生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

山ラジオ 

20090904-1.jpg
SONY 『ICF-RN930』 TV(1ch-12ch)/FM/AM/NSB1・NSB2

※SONYから山ラジオとして出ているのは『ICF-R100MT』のほう。

金剛山を登っていると、よくラジオの音を垂れ流しながら歩いている人がいる。
ぜんぜん迷惑じゃないけど、なんだか便利そうだなぁと思って
自分も装備の一つに加えることにしたのが二年ほど前。
それ以来ずっとザックに入れっぱなしなのが上のもの。
しかし、実際はほとんど聞いている暇などなくて、まったく出番がないので新品同様。
一度だけつけっぱなしにしておく必要があった日があった。
某国からミサイルが発射されて、日本のどこに着弾するかわからないという
緊急事態のその日にちょうど金剛山に登っていた。
もしかして近くに着弾することもありえるかもとずっと気になって聞いていたのだ。
そして、それ以来、また聞くのをご無沙汰したままだ。
ひと気の無い山道をとぼとぼ歩いたり、千早園地でキャンプでもしたりすることでも無い限り、
ラジオを聞く気持ちのゆとりがないのか。
それよりも、風のざわめきや、鳥の鳴き声、などなどの自然に聞こえる音に耳をかたむける
ほうが良いと思うからか。
常日頃、一人での夜登山が怖いと言っているが、もしかしてラジオを鳴しておけば、
ずいぶん恐怖感が和らぐのではないかと今、気がついた。
今度、夜登山で実践してみよう。

先日、新聞を見ていたら、「山ラジオ」なるものが紹介されていた。
SONYのウェブサイトを見てみると、たしかに
「山の名前から周辺の放送局を簡単選局。登山やハイキングに便利な山ラジオ」
という商品「ICF-R100MT」が載っていた。
ふむふむ。
自分のコレは、この商品が出るすこし前に買ったのでソニーの言う「山ラジオ」ではない。
おおむね機能は似ているが、自分のは「ICF-RN930」という型番のもので、
この大きさで受信できるものは何でも対応したものが良いとこだわったので、
AM/FMはもちろん、TV放送地上波の全チャンネル、さらにラジオNIKKEI放送など
短波放送にも対応したものなので、山ラジオのスペックを超えているのがうれしい。笑
もちろんスピーカー内蔵なのでイヤホンで聴く必要はない。

以下は山ラジオの「ICF-R100MT」と共通の機能である。
デジタル時計,アラーム,タイマー,オートオフ,スーパーエリアコール,AMワイドなどなど。
いじっていて、よくわからないメニューが「サテライト」。
これは何だろうか??
Check [ 2009/09/04 20:52 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(0)
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ