生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

寒の戻り・戻り寒波 

20100311-1.jpg
本日9時の様子です。

金剛山頂の冬の名物「かまくら」も先週の日曜日にはすっかり姿を消し、
いよいよ気持ちを躍動の春に切り替えないと方ないなと思っていた矢先に
またまた寒波が戻ってきて、なんと「かまくら」も復活したようです!(なぜか嬉しい)
けど、こんど暖かくなったら今度こそおわりだろうと思っていたらなんのなんの。
過去に4月に雪化粧したこともあるようです。
温暖化の昨今、今後は無いとは思いますが。


金剛山で霧氷 福井は春の雪 【大阪】
1992/04/13 朝日新聞 夕刊 14ページより引用

 13日、西日本各地は冬型の気圧配置で、上空に強い寒気団が入り、肌寒い朝となった。
大阪・奈良府県境の金剛山(標高1,125メートル)山頂付近は早朝、薄っすら雪化粧し、
雑木の枝には霧氷も見られた。また、福井県内では4月中旬としては珍しく雪模様となった。
 大阪管区気象台の話ではこの寒さは16日ごろまで続きそうだという。


戻り寒波で雪化粧 六甲・金剛・高野山
1992/04/13 大阪読売新聞 夕刊 14ページより引用

 戻り寒波で冷え込んだ十三日朝、六甲山(九三二メートル)では山頂付近がうっすらと雪化粧した。
 雪は、前日午後から舞い始め、十三日午前五時ごろには、気温も氷点下二・三度まで下がって
真冬並みの寒さに。芽ぶき始めたツツジなどの木々に霧が凍りついて霧氷ができ、一面冬景色。
モモの花も雪をかぶり、霧に包まれた谷間から聞こえるウグイスの鳴き声だけが春をうかがわせた。
 和歌山県高野町の高野山でも、十二日午後八時ごろから雨が雪に変わり、
山内寺院のひわだぶきの屋根がうっすら雪化粧。大阪、奈良府県境の金剛山頂付近でも
霧氷の花が咲いた。
 大阪管区気象台によると、近畿地方はこの朝、最低気温が平年より二―四度低く、
三月下旬から四月上旬並み。彦根の四・六度をはじめ、京都四・七度、神戸、
奈良各五・五度、大阪七・三度、和歌山七・九度を記録した。
まさかの雪の復活ですね。
今週末まで持ってくれればいいのですが…。

近年温暖化の為か桜の開花も年々早まっている感じがします。
このまま温暖化が進むと…。
[ 2010/03/11 20:59 ] [ 編集 ]
昨日私は金剛山に行きましたが、雪にはびっくりしました!かまくらが復活して嬉しかったです。午前中に下山完了しましたが、あれからもどんどん雪が積もったようですね。

昨年の4月下旬に、山頂の気温が2度の日があり、その日に私は金剛山に登っておりました。確かにもう少し気温が下がっていれば、雪が降ったり、霧氷がみられてもおかしくありませんね。
[ 2010/03/11 21:29 ] [ 編集 ]
こんばんは。
アイゼンが必要ということにはならないとおもいますが、
さすがにいまさらアイゼンってことになると
季節外れ感がありますよね。

桜の開花、例年より13日早いという報道がありました。
[ 2010/03/11 22:26 ] [ 編集 ]
こんばんは。
「かまくら」どんどん大きくなってほしいです。
なぜか復活したことがほんとに嬉しいです。
消えていったときは一抹のさみしさがありましたから
余計にそう思うのかも知れません。
昨年の4月下旬に2℃の日がありましたかー。
私もブログをさがせば体感してるかもしれませんね。
すっかり過去の事忘れてしまっています。笑

[ 2010/03/11 22:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ