FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

『Klean Kanteen』 ウォーターボトル 

20090807-1.jpg

現在考えられる「最高の安全素材」を求めてつくられたボトル

あんなにあっちでも、こっちでも、シグ、シグ・・とほざいていたのに、
なにを、敵!?に寝返ったか、裏切ったか、SIGGを買わずに
Klean Kanteen(クリーンカンティーン)」(ステンレス)を買った。
さらにオプションのステンレスキャップも買って、安全性では最強に。
10年選手の古いSIGGウォーターボトルを使い続けていて、
特に最近、自分のまわりのTさんやら友人のAさんらが、
SIGGの「スイスクオリティ」(共に1リットル)を所有しているのを横目で見ていたので
ますます早く買い換えたいなぁと思っていた。
それほど重要なアイテムなのに、ズルズルと後回しにしてきた。
そんな悲願の金剛登山用ウォーターボトルがこれになったというわけである。

Klean → Clean (清潔で綺麗な)
Kanteen → Canteen(水筒)

※こうして英語の文字をわざと変える遊び心って結構好きだったりする。
 他の例:Satisfaction(喜び)→SatisFAXion(あるファクシミリの会社の広告に使われていた一例)

さて、「Klean Kanteen」を買ったのは、決して先日紹介した「実戦主義道具学」に
載っていたからとかいうわけではない。(そう単純じゃない 笑) ※ちなみに載っていません。
また、決してSIGGがダメと言うわけでもない。
たまたま、アウトドアグッズのセレクトショップ「A&Fカントリー」のカタログ(800円)を
眺めていたら、つい「これだ!」と決めてしまった。
最終的にはこんなサイトの能書きを読んでしまったもんだからイチコロに心が傾いた。
アルミよりステンレスのほうが良いのはわかっていたが、なかなか見つけられずにいたからだ。

Klean Kanteen」は、57種類あるステンレス合金の中でも、
ニッケルの含有率が最も低い、極めて高品質な「304ステンレススチール」を使用。
樹脂製のキャップはBPAフリー。
SIGGボトルとほとんど同じサイズで軽い!
「Klean Kanteenのボトルは妥協をしません。」←こういう言葉に弱い!

※A&Fカントリーは、ミナミだと「なんばパークス」に、キタだと梅田ギャレ(モンベルの近く)に、
 さらには関西最大級のシュッピングモール「西宮ガーデンズ」内にもリアル店舗がある。
 いままで存在を知っていながらも、縁が無いと思っていたこの店に
 靴(後日紹介)をはじめ、今年の夏からなぜか急接近。 最近やたらと気になるショップである。

20090807-2.jpg
キャップもステンレスにしてしまえる純正別売品も買った。

[ 2009/08/09 20:27 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(0)
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)