 2010/08/06 07:20 ] [ 編集 ]
狼谷はその名前に惹かれて、一度は歩いてみたくなります。
どんな冒険が待ち受けているんだろうと・・思いますよね?
でも、はっきり言って名前負け・・滝もしょぼいのが一つあるだけ・・大半植林の谷です。
モミジ谷本流のような魅力はありません。(楽しみにしてはったらごめんなさい)

私は、モミジ谷やカヤンボ谷を水越峠から長い林道歩きで登ったのは一回きりです。
いったんどこかのルートから山頂に登ってから、おまけの楽しみとして、
本来のモミジ谷道を尾根伝いに下りてから、本流を登り返して楽しんでいます。(サネ尾の途中からモミジ谷本流の分岐辺りに下りる道もあります)
カヤンボ谷やサネ尾を歩く時は、ガンドガコバルートを下りてから登り返します。

モミジ谷は何といっても本流との分岐から山頂までの自然林や渓谷の美しさが白眉ですよね。
そこだけいいとこどりして、私は楽しんでいます。
[ 2010/08/06 20:33 ] [ 編集 ]
まさ吉さんからいただいた地図のほうも拝見したのですが、
ほぼ同じでした。
特に印象の無いルートだったんですね。
障害なく歩けそうなら行ってみようと思います。

[ 2010/08/06 22:15 ] [ 編集 ]
arajinさまはすでに歩かれたんですね。
相当金剛山でもキャリアお持ちですよね。
感心します。
もみじ谷本流はなかなか魅力的なルートですね。
同じ名前のもみじ谷ルートとは大違いですね。
[ 2010/08/06 22:18 ] [ 編集 ]
画像の(この広場は何?)と、あるのは{山抜け}箇所では
ないでしょうか。
あの辺りには{これ!}って、言うものはないと思います。
おっしゃる狼谷ルート(谷筋)は、まっくんのHPや私も案内してるのと同じ谷筋です。
私は名前のわりに何とも魅力ないルートだと感じてます。
[ 2010/08/07 14:10 ] [ 編集 ]
山抜け箇所でしたか。
そして狼谷ルートは魅力なしで
景色がほとんど変わらないようなルートなんですね。
ありがとうございます。
[ 2010/08/07 22:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ