生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

山は学者をはぐくむ 

あれは一年ほど前のことだったと思う。
単独で登って、ツツジオ谷ルートを下りていたときの事、
80歳くらいの男性がゆっくり歩いているのに追いついた。
道を尋ねられたのをきっかけに、一緒に下山することにした。
その人は何と神戸から金剛山に来ていた。
神戸の六甲山の近くにお住まいだそうだが、
「六甲山は人の手が入りすぎていて山としての気が無い」と言う。
「その点、金剛山は良い」と。
それでより人の手に入っていないルートをわざわざ登っているのだそうだ。
たしかに六甲山は、容易に山頂まで一般車が乗り入れできる。
何の苦労も無しに。
しかしながら、車でしか登ったことの無い自分が、その言葉に手放しで同意するわけにいかない。
おそらく六甲山にもそれなりの、金剛山には無い魅力があることだろう。
そんな六甲山に関する記事がありました。


【from Editor】未知への渇望満たす存在に
2009/11/29 産経新聞 東京朝刊 6ページより引用

 夜勤続きを言い訳にしばらく遠ざかっていた山歩きを再開した。
最近、運動不足を痛感したこともあるが、学生時代に読んだ新田次郎の「孤高の人」(新潮文庫)を再読して
無性に山に行きたくなった。目指すは六甲山。小説の主人公、加藤文太郎の登山の原点ともいうべき場所だ。
 六甲山は神戸市西部から宝塚市にかけて点在する山々の総称。全長50キロを超える縦走路をはじめ、
100以上のコースがあるといわれ、自分の体力や技量に応じて楽しめる。今回は阪急芦屋川駅から
六甲最高峰(931メートル)を経て有馬温泉までの一般的コースを歩いたが、
久しぶりの山歩きということもあって、次第に重くなる足腰にむち打ってなんとか完歩した。
 それにしても、最近の登山ブームを裏付けるように山中には中高年の人があふれていた。
出会った人全員に聞いたわけではないが、中高年の中でも60歳以上の男女が大半だった。
中には毎週山を歩いているというグループもいた。体力、気力とも十分で、
牛にも劣る速さで歩みを進める私を次々と追い抜いていく。懸命に追いつこうとしたが、
ほとんどの場合、後ろ姿はやがて見えなくなった。 逆に10~20歳代の若者の姿は少なかった。
趣味の多様化やきついイメージなどで若者の登山離れが進んでいるようで、
残念なことにその傾向はわれわれが作っている新聞の現状と重なる。
 そんな若者たちに読んでほしい本がある。
89歳になる民族学・比較文明学者の梅棹忠夫さんが出版した「山をたのしむ」(山と渓谷社)。
本紙(一部地域)にインタビュー記事が掲載されていたから読まれた読者の方もいると思うが、
最近十数年ほどの間に新聞や雑誌に掲載された梅棹さんの山をめぐる随筆や講演、対談などが収録されている。
私自身、平成6年に梅棹さんが文化勲章を受章したときなどに取材した。
すでに目を悪くされていたが、学問に対する意欲は旺盛で、旧制中学時代から始めた登山への思いも
熱く語っていたことを思い出す。
 著書の中では「山は学者をはぐくむ」などと繰り返している。
山は知的探究のフィールド、あるいはワンダーランドというわけだ。
山を歩かなくなった若者たちへの強いメッセージとも受け取れる。
もちろん山と新聞は同じではないが、新聞も若者たちをひきつける、梅棹さんの言葉を借りれば、
「未知への渇望」を満たす存在でありたいと思う。
キバラーさんお疲れ様です!!いきなりですが、今月山にまだ2回しか行けてないんですね↓僕は何とか登山を初めてから毎週行けてますよ↑来週は台風1号のうねりが入ってきそうなんですが、そんな事気にせず2回目の丸滝谷ルートに挑戦するつもりです!それでは、ダイトレでお会いできるのを楽しみにしてます~。ちなみに今一緒に登ってるメンバーはみんな20代ですよ。(だいぶ後半ですが)みんな一度登るとはまるみたいです。これからも「来たときよりも美しく」をモットーにエンジョイ登山します!!
[ 2010/03/25 18:12 ] [ 編集 ]
こんばんは。
ついに二週間も開いてしまって運動したくてうずうずです。
20代でいらっしゃいますか。
将来有望でオオモノに化けそうな可能性を秘めてらっしゃいますね。
がっつりエンジョイしてください。
[ 2010/03/25 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ