生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

奈良側全ルート 

今度は金剛山の奈良側全ルートの棚卸しをしてみた。

前に紹介させていただいた大阪側・水越峠側のルートについてはこちら。
 ・大阪側全ルート【ロープウェイ前バス停エリア】
 ・大阪側全ルート【登山口バス停エリア】
 ・水越峠側全ルート

実際には「ルート」と名付けられていないものもあるが、当ブログでは便宜的に付けている点はご容赦を。
他にもまだあるかもしれないけれど、現時点で把握できているものは以上です。

【奈良側全ルート】

大田和地蔵ルート
  (未踏)

朝原寺跡ルート
  はじめて登った日は冬なのに蒸し暑く、それが原因なのか、ありえないほど本調子が出ず
  しんどい思いをした。それもそのはず、高天彦神社の駐車場からスタートして、百々川ルートの
  中間ぐらいから一旦下山して登り返しをしたから距離も長かった。
  入口は田畑ではあるが、どこか寂しげで一人だと行く気がしないが、尾根に伝いに出て歩き出すと
  明るくて雰囲気は良い。こんな山の中に昔はお寺が建てられていたのはスゴイ。
  石垣だけが残る。
  なぜかこの付近で撮影した写真はすべて何も写っていないか、撮影時にシャッターが切れなかった。
  その後に現れるでっかい岩も名物かも。

百々川(どどがわ)ルート
  名物の大堰堤のハシゴを登るのは怖かった。下を見たとき、手を離すと終わりなんだと思った時は特に。
  巻き道もあるがこれもやっかいで危険ではある。
  大堰堤をクリアしたあとはどんなだったかあまり印象に無いが、最後の激登りはきつかった。
  ダイトレのけっこう下のほうに取り付いたことに気付いたときはさらに気分的に疲れた。
  あんなにがんばったのにまだここ?という感じ。

橋本院ルート
  (未踏)

郵便道ルート
 奈良側ではもっとも登山者が多いメジャールートで、難所も無く安心して登れる。
 最初から最後まで植林の中なので薄暗く、午後からだとさらに暗いムードが増して寂しい。
 途中、二つに分かれるところが二カ所あり、それぞれ性格が異なるステージであるが
 どちらを選んでも最後は合流する。
 「かもきみの湯」にもっとも近いので、冬場は温泉とセットが良いかも。

マツバカケ尾ルート
 郵便道の最初の分岐の左ルートの途中から分岐する。
 最終的には郵便道とダイトレが合流する地点に同じく合流する。
 マツバカケ尾ルートの途中には石像があるようだが、自分は未だに発見できていない。
 まったく手入れされずに放置されて枝が伸び放題になった杉林は他のルートではなかなか見られない。
 途中に休憩場があってベンチもあるが、そこで休憩すると登りの場合も下山の場合でも
 まだまだ先が長いので落ち着かないと思う。

ヒロセ道ルート
 (未踏) 一度だけトライするも、迷って失敗。

イワゴノ谷ルート
 高天谷ルートを沢登り専用と分類して除外すると、金剛山のルートの中では最も多難で危険なルート。
 登り切ったあとは誰もがドブネズミかボロ雑巾のように汚れる。
 最後の最後まで気が休まることがない。

伏見道ルート
 (未踏) 比較的平和だとか。

小和道ルート
 なかなかユニークなルート。途中、広くなった場所では進むべき方向を見失いそうになったりするが、
 最後は立派な林道に出て集落に出るが、ゴール目前なのに駐車場に戻るのが複雑すぎて失敗(遠回り)した。
 GPSを持ってくればよかったと後悔したルート。

天ヶ滝新道ルート
 金剛登山のためのきちんとした駐車場?があるのは奈良側では唯一ここだけだろう。
 最初から整備されたルートを行くので、何の迷いも不安も心配もない安心ルート。
 途中、かつては名所だったと思われる天ヶ滝への分岐がある。(また戻ってこないといけないが)

クソマル谷ルート
 まず駐車に困る。白高大明神の近くか、やり過ごしてもう少し先に行った道が広くなったところに路駐となる。
 クソマル谷ルートを知らずして他のルートを語るなよ的な全部入り的なアドベンチャールート。
 他のルートにない凄さを体験できる。個人的にはこのワイルドさは好きだ。
 ダイトレに登り切ったときの達成感も爽やかで良い。

五條久留野峠ルート
 金剛山のルートの中では知る限りでは最も美しく整備が行き届いた超快適ルート。
 ハードなクソマル谷ルートを登った後の下山用。
 クソマル谷ルートが地獄だとすると、五條久留野峠ルートは天国だ。
 それほどの両極端な真逆ステージを一日で両方楽しめる大満足なルート。
 大阪側から最も遠い対極にあるのが難点。
初めて久留野道を登ってきました・・・
二度と行く事はないかと(一_一;

兎に角奈良側ルートから登ろうと思えば遠いっすよね!
天ヶ滝なんて行くぐらいなら大峯行くっちゅう話っす♪
[ 2010/06/25 15:08 ] [ 編集 ]
昨日は長尺ルートお疲れ様でした。
大変お疲れのときに久留野道を登られたようで
あまり印象は良くなかったようですね。
あと、季節も関係あるかもしれません。
クソマルのワイルドルートを登った後の下山では
天国のようなルートに思いました。
たしかに大阪側の正反対に行くなら大峰に行きますよね。
とくに夏場は何も良いことがなさそうなルートですね。
[ 2010/06/25 20:21 ] [ 編集 ]
そういや、奈良県側ルートは、夏場は行きませんね。
特に沢は、夏場は藪と蜘蛛の巣とぶよと蛇の総攻撃を食らいそうです。
郵便道などの一部メジャーな道以外は、尾根道でもめったに人と会わないですもんね~
やはり、藪と蜘蛛の巣とぶよと蛇が待っていると思います。
植林が多いので暗いし、寂しいし、敬遠したくなると思いますわ。
[ 2010/06/26 13:07 ] [ 編集 ]
夏場に向く奈良川ルートは郵便道くらいでしょうか。
総攻撃はイヤですね~。
おっしゃるとおりの雰囲気ですよね。
葉が枯れ落ちて陽が差し込む冬場向きですよね。
私も同感です。
[ 2010/06/26 22:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ