生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山「大日岳」シンボルの現在と過去 

20090326-1.jpg

金剛山で、山頂広場(国見城趾)より少し標高の高い所に位置する「大日岳」(1,094m)。
山頂広場から眺める下界の眺めとはまた違った、ワイドなスケール感がある。
高さも違えば、眺める方角も違うので新鮮。

さて、そんな「大日岳」であるが、奈良方向を向いた所にご覧のようなシンボルがある。
約二年前と今とではずいぶん変化しているのが見てとれる。

昔と今の金剛山、ほとんど変化が無いように思えて、実は気づかないだけで、
少しづつ、確実に、変化していっているのだろう。
それは人も、まわりも同じ。
いつまでも過去と同じままでは決して無いのだと思う。
こんばんは、キバラーさま。
私が初めてこの看板を見たときは、すでに右の状態でした。
しかし、見事にスッキリとしたシルエットになりましたね。
場所柄、強風で飛ばされてしまったのでしょうか。

同じ場所を撮影していると、なんだか消化試合みたいになりますが、
こうやって過去の写真と比較してみると、変化がないと思われていたことが
実は少しずつ変化していたことが確認できるので、
地味だけれど意義のあることに思えます。

色々なホームページを閲覧していて思ったのは、
金剛山の定点観察写真というジャンルは見かけませんでした。
だから、こういうことは貴重なことだと思います。
[ 2009/03/26 23:19 ] [ 編集 ]
夜登様
こんばんは

おっしゃるとおりですね。
夜登様からのコメントで、あらためて目が覚めました。
毎週のように登山していて、
あたりまえのようにいつもそこにあるものには
もう目にすら入っていないことが多々あります。
実際、この大日岳のシンボルは、
2年前、とりあえず夕暮れに映えていたので撮影したのですが、
先日の夜景撮影で、2年ぶりに大日岳に訪れたときも、
同じものを何度撮っても無駄だと思いつつ
なにげに撮影しただけなんです。
毎日の変化のないように思える日々の写真も、
撮っといてよかったと、あとから思える事がきっとあるかもしれませんね。
ありがとうございます。
[ 2009/03/27 21:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ