生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第162回  (2009.11.7) 

20091107-3.jpg
※クリックで拡大できます

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分34秒)


今日は金剛山未踏のルートということで、朝7時登山開始という
気合いの入れようでスタートした金剛登山。
お昼も香楠荘が開く時間より早くなると想定されることから、
大峰山系の登山同様に食料から水からフル装備で望んだが、
金剛山にはいささか過剰装備だった。

登りは「天ヶ滝新道」。
無料の駐車場もあって、実によく整備されていて、とても登りやすいゆえ、
あまりにも変化がなく、安全・安心・平和なコンディションなので
登山というよりハイキングやピクニックのようなルートであったのが
ちょっと物足らなかった。
このルート名物の「天ヶ滝」は、妙見の滝の高低差を越える規模で、
大昔に設置されたベンチや、ちょっとした広場があることなどから、
憩いの場だったであろうと思われる。
現在では雑草に覆われて見る影もない。
さらに唯一の水場と思われる「新欽明水」も、立派な表示があるにもかかわらず
大阪側の名も無き水場と比べても圧倒的に水量が少ない。
とても水を汲んでどうのこうのというものではない。
どうして奈良側は、水場がほとんどといってよいほど無いのだろうか。
その昔、水利を巡って骨肉の争いがあったように聞いたこともある。
結果、奈良側は大阪側に負けて、水はすべて大阪側に流れるように
人為的にされてしまったとかいう理由だろうか。

今日は本当に暖かく、金剛山くらいの高度では暑いくらい。
山頂9時半の気温が12℃だった。
捺印をするとすぐに折り返し、香楠荘の近くでお昼をとる。
重装備の食料で行ったので、いろんな物を食べて飲んで
休憩時間も半端ない一時間半近く。
ほんとにピクニック気分だ。
こんなに暖かくて天気が良いのだったら、最近ハマりつつある
大峰山系への登山でも良かったなぁと思いつつ。

下山は「小和道」という、これもまた未踏のルート。
こちらはあまり人が利用しない手つかずなルートで、
テーピングが無ければどちらへ進めば良いかわかりずらいルートだと思った。
雰囲気的には、思わずあの坊領ルートを思い出した。
なんとなく似てる。
こちらには「欽明水」という水場があるが、
残念ながら水を汲めるようなものではなく水たまりのような感じだった。
そして最後に、下山がようやく終わったなと思わせる民家に出ると、
いったい自分がどこに居るのかさっぱりわからなかった。
車を止めた駐車場の雰囲気がない。
どんどん下りていくしかなく、とうとう車で通過した広域農道に出た。
そしてたちまち居場所を認識。
それは駐車した場所からとんでもなく離れているという事だった。
それからというもの、車がびゅんびゅん走る広域農道をひたすら歩き。
しかもさらに下って行ってる。
車を止めたところはもっと山側のほう。
ようやく広域農道から山側に上がるポイントに着いて、
そこからさらに1キロ近く登ってやっと到着。
なんという遠回り。。
あんなところに出ると最初からわかってたら・・・。

ようするに予習不足だった。
疲れたな~。

その他の画像は以下より。
20091107-1.jpg

20091107-2.jpg

20091107-4.jpg

20091107-5.jpg

20091107-6.jpg

20091107-7.jpg

20091107-8.jpg

20091107-9.jpg
早朝からの金剛山、お疲れ様でした。

新しい道を歩かれ、また金剛山の奥深さを感じられたことと思います。

昨日は暖かくて、休憩もゆっくりしちゃいますよね。

これからも、新しいルートが増やしていってください。
[ 2009/11/08 18:06 ] [ 編集 ]
精力的な山行、羨ましく感じます。
このコースなんか、考えただけでもう止めよ!? 寺谷から登ろう!?(^^ゞ なんて思ってしまう私です。

ジェットボイル・・・使い心地はいかがですか?
焼き鳥とか鍋でコトコト炊くことは出来るのでしょうか?
昨年すごく心が動いた商品だったので・・・。

話しは戻して、このルートを使って毎日登山されている方を知っています。
ロングウオークですが、本道をコチョコチョと登って降りることと比較すると、いかにもレンセイという言葉が似合います。
[ 2009/11/08 19:51 ] [ 編集 ]
こんばんは。
どうやら終盤で道を間違えたようです。
小和道から登ればよかったなと思いました。
まだまだ金剛山未踏のルートは数えきれません。
これからも楽しんでいきます。
ありがとうございます。
[ 2009/11/08 20:03 ] [ 編集 ]
こんばんは。
天ヶ滝道、小和道、共に
後から確認してみましたら意外とロングルートでした。笑
大峰山系の後だけに、どうも感覚がおかしくなってました。
本道に比べても試練の道なんですね。
あまりにも登山者が居なくて寂しいので、
そういう面でも試練を強いられてしまいますね。
ひとり山歩きも私は好きですが、ちょっと奈良側の寂しさは
堪えます。。
ジェットボイル、コンパクトでわりと軽量なのでおすすめです。お湯を沸かすということに割り切る必要がありますが。
空だきには絶対要注意が必要です。
ご覧のとおり、鍋全体をネオプレーンというウェットスーツの素材で包んでいるので、フライパン的な高温だと溶けてしまいます。液体ものが入っていれば大丈夫です。
私の場合、後の手入れが面倒なので、お湯を沸かす以外の、鍋が汚れてしまう使い方はやらないつもりです。
私のは縦長なので、袋ラーメンにも適しません。
鍋タイプのほうをおすすめします。
ポットタイプを買っても鍋タイプを買っても、
それぞれを部品で買い足せます。

[ 2009/11/08 20:13 ] [ 編集 ]
こんばんは
天ヶ滝新道なんて本当に予想もつきませんでした。
奈良側とは聞いておりましたが・・・

「天ヶ滝新道」名前だけは知っておりましたが
ルートとか細かく調べた事もなかったです。
「天ヶ滝」は、妙見の滝より高いのですか、
でも読まして頂くと人が少ないみたいですね

山頂9時半からがっつり朝食?昼食?
天気もよさそうですね!最近のキバラーさまは
天気運がいいのでは?楽しさが伝わってきます

下山の「小和道」も「天ヶ滝新道」同様
名前だけは知ってはおりましたが・・・

下山後も予想外の所に出られたみたいで
またこのルートの事詳しく聞きたいです。

おつかれさまでございました。

※あーちんさまが水を汲んでいる写真の
 下の写真は何かの植物?
[ 2009/11/09 19:41 ] [ 編集 ]
こんばんはキバラー殿。
「ザ・金剛山」いつも楽しく拝見させて頂いております。
今回はロングコースでしたね、お疲れさまでした。
さて自分は最近になり金剛山に登り始めました。
今度カトラ谷ルートで登りたいのですが、コースの状況は
どうでしょうか?
台風の後でのレポートではかなりコースが゜荒れている様ですが^_^;
[ 2009/11/09 19:47 ] [ 編集 ]
こんばんは。
金剛山への各登山道を動画で紹介しているのは、こちらのザ・金剛登山以外は
知りませんのでとても重宝しております。
美しい写真と共にルート上のランドマークを捉える上手さと、人物が画面に入って
いることで、その場の立体感が把握し易く、新しいルートや久しぶりに通るルートの
場合は過去の記事を探して動画を確認してから登ることも多いです。

これからも新しいルートに挑むキバラー様の記事を楽しみにしています。

追伸
水面に浮かんでいるかのようなモミジがとてもいいです。
PCの壁紙にするとお洒落ですね。
[ 2009/11/09 22:46 ] [ 編集 ]
本当はクソマルルートの予定でしたが、
直前になって、なんだかずいぶんわざわざ山の正反対(ほとんど対角線側)
に行かないと行けないのと、出たところが久留野峠ルートの杉並木の所
であったりすることを考えると、ちょっと戦意喪失してしまいました。

お昼は実際には10時頃から11時半過ぎまでで、ゆっくり
しすぎました。
ラーメン、ごはん、カレーせん、お汁粉、キットカット、コーヒーという感じです。塩分もカロリーもオーバーですね。大峰ならこれでちょうど良いのですが。

あーちんが水を汲んでいる写真の次の写真のキノコ?
のような植物は何なのかさっぱりわかりません。
あ~ちんによると、触ると煙が出て怒るそうです。
[ 2009/11/10 21:03 ] [ 編集 ]
はじめまして!
katsuyukiさまは最近金剛登山を始められたのですね!
人それぞれきっかけは様々だとおもいますが、
お互い、がんばって続けて行きましょう!
カトラ谷ルートは、台風後、たしかに荒れてる部分はありますが、
前よりは登りにくくなった等の悪い要素は何もありません。
安心して登ってください。
[ 2009/11/10 21:04 ] [ 編集 ]
いつもながらありがとうございます!
たしかに動画はめずらしいかもしれませんが、
あとから見た自分でも、とても参考にならないなぁと思ってます。
結局、人を撮ってるだけのような。。
進入口や出口の様子は、慣れない方が不用意に行かれないよう
あえてはずしています。
このところ動画もマンネリぎみです。
コンパクトデジカメは、夜にはめっぽう弱く、
静止画ではISO感度を上げればなんとか撮れる場合でも、
動画モードだとまったく写りません。
夜の動画も撮りたいのですが。笑
水面に浮かんでいるかのようなモミジは、
ちはや園地と展望台の間にある木の橋の上から撮影しました。
[ 2009/11/10 21:05 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
さっそく今週末天気良くなればカトラ谷ルート行ってきます。
さて自分もカメラが趣味でキヤノンのデジタル一眼レフを使用し、よく写真を撮りに行きますが画質(特に高感度)に関してはコンパクトカメラの比ではありません、これから金剛山は樹氷の季節ですので楽しみにしております。
[ 2009/11/10 22:46 ] [ 編集 ]
いつも拝見しております。
あーちんさんの次の写真「ツチグリ」だと思います。
幼生は食べられるそうですが食べたことはありません。
秋口には胞子を吐きます。
[ 2009/11/11 14:37 ] [ 編集 ]
登りは天ケ滝新道で下りは小和道でしたか。
最近は行きませんが。不便なので?
以前は風の森から高宮廃寺跡に立ち寄り石寺跡「葛城第20経塚」経由で何度か登ったり下ったりしましたが。
天ケ瀬新道は何時も下りで御霊神社、八幡社から北宇智に、橋本で乗り換えて帰っていました。一度だけ久留野峠から北宇智に下った事もあります。金剛山の知人で京都の城陽から来られる方は下りは天ケ滝新道で北宇智に下り吉野口乗換えで近鉄で帰られます。
以前とは登山道は変わったのでしょうか?
[ 2009/11/11 19:01 ] [ 編集 ]
良いカメラをお持ちなんですね。
もし拝見できるブログやサイトをお持ちでしたら
ぜひ紹介してください。
自分以外の方が撮られた写真にとても興味があり
参考になります。
[ 2009/11/11 21:18 ] [ 編集 ]
はじめまして。
コメントありがとうございます。
「ツチグリ」という単語、聞いたことがあります。
これがそれですか。
胞子を吐くのは自然現象なんですね。
触ると吐くのもまんざら間違いではなかったんですね。
ありがとうございます。
とても奇妙な形のナニカなので、
触るなんてとてもできませんでした。
[ 2009/11/11 21:21 ] [ 編集 ]
登りが小和道で、下りが天ケ滝新道なら迷うことなかったのですが。
小和道の終盤で、高宮廃寺方向にしっかり舗装された
コンクリートの道が付いてました。
とても気になってましたが、時間の関係でそちらには
行きませんでした。
高宮廃寺というのは、廃寺というくらいなので
朽ち果てたナニカがあるのかと思ってました。
正確には高宮廃寺跡なのですね。
登山道は変わった様子はありませんでした。
kosiziさまは北宇智駅から登られてたんですね。
だとしたら相当な健脚ですね。
遠回りしてしまった我々ですが、北宇智駅から登ることを思うと、騒ぐほどのことはなかったなと思います。
とても北宇智駅からの距離を登ろうというところまでは真似できそうにありません。
[ 2009/11/11 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ