生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

岩湧山の山焼き 

岩湧山の山頂にはススキがあるような事を人から聞いたり画像を見たりして知っていた。
ところがGWに初めて登ったときはそのようなものは綺麗に刈り取られたような感じの禿げ山で、
すばらしい展望に感動したのだった。
焼いた後があったことから、毎年春頃に、奈良の若草山のように
山焼きが行われているのではないかとその時は思った。
以下の新聞記事によると、山焼きはなんと3年ぶりに行われたということである。
それまではススキに覆われていて、展望もそれらをかき分けないとあまりよろしくなかったのではと思うと、
偶然にも良いタイミングに登ったものだ。
お陰さまで、第一印象から岩湧山の好感度がアップ。
しかも、どうやらススキではなくて?茅(かや)が自生していたということらしい。
ちなみに一ヶ月後の先日土曜日に登ったときにはすでに草が伸び始めていたので、
それらがどんどん高く成長すると仮定すると、展望が楽しめるのはそう長くないのかもしれない。


岩湧山で山焼き
2010/03/31 産経新聞 大阪朝刊 24ページより引用

 全国的にも貴重な茅場(かやば)として知られる河内長野市南部の
岩湧山(標高約898メートル)の山頂付近で、3年ぶりとなる山焼きが行われた=写真。
 山頂付近には、かやぶき屋根の原料となり、文化財補修にも重用される「茅」が
約8ヘクタールにわたり自生しており、古くから地元住民らの手で守られてきた。
山焼きは、古い茅を焼いて新しい茅が育ちやすい環境をつくるのが目的。
山焼きには、地元住民や市職員ら約100人が参加。
高さ20メートルにも達する真っ赤な火柱が上がり、3時間ほどで茅場の大半が焼けた。

※写真は引用できませんが、ある方から以下のページを紹介いただきました。ありがとうございます。
 スゴイ事になっています。従事された方には大変な苦労だったことでしょう。
 高所恐怖症の山歩き
Check [ 2010/06/01 20:58 ] その他 | TB(0) |   コメント(1)
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/06/01 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ