FC2ブログ

ただ山を歩くだけじゃもったいない、その時々のナニカを発見し、記憶の定着のためにもカメラを持とう。

高島トレイル 大御影山 (2019.5.2) 

20190502-88.jpg
大御影山山頂にて   ※うっちぃさん、みねごん、ピンクサファイアさん、キバラー

花のワルツ

【ルート】
 ビラデスト今津-(往:バイパス,復:古道)-大御影山山頂(ピストン)


前々日はディープで知らないルートで花の先生に二上山を案内してもらい、
平成最後の金剛登山で締めくくった。
GW、いろいろ忙しくてブログを書くほうが追いつかず
二上山に関しては省略させていただくとして、
翌日は、これまた花で有名な山へプチ遠征。
花には詳しくは無いけれど、その山にしかない花があるとか言われると
ちょっとは気になるタイプである。(^^ゞ
さて、どんな花が見つかるやら。。
結果、何度聞かされても花の名前が覚えれないし、
せっかく覚えても一年経つと忘れるの繰り返し。
しかも撮影ともなるとしゃがんで・・腰痛いやん。
無理ムリ~。
やっぱり情景や人を撮るほうが好きだなぁ
なんて思いながら登ってきた。

詳細は以下より。
20190502-2.jpg
山と高原地図2016年版+GARMIN GPSログ
最近、ガーミン機の信頼性が自分の中で揺らいでいる。
14kmを越えていたはずだ。

20190502-3.jpg

20190502-1.jpg

20190502-5.jpg
国道161号線をひた走る。

20190502-4.jpg
湖西道路はさらなる延伸工事をしていた。

20190502-6.jpg
箱館山スキー場付近
風雪が激しいのだろう、熱を発しないLED信号機の雪対策が面白い

20190502-7.jpg
国道を出たところで、猿が10匹以上居た。

20190502-8.jpg
標高を上げて行き、ビラデスト今津付近に来ると見事な八重桜

20190502-9.jpg

20190502-12.jpg
湖北、琵琶湖を眺める

20190502-10.jpg

20190502-13.jpg

20190502-14.jpg

20190502-15.jpg

20190502-16.jpg

20190502-17.jpg
登山口にて、今日のメンバーと。

20190502-18.jpg

20190502-19.jpg
古道 近江坂とある。

20190502-21.jpg
唯一の渡渉があった。

20190502-23.jpg

20190502-22.jpg

20190502-24.jpg
鈴なり・・

20190502-25.jpg

20190502-26.jpg

20190502-27.jpg

20190502-28.jpg
古道とバイパスの分岐があった。
Aチーム(バイパス)とOチーム(古道)で分かれた。下山時は逆。
結果、花の多さはともかく、バイパスのほうが快適だった。

20190502-29.jpg
なんだろ?こんな木がバイパス側に群生

20190502-30.jpg

20190502-31.jpg
西国札所のある竹生島が見えた。

20190502-32.jpg

20190502-33.jpg
ビラデスト今津のオートキャンプ場が見えた。

20190502-34.jpg

20190502-35.jpg

20190502-36.jpg
この水たまりにはイモリがたくさん居た。

20190502-37.jpg

20190502-39.jpg

20190502-40.jpg
シャクナゲが美しい

20190502-41.jpg

20190502-42.jpg

20190502-43.jpg

20190502-44.jpg

20190502-45.jpg

20190502-46.jpg

20190502-47.jpg

20190502-48.jpg
新緑が眩しい季節になってきた。

20190502-49.jpg

20190502-50.jpg

20190502-51.jpg

20190502-53.jpg

20190502-54.jpg

20190502-55.jpg
滝谷山との分岐。

20190502-56.jpg
紅一点

20190502-57.jpg

20190502-58.jpg

20190502-59.jpg

20190502-60.jpg

20190502-61.jpg

20190502-63.jpg

20190502-64.jpg
展望台にて

20190502-65.jpg
展望台はフラットで弁当適地だったが休憩もそこそこに先を急ぐことにした。

20190502-66.jpg

20190502-67.jpg

20190502-68.jpg
カタクリの裏側
金剛山では終わってしまったカタクリに、また会えるとは。

20190502-69.jpg
大谷山・赤坂山方面への分岐点
下山時はテントを背負った縦走者に多く遭遇。
早朝、国境からスタートして来たという方と喋った。

20190502-70.jpg
このようなVゾーンが多かった。

20190502-71.jpg

20190502-72.jpg

20190502-73.jpg
特徴的な曲がりくねった木

20190502-74.jpg

20190502-75.jpg
振り返ると、Oチームがさきほどの木にぶら下がっていた。

20190502-77.jpg

20190502-78.jpg

20190502-79.jpg

20190502-80.jpg

20190502-82.jpg

20190502-81.jpg

20190502-83.jpg

20190502-84.jpg
山頂到着

20190502-87.jpg

20190502-85.jpg
大御影山山頂

20190502-89.jpg
マイクロウェーブ反射板

20190502-117.jpg
のぶさんインスタへのオマージュ

20190502-90.jpg
これ以上無いと思えるほどフラットな芝生スペースがあったので昼食へ。

20190502-91.jpg
風があって3畳敷シートがめくれるなぁと思ってたら、
ピンクさんがなんとペグを持っていた。お世話になるのは二度目。(^^ゞ

20190502-92.jpg
サタケのフリーズドライをひとり侘びしく「カニ雑炊」食べていると、
出てくるご馳走の数々。萌え断サンドは2年ぶり?

20190502-94.jpg
大きな岩のあるところから山頂を振り返ると人が居た。

20190502-95.jpg
どこかで見た写真って?

20190502-96.jpg
画像クリックで拡大できたりします?
こういう感じの雰囲気が好きなんだよなぁ~、気に入った。

20190502-98.jpg

20190502-99.jpg
赤坂山方向

20190502-100.jpg
寒風峠の奥にはかすかに伊吹山が見えた。

20190502-101.jpg

20190502-102.jpg
くぱぁとクチを開けてる木

20190502-103.jpg

20190502-104.jpg

20190502-105.jpg

20190502-106.jpg
置いてかれたぁ。
誰も振り返ってくれない。。

20190502-107.jpg

20190502-108.jpg

20190502-109.jpg

20190502-110.jpg

20190502-111.jpg

20190502-112.jpg

20190502-113.jpg

20190502-114.jpg

20190502-115.jpg
おつかれさまでした。

帰路は朽木を抜けて、大原越えでGWなのに渋滞に巻き込まれず。
[ 2019/05/06 21:16 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(10)
インスタへの投稿があまりに似すぎてて
一瞬「インスタ、バグったか?」って思いました。
あの木にもぶら下がりましたし、反射板から少し離れた岩での写真も(^^)
距離は14kmなんてもんじゃなくて、僕の計測ではビラデストからの片道で7.5km以上ありました。
往復では15km越えてるはずです。
データ元はガーミンのランニングウォッチですが、今までの経験上距離に関しては正確だと思います。
[ 2019/05/07 15:40 ] [ 編集 ]
インスタやヤフブロで拝見しておりましたので、
いろいろ真似させていただきました。
あらためて記事を拝見すると、花の名前等々いろいろ勉強になりました。
インスタのアカウントを今回の記事で公開したわけですが、現時点、フォロワーさんが1人も増えておりません。(≧∇≦)
私のガーミンGPSのオレゴン600は、日本仕様じゃないのでみちびきに対応していません。グロナスには対応しているのですが、iPhoneXに精度が負けていることが多いこの頃です。
[ 2019/05/07 19:57 ] [ 編集 ]
高島トレイル・・気持ちよさそうな稜線ですね~
そして、比良でもお馴染みの花の数々・・写真が美しい。
比良からもう少し足を延ばせば行ける距離なのに、歩いたことがありません。
これなら、テント背負って2~3日縦走したくなるのも分かります。でも、水の補給はどうしているんでしょうね。比良なら、縦走の途中で水の汲める場所が何か所かありますが。
連休中、私は娘と一緒に5年ぶりに八渕の滝を歩きました。2重3重にザイルが張られ、難所の障子滝前も登れるようになっていました。といっても、ここを歩く時はやはり緊張しますが(笑)、その分、感動も大きいです。
[ 2019/05/07 21:34 ] [ 編集 ]
高島トレイル、arajinさんならきっと気に入られると思っています。
鈴鹿を思わせる雰囲気もあり、比良でもない、一種独特でした。
下山に転じてから10人以上、逆方向(テント泊)に向かわれる方とすれ違いました。
大谷山(赤坂山)方向から来られて分岐で出会った一人とお話すると、バスで来て国境を朝6時くらいにスタートして赤坂山、大谷山と縦走されて出会ったのが15時くらいでした。
みなさん、どのあたりでテント泊されるのか気になりましたが尋ねるのを忘れました。
今回のルート上では水場らしいところはありませんでした。
またもや八ツ淵の滝に行かれたのですね。
未踏なので一度は確認に行ってみたいです。
arajinさんとは長いお付き合いなのに、娘さんがいらっしゃることは知りませんでした。(^^ゞ
八ツ淵の滝、気になります。
[ 2019/05/08 06:35 ] [ 編集 ]
どこかで見たような写真が・・・(笑)
カタクリが小さくて可愛くなかったですか?
やっぱりオオイワカガミが沢山咲いてますね
葉っぱが多いので気になっていたんです
見れて良かった♪
[ 2019/05/08 23:54 ] [ 編集 ]
きたっちさんらが行かれてた山だとは知ってましたし、ブログもアップ当時に拝見しておりましたが行ったことのな山だったので細部は忘れておりました。
山頂に立つとまず目に入るのは、反射板と大きな岩。
僕でもそれぞれの近くに行ってみると思います。
そして、のぶさんのインスタを思い出して、ブログを確認して真似してみました。(^^ゞ
カタクリは金剛山と同じ大きさに思いましたが?(^^ゞ
ほぼ同じ時期に同じ山に行けて、帰ってからもきたっちさん等の記事で再確認できてより深く楽しめました。(^^)
[ 2019/05/09 06:28 ] [ 編集 ]
大御影山の花で有名な山ですね。
先日も大御影山に行こうか?赤坂山に行こうか?と迷った末に赤坂山となりました。
花の写真を撮り始めると足が止まるので、普段よりも時間がかかってしまいます。
僕が行った時もコースタイムの倍もかかってしまい。
「なんと山頂の遠い山だ。」と思いました。
帰りもやはり写真と撮りながらだったので、出発の時間の割に帰るのが遅くなりました。
デラビスト今津も山の中なので琵琶湖から少し遠く感じました。
「プチ遠征」というにはふさわしい山でしたね。
[ 2019/05/09 15:01 ] [ 編集 ]
ヨー君が行かれた一週間後に赤坂山に行かれた知人が、寒すぎて耐えきれずにすぐに下りてきたと聞きました。
さすが同じ山域だけあって赤坂山にも大御影山と同じような花が咲いていたのですね。
大御影山にも行かれたことがあるのですね。
[ 2019/05/09 22:04 ] [ 編集 ]
展望ヨシ!
お花ヨシ!
登山道気持ちヨシ!
いいお山ですよね~
お隣の赤坂山も好きですが、大御影山も負けないくらい好きなお山です
お天気にも恵まれて、お花たちもご機嫌さんですね(*^-^*)
[ 2019/05/10 21:26 ] [ 編集 ]
日中日差しはありましたが暑すぎずちょうど良い天気でした。
あんな気候がしばらく続いてくれたら良いのですが、こんどこそ暑くなってきましたね。
直近まで名前すら知らなかった山でしたが、さすが高島トレイルというだけあって良い所でした。
SACHIさんも好きな山だったのですね。
[ 2019/05/11 21:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小
よく山に持って行ってます

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)