FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

千早赤阪村村長がメタボ対策に金剛山登山アピール 

20081001-8.jpg
大阪府の橋下徹知事と対談する千早赤阪村の松本昌親村長(左)
(画像は産経ニュースより)


千早赤阪村の松本昌親村長(写真左)ですが、どこかで会ったことがあるかも?と思ったら
しいたけセンター「まつまさ」の経営者だそうで、先日も「まつまさ駐車場」内をうろうろ
されていたこの見知らぬおじさんから「こんにちは~(^o^)/~」と必要以上にニコニコと挨拶され、
駐車場の経営者かな?ぐらいに思っていたら、
おそれ多くも千早赤阪村の松本昌親村長だったようです。汗;

では松本村長はどのようにして金剛登山をアピールしているのでしょうか。
詳細は以下より。 【町村情報】千早赤阪村 メタボ対策に金剛山登山アピール
2008/04/28 産経新聞 大阪朝刊 25ページより引用

 「メタボ対策には金剛山の登山がちょうどええで」-。千早赤阪村の松本昌親村長が、
名刺で地元の金剛山への登山をアピールし、村おこしに活用している。
 生活習慣病の予備軍と考えられているメタボリック・シンドローム(内臓脂肪症候群)。
国は今年度から医療保険の保険者が妊婦などを除く40~74歳の医療保険加入者を対象に
健診を義務づけた。
 松本村長はこれまで、名刺の裏に「金剛山に登ろう」と記し観光客誘致のPRに一役買
っていたが、メタボ健診が義務づけられたのを機に、積極的にメタボ対策を打ち出して
金剛山登山をアピールすることにした。
 松本村長は「メタボの人が減れば国や府、市町村の医療費削減につながる。金剛山への
登山で健康を維持できるし、行政は財政的にも助かるし一石二鳥」と話す。
 名刺の裏で村おこしができるなら安い宣伝。厳しい財政事情のなか、村が誇る美しい観
光資源をアイデア一つで活用し、生き残りを図る。「銭がなければアイデアで勝負」と松
本村長。名刺効果がどこまで発揮されるか期待も高まる。
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)