FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

宍粟50山 千町ヶ峰・段ヶ峰・杉山 (2019.11.16) 

20191116-0.jpg
段ヶ峰山頂にて

ここは巨大な箱庭か!?これまでに無いパターンに魅了された

関係ないけど御座候(ござそうろう)というと高島屋でお馴染みの回転焼き。
今回、可能であれば5座候できればええなぁと思いきや、まったくの時間切れ。
5座というのは、千町ヶ峰、段ヶ峰、杉山、笠杉山、大段山の周回だ。
結果的には3座で終わったが、それでも尻尾までアンコの詰まった鯛焼きよろしく
登山開始から下山完了してザックを下ろすまで充実の山歩きだった。
なにこの登山者に対する許容力というか包容力というか自由感は?
どこを切り取っても時間がゆっくり流れていて急かされない感じが他にはない気がする。
お金はいらんからゆっくりしていってなぁって言われてるような登山者ウェルカムな感じ。
山と高原地図には掲載の無い山域ならではの静かな山、踏み跡の薄さ。
それでもきっちりゴールへと導いてくれて、途中エスケープもオッケー。
台高でもない、比良でもない、ましてや鈴鹿や大峰にもないパターン。
季節も良かったのが大きいかな。
夕方、どこからか帰ってきた手押し車の小さいおばあちゃん、
「もうすぐ日没なるよぉ、車は下千町に停めたんかぁ?」って声かけてくれた。
地元の会う人会う人が、こんにちは、こんばんは~って。
いいなぁ。
下山後に行った一宮温泉まほろばの湯
一風変わっていて、なんと!浴室が畳だった。(≧∇≦)
しょーもないソープやシャンプーではないし、シャワーは勝手には止まらないし、
温泉は食塩泉だし、なかなか良い温泉じゃないか~。

そんな魅惑の写真は以下より。
20191116-2.jpg
Geographicaログ  ※反時計回り周回

20191116-1.jpg

20191116-4.jpg
登山口駐車場
駐車スペースを無料で提供してくれている。

20191116-3.jpg
前方から来た。

20191116-5.jpg
この日はついぞ僕の車一台だけだった。

20191116-6.jpg
え?あの細い橋を渡るの?

20191116-7.jpg
端を渡る?橋を渡る?一休さん?

20191116-8.jpg
頑丈なので余裕のよっちゃん

20191116-9.jpg
お~い、いつまでそこで遊んでるね~ん。
もぉええって。

20191116-10.jpg
前方の建物は厠(かわや)

20191116-11.jpg
あれは何だ?瞑想小屋?

20191116-12.jpg
立派な固定標識で「奥に蜂の巣あり」って、年中無休の蜂の巣か?!

20191116-13.jpg

20191116-14.jpg
何やらいっぱい建造物があるなぁと思ったら、
ここは無料のキャンプ場だそうだ。村長に連絡すれば利用できるらしい。
あれれ?登山道がわからなくなった。。

20191116-15.jpg
標識が無いと迷える森だ。

20191116-16.jpg
標識が無かったら難解だぞ。

20191116-17.jpg

20191116-18.jpg
こんなところを登るとは予想GUY

20191116-19.jpg

20191116-20.jpg
落ち葉で踏み跡が消失

20191116-21.jpg

20191116-22.jpg
この頼りない標識がなければどっち行けばよいかわかりにくいぞ。

20191116-23.jpg

20191116-24.jpg

20191116-25.jpg
前方に明るい自然林帯

20191116-26.jpg
でらい岩だ。。

20191116-27.jpg

20191116-28.jpg

20191116-29.jpg

20191116-30.jpg

20191116-31.jpg

20191116-32.jpg

20191116-33.jpg
枯れたシダ類と松の木

20191116-34.jpg
茂ってるシダ類と馬酔木
まるで道なき道を進んでいるように見えるがルートである。

20191116-35.jpg
通常ピンクテープは林業者がよく使うものだが、
ここでは指標になった

20191116-36.jpg
弘法の池は見に行ったけど
シャッターを切るほどのものではなかった。(^^ゞ

20191116-37.jpg
ゴッホの絵みたいな

20191116-38.jpg
面白い生え方をした松の木

20191116-39.jpg

20191116-42.jpg
千町ヶ峰(せんちょうがみね)山頂にて

20191116-40.jpg

20191116-41.jpg

20191116-43.jpg
あれは次に向かう段ヶ峰か!遠いぞ。

20191116-44.jpg

20191116-45.jpg

20191116-46.jpg

20191116-47.jpg

20191116-138.jpg
GPアンテナ

20191116-139.jpg
通信小屋か?

20191116-48.jpg

20191116-49.jpg
前方の段ヶ峰に向けて一旦下山

20191116-50.jpg

20191116-51.jpg
舗装林道に着地

20191116-52.jpg
林道崩落箇所を補修中、端っこを通らせてもらう。

20191116-53.jpg

20191116-54.jpg

20191116-56.jpg

20191116-57.jpg

20191116-58.jpg

20191116-59.jpg
あの建物は何だ?

20191116-135.jpg
悠友山荘ってところだった。
何やら宴会準備で盛り上がっておられた。
まさか山荘の直下が登山口だとは。

20191116-61.jpg

20191116-62.jpg

20191116-63.jpg

20191116-64.jpg

20191116-65.jpg

20191116-69.jpg
あれ?もう山頂なの?

20191116-68.jpg

20191116-133.jpg
日本庭園を彷彿させる段ヶ峰山頂付近。

20191116-67.jpg
あれは杉山だろうか?

20191116-70.jpg
夫婦松か双子松か、そのどっちかだろう。

20191116-71.jpg
振り返ると、あれが歩いてきた千町ヶ峰だ。

20191116-75.jpg
段ヶ峰山頂

20191116-77.jpg
横から・・

20191116-136.jpg
山頂看板の後ろから・・

20191116-72.jpg
山頂からの眺めは格別だ。

20191116-73.jpg

20191116-74.jpg
あそこは生野高原登山口付近のゴルフ場か?

20191116-79.jpg

20191116-80.jpg
生野高原登山口からの稜線
あの稜線を歩きたかったなぁ、裏から来たから段ヶ峰は一瞬で終わる。
失敗したかのように思われたが、今回のルートはそれなりに最高だった。

20191116-81.jpg
あそこは通らないけど行ってみたい
お昼する場所を求めて向かうも途中で小雨が振り出し
予定のコースへ引き返し。

20191116-82.jpg
こちらの庭園でお昼にするも、小雨が降ったと思えば晴れたり。
最終的には濡れたものは乾いてくれた。

20191116-134.jpg

20191116-83.jpg

20191116-84.jpg

20191116-85.jpg

20191116-86.jpg
さっくさく

20191116-87.jpg

20191116-102.jpg
前方から登ってきた

20191116-89.jpg
杉山に向けて

20191116-92.jpg
視界がひらけた

20191116-90.jpg
歩いてきた段ヶ峰の稜線が見えた

20191116-91.jpg
あと少しで杉山だ
良さそうな予感

20191116-96.jpg
バックは段ヶ峰だ  ※画像クリックで拡大できたりします

20191116-99.jpg
杉山山頂にて

20191116-98.jpg
良いところすぎて泣けてきた

20191116-100.jpg
モリゾー

20191116-101.jpg

20191116-103.jpg
踏み跡は見当たらない
サックサク

20191116-104.jpg

20191116-105.jpg
山上庭園

20191116-107.jpg

20191116-106.jpg

20191116-108.jpg

20191116-109.jpg

20191116-110.jpg

20191116-111.jpg
同化して見える

20191116-112.jpg

20191116-113.jpg

20191116-114.jpg

20191116-115.jpg

20191116-116.jpg
天保14年(1843年江戸時代)と彫られている

20191116-117.jpg

20191116-118.jpg
舗装林道に着地
ここから笠杉山に登るか思案するも
タイムオーバーの日没になりそうなので断念。

20191116-119.jpg

20191116-120.jpg

20191116-121.jpg

20191116-122.jpg

20191116-123.jpg

20191116-124.jpg

20191116-125.jpg

20191116-126.jpg

20191116-127.jpg

20191116-128.jpg

20191116-129.jpg

20191116-130.jpg

20191116-131.jpg

20191116-132.jpg
[ 2019/11/19 22:33 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(6)
お疲れ様です。

なかなか難しい漢字、、「しそう」ですか。
いろんなところに50名山あるんですね。
地域活性化かもしれませんが、ここはちょっと遠いな。

そういえば軌跡は何となく、たい焼きみたいな、、、、^^;
[ 2019/11/21 15:04 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
宍粟という漢字は見たことがあったのですが、「しそう」と読むのは先日まで知りませんでした。(^^ゞ
「ししぐり」とか「あなぐり」とか漠然とそんな感じに思っていました。
穴という字じゃないし、ましてや栗でもないし。(≧∇≦)
遠いですが良いところでした。
近場にちょっと疲れたら、異郷の地に行くのも良いものです。
なるほど、とんとんさんの大好きな日本一たいやきみたいな軌跡ですね~。(^^)



[ 2019/11/21 20:05 ] [ 編集 ]
この辺りは行ったことがありませんね。
ちょっと遠いからかな?
この時期、寒くなるし、日没が早いので高くて距離の長い所には行けないから、こんな低山もいいですね。
でも、1月2月は積雪がありそうですね。

ちょっと興味を持ちました。
[ 2019/11/21 21:59 ] [ 編集 ]
段ヶ峰の稜線があまりにも素晴らしく、生野高原登山口からの単品周回コースから登ったら歩けたのにと段ヶ峰山頂に到着したときは後悔したものの、今回の裏側の山々周回は変化に富んでそれを上回る楽しさでした。
今回のコースでは段ヶ峰山頂付近を一瞬通っただけになりました。
山麓ものどかで良いところでしたので、山のみならず地域的にもとても気に入りました。
大昔、フォレストステーション羽賀でキャンプしていた頃は自然に向き合うことに対してまだまだ未熟でした。
[ 2019/11/22 06:42 ] [ 編集 ]
懐かしい画像拝見出来ました。

今回キバラーさん移動の山域は

2002/06/01(2002年は私の年間レコード、異なる山頂249山で
山ラン(山頂無線)ゲットしています。

①「大段山・966m」  ②「段ヶ峰・1103m」
③「千町ヶ峰・1141m」 ④「暁晴山・1077m」(無線基地)の
順に・・・・

「段ヶ峰」から対面の『千町ヶ峰』がよく望め山頂小屋(シャック)と
ポールの先に20エレメント・スタック(2段)430mhzで函館と日本海ダクト
1000キロ超え交信が可能とか、直径1m位のパラボラアンテナ
(2400mhz用?)が鎮座していました。今は廃屋状態のようですね。
この時アイボールのJR3MIX局、他2局長が運用!!
[ 2019/11/25 18:09 ] [ 編集 ]
2002年とは相当昔ですね。
小屋はまだ現役のようでしたよ。
小屋の写真を2枚追加しましたのでご覧ください。
鍵がかけられていて中を伺うことはできませんでしたが、そんなに古くないGPアンテナが取り付けられて同軸が小屋に引き込まれていました。
暁晴山は知りませんでした。
大段山は今回歩けずで残念でした。
当時はどんな様子だったのか気になるところです。
[ 2019/11/25 19:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)