FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

金剛山 第166回  (2009.11.28) 

20091128-1.jpg
※クリック拡大可

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分26秒)


う~ん、きびしい。。
石ブテ東谷ルート」は半端のない難ルートだった。

夕べ夜遅くになって友人と都合がついたので、
朝7時半からの水越側からのスタート。
途中までは丸滝谷ルートと同じ道を共有しているので、
道に沿って進む。
出だし、こんなに歩きにくい道だったっけ?という印象を受けた。
どんどん進んで、ようやく垂直の滝がある分岐点に到着。
道なりに行けば丸滝谷ルートで、垂直の滝を登るか、巻き道を行くか
どちらかの方向に進めば今日の予定の「石ブテ東谷ルート」だ。
巻き道を利用して垂直の滝をクリアする。
その後は延々と沢の中を行く。
沢にドボンしないよう、慎重にに着地場所を選んで進むため足場は悪い。
足下ばかりに気を取られていると、頭のそばに倒木が飛び出していたりする危険もある。
ずいぶん登ってきたつもりだったが、まだまだ延々と先へ続く。
まるで同じ所を堂々めぐりしているかのように似たような小滝の繰り返し。
いつまでたっても終わらないんじゃないかという焦燥感。
そしてとうとう最後のクライマックスか?と思わせる、
ドッカ~ンと目の前にそびえる壁のような岩場。
ようやくクリアしたと思ったら、ぜんぜんクライマックスでも何でもなくて、
さらに延々どんどん続く。
いったいどれだけ登らせるのだ?もう金剛山2つ分くらい登ったんじゃないか?
と思い始めた頃に急に沢が無くなり、いよいよ終わりかと思ったら今度はアリ地獄。
滑ってなかなか前に進まない。(巻き道もいちおうあるようです)
このアリ地獄も半端ない。
トラロープもある丸滝谷ルートのアリ地獄などとは比較にならないほど長い。
途中で力尽きそうになった。笑
こんどこそ終わったと平らな所に出たら、そこはまだ丸滝谷ルートとの合流地点だった。
そこからさらに登って登ってやっと「六道の辻」。
さらに「大日岳」まで登る。
ほとんど休憩なしの延々3時間。
はっきり言って、前回の「石ブテ西谷ルート」といい勝負じゃないか?と思った。
「石ブテ西谷ルート」は前半で難ルートが終るのに対し、
今日の「石ブテ東谷ルート」はほぼ最後まで難ルートだ。
難ルート加減は、巻き道のまったく無い西谷ルートのほうが厳しいのは確かであるが、
実質的にあまり変わらないような気がする。
慣れない人をこのルートに連れて来たりしたら「もう二度と金剛山なんてゴメンだ!」
と言うだろ~な~と思ったりしてほくそ笑んだ。
ホントにきつかったけれど、じっとオフィスで一週間堪え忍んだ後の週末の、
週に一度くらいしか行けない貴重な登山なのだ。
大阪側はどのルートも短すぎて、またこの先の一週間分の運動量を貯めるのためにも
今日は十分な運動ができて大満足だった。

山頂10時半の気温は5℃。
ちょうど到着して捺印の後、アリスの父さまと出会う。
その後、お昼の準備中、katsuyukiさまに声を掛けていただいた。
katsuyukiさまとおしゃべりしながらお昼を摂り、
一緒にもみじ谷ルートから下山することになった。
もみじ谷ルートはおよそ2年ぶりぐらいなので記憶が薄れており、
最近もこのルートを往復されたkatsuyukiさまに先導していただいた。
未踏のもみじ谷本流ルートの分岐を教えてもらう。
さらに、狼谷ルートの分岐とカヤンボルートへの入り口を確認し、
13時半に下山完了した。
katsuyukiさま、ありがとうございました。

その他の画像は以下より。
20091128-3.jpg

20091128-4.jpg

20091128-2.jpg
[ 2009/11/28 22:28 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(10)
久しぶりにお会いできてよかったです。

前回は、丸滝をあがって来たと、今回はイシブテ東谷・・・。

水越から沢ルートのときに何故か出会います。(^・^)
方向性がそうさせるのかもしれません。(^_-)-☆

動画見せていただいて、途中中断という場面がありましたが、あーちんさん滑ってしまいました?

何せよく滑るのが特徴です。

やっぱり、沢ルートは夏にバシャバシャと中を歩くのがやっぱり楽しいと思います。
夏コースとあえて呼んでいます。←私個人です。

私は、あれから寺谷ルートで下山して、昼から孫と葛城古道の紅葉を見に行きました。
ゆっくりお話ししたかったのですが・・・。

もみじ谷の堰堤の最後のところの滝もしっかり凍るようです。
ぜひチャレンジを・・・。

私ども夫婦を参加させていただき、ありがとうございます。
キバラーさんらしい配慮に感謝!?(^_-)-☆
[ 2009/11/28 22:57 ] [ 編集 ]
こんばんは。
今日はお会いできて良かったです。
ご夫婦ともども今日は格好いいスタイルで決まってましたよ!
山頂捺印所前にはほんの数分ほどしかとどまっていないのに
とても偶然でしたね。
なんとなくどなたかを見つける予感はしておりました。
あ~ちん、滑ってましたが転倒は免れました。
自分で観てもヒヤっとする映像ですね。
滑る石と滑らない石があるので、確かめずに踏むと危険ですね。
フェルト底の沢用靴で、真夏に真ん中をバシャバシャと登ってみたいです。
午後からの外出も併せてお疲れ様でした。
また次回お会いできるのを楽しみにしています。
[ 2009/11/28 23:17 ] [ 編集 ]
こちらこそ有難うございました。

昨日は「もみじ谷本流ルート」で登りましたが、途中霧が出るわ、小雨が降るわで、私一人しかも未踏ルートという事で不安になりましたが無事登る事が出来ました。
頂上についても霧がひどく視界が悪い中、その霧の中からどこかで見た事のある2人が!、速攻で声をかけさせていただきました。
キバラー様とあーちゃん様のお2人とは車とか仕事の事とかで共通する話題が多かったので楽しいひと時でした。
またお会いできる事を楽しみにしております。

追伸  昨日のお2人との出会いを私の大事な思い出としたいと思います、またこのブログの皆さまといつかお会い出来る事を楽しみにしております。
[ 2009/11/29 08:12 ] [ 編集 ]
昨日はお会いできて光栄でした。
金剛登山を始められたばかりなのに、いきなりもみじ谷ルートを常用されたりと私には無いチェレンジ精神には驚きました。
そして下山のスピードの速さに至っては、タダものじゃない体力の持ち主だと思い知らされました。
私も「もみじ谷本流」を登ってみたいと思います。
そしてまた一緒に登山しましょう。

[ 2009/11/29 17:55 ] [ 編集 ]
深夜に失礼します。
男子ならご一緒できたのにとうらやましく思いました。この土曜日は初心者同然の友人と登りは寺谷ルート、下りは本道1というコースでした。かなりのスローペース、ある意味過酷でした...。早ければ皆さんにお会いしたかもですね。
三連休は時間の都合もあり日・月と金剛山へ行きましたが、日曜の登りのカトラ谷以外は本道メインで、連続の本道に足を痛めたり筋肉痛になったりしました。本道は私には向いていないようです。
近々コンディションのいい日におすすめ頂いた水越からのルートで登ってみようと思います。できれば雪が降る前に。
[ 2009/11/30 01:11 ] [ 編集 ]
こんばんは。
登りは寺谷で、下りが本道という異色の組み合わせは
ダーさまならではですね。
スローペースでもおしゃべりしながらだと、楽さも、しんどさも感じないように思いますが、イライラされたのでしょうか。
登山慣れされてらっしゃるダーさまには、
本道は雨の日がおすすめです。
週末しか登れない身なので、土曜日が雨で見送ったとして、さらに日曜日もまだ雨なら、仕方なくレインウェアを着て登りにいきます。
そんなときは千早本道往復です。

ダイヤモンドトレールは整備が行き届いていて、どんな路面コンディションでも支障ありません。
冬のダイトレもキレイでおすすめですよ。
ご参考。
http://kivarn.blog83.fc2.com/blog-entry-451.html
[ 2009/11/30 20:30 ] [ 編集 ]
石ブテ東谷ルート
キバラーさまの報告お待ちしておりました。
連続での石ブテ谷シリーズおつかれさまでございました。

正直、どっちもどっちですよね(笑)
長さ・ハードではやっぱ東ですかね?
でも、危険度は西のような気がしますが
どちらも楽しいルートだと思いますけど(笑)

動画のあーちんさま
びっくりしました、
お怪我などはなかったみたいですね
よかったです。

それにしても東のアリ地獄は
やっぱり名前の通り地獄だと思います。
私も息が切れまくります(笑)

この調子で水越側ガンガン攻めましょう
そしてキバラーさまの水越側ルート紹介を
楽しみにしております。
[ 2009/11/30 21:20 ] [ 編集 ]
動画のあ~ちん、みなさんから「大丈夫だったのか?」と聞かれました。
ご心配をおかけするような映像編集で本当に失礼しました。
転倒には至らず、持ち前のスーパー受け身でひらりとかわされました。
西谷のことは「のど元すぎれば・・」何とやらで、どんなんだったかすっかり忘れました。
そんなに厳しいところあったっけ?と思い出せません。
東谷は記憶に新しいので、長かったなぁ、坂きつかったなぁという印象がはっきりと。
ひとり登山ならどうしても保守的になって、大阪側か、せいぜい郵便道になってしまいます。
がんばってダイトレか。。
ひとりなのに、わざわざ気合い入れる必要もないという考えに落ち着いてしまうんです。
軟弱ですよね。。
この冬は明神平、来年は大峰山系で暴れようと思っています。
ぜひおつきあいください。
[ 2009/11/30 21:39 ] [ 編集 ]
雪のダイトレ参考になりました。
まずは雪が降る前に登りたいのですが、時間が取れるか心配です...
[ 2009/11/30 21:42 ] [ 編集 ]
あと一ヶ月もしないうちに冠雪があるでしょうね。
そうなると私も大阪側か奈良側郵便道中心になると思います。
アイゼンで長距離を歩くのは疲れそうなので。
[ 2009/11/30 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)