生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

尾西食品「赤飯」 アルファ米(2食分タイプ) 

201007012-1.jpg
「赤飯」 アルファ米(2食分タイプ)

尾西食品のアルファ米(フリーズドライ米)というと、
 ・日本国内では初の宇宙食として認定された。
 ・衛生性が高く、安全で、長期保存性を有している。(製造後5年)
 ・70数余年の歴史を持つアルファ米のパイオニアである。
という実績がある。

災害対策長期備蓄用保存食にもそのまま使えることから、ちょっと高価である。
登山では水だけでも重いのに、水分を含んだオニギリなどの食料の重量が加わるとさらなるに足かせとなる。
そこでこういうフリーズドライ食品を利用するととても軽くて保存がきいて大量に持参できる。
さらに、どんな気象条件でも水さえあればおいしいご飯ができるというから買っておいてムダはない。
そこで先日、試しに大峰山系行者環岳行きに持っていった。
金剛登山くらいではいささかオーバースペックなので。

商品としては「白米」もあるのにどうして「赤飯」にしたかというと、単純に赤飯が好きだから。
それと、失敗してべちゃついても赤飯なら元々もっちゃりした食感で食べるものだから違和感が無い。

まずはスペックから。
 「赤飯」 アルファ米(2食分タイプ)
 内容量:200g入
 出来上り:約520g(お茶わん3杯分)
 調理時間:熱湯20~30分(水15℃なら60~70分)
 必要水量:220ml
 価格:630円

1人前タイプもあるようだが、大食いの自分には2食分が満足できそう。(実際、大満足でした)
お湯の量が220mlで良いといっても、ぎりぎり足らなかったりしてもイヤなので、
おおざっぱに500mlの水をジェットボイルで湧かす。
あれ?1分も経つかどうかという早さでお湯が沸いた。
そういえばジェットボイルは冬場でしか使ったことがなかったかも。
夏場に使うとこんなに早く沸くのか?
201007012-2.jpg
標高は1500mくらいで、気温は暑くも寒くもなかったので体感気温17℃くらいか?
#山道具に精密な気温計も必要!?

さっそく封を切ろうとすると、なんと、道具がいる!
切れ込みが無いのだ。
そんなこともあろうかと思って、いつも装備している
ビクトリノックス社「シグネチャーライト」のハサミモードで封を切る。
201007012-3.jpg
1/3ほど切り込みを入れたところで残りの部分を手で切り取ろうと思ったら
縦方向に裂けてきたのであわてて手を止める。 横着するとダメだな。
勢いよく引きちぎっていたら中身がパーっと雨あられと宙を舞っていたに違いない。
再度、最後まできちんとハサミで切り取った。山専用設計じゃないよなコレ。
「ゴマしお」と「脱酸素材」を取り出す。
特に「脱酸素材」は小さいので、量の多い2食分タイプだと埋もれて気づかないこともあるかも。
201007012-4.jpg
手順がわかっていても、いちいち説明書きを確認するように心がけていれば大丈夫。
ジェットボイルで沸かしたお湯を注水線までそそぐ。
そしてすぐに少しかき混ぜる。
封をして・・・・と、説明書きには輪ゴムで止めるとある!
輪ゴムなんかふつう持ってきてるわけがない~。
代わりテープでもあればいいが。
ということでナニカ応用できるものということでカラビナで止めてみた。
201007012-5.jpg
さて、今から20分~30分待ち!長い~!待ってられん!
一緒に食べようと思っていたクノールのスープパスタ「完熟トマト」(お湯を入れて3分)を先に食べる。
さらに、食後に食べようと思っていた菓子などもつまむ。
気がつくと何時何分にお湯を入れたかを忘れる。
そうこうしているうちにだいたい15分~20分くらい経ったと思うので開封してみた。
これがまた丈夫なアルミ蒸着フィルムとやらなので、手であちこちをちぎって開くのが困難。
そこでまたハサミを使ってジョキジョキと切り開く。
これでやっと食べれる。
食感はうるち米の赤飯らしく、もっちりと美味しい!
塩加減はゴマしおで調整できる。
2食分ということであるが、実際はコンビニのおにぎり3個~4個分くらいで
なかなか食べ応えのある量だった。
もし余っても、ラップやホイルで包んでおけば、途中でいつでも食べれるし、これは良い!
買うなら2食分タイプに限る!と思った。
これはまた買おう。
僕も尾西のアルファ米は山に持って行きます。
山店で買ったやつなので、口は手で切れるしジップになってるので止め具も要りません。
一人用は調理時間15分。
忍耐力が養われますね~(笑)
[ 2010/07/12 23:09 ] [ 編集 ]
私は毎回おにぎり2個と決まっています、
その他、水かお茶のみ。

3~4日山に入る時でも、ソイジョイを3~4個にチョコレート1個位です。
先日コーヒー用に『ジェトボイル』を購入しましたが
まだ使っていません。

私の様な者が山で遭難したら非難ゴーゴーでしょうね、
このレポートや、その他の人を見習い何か持って行くように心懸けよう、食べなくてもいざと言う時の為に。
[ 2010/07/13 10:03 ] [ 編集 ]
私ゃ~断然サタケ派です! 
って言うかただ単に近くで売られてるのがサタケなだけなんですがね・・・
因みにこの手の御飯系はコッフェルに入れてある程度炊いてから蒸らすと早く仕上がるらしいです。 あくまでも「らしい」ですよ。
[ 2010/07/13 12:56 ] [ 編集 ]
私も赤飯大好きなんです。
コンビニで売っていてもすぐ勝手しまいます。
何かのお祝いで赤飯もらうと超うれしい派です。

最近山飯に飽きてきて、なにか考えないとと思っているのですが、
とりあえず今年の夏はジップロック素麺でもしようかな~なんて思っております。
登山前に家で茹でるのがめんどくさいかな?
[ 2010/07/13 13:55 ] [ 編集 ]
今回は助六寿司ではなかったのですね(笑)

赤飯は私も大好きですが、ちょっと調理時間がかかり過ぎですね。それと封を切り易くする工夫とか、もうちょい考えて欲しいですかね。

でも一度食べてみた~いです。
[ 2010/07/13 16:23 ] [ 編集 ]
私は好日山荘で買いました。
一人用のもたしかにありました。
それなら山専用に出来ていてジップロックになっているのですね。
サタケのマジックパスタのときもそうだったのですが、
私は一食分だと足りません。
15分待ってで1食分なら20分待って2食分のほうを取ります!
生で食べても噛めば噛むほど味がありそうで。笑
20分~30分と書かれてあったりしますが、
20分以上という表現で良いと思いません?
20分以上ならいつ食べても良いように思います。
いつも山での食事は自分が一番遅いくらいで、
だいたい30分ほどで済ませるのに
そのうちの20分も持っていかれたらたいがいきついです。
登山開始地点で水を入れて作っておけば良いと思いませんか!?
[ 2010/07/13 20:55 ] [ 編集 ]
3~4日間も山に入られたことがあられるのですか。
まだお会いしたことありませんが、
ずいぶん沢山の経験をお持ちのご様子でいらっしゃいますね。
タフで若い方をイメージできるようになりましたが?
高カロリー食として私もカロリーメイト(メープル味)なんかを
ザックに忍ばせておりますが、これら、いちおう賞味期限がありますね。
しかもわりと短い。
気付いたときには賞味期限切れという事がよくあります。
ジェットボイルを買われたのでしたら
なおさらフリーズドライ食を常備ください。
[ 2010/07/13 20:56 ] [ 編集 ]
サタケが近くで売られてるのですか?
もしかして「ヒマラヤ」とかでしょうか。
となると休日わざわざでないと買いに行けないです。
買い物や散髪など休日に時間を取られたくないことは
会社帰りに済ませてしまいますので、
私がこの「赤飯」を買うためには梅田まで出て行くしかありません。
地下鉄代を含めると1個買うだけだと1.090円かかってしまいます。
今日、卸サイトで通常の仕入れ価格などを調査してみましたら、
30袋入り1ロットの扱いになりますが、単価が400円切ってました。
原価、どんなに安いんでしょうね。。悲しくなります。
コッヘルで無理矢理強制加熱蒸発調理法があるのですね。
マメじゃない私は面倒なので、登る前に水を入れておくほうを実践しそうです。
[ 2010/07/13 20:57 ] [ 編集 ]
Takeshiさんも赤飯大好き派でいらっしゃいましたか。
あの団子屋とかで折り詰めにしてくれる赤飯とか最高ですよね。
また食べたくなってきました。
素麺inジップロックですか?
私には前処理なんて面倒なことは無理です。。
そんなにきっちり前準備して登山にのぞむと、予想外の障害が起きそうです。
期待せずに裏をかいてさくっと出かけないと
心の内で考えている計画が鬼に読まれて雨でも降らされてしまいます。
なので前準備はぜったいしたくありません。笑
[ 2010/07/13 20:57 ] [ 編集 ]
katsuyukiさん御用達の助六寿司はもうやめました。
理由は、甘辛い汁があたりにつきまくるから
どんくさい私には始末におえません。笑
臭いのもとになります。
2食分タイプは山専用じゃないので便利にできてないのは仕方ないかもしれません。
どちらかというと災害備蓄用商品です。
うまいっすよ。
ぜひ。
[ 2010/07/13 20:58 ] [ 編集 ]
相当な年ですよ
書き方がおかしいですね、山に入る?
山小屋泊まりです、軟弱ですよ、よれよれで登っています。
ギバラーさんやこのブログに投稿している方、
全員タフで羨ましく思います。


[ 2010/07/13 22:03 ] [ 編集 ]
お邪魔致します。

災害備蓄用から来ました。
よろしくお願い致します。

アルファ米、どうも美味くない
どこかコゴメ感が残ると思いませんか・
散々調べて、加熱不足が解りました。

加熱すると焦げ、時間をかけると冷たくなる。
これでは面白くない!
特に赤飯はホッコラ感が欲しい。
最初は水で戻して更に蒸かしました。

2回目までは目論み通りでした。

アウトドアでは荷物の嵩張りはご法度、視点は全く逆ですが蒸かせば面白い結果になりますよ。
[ 2010/07/14 06:26 ] [ 編集 ]
泊まりでの登山というと富士山くらいしかありません。
しかも一泊です。
二泊以上する登山は今のところ想像つきません。
水も食料もどうして良いものやら。
[ 2010/07/14 20:36 ] [ 編集 ]
はじめまして。
防災関係の?いろいろ参考になるブログを書いてらっしゃいますね。
蒸かすのですか?
登山用道具だけでできるのでしょうか。
ブログのほうじっくり拝見させていただきます。
ありがとうございます。

[ 2010/07/14 20:40 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/07/14 21:42 ] [ 編集 ]
たいへん参考になる情報ありがとうございました。
[ 2010/07/15 22:20 ] [ 編集 ]
>登山開始地点で水を入れて作っておけば
それなら、最初からおにぎりを持って登った方が
おいしいかも。
[ 2011/01/30 22:25 ] [ 編集 ]
そうですよね。
フリーズドライ食品は軽さが決め手なので、
テント泊するような場合には重宝しそうですが、
最初から水を入れておくのは意味ないですね。
[ 2011/01/31 22:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ