生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山にまつわるエトセトラ(1) 

10年ひと昔と言われるが、生活居住区、つまり下界では、
ひと昔前やふた昔前と今とでは、ぜんぜん様相が一変してしまっている。
お店はできては消え、またできてと。中でも住宅だけは所狭しと増え続けているように思う。
昔の話をするときは「ここに僕が子供の頃に○○があって・・」となる。
ところが金剛山の事となると、今も昔もさほど大きくは変わってないように思う。
そんな金剛山は、さまざまな人々にさまざまな人生のエピソードを作ってきたようです。

こんな新聞記事がありました。

【談話室】テーマ投稿「あの時の味」 忘れられない母の唯一の味
2007/10/14 産経新聞 大阪朝刊 9ページより引用

 ■無職 中村淳子 78
 私は、母が高齢になってからの子だったので、物心がついたころには、
一家の台所は兄嫁が仕切っていた。
だから母の手作り料理の味は記憶にない。唯一覚えているのは、おにぎりの味だ。
 私が通っていた女学校では年1回、大阪府南部の金剛山で登山を行っていた。
全校生徒が最寄り駅から、頂上を目指す。それほど高い山ではないが、
けわしい坂の連続で、先生たちに励まされながら、歩き続けた。
 初めて参加したときのことだった。頂上に着いた後、少し休んで昼食の時間になった。
弁当はおにぎりと決められていた。
 眼下の雲を見下ろしながら、ほおばったおにぎりのおいしかったこと。
今でも忘れられない。帰宅後、おにぎりのことを母に話すと
「疲れているやろ、と思うたから、いつもより余計に塩をきかせたのや」と答えが返ってきた。
 そのときは「なあんだ」と思ったが、翌年に母が亡くなり、そのおにぎりが、
唯一の母の手作りの味となってしまった。あのときの味は今もまねすることができない。
(大阪市阿倍野区)

※昔は電車の駅から登山口まではバスもまだ無く、歩いて行ってたようです。
 今でも南海「千代田駅」界隈から金剛山まで歩いて来て、
 登って帰られるという、そんな方もいらっしゃると聞きました。
確かに子供の頃学校で強制的に参加させられた金剛山の耐寒登山には、母が作ってくれたデッカいまん丸のおにぎりを、アルミ箔で包んで持ってってましたよね。なぜか妙に美味しかったのを覚えています。
おやつは氷砂糖とハートチョコでした!
[ 2009/12/10 22:53 ] [ 編集 ]
はじめまして、いつも楽しく拝見させてもらっています。
参考になる事が多く助かっています。

私は32年前に千代田に住んでおりまして自転車で登山口まで行ったり、帰りは山頂から千代田の家まで歩いて帰ったりもしました。

現在は月に1回登りに行くのを楽しみにトコトコ歩いています。
[ 2009/12/11 11:19 ] [ 編集 ]
私も耐寒遠足でかすかに記憶しているのは、
アルミ箔で包んだオニギリとその味です。
それ以外に何を食べていたかは覚えていません。
魔法瓶、中はガラスでできていた重い時代です。
ハートチョコもなつかしいですね。
氷砂糖は思い出にも記憶にもありません。
背中にタオルを入れていたのを山頂で抜くと
湯気が出ていたのを覚えています。
綿の下着の時代ですから、肌着が濡れると
まったく乾かないので、必ず耐寒遠足の翌日は風邪ひきました。
それがトラウマになって、金剛山+冬=ぜったいイヤ
でしたね。
そうなると夏でも登ったことがありません。
学校行事以外で行ったことがありません。
[ 2009/12/11 21:05 ] [ 編集 ]
鬼平さま

はじめまして。
コメントありがとうございます!
32年前というとかなり前ですね。
今のお住まいは金剛山よりさらに遠ざかってしまわれたのでしょうか。
千代田から登山口まで・・相当な距離です。
近道でもあったのでしょうか。
坊領ルートよりもはるかに長く、とても想像できない距離です。
今は金剛登山といえば登山口から登るので、昔に比べると近すぎ短すぎ甘えすぎですよね。
その頃からなじみのある金剛山でしたら、いろいろ思い入れがあられるのでしょうね。
昔の金剛登山の様子をじっくりお聞きしたいものです。
[ 2009/12/11 21:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ