生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第194回  (2010.5.8) 

20100508-3.jpg
もみじ谷ルートにて

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分35秒)


あわや、トリプル登山!?

登り:ババ谷ルート
下山:ダイヤモンドトレール
(水越峠折り返し)
登り:もみじ谷ルート
下山:カタクリ尾根ルート


所用で朝イチから天川村に行ってきた。
そのまま大峰山系のどこかに登りたい気持ちではあったが、
先日登ったばかりの八経ヶ岳の余韻が上書きされてしまうという思いと、
ホームグラウンドの金剛山も気になるので戻った。
途中、大きな観光バスが何台も洞川のほうに向かっていく。
村も活気づいていた。
修験者の大峯が山開きをしたからだ。
洞川では窓を開けて走っていると寒いくらいだった。

今日は昼前から登るというTakeshiさんと時間が合いそうなので
連絡を取り合って、一緒に金剛山を登ることになった。
天川村の洞川から直行で百ヶ辻駐車場へ向かう。
一時間半ぴったりで到着。
駐車場は満杯。
かろうじて一台空いていたので駐める。
今回で百ヶ辻駐車場の領収証が5枚貯まったので無料だった。
Takeshiさんもほどなく到着する。
今日はババ谷ルートから登ることになった。
11時過ぎに登山開始。
難所もなければ何の特徴も無い、距離も普通であるババ谷ルートを、
おっさん二人で登るというのはいささか大層だ。
単なるピクニックとしか言いようがない。
一時間少々で山頂に着く。
山頂12時30分の気温は16℃。
捺印後、しばらく山頂で金剛桜などを眺める。
ようやく咲いたようだ。

さて今日の昼食は香楠荘で食べることにしたのでそちらへ向かう。
途中、ブナ林から葛城山頂のツツジの状況をチェック。
赤いような、まだそうでもないような。
せっかくなので、昼食後に葛城山に登りに行くことに決定した。
そうと決まれば香楠荘でがっつりと、生ビールにミニカツ丼定食に
とどめのソフトクリーム。
山頂でビールを飲んだのは初めてだ。
これでアルコールが抜けるまでは帰れない=葛城山に行くしかない
という縛りができてしまった。
ババ谷、つまり大阪側から登ってきたので、葛城登山をすると、
再び大阪側に戻るためには、もれなく金剛登山がオマケで付いてくる。
ダブル登山どころかトリプル登山になるけど大丈夫か!?

昼食後、まずは一の鳥居まで戻る。
わずかな登りがちょっとばかりしんどい。
一の鳥居からダイトレで水越峠に向けて下山開始。
ようやく「金剛の水」に到着。
ここから先の水越峠までが結構長い。
歩きやるい幅広な林道なので距離感が短い印象があるが、それは大きな勘違い。
とうとう水越峠のゲートに到着。
さて、葛城登山、ど~しょ~かな。
登れないことないけど、もしツツジが満開じゃなかったらがっかりだなぁ
という思いから、葛城山から下山してくる人をしばらく待つ。
ちょうど年配の方が下りて来られたので尋ねてみたところ、
「五分咲きどころかほとんどツボミで、みなさんがっかりしておられた」とのこと。
それを聞いて、登らずに済んだ~という開放感。
山一つぶん登らなくて済んで得をした気分。
再び金剛山頂へ向けて折り返す。
「金剛の水」までがけっこうこたえる。
そろそろ疲れが出てきたか!?
そしてカヤンボに到着。
ダイトレは登る気がしないので、幅広で楽そうなガンドガコバルートにしようかと思ったが、
山一つ登らなくて済んだので、ここはTakeshiさんが未踏だった「もみじ谷ルート」に決定。
沢に入って歩きだすと、爽やかで心地良く、どんどん登って行ける。
もみじ谷本流ルートと分かれ、本来のもみじ谷ルートに入って行く
ここからは、中尾の背ルート石ブテ47番ルートもびっくりの激登りではあるが、
正直、水越峠からカヤンボまでのダラダラと歩く道のほうがしんどかった。
つまり、しんどいというのは気持ちの持ちようによるものであると実感。
人間は肉体だけで生きているのではなく、精神も同様に重要で、鍛える必要があると
どこかで見たような見てないような。
登りに次ぐ登りでカタクリの群生地(すっかり枯れている)を過ぎてやっと山頂。
すぐに下山開始。
一の鳥居から下の道に降り、ロープウェイ駅舎の方向へ向かう。
途中から分岐し、「カタクリ尾根ルート」にて下山。
11時から登って下山完了が18時ちょうど。(休憩込みの7時間)
あのまま葛城山も登っていたとしたら、金剛山推定下山時刻は20時。
満足なライトも無いのに完全に夜登山になっていたところだ。
今日もたっぷり歩けたが・・同じ山に二度登るというのはあまり満足感・達成感が無かったような。

その他の画像は以下より。
20100508-1.jpg
ババ谷ルートにて

20100508-2.jpg

20100508-4.jpg
金剛さくら

20100508-5.jpg
金剛さくら

20100508-6.jpg
新緑の転法輪寺

20100508-7.jpg
葛城山頂のツツジの状況

20100508-8.jpg
葛城山頂のツツジの状況 まだほとんど開花してないそうです。
ダブル登山お疲れさまでした。
金剛桜綺麗に咲いていますねぇ。やはり私はまたタイミングを逃してしまいそうです。

未踏の水越側ルート、車が無い私がチャレンジするには、ダブル登山しかないかと決意を固めかけていましたが、なかなか踏ん切りがつきません(笑)
[ 2010/05/09 18:50 ] [ 編集 ]
やっぱりそうでしたか。キバラーさんとお友達だったのですね。ダブルですか、確かもみじ谷は、16時すぎでしたね。僕らは、石ぶて急登47番を必死こいて登り。もみじ谷を急降下して、へたり込んでいる所でした。その内、山でお話しましょ。
[ 2010/05/09 18:59 ] [ 編集 ]
金剛桜って満開になっても葉桜なので微妙ですね。
水越側ルートの希望がありましたらお連れしますので、
遠慮無く声かけてください。
私も一回づつしか行っていないところが多いですので、
写真や動画で撮っていないステージはどんな状況だったのかすっかり忘れました。
近く、丸滝谷ルートや石ブテ東谷ルートを再チャレンジしてみたいです。
季節変わると雰囲気も一変しますからね。

[ 2010/05/09 20:44 ] [ 編集 ]
もみじ谷ルートの入り口のところに男性と女性がいらっしゃったのを思い出しました。
サングラスをかけていてかっこいい男性でした。
女性ははっきりとは見ていません。
とにかくお二方とも山ウェアがかっこよかったのだけは
はっきり覚えています。本格的でした。
拝見させていただいているブログの印象ではご年配の方のような気がしたのですが、実際はかなりお若い方でした。
私からはぜったい気がつきませんので、また声をかけていただけるとうれしいです。
よろしくおねがいいたします。

[ 2010/05/09 20:50 ] [ 編集 ]
私も電車とバスで金剛山登ってます。
水越側へのアプローチには、車がないとつらいですよね?
でも、バスはわずかですが運行があります。
土日・休日のみ、一日2本で金剛バスが近鉄富田林駅から出ています。
水越峠行き、8:20,9:50 です。
これを逃すと他にありませんが、私はずっとこれを利用してきました。
参考になりましたらうれしいです。
[ 2010/05/10 06:40 ] [ 編集 ]
キバラ-さんお久しぶりです。後輩からゴールデンウイークの楽しい話しは聞きました。次回は是非僕も参加したいです。

ところで日曜日にツツジの開花状況のチェックついでに葛城山に登って来ました!まだ三分咲きってところですかね~!
勝手な自分の判断では今週末辺りと予想してます!
[ 2010/05/10 07:40 ] [ 編集 ]
あ、そうでした。
先月から日曜日が休みになりましたが、それまでは土日仕事だったので、すっかり忘れてました(笑)
一度、金剛バスでトライしてみます。

バス停降りてすぐ登山口分かります?

※他人様のブログで勝手しましてスミマセン。
[ 2010/05/10 08:39 ] [ 編集 ]
私 以前から金剛山~葛城山~金剛山は何度も行ってますよ!
荷物さえ軽ければどうって事ないっす♪
最近プチボッカ訓練として13kg担いで登った時は流石にキツかったですがね・・・
[ 2010/05/10 09:51 ] [ 編集 ]
私も他人様のブログで失礼します(笑)
土日仕事ですか? そらつらいですね~
ご参考までに…
青崩道や丸滝谷,太尾西尾根道などは、葛城登山口のバス停で下車10分ぐらい歩きます。(トイレ有り)
ダイトレ,モミジ谷方面は、水越峠終点で下車、やはり5~10分くらい歩きますかね~
登山口はすぐ分かると思いますよ。(石ブテ尾根道以外は)
念のため地図を持ってかれたほうがいいです。
[ 2010/05/10 10:39 ] [ 編集 ]
見る限り、ツボミはできている感じですね。
先日、金剛山のルート内でもツツジのツボミ発見です。
今年は行けそうにないので、
来年はその辺空けておこうと、今からたくらんでおります。
[ 2010/05/10 16:18 ] [ 編集 ]
金剛山W登山おつかれさまでございました。
正直トリプルじゃなくてよかったです(笑)
キバラーさんかなり行く気みたいだったので
どうしようかな~と思ってしまいました(笑)

葛城山から下山されてこられてた方のお話を聞いてほっとしました(笑)

登山は精神的な面が大きいのが今回よくわかりました。
「朝からトリプル登山するぞ」と決めて行けばそうでもないのでしょうが

今回は、ババ谷ルート→カタクリ尾根ルートだけのつもりだったので
気分的にピクニック気分だったので、急な変更にそれなりに疲れました。

今回も色々ありがとうございました。
次ぎは山上ヶ岳ですかね?
よろしくお願い致します。
[ 2010/05/10 16:22 ] [ 編集 ]
arajinさまのバイタリティーは私も見習いたいです。
どうやってモチベーションをあげられてらっしゃるのか気になります。
ビジネスにも応用できそうですね。
水越から登られても、大阪側に下山できる点が良いですね。


[ 2010/05/10 20:54 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
先日は後輩さまとお連れの方はとても楽しそうで私まで楽しい気持ちになりました。
みなさまの若さでは金剛山では物足らなくはないでしょうか?
大峰の荒波への進出はいかがでしょうか。
大普賢岳周遊(反時計回り)コースをおすすめします。
私はこのルートで山に対する意識が少し変わりました。

ツツジはお聞きした情報等を総合すると、おっしゃるとおり今週末から来週末あたりが見頃でしょうね。
都合がつけば水越側から葛城山を先にダブル登山したいところです。
[ 2010/05/10 21:00 ] [ 編集 ]
まさ吉さまが錘(オモリ)を背負ってトリプル登山されているブログ記事は拝見させていただいておりました。
それをちょっと意識してトリプルをと思い立ったのですが。。
大変そうなのと、ツツジがまだだったので辞めてホッとしました。
途中で捨てれる水を錘がわりに背負われるのならともかく、本物の錘でとなると持って帰るしかない状況、察して余りあります。
とても真似できません。。。
たまには手ぶらに近い状態で登ってみたいのですが、どうしてもカメラ類がくっついてくるんです。。
[ 2010/05/10 21:06 ] [ 編集 ]
今シーズンはもう葛城に行かれる機会が無いのでしょうか。
今週末あたりから来週末にかけて見頃だと思いますが。
昨年、おくればせながら初めて見に行ったときはほんとうに燃えているようで圧倒されました。
最初のロープウェイが上がってくるまでに山頂に着かれると、独り占めできますよ!
日の出も相まって最高だと思います。
[ 2010/05/10 21:08 ] [ 編集 ]
先日は大変おつかれさまでした。
私もトリプルじゃなくて内心良かったです。
あと1~2時間早いスタートなら実行していたかもしれませんが、ツツジが五分咲き以下と分かったらやっぱり登っていません。
やっぱり山って登って降りるがそれぞれ一回が良いです。
アップダウンの繰り返しは正直つらいです。
またよろしくお願いします!
[ 2010/05/10 21:13 ] [ 編集 ]
Takeshiさまトリプル登山でしたか?
モミジ谷に何か珍しい花は無かったですか?
14日に葛城山に登ります。
[ 2010/05/11 18:11 ] [ 編集 ]
トリプル登山はツツジの状況も早いことがわかり断念しました。
もみじ谷で特別に記憶している花はありませんでした。
注意深く見てませんでした。
14日ごろですと見頃のはじまりくらいでしょうか。
楽しみですね。
[ 2010/05/11 20:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ