生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第155回  (2009.9.5) 

20090905-6.jpg

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (3分2秒)


月が変わって9月最初の登山は夜登山。
このブログを通じて知り合いになったTAKESHIさんと寺谷ルートから。
午後、といっても夕方からの登山は、
いつもなぜか気力、スタミナ共に減退ぎみ。
そういえばブログを始めるより前に攻略したことのある五條林道ルートが
とんでもなく長くてしんどいと思ったのは、午後から夕方にかけて登ったからかも。
長距離登山ならなおさら早朝にスタートすべきだ。
朝早ければ早いほど距離を伸ばせる。
寺谷ルート程度にしておいてよかった。
今日はTAKESHIさんと一緒だったので、しゃべくっているうちにすぐに水場に着いた。
夜登山が目当てなので、撮影しながら時間を消費するも、
山頂には少々早く着いてしまった。
18時の気温は20℃。
山頂では登山者が2,3人いた程度だ。
ところが他に、パトカーが来ていて警官が2人いた。
何かあったのかと尋ねてみたら、
行方不明者発生かもしれないという通報があったそうだ。
詳細は、青崩ルートで老夫婦を見たという登山者からの通報で
陽が暮れるまであまり時間の無いという状況で、
とても完歩できそうもない足取りで歩いていたので保護してほしい
というようなもの。
しかし、その後、そのような老夫婦が確認できなかったそうだ。
警官から、青崩ルートから下山するのなら確認してもらえたらありがたいと
いう主旨の事を打診されたが、あいにく、念仏坂のほうに車があるので
後ろ髪引かれる思いの中、断らざるを得なかった。
先週末、自分も、道が不慣れそうな年配の女性が
ひとりで水分道を目指しているのでどっちへ行けばいいのか相談されたが、
下山に使うには困難なルートと知りつつも案内してしまった。
ちょっと後悔の念。
山頂の国見城趾広場で陽が暮れるのを待っていたら、
だんだん寒くなってきた。
非常用に持ってきていたレインウェアを羽織ろうかと迷った。
その時の山頂の気温は19℃へ。
日がとっぷりと暮れてから夜景を眺めて、ちはや園地経由で伏見峠の念仏坂から下山。
途中、香楠荘に泊まっている宿泊客と思われるカップル一組と、
まっくら闇のちはや園地で遊ぶ子供たちと遭遇。
夜道を明かりを灯して歩くのは、サバイバル体験のようでいつもながらなかなか楽しい。

その他の盛りだくさん画像は以下より。
20090905-7.jpg

20090905-1.jpg

20090905-5.jpg

20090905-4.jpg

20090905-10.jpg

20090905-3.jpg

20090905-12.jpg

20090905-11.jpg

20090905-8.jpg

20090905-13.jpg

20090905-14.jpg

20090905-2.jpg
Check [ 2009/09/05 23:19 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(4)
魅惑の金剛山夜間登山へお一人様ご招待ですね。(笑)
国見城跡広場から、眼下に広がる無数の光と夕焼けの組み合わせは最強ですよ。
これを見てしまったらもう引き返せないでしょう。
このまま、積雪期の夜間登山に挑戦されそうな勢いですね。


道案内に関しては、私の場合案内はしますが、時間によっては止めるように忠告はします。
ただ、それでも行くという場合はお気をつけてと言って別れます。

夏に夕方登山をしていて、文殊岩のところで寺谷ルートの下山路の行き方を
尋ねられたことがありました。
問い合わせを受けた時間から下山の時間を計算すると、ライトがいらない時間には
念仏坂に合流出来ると思われましたが、相当薄暗くなることが予想されました。
小学校低学年ぐらいの子供を連れた親子だったのですが、人気がない薄暗い山は
子供にとっては恐怖心が相当感じることでしょうし、街着姿だったので、
念仏坂ルートで下山することを強く勧めました。
結局、寺谷ルートで下山を開始したのですが、最終的には当人の自己責任になりますね。





  
[ 2009/09/06 21:03 ] [ 編集 ]
こんにちは キバラーさま

この度は金剛登山同行させていただきありがとうございました。
特に夜登山は小・中学以来で大人になってからは初めてでした。
大変楽しい(怖い)思いをさせていただきました。

夕日&夜景も大変奇麗で今回は初体験が多くて
(キバラーさまとの登山もほぼ初体験)
いい思いをさせていただきました。

そしてキバラーさまの
ブログを更新される為の色々な努力、
大変驚きました

いつも何気なく拝見させていただいているのですが

こんなにも・・・

色々書きたいの事はあるのですが、
ここではやめときます。

青崩ルートの老夫婦の件、私も気になっておりました。
車の事がなければ青崩ルートで私も下山したかったです。


で、次の日なぜか早く目がさめ
『もしかして昨日の事更新されているかな~』
と思いPCを立ち上げてビックリ・・・

私のいけてない画像&動画が・・・
それも満載・・・

正直、うれしいのと
自分の姿に悲しいのとで
複雑な心境(笑)


写真の技術は最高ですが
モデルが最低です・・・・

そしてこの時から
私のダイエット計画スタートしそうです。

私がこのブログを拝見させていただくようになって
約1年、まさか自分が掲載される日がくるとは
夢にも思っていませんでした。

できましたら次、
冬のツツジ尾ルートぐらいで
リベンジさせてほしいです

冬登山の完璧なレイヤリングで
二ノ滝の氷爆バックで
お願いしたいです(笑)

絶対にお願いします。

今回は楽しい思いをさせていただき
ほんとうにありがとうございました。

またぜひよろしくお願いします。
[ 2009/09/07 12:45 ] [ 編集 ]
夜登様
こんばんは。
以前、拝見した夜登様の日没寸前の綺麗な写真を撮りたくて
挑戦してみましたが、同じような写真は撮れませんでした。
夜登様のレベルは相当高いところにおありなんだなと
思い知らされました。
これから日が短くなるので、夜登山の機会が増えるかもしれませんが、本当は早朝登山をしたみたいのですが、
意志の弱い自分自身に勝てなくて起きられません。
親子の方を案内されたんですね。
たまにそういう人がいるので心配ですね。
[ 2009/09/07 20:38 ] [ 編集 ]
たけし様
こんばんは。
丁寧な長いコメントいただきありがとうございます。
今回はたけしさんがいらっしゃったので、
ちょっと張り切りすぎました。
いつもはしんみりと、もっと地味で撮影も適当です。
たけしさんはいい体格されてますよ。
さすがスキューバやられてたということが納得です。
自分の場合、何もやってこなかったので、
ひょろ高いだけです。
今でこそいくら食べても太らなくなりましたが、
金剛山に登る前は、食べたら食べただけ
皮下脂肪になるのを自分でも気付くほどでした。
今より7,8キロは太ってましたよ。
また次回、よろしくお願いいたします。
[ 2009/09/07 20:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ