生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 観音峰 (2010.2.21) 

20100221-1.jpg

20100221-7.jpg
ミドリが起点、アカが今日の小さな目標。

ちょっと他の山を登りたくなったら?
大峰山系がおすすめ。
金剛山とはまた別の奥深さがある。

昨年の秋くらいまでは「大峰山=女人禁制=行場」以上。
という単純な解釈をしていたほど知識に乏しかった。
ところがどっこい、その行場に一度は行ってみましょうと行ったところが
何をどう勘違いしたのか、どれが行場のある大峰山のことかさっぱりわからず、
とりあえずどこか登ろうということで、初めての大峰山が
和佐又山を起点とする「大普賢岳周回コース」だった。(所要時間7時間)

それからすぐに猛勉強をして、大峰山という山なんか無いということに気づき
女人禁制で行場のある修験者の山というのは「山上ヶ岳」だけ
ということが判明。
それもすぐに登ってみてだいたい大峰山系全体のスケールや位置関係が
なんとなくわかってきた。
とにかく大峰山系のスケールはものすごくデカい。
冬場は危険なコースが多く、春まで待とうと思っていたが、
せっかくなので、大峰山系のいちばんの入門コースと言われている
「観音峰(1,347m)」を軽く登ってきた。
なんせ、昨日の金剛山の後なので、ほんと軽く。。のはずが、
それでも片道2時間くらいのコースだった。

観音峰登山口の駐車場(無料)を起点に、
いきなり吊り橋を渡ってからのスタート。
最初は金剛山と同様の植林地帯を行く。
すぐに景色が変わってきて、金剛山とは似ても似つかない高山の雰囲気が出てきて
その後もどんどん雰囲気が変化していき、途中、第一展望台やら
洞穴があるというところがあって気になりながらもスルーして、
一時間半ほどで観音峰展望台に到着。
展望台というくらいなので、金剛山のああいう人工物の展望台かとおもったら、
ものすごく眺望の良い天然の展望広場という感じだった。
そこからさらにアップダウンがあって、折り返し目標の「観音峰」山頂に到着。
大峰山系のだいたいどこもそうであるが、山頂が山頂らしくない。
とてもしずかで地味でただの尾根の途中のような?自然のままの山頂だった。
そのまま法力峠のほうに行きたい余力があったが、地図も持ってこなかったので
時間が読めないし、今日は軽くということで観音峰の山頂からは折り返しUターン。
ちょっと後ろ髪引かれるような思いで同じルートを戻ってきた。
そしていつもガラガラの貸し切りのような温泉に入って帰った。

まずは大峰山系を知りたい、そして全体のスケールを眺めたいという
入門には最適なコースです。
(回数登山のハンコはもらえませんけどね)

大普賢岳(上級)→山上ヶ岳(女人禁制)中級→観音峰(初級)と、
大峰初心者のくせに、登りに行く順序が逆ですね。
まだまだ大峰山系にはいっぱいクリアしないといけない岳があるのでした。

つづきの画像は以下より。
20100221-5.jpg

20100221-2.jpg

20100221-8.jpg

20100221-3.jpg

20100221-6.jpg

20100221-4.jpg
Check [ 2010/02/21 20:34 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(10)
観音峰は稲村ヶ岳の大展望がすばらしいですね~
おおぜいで登られたんですか?
わたしが大峰方面に行けるのは、奈良交通バスが運行を始める5月~11月までです。(泣)
今までに登ったのは、洞川温泉周辺ばかり…大天井ヶ岳、山上ヶ岳、稲村ヶ岳、大日山です。
この中では稲村ヶ岳が良かったですね~。稲村小屋から山頂までの自然林が美しく、大日山直下の危険なトラバースなどスリルもあり、山頂は鉄のやぐらが組まれているのは少し興ざめですが、360度の大展望は感動です。
大普賢岳なんて行こう思ったら絶対テント泊です。ツェルトにシュラフ必要です。(やってみたいけど嫁さんのお許しが出るかな~??)
[ 2010/02/22 11:48 ] [ 編集 ]
今日は。
観音平沢山の人が登っていますね~
霧氷号の方々でしょうか?
昨年6月にチョリオさんと2度登りましたょ。
花を見に行きました。
[ 2010/02/22 18:29 ] [ 編集 ]
katsuyukiさまと二人で登ってきました。
大勢に見える背後の団体さんですが、我々が登山を開始しようとした時に、
路線バスのようなものが到着し、一斉にバスから降りてきた方々です。
ペースがほぼ同じなので、何かのツアーのように見えますが
それぞれバラバラの個人だと思われます。
あまり期待はしてなかったのですが、想像を超えた180度の絶景には感動しました。
まさに水平線の見える大海原との対極でした。
この季節はバスが運行されてないのですね。
どうりで途中でお話した年配の方が、一日に1本しかバスがないので
それに間に合わないと行けないとおっしゃってました。
修験道の季節のシーズン中なら一時間に1本くらい路線バスがあるのですね。
大天井ヶ岳、稲村ヶ岳、大日山は未踏なので今からとても楽しみです。
次に機会があれば「稲村ヶ岳」を目標としています。
稲村ヶ岳が良かったというお話をお聞きしてますます期待が高まりました。
大日山のトラバースのウサワはちらほら聞いておりました。
このシーズンは危険そうなので、春を待ちます。
それまでにあと一度くらいはもう一度観音峰を、今度は法力峠を経て母公堂まで
抜けてみたいです。
arajinさまももし日時のご都合が付くようでした一緒にいかがですか?
その時は車で送迎させていただきますのでご遠慮なく。
テント泊、いい響きですね~。
私もいつかはやってみたいですが・・・道具が高いですね。。
大普賢岳の周回ですが、大普賢岳を越えた先に天国のようにすばらしい場所がありました。
[ 2010/02/22 20:12 ] [ 編集 ]
さすがはkosiziさま、ズバリ正解です。
背後の団体さんは霧氷号から一斉に降りてこられた一般の方です。
この団体さんの後にも先にもほとんど登山者は居ませんでした。
この季節はどうやら一般のバスは走ってないようですね。
我々が登山を開始するときにバスが到着し、大勢降りてこられました。
何かのツアーかと思ったのですが、どうやらそれぞれバラバラのようでした。
ペースが同じなので、みんな一緒に登ってきたかんじです。
我々は観音峰を往復しましたので、山頂を折り返して展望台に戻ってきたときは
だれも人はおらず、ゆっくり記念撮影ができたのですが、
あえてここは団体さんを入れた賑やかなほうの写真を掲載しました。
[ 2010/02/22 20:14 ] [ 編集 ]
連日に渡りお疲れ様でした。
おかげさまで登山初心者の私も遂に大峰山系に足を踏み入れる事が出来ました。
展望広場から稲村ヶ岳や八経ヶ岳を見た時はさすがに燃えて来ましたよ(笑)。
しかし温泉キモチヨカッタ~v-8
[ 2010/02/22 21:35 ] [ 編集 ]
土日連続登山、お疲れ様でした。
日・月と連日八時間の睡眠ですっかりリセットされました。
カラダはいつでも登山OKです。
新たな目標ができましたね。

[ 2010/02/23 22:01 ] [ 編集 ]
この4年間、家族や子どもと数回登った以外はずっと単独でした。犬鳴山~三国山~槙尾山~岩湧山・南葛城山そして金剛山・大和葛城山まで、ふつうの登山道以外に沢やバリエーションを含めていろんなところを歩いてきました。最初は気の遠くなるような広さに思えていた山々が、今では自分の庭を歩くような感覚です。そろそろわたしも大峰の山々に行きたく思います。
ろくな装備もなく安物の登山靴と地図と磁石と日没に間に合わなかった時のための懐中電灯ぐらいしか持っていません。(冬季の軽アイゼンとスパッツは持ってますが…)登山の入門書を読んだこともなくすべて我流です。
今や私は単独でないと登った気がしない単独行中毒みたいになってしまいました。他の登山者と出会うと、前を歩けば気を使い、後ろを歩けば面白みが半減するので、先に行ってもらって姿が見えなくなってから登ります。単独の寂しさと心細さと不安は、山頂に到達した時にその10倍くらいの達成感と感動で帳消しになってしまいます。これがもう病みつきみたいになってます。今思えば、素人の恐いもの知らずで無謀このうえありません。
キバラー様のお申し出はほんとうにうれしく心が動きますが、ずっと単独に慣れてきたので皆様とうまくやれるか心配です。大峰山は近場の山々とはスケールが違います。今までのような我流が通じるとは思えません。ご好意に甘えることもあるかもしれません…その時はよろしくお願いします。ありがとうございました。
[ 2010/02/24 10:28 ] [ 編集 ]
観音峰おつかれさまです。
写真を見ていると展望がよさそうですね、それに天気最高じゃないですか
私も今年は大峰山系がんがん攻めてみたいと思っております。
まだキバラーさまと行った「大普賢岳周回コース」だけなので
とりあえずシーズンインの山上ヶ岳へ行ってみようと思っております。
後、弥山川遡行よろしくお願い致します。
[ 2010/02/24 16:02 ] [ 編集 ]
こんばんは。
4年間もずっと単独登山を続けられていたのですね。
強い意志と意欲が無ければとても続けてこれなかったことでしょう。
軟弱な私にはとても真似ができないことかもしれません。
単独で得られた経験はものすごい力だと想像に難くありません。
私はどちらかというと人付き合いが苦手なほうなので、
気を遣いながらの登山よりも、むしろ単独のほうが気楽で良いと思うほうです。
その思いについてはブログ記事にしてみようとおもいます。
今年の春~秋は精力的に大峰山も目指したいと思っておりますので、
その際は声かけさせていただきます。
大先輩のarajinさまとの登山が早いうちに実現しますように。
[ 2010/02/24 20:36 ] [ 編集 ]
シーズンイン(5月~)の山上ヶ岳の様子はとても気になります。
季節が変わるとずいぶん雰囲気もかわるでしょうね。
夏場は金剛山のブヨを避けて大峰山系を精力的に登りたいところです。
大普賢岳もまたリベンジしたいです。
またよろしくお願いします!
[ 2010/02/24 20:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ