FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

五條林道ルートの真実  

2010011-1.jpg

五條林道ルートは、金剛山のある方向とは真逆に向かって登ることから始まる。
金剛山頂がめざす目標なのに、なぜゆえに逆方向に行かなければならないのか?
と考えてしまうとそれで終わる。
ここから先は読む必要がなくなる。笑

ここはひとつ考え方を変えて、金剛山周回ルートだと思えばいい。
気持ちの持ち方ひとつで変われるものなのだ!?

五條林道ルートの五條林道の部分は千早峠までなので短い。
文珠中尾根ルートを山頂まで登る程度の距離だ。
これは山頂までのルートの1/3ぐらいに相当する。
残りの2/3はダイヤモンドトレール(通称:ダイトレ)の一部だ。

千早峠までの1/3部分はどんな感じかというと、植林地帯であるが、
道も周りも広々とダイナミックなかんじ。
金剛山の各登山道のようなせせこましさは無いので、他のルートで例えようがない。
千早峠までの途中に、分岐箇所がたしか3箇所くらいある。
最初の分岐はどちらに行ってもよい。(こんな道は2年前は無かった)
次は直進と右への分岐だったと思う。(これは直進)
次は3方向分岐だったとおもう。(これは真ん中)#左も行けそうで気になる
次は3方向であるが、左は行かないでほしい雰囲気で、右は下りていく感じ。
なので中央だったかな。
あまりに適当すぎるので参考にしないでいただきたい。笑

千早峠からは整備されたダイヤモンドトレールだ。
いきなりの登りから始まる。
千早峠から久留野峠に至るまでには山が2つもある。
高谷山」と「中葛城山」だ。
金剛山頂に行きたいのに、関係ない山が2つもあるなんて。。と思うかもしれないが、
アップダウンはたいしたことはない。
千早峠からの最初の登りで高度を上げて、また下りることは下りるが、
底まで下りるわけではないので苦にはならない。
高谷山から中葛城山へもそんなに下るわけでもないし、登りもきつくないように思う。
高谷山から少し下ったのち、中葛城山に向かって登りに転じてしばらくすると、
急に片側に展望がひらける。夜景がキレイ?かもしれないポイントだ。
金剛山頂からの下界の眺めよりは190mくらい低空からの眺めとなり、
しかも180度くらいの視野角のパノラマが見渡せる。
これが絶景かと言われると何とも言えないが、大阪の下界とは違ってどこかのどかである。
この時点でちょっと方向感覚がおかしくなっていて、
その展望はいったいどこを見下ろしているのか、いつもよくわからないので
帰ってから調べてみると、方角的には真南だった。
ゴルフ場と河川らしいものが見えたのが記憶にあったので確認すると、
ゴルフ場は橋本カントリークラブで、河川は紀ノ川だ。
つまり橋本のほうを眺め下ろしているわけだ。
ちなみに、吉野川→紀ノ川に呼び名がかわる分かれ目あたりになる。

さて、中葛城山(937m)の山頂(看板のあるところ)に着いてみると、
笹に覆われていて、まったく展望がない。
昔は展望があったような面影(ベンチ)だけが残る。
そこを過ぎると一気に急な下りに転じて久留野峠に出る。
久留野峠からは、大阪側(ロープウェイ登山口駅)にも、奈良側にも下りることができる。
いずれも久留野峠ルートと言うらしいからまぎらわしい。
久留野峠まで来ると2/3が過ぎ、残りの1/3の山頂まではいつものお馴染みのルートだ。

往復ともに五條林道ルートを歩けるか?と聞かれるとOh No!と答えたい。笑

私は上りでは丸滝谷・ツツジ尾谷などの谷ルートをとり、下山では尾根ルートをとることが多いです、時間があってもう少し山歩きを楽しみたい時にこのルートを歩いたりダイトレを縦走し島ノ谷に下山したりします。
ですから、五條林道ルートで登った経験がありません。
同じことは青崩道や太尾・文殊尾にも言えます。

このルートで下山する時のバリエーションとして、千早峠から東條山に足を延ばし赤滝谷に下りるルートや大住谷に下りるルートがあります。

ただし、アプローチに車を使われた場合は同じところに下山しなくてはならないので制約がありますよね。
私は基本電車とバスなのでその点気楽でルートの取り方も自由気ままです。
[ 2010/01/12 22:08 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます。

若干誤解をまねく書き方でした。
下山でも使うか?というのは、往復五條林道でも平気か?
という意味でした。ちょっと本文修正いたします。
どちらか片道なら良いのですが、往復するのはちょっと・・。
赤滝谷というキーワードが出てきました。
前から気になっていたのですが、どこにあるのかわかりません。
島ノ谷や大住谷や東條山もさっぱり何のことかわかりません。
まだまだ未熟者です。
千早峠より先は、ダイトレ縦走で千早口までを一度通ったきりなので、もうすこし研究させていただきます。
いろいろヒントをいただきましてありがとうございます。
[ 2010/01/12 22:26 ] [ 編集 ]
さり気なく夜景撮影をリクエストされているような気がしています(笑)
このルートは夜間でも安全そうなので、挑戦してみたいのですが、
最近は現調のために昼間登る時間が取れないので、いつになることやらです。



[ 2010/01/12 22:32 ] [ 編集 ]
さりげなく夜景撮影を提案していますです。(笑)
百ヶ辻からロープウェイ駅に向かう途中のゲートから
幅広の林道へと入り、久留野峠まで一気に登り切り、
そこから左は金剛山頂へ、右は中葛城山へ
となっておりますが、どちらに向かうにしても夜は怖いです。
中葛城山帳よりももうちょっと先へ行かないといけません。
これはkatsuyukiさまとセットで行かれるほうが良いですね。
私もですか?ん~~、考える時間をだいぶください。
[ 2010/01/12 22:39 ] [ 編集 ]
私を呼びましたか?(笑)
今丁度ブログ拝見していたとこです。
今度是非行きましょう~。ここ夜間で。
出来たら去年の様に三人で!
[ 2010/01/12 23:10 ] [ 編集 ]
先日は「五條林道ルート」お供させていただき
ありがとうございました

今年の初登山!いい感じで始まりました
今年もよろしくお願いいたします。

金剛山周回ルート!気持をかえなくても
ぜんぜんいいルートだとおもいますが

真夏に単独で大汗かいてとかならちょっと・・・と思うかもわかりませんが
今回樹氷とキバラーさまのおかげでかなりいい感じだったと思いました。

「五條林道ルートの真実」を拝見させていただくと
中葛城山がなんとなく真ん中ぐらいですかね?
それにしてもダイトレは快適でしたね、樹氷を満喫しながら
ゆっくり歩けました。最近はこれぐらいの距離がないと運動した気がしないですね?

「千早峠から東條山に足を延ばし赤滝谷」気になります。
かなりロングルートになるのではないでしょうか?
ぜひ近々行ってみたいです。もしよかったらよろしくお願い致します!
[ 2010/01/13 10:01 ] [ 編集 ]
2年ぐらい前に赤滝谷を下りたことがありますが、
谷の入口辺りが私有地で立入禁止になってたかもしれません。
私はそんなこと知らんと上から下りて来て犬(放し飼い)に吠えられました。こわかったです。(笑)

古い金剛山の地図(昭文社,根来春樹さんのやつ)には赤い点線で載ってるので、歩く人はいてたみたいなんですが…
私が歩いた時は谷沿いはほとんど踏み跡らしい踏み跡はありませんでした。(人には会わずイノシシに出会いびびりました。)

ただ、この谷の入口には「赤滝」と呼ばれる赤い岩肌のかなりみごとな滝があるので、立入禁止だとしたらもったいないのですが…

以上の情報をお知らせしときます。
[ 2010/01/13 18:57 ] [ 編集 ]
今日の寒さを思うと・・ちょっと弱気になってしまいます。

katsuyukiさまのチャレンジレポートをお待ちしております。笑
[ 2010/01/13 20:22 ] [ 編集 ]
先日はお疲れ様でした。

とても良いコンディションで楽しい登山でしたね。
今日はどえらい大雪になってるようですが、
こういう場合こそ五條林道が最適ですね。

気になる赤滝谷も含めて研究してみます。
[ 2010/01/13 20:25 ] [ 編集 ]
このところずっと赤滝谷遡行が気になっていたところです。
気に掛けていただいて、詳しい最近の情報いただきまして
ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
[ 2010/01/13 20:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)