FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

今年は空前の登山ブームなのか!? 

今年は空前の登山ブームなの?金剛山を登っていると実感が無いように思うが、
少なくとも富士山では過去最高の人出だったそうだ。

おしゃれな女子登山の入門本なども数多く出版されたりと、
若い女性への門も開かれてきて、かっこいいウェアや登山スカートを履いて
スタイルから入るとあこがれもあるのかもしれない。
ブームといえば、自転車もとんでもないことになっている。
登山本の比じゃないほどたくさんの本も出ているし、金剛山への道中でも自転車乗りがいつでも多い。
しかもみんな格好がまず決まっている。サングラスも良いねぇ。
それなりにかっこいいなというウェアは、
パイロットや警察官を初めとした制服に通じるものがあるかもしれない。
ウェアを着ることで気持ちが山向きに切り替わり、
ヨシ!今日もがんばって登るぞ!という気合いが入る重要なアイテムのひとつだ。

その昔、回数登山なんて想像すらしていなかった頃、
金剛山はごくたまに(年に数回くらい)は行って運動しようという感覚で登った。
といっても頂上はあまり開放感がないので、いつも千早園地止まりだ。
ルートだって、千早本道と念仏坂の伏見峠ルートと、久留野峠ルートしかその存在を知らなかった。
千早本道の階段は単なる苦行にしか思えないのと、山頂には興味がなかったのでほとんど利用せず。
伏見峠ルートのたまに車だって通るコンクリートの坂道もイヤ。
そういうわけで久留野峠ルートを多用していた。
ちはや園地まで着くと、もう十分運動した感があって、さらにあと30分もかけて
どうして山頂に行く必要があるんだ?みたいな調子。
ちはや園地にて、ちょっとした炊事や弁当を食べることが唯一の楽しみだった。
その楽しみが無いなら(登って何も食べずに下りるだけなら)山に行く必要もないという意識。
おまけに、山を登るのなら土曜日しかイヤで、次の日が休みであることが大事。
もちろん日曜日は家でゴロゴロして休養するための日だ。
山に登った翌日に会社なんてしんどいから日曜日に山に行くのはイヤ、という軟弱ぶり。
かならず月に一度、ワンコと一緒に金剛山に山頂まで登っている(捺印はしない)という
イトコのおばさんが居て、とんでもない鉄人だなぁと思っていたほど。
回数登山を始めて50回以下の頃でも、山頂でたらふく
(弁当はもちろん、おやつやコーヒーまで完備)
食べるのが大きな楽しみのひとつだった。
それが、いまや山頂で食べることは楽しみの重要度としてはかなり低くなり、
どのルートでの登りを楽しむかということのほうが楽しみは大きいように思う。
ひとり登山なら、山頂で休憩することもほとんど無い。
軟弱ぶりを発揮していたころからずいぶん年数が経ったのに、
逆に登山に対しての気持ちが若返っていっているかのようだ。
思えば遠くに来たもんだ。笑
自分には将来的にも絶対ムリと思っていたことが、ちょっとした周りの変化やひょんなきっかけで
乗り越えていることに気付くことが誰しもあるのではなかろうか。
可能性は誰にだって十分にあると思う。
気持ちの持ちよう、考え方、ちょっと方向を変えて見ることでずいぶん変われる。
どこかで聞いた、You can Change! Yes,we can!ですね。

まだ登山を特に趣味としていない方の典型とも思える記事がありました。

[ティータイム]登山ブームの兆し(投書)
2009/09/29 大阪読売新聞 朝刊 19ページより引用

 ◇田中雅子(堺市北区、主婦、39歳)
 家族で金剛山に登ろう、と夫が言い出した。3か月前から、14キロほどの通勤
の道のりを自転車で通う。きっと、鍛えた成果を確認したいのだ。
 子どもたち3人にとって、登山は初めての体験。当日、うれしそうに登山口から
走って上がった。そのせいか、早々に疲れが出て、小学3年の次女と2年の長男は
「しんどい」「まだぁ~」「おなかすいた」と愚痴をこぼし始めた。小学6年の長
女だけが、黙々とマイペースで上がっていく。
 そんな後ろ姿を見ながら、こんなところでも性格が出るんだなぁ、と夫と苦笑した。
頂上でお弁当を食べ、山道に沿って流れる小川では足を洗い、水の冷たさに感激した。
 子どもたちには、すれ違う人たちとあいさつを交わすマナーも教えることができた。
3人は疲れたようだが、また山登りがしたい、と大満足だった。
今年の秋は我が家でも登山ブームが起きそうだ。
おはようございます。

先週は、山頂遊歩道でばったり。
私はあの道はほとんど使用しないのですが、何年ぶりかで歩いていたら・・・。

おしゃれな青年が前から2人歩いて来る・・・さて、どこかで見たような?
キバラーさんとあーちんさんの、ビューティーペアでした。

私は、登山靴に履き替えたら気合が入ります。

もう山頂におられるのかな?
本日は、残念ながら下界でウロウロします。(^^ゝ
[ 2009/10/03 09:33 ] [ 編集 ]
昨年秋に66歳(緑寿とか言うそうです)の誕生日を迎え、
未走破のダイトレ完歩を目標に歩き出しました。
今年の1月4日に雪道の千早本道から紀見峠まで完歩して
目標を達成。
その後、次の目標として二上、葛城、金剛と、折々に新し
いルートを求めて山を歩き始めた次第です。
月に1から2回出かけていますが、未だ金剛山にも未走破
の経路がありますから、今後とも楽しみにして続けていき
ます。
本当に、ちょっとした思いつきで山歩きをスタートしたこ
とになった、と思っています。

キバラー様の書き込み、動画など、いつも楽しみに、また
敬意をもって拝見しております。
そのうちどこかで、お会いすることがあるかもしれません
が、残念ながらすれ違っても…。
[ 2009/10/03 11:16 ] [ 編集 ]
こんばんは。
「ビューティーペア」という表現には爆笑しました。
たしかに登山靴も気合いが入りますね。
家からずっと登山靴を履いておくのがイヤで、
何かとけじめをつけてしまう癖があって、
登り出す直前に履いて、下山完了と同時に履き替えています。
そうすることで気持ちがきっちり切り替えれるので。
会社から帰ったらまずスーツを脱ぎ捨ててシャワーして
リラックスウェアに着替えないと落ち着かないものでして。

[ 2009/10/03 21:02 ] [ 編集 ]
なし 剛様とお読みしてよろしいのでしょうか。
はじめまして。
コメントいただきましてありがとうございます。
また、いつもご覧いただいてありがとうございます。
66歳になられてからの山歩き、
いろんな目標を立てられて実行をされているのですね。
私の母親とほとんど同じ年齢です。
(母は畑仕事ばかりですが、私はどうも畑は苦手です。)
次々と大きな目標をクリアされているのは立派です。
それにパソコンも使いこなしていらっしゃるようですね。
私も見習いたいです。
リタイヤして時間にもっとゆとりができたら
いろんな山などを巡ってみたいと思っています。
ありがとうございます。
見かけていただいたらぜひ声をかけてください。
よろしくお願いします。
[ 2009/10/03 21:13 ] [ 編集 ]
返答ありがとうございました。
名前の一字を取って、略称は「剛」としております。
>>なし 剛様
よぶんなものをつけてしまって、ごめんなさい。

今日は先日キバラー様がたどられた、坊領ルートというのをたどりました。
道の駅に車をおいて、セトまで4時間。休憩と見学をのぞけば3時間ほど
でしょうか。私の足ではそれくらいかかります。いい天気の日曜ですのに
セトまでどなたともお目にかからない、寂しいルート。
キバラーさんが書いておられた、クモの巣には私も閉口しました。
[ 2009/10/04 17:36 ] [ 編集 ]
剛様
こんばんは。
坊領ルートを攻略されたのですか。
それはすごい!
あの難ルートは案内をプリントして持っていっても
悩むポイントが数多かったばかりか、
とても寂しいルートなので、よく登られましたね!
ご無事で何よりです。
坊領ルートに勝るとも劣らないルートがあるようなので
またチャレンジしてみます。
元気がでました。
ありがとうございます。
[ 2009/10/04 21:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)