生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第186回  (2010.3.27)  

20100327-9.jpg

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分29秒)


水越側大周回コース(ダブル登山)

水越側公共駐車場(7:45)-25min-丸滝鉄板(8:09)-
40min-石ブテ尾根合流(8:48)-45min-大日岳(9:34)-
7min-金剛山頂(9:41-10:00)-43min-パノラマ台(10:43)-
35min-水越峠(11:18)-58min-葛城山頂(12:20-13:20)-
1h10min-水越側公共駐車場(14:30

絶好の天気なのにかなり寒い。
朝、山頂気温をチェックしたら、マイナス6℃以下。
真冬と同じ装備を準備する
二週間ぶりの登山なので、並みのルートじゃ物足らなく思い、
チャレンジ登山目前トレーニングのつもりで金剛山と葛城山のダブル登山。
題して「水越側大周回コース」だ。
制限時間付きで、8時出発14時帰着(6時間)の計画だった。
結果30分超過してしまった。

朝8時前にTakeshiさんと水越側駐車場を出発。
石筆端を渡り、30分ほど舗装路を行く。
丸滝谷ルートの鉄板のところから分岐して「石ブテ尾根47番ルート」へ。
このルートを下りに使うと転がって行きそうな急坂であるが、
今日は初めて登りに使ってみたところ、下りで感じたほど急だとは思わなかった。
やっぱり中尾の背のほうが急かもなぁ。
そうなると百々川ルートの終盤の急坂は金剛山一ではないかと思う。
今日こそはと「顔文字石柱」を2つ発見した。(前からどこにあるのかが気になっていた)
この石柱こそがこのルートの最大の名物!?
本来の石ブテ尾根ルートに合流してからはアップダウンを繰り返す。
こちらも登りに使うのは初めてだ。
丸滝谷ルート・中尾の背ルート・石ブテ東谷ルートが合流する手前の、
「なんちゃって石ブテ西谷ルート」から分岐してきたルートと
石ブテ尾根ルートとが合流する場所からのショートカット道(六道ノ辻をパス)で大日岳をめざす。
大日岳から金剛山頂へ、国見城址広場経由で捺印所到着。
山頂945分の気温はマイナス2℃。
10分ほどうろうろして、捺印所での捺印、転法輪寺での捺印等を済ませる。
朝10時少し前だとまだ登山者は少ない。
今日は天気が良い日なのでたくさんの登山者が登ってくるのだろうな。
山頂が賑わっていると、すぐに山頂を後にするのは後ろ髪を引かれる思いにかられそうだが、
人も少なく寂しそうな山頂ならそういう思いはない。
今日は葛城山にも登るので、気持ち的には「山頂に着いたぁ、プハー、お疲れ~」
とはならなかった。
ひとつの通過地点であり、まだまだこれからドンドン行こうという気持ちのようが強い。
気持ちの持ちようでずいぶんやる気が出たり出なかったり、
それによってチカラも出たり出なかったりするもんだなぁと実感。
チャレンジ登山では、後にも先にも人があるので、だらだらと歩いてられない。
周りのがんばっている人のペースに合わせて自分もチカラを振り絞ろうという気持ちが湧く。
これが誰にも会わずに一人でチャレンジしていたとしたら、
休憩がだんだんと増えてきて、そのうち途中でやめてしまおうかなと思うかもしれない。
一の鳥居経由でダイトレを通ってパノラマ台からの眺めを少し見て水越峠まで下山。
そこからは、ただちに葛城登山を開始。
登りに転じたとたん、きついなぁ、しんどいなぁという感じ。
登るチカラがあまり出ない。
金剛山まではあんなに元気だったのに、葛城山となるとなぜか気力もイマイチ。
こんなことなら、元気のあるうちに先に葛城山を登ったほうが疲れも少なかったかも。
昨年参加したチャレンジ登山でも、慣れた金剛山のステージは気が楽だった。
まるでホームグラウンドのような感じ。
ダイトレのパノラマ台から無休憩で歩いていたことに気づいて少し立ち休憩をする。
水を飲んで1,2分休憩したら、急にまたチカラがみなぎってきたので
登り出すも、すぐに失速。
バテるまでに何かちょっとでも行動食をクチにしたほうがよかったのかも。
空腹感も頂点であるし、前に登ったときのに感じた以上に今日は葛城山の階段が長いし多いと思った。
金剛山の千早本道を登るくらいはありそうな感じ。
もうすぐツツジの丘という直前に、何やら吹き流しがあって広場っぽいのがある事に気づく。
そっちのほうに行ってみると、パラグライダーが飛び立つ滑走路?になっていた。
こんな所があるのは知らなかったなぁ。
なかなか下界の眺めがよろしくて、寝転がって昼寝でもしたいと思った。
絶好の奈良側夜景撮影スポットかも。
のんびりもしてられず、再び山頂へ向かって歩き出す。
ツツジの丘に出たら山頂に着いた気分であったが、実際はけっこう階段が続く。
金剛山を登った後なのであんまりせっせとチカラが出ない。
計画より10分くらい遅れて山頂に到着する。
葛城高原ロッジで昼食を食べるのをやめて、庶民価格の白樺食堂へ。
下山は未踏の「天狗谷ルート」から。
金剛山には無い雰囲気のルートで、沢あり、プチ鎖場あり、舗装路ありで、
青崩の公衆トイレ前に下山。
そこから水越側駐車場に戻る坂道を行く時には疲れて果てて無クチに。
山に登ったあとって、眠くてしかたがない。
14時30分、水越川公共駐車場に帰着。

その他の画像は以下より。
20100327-1.jpg

20100327-2.jpg

20100327-3.jpg

20100327-4.jpg

20100327-11.jpg

20100327-7.jpg

20100327-14.jpg


20100327-10.jpg

20100327-13.jpg
Check [ 2010/03/27 22:40 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(8)
私が百々川行った時、想像しただけでくたくた…とかおっしゃてましたが、なかなか…ビデオ拝見しましたが、こっちがくたくたですわ(笑)

とくに水越峠から上り、葛城山までのダイトレの階段道は足にくるでしょ?(たぶん私なら山頂手前で足つってますよ)
私はこの階段道が苦手で、階段だらけの葛城山からむこうのダイトレには行ったことがありません。(考えただけで嫌になります)

…というわけで、ダイトレのチャレンジ登山には興味なし!!
みなさんのご健闘をお祈りいたします。
[ 2010/03/28 09:27 ] [ 編集 ]
西側最長周回コースに、金剛・葛城ダブル登山・・・
長尺コースが流行ってますねぇ(笑)
これは、次の休日にでも同じコースを踏襲しないといけないような気になってしまいます(・・・やりませんよ 笑)

ダイトレチャレンジ登山、挑戦したいな~とは思いつつ、未だ迷っています。
[ 2010/03/28 10:14 ] [ 編集 ]
こんにちは。
え?そうですか?
ダブル登山は二度目ですが、
金剛山を同じ日に二度登るというのは
精神的にはまだ大人になりきってないので
さすがにムリです。
ハンコが頂けるのなら登りますというちゃっかりぶりです。
たしかに葛城山にある階段はしんどいですが、
しんどい頂点を越えるとウォーキングハイになってしまて、
今度はどこまででもあるけるような気がします。
arajinさまだと余裕だと思います。
[ 2010/03/28 17:16 ] [ 編集 ]
二週間登山に行けなかったら禁断症状でませんか!?
ぽろやんさまならぜったいチャレンジ登山大会は
大丈夫ですよ。
小さな子供からおじいさんみたいな方まで完歩されてます。
人間、意外と歩けるものです。
初級や中級で辞められるという手もあります。
[ 2010/03/28 17:18 ] [ 編集 ]
水越側大周回コース(金剛・大和葛城山W登山)お疲れ様でした。Takeshi様とご一緒だったのですね。朝は寒かったですが、日中はいいお天気になって心地良かったことでしょう。

27日は私も金剛山に行っておりました。午前7時30分頃で気温マイナス6度と寒くて戸惑いました。キバラー様が山頂に到着された頃にはマイナス2度まで気温が上昇していたんですね。朝と昼間とで気温差が極端過ぎます。

W登山は金剛山を先に行かれましたか?確かに大和葛城山が後だとダイトレの急坂が精神的にきつそうですね。下りに天狗道を使われたとは、すごい体力ですよ!
[ 2010/03/29 00:16 ] [ 編集 ]
キバラーさんこんちは!土曜日ロングルート行かれたんですね!葛城山を水越側から登るとは!!前に葛城山を下った時にこの階段を登るのはきついやろな~と思って、自分的には下り専用と線を引いてました。
しかし、最近体調管理が上手く行かずロングルートに行けて無いんで、来週こそはロングルートの水越側葛城山に挑戦しようと思います!!
[ 2010/03/29 15:34 ] [ 編集 ]
山のまこまささまが山頂に着かれたのは7時30分だったのですね。
早いですね。
マイナス6℃とは厳しいですね。
じっとしてられない気温です。。
あと少しがんばれば「金剛山の夜景」の時間ですね。
天狗道ってたいへんなんですか?
わりと距離が長く感じました。
山のまこまささまもロングルートお疲れ様でした。
[ 2010/03/29 20:04 ] [ 編集 ]
こんばんは。
体調をくずされてらっしゃったんですね。
この週末はまた元気に登ってきてください。
私もまた登ると思いますが。
昨年にダブル登山したときは葛城山が先でしたので、
金剛山に比べたら距離が短く?楽勝と思ったものですが、
今回は葛城山が後だったので、こんなに長かったっけ?
と思う始末です。
もうそろそろだろうと思っていたら、
中間地点の道標のところだったのでがっくりきました。
葛城山もなかなかあなどれないです。
今日はまだ筋肉痛です。
波平さんも無理なさらない程度に登ってきてください。
[ 2010/03/29 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ