生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

朝原寺跡ルートの高低差の錯覚 

20100303-3.jpg
クリックで拡大できます。

先週末の登りの軌跡を等高線マップに当ててみた。
等高線の細い線一本が20mなので、
百々川ルートに取り付いた時には約480mの高度。
そこからその高さの約半分の高度240mの起点(山麓線の近く)まで一旦下山。
起点からはずいぶん登ったつもりで朝原寺跡に着いた高度が650mだ。
高度差では起点からたったの410mしか登っていないのに、
そろそろ山頂か?と感じるくらい長く感じた。

山頂までは朝原寺跡のある高度650mの地点から
さらに約400mほど登ることになるので、
朝原寺跡のある場所が、起点-山頂間のちょうど半分ということになる。
朝原寺跡からの後半は、歩きやすいダイトレや、一の鳥居からの幅広の道があるので
同じくらい登ったという実感がない。
後半のほうが疲れているはずなのに体感的には前半のほうがはるかにきつかった。
そういうわけなので朝原寺跡は中間より上の、山頂に近いあたりにあると思っていた。

登山においては、意外とこういう錯覚が起きているのかもしれない。
katsuyukiさんのコメントなどを読んでいるうちにどうやら勘違いしていたようです。
朝原寺道の起点まで行かれるのに高天から百々川に下り沢を下られたんですね?ごめんなさい。
どっちにしろ大変な行程でしたね。
[ 2010/03/04 07:17 ] [ 編集 ]
下りだけで疲れてしまいました。
山麓線へ迂回したほうが体力が温存できました。
道が歩きやすいかどうかでずいぶん消耗が違ってくるようですね。
[ 2010/03/04 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ