生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

クライミングとボルダリング 

20100603-1.jpg
南海沿線フリーペーパー「NATTS(ナッツ)」(6月号)

南海沿線で毎月1日(正確には前月の31日)に発行される
フリーペーパー「NATTS(ナッツ)」(6月号)にオクスポ(屋内スポーツ)
と題してトップページにボルダリングが載っていた。
こんな近くにも施設があるのかぁ。もしかしていま流行ってるのか?
高所恐怖症で寒がりな(関係ないか)自分には縁がないけど。

ボルダリングというと色とりどりの出っ張りの付いた壁をよじ登るというもので
すぐにモンベルの設備を思い出す。
近場では鶴見はなぽーとブロッサムに、モンベルのボルダリングの設備がある。
実際に人がよじ登っているのを見たことがないが。
関西では「モンベルクラブ六甲店」が有名。
なんといってもすごいのは「モンベルクラブ グランベリーモール店(南町田モンベル店)」だ。
ここはたしか以前はREI(アメリカシアトル発のアウトドア用品専門の店)だったのを
モンベルが業務提携していたので引き取ったという経緯があるはず。

このところ先日紹介した「イラストクライミング」の本なんかを楽しく読んでいるけれど
ふと、クライミングとボルダリングってどう違うの?と気になって軽く調べてみた。

ボルダリングとは、フリークライミングの一種で4m程度の岩場を命綱なしで挑む
スポーツだとか。しかも登り専用?(降りるのを見たことがない)
二重三重の安全という「フェールセーフ」な考えを日頃から仕事(ITシステム管理)
や山登りでも実践している自分にとっては命綱無しなんて真逆のスポーツだ。。

一方、
クライミングとは、アルパインクライミングの事であり、ザイルやカラビナ等の
安全装置を使いまくりながら行う岩壁登攀や垂直下降をひっくるめたスポーツである。
これ以上詳しく解説できる知識がない。

金剛山で「谷」のつくルートの中には、2~3m程度の高さの小滝を
登らないといけない所も多い。
そんなところでも足を滑らせて転落すると、骨折以上の怪我をすることも十分ありえる。
比較的メジャーなルートだとお助けトラロープがあるものの、
そんなものに全体重を預けるわけにはいかないのであくまで補助。
岩登りをしなくとも「三点確保」の基本は金剛山の大阪側ルートでも必要になる。
その程度だとわざわざザイルにお世話になることもないかもしれない。
つまり命綱無しというと少し大げさになるが、
そういう観点から考えるとボルダリングの技術もまんざら非現実的ではなくなる。
むしろ実用的かもしれない。

せっかくなので、手持ちのiPhoneにアプリをダウンして、ボルダリングを体験してみた。
20100603-2.jpg
「Rocky Spider」115円

20100603-3.jpgあわわっ、
普通に手掛かり、足掛かりだけでも難しいのに、
右手の岩がグラグラと外れかけだして・・。
剥がれて落ちてしまった。

実際のボルダリングって、
こんなパプニングもあるのだろうか。
そんなのアリ?


Check [ 2010/06/03 00:17 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)
私もこの差はなにか知りませんでした。
そういう事だったのですね・・・

最近クライミングが流行っている感がありますよね~
私の会社の近くにもクライミングジムができていました。

http://higurashi-climbing.com/index.html

それに最近見た登山雑誌にも掲載されていて
好日山荘神戸本店(好日山荘は神戸が発祥たとも最近知りました。)
の1Fに西日本最大級のクライミングジムができてたり

http://blog.gravity-research.jp/cat4/

私も一度体験してみたいのですが、
一人で行く勇気がないので、ここはひとつ
「「ザ・金剛登山」の視聴者で行くボルダリング体験ツアー」
なんてお願いしたいところです(笑)

ボルダリング体験で汗をかいた後、みんなでビールでも呑みにいくとか(笑)

ビールの方がメーンになりそうですが(笑)
[ 2010/06/03 13:48 ] [ 編集 ]
行って来ました、鉄板の橋を渡って
何度も丸滝に行ったのに、気が着きませんでした
登山口が分からなかったら
そのまま東谷に行くつもりで橋を渡り
右側を見ながら進むとマーキングが有りすぐ分かりました
今まで前しか見て無かった様で

動画でギバラーさんの足を見て、つま先で登っているので
かなりの傾斜だな~と思っていましたが
想像以上の傾斜 楽しく登れました

フラットな道に有りました 顔文字 47も解けました
有難う御座いました
また宜しくお願いします

ボルダリング、、 ついていけません  すみません。
[ 2010/06/03 15:59 ] [ 編集 ]
Takeshiさんがそれほどまでもボルダリングに関しての
情報の引き出しをお持ちとは知りませんでした。
リンクを拝見しました。
すごい世界ですね。
ん?
ザ・金剛登山の視聴者で?じゃ私は圏外ですか。。
もっとも高所恐怖症なので無理です。
高所から下を見ると足がすくみます。
じゃあここは中を取ってビール飲みにだけ行っときますか!?
[ 2010/06/03 21:01 ] [ 編集 ]
抜群の天気の中、今日は山に登ってこられたのですね。
石ブテ47番ルートを楽しまれてよかったです。
「登ってきました」のひと言で、週末がますます待ち遠しくなりました。
傾斜は想像以上に急でしたか。
たしかに動画ではぜんぜん伝えきれていませんね。
顔文字石柱も2つ見つけられて、動画に答えのあった47番も。。
私も石ブテ47番をまた登りたくなりました。
あの日にkazuさまと二度お会いしたそうですね。
いくら考えてもちょっと思い出せません。
Takeshiさんの記憶ではいかがでしょうか。
[ 2010/06/03 21:02 ] [ 編集 ]
クライミング関係のビデオを良く見ていますが、
上級者になるとまさにスパイダーマンのようです。

私も体験してみたいですが、体重がね・・・


こちらは、ペツルのフリークライミングの大会の様子
http://bit.ly/amArfa





[ 2010/06/04 00:12 ] [ 編集 ]
ペツルの動画を見てきました。
けっこう興奮しますね~。
ナッツには、
大人の部活動のようで、周りから見守られていて
成功すると拍手をあびるなど、やりがいを感じる要素があるようです。
私も体験してみたいですが、年齢がね・・・。
20代~30代前半向きでしょうねぇ。
[ 2010/06/04 20:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ