FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

北アルプス 涸沢 (2019.10.26-27) 

2019102627-0.jpg

【動画編】


シーズンフィナーレは、冬支度の涸沢

【コース】 (ピストン)
さわんど-(タクシー)-上高地バスターミナル-明神館-徳澤園-横尾-
本谷橋-涸沢ヒュッテ(泊)-涸沢小屋


ヤマレコはこちら。

仕事が変わってまったく新しいシステムを覚えなくてはならず、
なかなか身につかなくて役立たずな自分に毎日疲弊して帰ってきて
連日バタンキューなのでブログが捗らず。(^^ゞ
好きなことして給料貰えたら良いんだけどね~。
ってことで遅ればせながら一週間も前の出来事になります。

アルプス遠征フィナーレは、お疲れさま打ち上げ山行。
昨年も上高地へトレッキングに来て徳澤園折返し日帰り周回だった。
あれから一年・・
つい先日来たばかりのような錯覚をしてしまうが、
まるで何事もなかったかのように一年経ったようであるが
実際には、寒い冬を越し、鼻ムズの春を乗り越えて、虫刺されの夏を過ぎ・・
たった一年間でもいろいろたいへんな事も多々あった。
良かったことと言えば長年の腰痛から開放される秘策に出会ったのは今年だ。
そしてまた秋になった。
こうして再び上高地に来れたことを嬉しく思う。
そのうち上高地が毎年恒例打ち上げイベント会場になりそうな!?

遠征は日帰り、もしくは小屋一泊という制約の中であえいでいる。
初日はどうしても仕事から帰ってからの夜移動に伴う
睡眠不足の中での長距離歩きは辛いものがある。
東海北陸自動車道の飛騨清見ICをうっかり通過してしまった。
ナビがなんかひとり事しゃべってるなぁと聞き流したって相当お疲れやね。
Uターンするための最寄りのETC出口までめちゃ遠い。。
往復で一時間ほどのロスに自分で自分がイヤになって凹んで。。
さらには、ETCカードを抜いておいて有人ゲートで申告すれば
無かったことにしてくれるのにうっかり課金させ手続きに約10分かかるとかで
それには辞退して再び飛騨清見ICまで折返し。
さわんど温泉駐車場に着いて2時間の仮眠。
予約してもらっていたタクシーが来る5:30の45分前に目覚まし。
準備をしているとタクシー会社から電話。
前日前夜の大雨で、釜トンネルから先が安全点検のため通行止めだという。
かれこれ一時間くらいうろちょろしてたかな。
そんなことなら3時間仮眠とれたのに~(≧∇≦)
無料の源泉かけ流し足湯もあったけど利用せず。
やがて空が白んできたところで通行止め解除になったとのことで移動。

あれ?まだスタートもしてないのにこんなに本文が長くなってしまった。。
あとは要点だけで。。
前日前夜の大雨で、いつもは静かな梓川が大増水。
涸沢の紅葉シーズンも終わり、穂高系は積雪もある季節となったのでハイカーは少ない。
そんなこんなで明神館までコースタイムは一時間。
徳澤園で朝食をと思っていたので軽い行動食の後、すぐに移動再開。
昨年よりはぜんぜん寒くないぞ?と思いながら歩くことさらに一時間。
徳澤園で大盛りカレーにソフトクリームで遅い朝食。
こんどは横尾に向けて約一時間の歩き。
平坦なのに横尾まで来るのにすっかり疲れてしまってる。
これから3時間の登りなのに大丈夫か?と思っていたら、
水平移動と山登りの筋肉は別だったかのように気持ちよく登れた。
冬枯れの景色もまた美しく、部分的に紅葉が残っていたのは嬉しい誤算。
今晩のお泊りの涸沢ヒュッテに到着するとチェックインよりも先にビール!
そこそこ寒いのにまさかの全員が生ビール!おでんも美味しかった。
涸沢ヒュッテは残念なことに冬支度の養生がされていて外が片付けられていた。
あれ?何やら横で変身している方がいらっしゃる。
まわりのみなさんも興味深々。
ヒュッテのオーナーとお知り合いのようで、ベテラン山ヤ風の男性が
なんとスター・ウォーズのストームトルーパーに!
一部始終をみんなで眺めてた。
変身するのにも苦労されてたけど、このコスチューム20万円くらいしたとか。
一躍、時の人となってまわりを和ませてた。
なんか良いなぁ~、こういうの。スター・ウォーズは大ファンやし。
けどストームトルーパーという名前が出てこなかった。
まわりのみなさん、ダース・ベイダーやと言うてる人が多かった。
ちなみにダース・ベイダーなら今年、又兵衛桜のところで会ったぞ。
そんなこんなで夕食の後もまたデッキに上がってきて星の撮影をするも、
ミラーレス+暗いレンズでは長時間露光でもさっぱり撮れなかった。
涸沢ヒュッテのこの日の宿泊は50名ほどで食堂も半分に縮小。
ひとり1布団は当然、4名1部屋の個室的な感じなので快適すぎて
20時なるまでに眠ってしまったし。
朝、残念ながらモルゲンロートは見られず。
グッズはバッジが売り切れ。せっかくなので涸沢小屋まで足を伸ばす。
オーナーさん?もスタッフさんも感じの良い方たちだったので
涸沢小屋バッジやTシャツまで購入してしまった。
あれ?シャツ買ったのに記念写真撮らないの?
買ってない人もいる?なにそれ~。
復路では、徳澤園で念願の野沢菜チャーハンとカレー、ソフトクリームまで。
嘉門次小屋ではみなさん、岩魚を美味しそうに食べていた。
あ、僕は魚系は苦手。。
そんなこんなで計画よりもずいぶん早く上高地バスターミナルに帰着。
再びタクシーでさわんどまで戻って、ひらゆの森で汗を流し、
自然薯茶々に無理やりみなさんを連れ込んで夕食。
明日は仕事だ、今日中に帰るのを目標に帰国の途へ。
ご一緒いただいたみなさん、今年も無事登山ありがとう。

たくさんの写真は以下より。
2019102627-1.jpg
山と高原地図2012年版+GARMIN GPSログ

2019102627-2.jpg
中央部の落ち込みは滑落ではなくGPSの誤動作

2019102627-3.jpg
さわんど温泉 湯の郷公園駐車場にて
本来ならまだ夜が明けやらんうちにタクシー移動のはずが、
前日前夜の長雨で点検による通行止めで一時間のロス
前方で湯気が上がっているのが源泉かけ流しの無料足湯

2019102627-4.jpg
タクシーメーターは5千円を超えていたが、料金は一律4200円に決まってるそうだ。

2019102627-5.jpg
上高地バスターミナルに到着

2019102627-6.jpg
到着時、霧雨もあったが雨具は必要なかった
出発は7:00

2019102627-7.jpg
梓川は昨夜の大雨で大増水
それでも濁ってはなかった。

2019102627-8.jpg

2019102627-9.jpg
みなさん、河童橋で記念写真を撮るのはなぜでしょうね。

2019102627-10.jpg
河童橋の少し隣で。

2019102627-11.jpg
いつ見ても梅花藻がゆらゆらと美しい。

2019102627-12.jpg

2019102627-13.jpg

2019102627-14.jpg

2019102627-15.jpg

2019102627-16.jpg

2019102627-17.jpg

2019102627-18.jpg

2019102627-19.jpg

2019102627-21.jpg
明神館に到着は8:00

2019102627-20.jpg

2019102627-22.jpg

2019102627-23.jpg

2019102627-24.jpg

2019102627-25.jpg

2019102627-26.jpg

2019102627-27.jpg

2019102627-28.jpg

2019102627-29.jpg

2019102627-30.jpg

2019102627-31.jpg

2019102627-32.jpg

2019102627-33.jpg

2019102627-34.jpg

2019102627-165.jpg

2019102627-35.jpg

2019102627-36.jpg

2019102627-37.jpg

2019102627-38.jpg
徳澤園に到着。9:25

2019102627-39.jpg

2019102627-40.jpg
大好きな徳澤園のソフトクリームは行きも帰りもいただいた。

2019102627-41.jpg

2019102627-42.jpg
大盛りカレーを朝食代わりに。
野沢菜チャーハンは時間限定。
復路で立ち寄っったときにいただいた。

2019102627-43.jpg

2019102627-44.jpg
再出発は10:30

2019102627-45.jpg

2019102627-46.jpg
パノラマコースへの分岐の新村橋

2019102627-47.jpg

2019102627-48.jpg

2019102627-49.jpg
バックヤードの補給路が対岸に。。(^^ゞ

2019102627-50.jpg

2019102627-51.jpg

2019102627-52.jpg

2019102627-53.jpg
横尾到着は11:35
12:00に再出発

2019102627-54.jpg

2019102627-55.jpg

2019102627-56.jpg
横尾大橋にて

2019102627-57.jpg

2019102627-58.jpg

2019102627-59.jpg

2019102627-60.jpg

2019102627-61.jpg

2019102627-62.jpg

2019102627-63.jpg

2019102627-64.jpg

2019102627-66.jpg
屏風岩

2019102627-65.jpg

2019102627-67.jpg
振り返ると蝶ヶ岳の稜線

2019102627-68.jpg

2019102627-69.jpg
本谷橋は冬支度で吊橋が撤去されていた。

2019102627-70.jpg

2019102627-72.jpg

2019102627-71.jpg

2019102627-73.jpg

2019102627-74.jpg

2019102627-75.jpg

2019102627-76.jpg

2019102627-77.jpg
何やら枯れた沢の中央に・・

2019102627-78.jpg
箱庭があった(^^ゞ

2019102627-79.jpg

2019102627-80.jpg

2019102627-81.jpg

2019102627-82.jpg
昔、京都の厳しい山岳会に入っておられたという女性と遭遇
以後、事あるごとに再会。

2019102627-83.jpg

2019102627-84.jpg

2019102627-85.jpg

2019102627-86.jpg

2019102627-87.jpg

2019102627-88.jpg

2019102627-89.jpg

2019102627-90.jpg

2019102627-91.jpg

2019102627-92.jpg

2019102627-93.jpg

2019102627-95.jpg

2019102627-96.jpg

2019102627-97.jpg

2019102627-98.jpg
見る影もない、冬支度で養生された涸沢ヒュッテの玄関口

2019102627-99.jpg
15:30には着いていた

2019102627-100.jpg

2019102627-101.jpg

2019102627-102.jpg
おでんがまた生ビールによく合う!

2019102627-104.jpg

2019102627-103.jpg
遠くに涸沢小屋

2019102627-105.jpg
サブバッグとして金剛錬成会バッグを持ってきた。
「Kongo Renseikai」の文字は刺繍

2019102627-107.jpg
テント場は閑散

2019102627-106.jpg
突如、ストームトルーパーが出現
変身するところから見てました。

2019102627-108.jpg

2019102627-109.jpg
実質、個室だった。

2019102627-111.jpg
食堂は奥の部屋のみに縮小。

2019102627-112.jpg
夕食メニューは8年前とさほど変わらなかった。

2019102627-113.jpg
でかい熊鈴。。

2019102627-114.jpg
星の撮影はぜんぶ失敗。(^^ゞ

2019102627-115.jpg
翌朝・・

2019102627-132.jpg

2019102627-116.jpg

2019102627-117.jpg

2019102627-118.jpg
ヒュッテのぞうりがシュール

2019102627-119.jpg

2019102627-120.jpg

2019102627-121.jpg

2019102627-122.jpg

2019102627-123.jpg

2019102627-124.jpg

2019102627-125.jpg
涸沢小屋

2019102627-126.jpg

2019102627-127.jpg
涸沢小屋へ立ち寄り
泊まってもないのにグッズ購入

2019102627-128.jpg

2019102627-129.jpg

2019102627-130.jpg

2019102627-131.jpg
涸沢カールよ、また来る日まで・・

2019102627-133.jpg

2019102627-134.jpg

2019102627-135.jpg

2019102627-136.jpg

2019102627-137.jpg
Sガレより振り返る

2019102627-166.jpg

2019102627-138.jpg

2019102627-139.jpg

2019102627-140.jpg

2019102627-167.jpg

2019102627-141.jpg

2019102627-142.jpg

2019102627-143.jpg

2019102627-144.jpg

2019102627-145.jpg

2019102627-146.jpg

2019102627-147.jpg

2019102627-148.jpg

2019102627-149.jpg

2019102627-150.jpg

2019102627-168.jpg

2019102627-169.jpg

2019102627-151.jpg

2019102627-152.jpg
ワラワラ・・と100頭くらいが大移動。
人間様には目もくれず、まるで無関心だった。

2019102627-153.jpg

2019102627-154.jpg

2019102627-155.jpg

2019102627-156.jpg

2019102627-157.jpg

2019102627-158.jpg
時間に十分猶予があったので「嘉門次小屋」に立ち寄り

2019102627-160.jpg
ここで岩魚を獲ってシメている。

2019102627-161.jpg

2019102627-159.jpg

2019102627-162.jpg
サカナは苦手なのでチーズの燻製にした。
涸沢でチャーハンだけにしておいてここで蕎麦を食べればよかった。

2019102627-163.jpg

2019102627-164.jpg
[ 2019/11/01 21:39 ] アルプス | TB(0) |   コメント(6)
紅葉時期としては少し遅いかったですねー。翌日何故パノラマコースの下山しなかったのですか?ピストンはもったない。屛風のコルから見る涸沢は素晴らしいです。
[ 2019/11/03 09:21 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
紅葉よりも人が多いのが苦手で、あえて時期を外したんです。
パノラマコースはかなり気になっておりまして、計画段階では盛り込んでいたのですが、大阪まで6時間以上かけて帰らなければならず、翌日は仕事が忙しいので早く帰りたいのでピストンに変更した次第です。
屏風のコルからの涸沢ですね。
ありがとうございます。
次回こそは盛り込みたいと思います。
[ 2019/11/03 20:00 ] [ 編集 ]
いいですね~!!!
この時季でも十分綺麗!
雨に濡れた落ち葉もいいですし、本谷橋辺りまではまだまだ紅葉が残っているんですね
粉砂糖を振りかけたような穂高の山々も、何て綺麗なんでしょう
そして何より、空いているのがいいな~
来年は、この季節に行きたいです(*^-^*)
[ 2019/11/03 21:07 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
紅葉がキレイでも人が多いのを考えると、シーズン終わってからの静かな涸沢のほうが良いとのことで最盛期を外したのですが、ヒュッテまで片付けられていたのと寒かったのでちょっと惜しかったかなぁ。
SACHIさんが9月に行かれたレコを改めて拝見しました。
青々としていて爽やかな涸沢が伝わってきました。
パノラマコースを歩かれたのですね。
我々も歩きたかったんですが、コースタイムを考えて断念しました。
静かな涸沢も良いけど、にぎやかな涸沢ってどんなのかぁと逆に思いました。
[ 2019/11/04 20:25 ] [ 編集 ]
いい時期に行ったと思います。
人の多い涸沢よりもゆっくりと楽しめたのではないでしょうか?
雪を被った穂高なんてなかなかお目にかかれないことですから。

前日は大雨でしたが、雨に会わなくてよかったですね。

お疲れ様でした。
[ 2019/11/05 21:35 ] [ 編集 ]
涸沢の紅葉をこの眼で見たいと思いながらも、最大級の混雑と天秤にかけると、シーズン終わってからの静かな涸沢のほうがええかなぁとの判断でした。
なるほど雪を被った穂高を見るために平湯方面にわざわざ行くことはありませんね。
前日までの雨で中止かどうかの瀬戸際でした。
ありがとうございます。
[ 2019/11/06 06:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)