思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

たま~に登る登山効果 

山登りが肉体面、健康面においてさまざまな効果があることは周知の事実ですが、
精神面、心理面についての効果を検証された学生さんがいらっしゃいました。


研Q・探Q:山登り1回、健康効果は? 運動していない女子学生に実施 /大分
2010/01/16 毎日新聞 地方版 16ページより引用

 ◇県立看護科学大・佐伯ひろみさん
 「運動してる?」「登山をたまに」――。さて、その「たまに」の効果はどれほどか。
県立看護科学大(大分市廻栖野)の佐伯ひろみさん(22)=4年=は、
運動習慣の少ない人が山に1回登った際の効果を測る、ユニークな卒業研究に取り組んだ。
 ◇心理面でプラスに 介護予防にも言及
 健康運動学研究室に所属する佐伯さんは、「運動の指導が、継続にこそ意味があると思われがち」
である点に着目。佐伯さん自身は日ごろから汗を流し運動に不足はない一方、
趣味的な運動が、健康にどれだけ効果をもたらすか検証しようと思い立った。
 実験は、定期的な運動をしていない女子学生4人(21~22歳)を対象に実施。
09年10月に久住山(1787メートル)で行き帰り計3時間半歩いた。
佐伯さんは登山前から、登山29日後まで「自律神経バランス」「気分」などを
断続的に5、6回測定した。
 効果は心理面で大きく表れた。特に「抑うつ」を数値化すると、
4人平均で2分の1以下の状態が1カ月後も持続。
ほかに「失敗に対する不安」が3分の1程度減るプラス面が明らかになった。
佐伯さんは「普段運動しない人が有名な山に登り、自尊心を高めたことにもつながったのでは」
と分析する。
 一時的とはいえ意外と登山1回の効果は長続きするようだ。
多くのデータ集計に苦労を重ねた佐伯さんは「山開きなど時期をとらえて登るだけでも
健康にプラスがある」と生活習慣病や介護の予防の可能性に言及。
就職後は運動不足になることも多いが「職場で山登りに行ってみたい」と話す。
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにハマったのはたった数年だけ。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ