FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

敦賀三山 岩籠山(インディアン平原) (2019.5.12) 

20190512-0.jpg
岩籠山 インディアン平原にて   ※みねごん、orisさん、キバラー、ko-yaさん、うっちぃさん

【動画編】


岩上からのゴキゲンな展望と広大なブナの森に癒やされた

【ルート】
 市橋登山口-(沢ルート)-夕暮山とのコル-岩籠山山頂
 -インディアン平原-ブナの森-駄口登山口


低い山だから?山と高原地図にもないマイナーな山のような扱いであるが
行ってみると、なんともバリエーション豊富なステージが凝縮されていた。
清涼感たっぷり、新緑あふれる沢ルートは大小30箇所を越える渡渉。
見上げるとスケール感のある谷。
360度展望の山頂。
まさかの笹薮ブッシュで自由に歩き回れない平原。
大きな岩が点在する荒涼感も漂う風景。
スケールの大きいブナ林は予想外。
それぞれの登山口に一台ずつ車をデポしての
歩きごたえたっぷり大満足の縦走だった。

詳細は以下より。
20190512-2.jpg
Geographica+iPhoneXログ

20190512-1.jpg
市橋登山口

20190512-3.jpg

20190512-5.jpg

20190512-6.jpg
いろいろ咲いてました。

20190512-7.jpg
反射板に案内板が要るのかな?

20190512-8.jpg
第一のプチ渡渉
この後、大小30を越える渡渉箇所があった。

20190512-9.jpg

20190512-10.jpg
ドボンする人は居るかなぁ?

20190512-11.jpg

20190512-12.jpg

20190512-13.jpg

20190512-14.jpg

20190512-85.jpg

20190512-16.jpg

20190512-17.jpg

20190512-18.jpg

20190512-19.jpg

20190512-20.jpg

20190512-21.jpg
人が切ったのか?それとも虫か動物か?

20190512-22.jpg

20190512-23.jpg

20190512-24.jpg

20190512-25.jpg

20190512-26.jpg
まるでパイプが通ってるかのような太い根っこ。
その正体は・・

20190512-27.jpg
この木の根だった。ちなみに何の木なのか判らない。

20190512-28.jpg

20190512-29.jpg

20190512-30.jpg
百花繚乱に足が止まりまくる。

20190512-31.jpg

20190512-32.jpg
渡渉の連続だった。

20190512-33.jpg

20190512-34.jpg

20190512-35.jpg

20190512-36.jpg

20190512-37.jpg

20190512-38.jpg
パッと咲いデリア?

20190512-39.jpg

20190512-40.jpg

20190512-41.jpg

20190512-42.jpg

20190512-43.jpg

20190512-44.jpg

20190512-45.jpg

20190512-46.jpg

20190512-47.jpg

20190512-48.jpg

20190512-49.jpg

20190512-86.jpg
ようやく稜線がすぐそこまで迫る。

20190512-51.jpg
夕暮山とのコルに到達
山頂まであと30分もあるのかぁ~。

20190512-52.jpg
小休止
インディアン、座らない、嘘つかない

20190512-54.jpg

20190512-53.jpg

20190512-87.jpg
※みねごん提供

20190512-55.jpg

20190512-56.jpg
ついに岩籠山山頂に到着

20190512-58.jpg
インディアン平原はすぐそばだった。

20190512-61.jpg

20190512-59.jpg
岩籠山山頂にて

20190512-60.jpg
夕暮山方向にあるマイクロウェーブ反射板

20190512-63.jpg

20190512-64.jpg

20190512-65.jpg

20190512-66.jpg
ガメラ岩だとか?

20190512-67.jpg

20190512-68.jpg

20190512-70.jpg

20190512-102.jpg
インディアン平原にて  ※画像クリックで拡大可

20190512-100.jpg
岩籠山山頂を空撮  ※画像クリックで拡大可

20190512-71.jpg
駄口登山口へ下山開始

20190512-72.jpg

20190512-73.jpg

20190512-74.jpg
ブナの森へ

20190512-76.jpg
大崩落箇所

20190512-77.jpg

20190512-78.jpg

20190512-79.jpg

20190512-80.jpg

20190512-81.jpg
下に見えるはドライブインしのはら(駄口登山口)だ。

20190512-82.jpg

20190512-83.jpg

20190512-84.jpg
ドライブインしのはらに下山完了

20190512-104.jpg
福井県産100%蕎麦 自家製菜園の野菜 辛味大根の種類の中でも紫大根
福井県産コシヒカリを使ってる、元日本料理長されていた超こだわりの蕎麦屋さん
「蕎麦処 竹もり」を狙って、まず近くの温泉で汗を流してきた。

20190512-106.jpg
近くにはソースカツ丼で有名なヨーロッパ軒もあったのでどっちも食べたかったなぁ。(^^ゞ

20190512-107.jpg
絶品でした!
[ 2019/05/14 22:59 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(4)
以前駄口登山口からのピストンをしました。その時はイワカガミが道いっぱい咲いていました。
周回コースを取ると、渡渉の連続になるのですね。
その方が面白そうですね。
駄口登山口に自転車をデポして周回コースをしてみようかと思いました。
[ 2019/05/15 22:33 ] [ 編集 ]
駄口から行かれたことがおありでしたか。
自転車周回の場合、駄口(しのはら)のほうに車を置かれて、自転車で市橋登山口へ移動されたほうが良いです。
しのはらからは下り基調なのと、午前中なら車の往来が少ないため。
およそ4kmくらいですが、下山後の移動時に道路を歩けるかと道すがら確認しましたら、歩道は無いわ、大型トラックがひっきりなしに通るわで歩くのは危険で思いの外距離があったのでムリだと判断しました。
[ 2019/05/16 06:16 ] [ 編集 ]
インディアン平原はその名前から広々とした草原を彷彿とさせますがまさに開放感がありますね。
北陸よりなのか緑が豊かです。
駅からもアクセス出来そうでまた機会があれば
行ってみたいと思いました。
[ 2019/05/25 09:02 ] [ 編集 ]
こんにちは
イカジュさんは未踏でしたか。
季節を選ぶ山で、ちょうどタイミングが良かったと思っています。
開放感抜群で山頂周辺を縦横無尽に歩き回ってみたいところでしたが、笹薮ブッシュが多少障害になります。
行く前にイメージしていたよりもコンパクトでしたが、次々と変化するステージに魅了されました。
[ 2019/05/26 12:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)