生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大和葛城山の登山道 

金剛山のお隣の大和葛城山の話。
そういえば回数登山をやっていない頃に
一度だけ大和葛城山にロープウェイを使わずに登ったことがある。
金剛山同様、葛城山に登山口がいくつもあるなんて知らなかった頃、
葛城山ロープウェイが金剛山ロープウェイに比べて短いから、
その下を歩いて登ってもしれてるだろうと、
ロープウェイの真下にあった道らしきところを登って行ったら滝に出た。
それからつづら折れの道をどんどん登るも、
なかなか頂上らしきところに辿り着けなかったという記憶がある。
金剛山に比べて低い楽な山という印象は今では持ち合わせていない。
ほとんど変わらないどころか互角であろう。
冬場の積雪期はまるでスキー場のようで金剛山よりも遙かに雪遊びが楽しめ、
5月は山が燃えるような自生のツツジ。
キャンプ場もパラグライダー場(二箇所)もあったり、
頂上からの360度の展望を思うと、金剛山とは違った魅力満載の山なのだ。
今、知っているだけで4方向、それぞれ一本の計4ヶ所の登山道を知っている。
実際には金剛山よろしくもっとたくさんあるのだろうな。
そんな葛城山の過去に一度だけ登った登山道が?
昨年の台風18号の影響で不通になったままだとは知らなかった。
ご参考まで。

大和路トピックス /奈良県
2010/04/03 朝日新聞 朝刊 26ページより引用

 <御所>
 ◆葛城山の新登山道が開通 葛城山(960メートル)の新登山道「北尾根コース(約
3.4キロ)」が3月27日、開通した。去年10月の台風18号で「櫛羅(くじら)の滝
コース(約3.2キロ)」が通行不能となって閉鎖されたため、御所市が造っていた。
 北尾根コースは入り口は旧コースと同じロープウエーの登山口駅横で、すぐに旧コースと
分かれて北側の尾根伝いを行く。途中、二上山―金剛山の縦走コースと自然研究路コースと
出合い、どちらかで山頂に出る。
 奈良盆地南部など眺めのよい場所が多く、同市は、別名を「秋津洲(あきつしま)展望コー
ス」と名付けた。ツツジ、ススキ、樹氷と1年を通して楽しめる。ただ、従来より傾斜がき
ついため軽装は無理で、登山靴などの装備が必要と注意を促している。櫛羅の滝コースは土
砂崩落などで復旧に1年以上かかる見通し。
Check [ 2010/04/06 22:22 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(8)
キバラーさんこんばんわ!!いよいよ今週ですね。僕はダイトレ縦走トレーニングを兼ねて二上山~金剛山を行ってきました。葛城山は二回目なんですが、山頂がかなりのお気に入りです。ススキの野原で食べるおにぎりは最高ですよ!!出来れば葛城山にも金剛山と併用出来るスタンプがあればと心から思います!笑では日曜日楽しみにしてま~す!!
[ 2010/04/06 23:14 ] [ 編集 ]
こんばんは。
二上山~金剛山とはたいしたものですね。
私は当日の本番だけで十分です。笑
葛城山と金剛山えお併用できるスタンプですか!?
ありますよ。
若き前途有望な波平さん、波平の後輩さん、
二剛会はいかがですか?
http://nigokai.matsumasa.org/

[ 2010/04/07 20:27 ] [ 編集 ]
ここで紹介されている「北尾根ルート」先日の日曜日に登って来ました。
途中からの御所市方面の展望が最高で本当にいいルートでした。
そして葛城山頂の解放感は金剛山には無い物を持っていると思います。
でも何故か登山人気は金剛山が上なんですね。
駐車料金が高いから?(笑)
[ 2010/04/07 21:32 ] [ 編集 ]
大和葛城山の登山道は、私もあまり歩いたことがありません。
キバラーさんとtakeshiさんがこの間歩かれた天狗谷道は、わたしもなかなかいい道と思います。
あと、水越峠からダイトレ途中まで上り、右に分岐する道を行くと、クラハラ道という山の斜面をトラバースしながら奈良県側の吐田平に出る道があります。これがなかなかのくせもの、所々ヤブが立ちはだかる冒険コースです。
九品寺が起点になる三つの道、北山道・長尾道・コナタ道は、奈良の爺々さん等が整備された道と聞きますが、中腹で追分に合流し、そこからダイトレの尾根に至る道は、すばらしい自然林に蔽われたいやしの森が続きます。
葛城山山頂の草原から眺める金剛山の雄大な眺めが、私は大好きです。
[ 2010/04/08 07:27 ] [ 編集 ]
北尾根ルートというのはロープウェイの山麓駅からのルートだったのですね。
けど、私が登ったときは滝がありましたが。
展望は記憶にありませんので、また違ったルートかもしれませんね。
葛城山も奥が深いですね。
[ 2010/04/08 20:55 ] [ 編集 ]
天狗谷道を下山したとき、疲れもピークだったのと、
時間制限があったので焦ってました。
あの時は天狗谷道を登りたいとは思わなかったです。
下山するだけでも予想以上に時間がかかったので、葛城山なのに登りはさぞ長いだろうなと。
ダイトレの途中から右に分岐するクラハラ道ですか?
左への分岐は記憶がありますが、右への分岐は記憶にありません。説明を拝見しているとなんだか行ってみたくなりました。
もうちょっと下調べしてみます。
情報ありがとうございます!
[ 2010/04/08 20:58 ] [ 編集 ]
大和葛城山は山頂一帯の雰囲気は最高ですね。組み合わせではロープウェイ下の駐車料金を節約して北尾根コースを歩くこともできますし。
天狗谷道は階段が改修されて随分と歩きやすくなりました。九品寺からのルートは最初は楽しい道ではありませんが、ダイトレ合流手前は素晴らしい自然林の中で「いやしの森」というのは的を得たネーミングですね。ここから北尾根コースを下って葛城古道を経ると周回できます。深谷道健在の頃のお気に入りコースでした。
葛城山麓公園からダイトレに上がるコースもあって、これも深谷道(これからは北尾根コース)と組み合わせると周回コースが出来ました。山麓公園からダイトレに上がる道はしんどいだけで面白みに欠けますから下りに使うほうがいいと思っています。
弘川寺からのロングコースもありますね。林道に入るまでに3ルートほどありますがどれも気持ちのいい道です。それからは長い退屈な舗装された林道を歩かされますが、弘川寺の桜と合わせると楽しいコースです。
すべて無料駐車場完備で、懐に優しい大和葛城山です。
[ 2010/04/09 11:33 ] [ 編集 ]
こんばんは。
いろいろ詳しい情報をいただきありがとうございます。
大和葛城山は思っていた以上に(金剛山並みに)ルートが充実しているとは知りませんでした。
葛城山から金剛山を仰ぐと、葛城山は小さく感じるのですが、山頂より北側や東側、西側はほとんどわかってないことに気づきました。
「いやしの森」というのもとても気になります。
これからは金剛山と掛け合わせで登山することにもなるかもしれません。
ありがとうございます!
[ 2010/04/09 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ