生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山の箴言版-(32) 

久しぶりの箴言板です。
このネタが出てくると、あぁついにネタ切れなんだぁと気づかれた方は
結構するどいです。笑

金剛山の箴言板が、昨年にほぼ一新されたようだ。
特に千早本道のものはすべて新しくなっていたが、
箴言板が一新されてから千早本道を使ったのはたったの一度だけなので、
その時は写真を撮らずじまい。
もたもたしているうちに、あちこちのブログで見かけるようになったので
あえて千早本道以外にある箴言板からご紹介。

ところで最近のものはすべて「博石」とサインがあるが、
よくわからないのが、これは金剛山のために特別に作られたものなのか、
どこかで売っているものなのかどうか?ということ。
実はとあるSA(神戸淡路鳴門自動車道の淡路SA)で売られているのを見かけた。
金剛山にあるものと同じ内容ものもあった。
つまりこれは、「あいだみつお」氏の詩みたいな一般的なものなのだろうか。

【32枚目】転法輪寺にて
20100316-1.jpg

今日もまた無事で
くらせし悦びに
六字唱へて
御礼申せよ


#不勉強なので、六字は何を意味するのかがわかりません。。
多分ですが・・・
南無阿弥陀仏

のような気がします。

短文で申し訳ございませんm(__)m
[ 2010/03/17 07:54 ] [ 編集 ]
わたしも気になり調べました。
私も最初は波平さんと同じく南無阿弥陀仏かと思いました。
でも、転法輪寺を興した役の行者は弘法大師の伝えた真言宗以前の、雑密と呼ばれるかなりいかがわしい密教系の呪文を使いこなすシャーマンでしたから、ちがうかなと…
そこで困った時のwikipediaです。それによると六字真言ともいう観音菩薩の慈悲をあらわす呪文だそうです。わたしも初めて知りました。おん・ま・に・ぺ・め・ふん とか言うんだそうです。
(区切り方がちがってました。これで六字です。)
[ 2010/03/17 09:32 ] [ 編集 ]
うおー多分の話でスンマセンでしたっっ!!!

ちなみに僕は波平じゃございませんm(__)m
波平の後輩です。
[ 2010/03/17 15:57 ] [ 編集 ]
こんばんは。
さすがに「南無・・」ときましたか。
私は暮らせし悦びに「感謝・感激・雨・霰(あられ)」
くらいしか思いつきませんでした。
いちおう6文字です。

[ 2010/03/17 19:50 ] [ 編集 ]
こんばんは。

わざわざWikiPediaでまで調べていただきましてありがとうございます。
ただ、その呪文だと、どう数えても6字にはならないように思うのですが。
それに、意味もまったくわかりません。
難しいもんですね。
[ 2010/03/17 19:52 ] [ 編集 ]
波平さまと波平後輩さまの違いがよくわかりません。笑
波平後輩さまは金剛登山はされてらっしゃるのでしょうか?
[ 2010/03/17 22:14 ] [ 編集 ]
色々な本で調べていたら偶然にも「登山」と関係のある普段よく使う言葉と出会いました。

それは「どっこいしょ」

昔の白装束に鈴杖持って

「六恨清浄ロッコンショウジョウ」

と唱え山登りしたみたいです。心身が無垢清浄になろうという祈りの言葉みたいです。

もしかしたら絵馬の作者は「六字」 は人それぞれ違うと言いたいのかなぁ?

それにしても深い・・・
[ 2010/03/17 22:14 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/03/17 22:21 ] [ 編集 ]
こんばんは。
金剛山で何十年ぶりかで復活した修行で、
修験者が唱えている言葉がその「ロッコンショウジョウ」
ですね。
いろいろ奥深いですね。
[ 2010/03/18 22:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ