FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

赤目四十八滝・長坂山(周回) (2019.3.23) 

20190323-20.jpg
竜ヶ谷(龍ノ覗)にて ※画像クリックで拡大可

20190323-108.jpg
琵琶滝にて ※画像クリックで拡大可

見応えあり、歩きごたえありの圧倒的存在感

赤目四十八滝に来たのは今日が初めてだと思いこんでいた。
帰ってから調べてみると過去に2回訪れていたことが判明するも
まったく何も記憶に残っていないではないか。
現代のようにお手軽に写真が撮れるデジカメというものが無い時代で
わざわざフィルムカメラを持ってきて写真を撮り現像に出す
という行為は、よほどの大イベントでもない限りやらなかったか、
もしくは撮ったかもしれないが写真をどこにしまったかもわからず
見返すことがなかったためにいつしか記憶から消えてしまったのだろう。
写真を撮るということは、鮮明な記憶としての定着化・固定化のために
非常に重要な行為だということを再認識させられた。

ナンチャッテ観光滝かと思いきや、赤目ってこんなにスゴイところだったの?
大峰や台高の秘境にも匹敵、渓谷の魅力をこんなに手軽に堪能できるなんて。。
見どころがありすぎて写真を撮る手が止まらず、
最終の滝にたどり着いてふと気づくと標準コースタイムの2倍かかってた。(^^ゞ
次から次へと現れる滝ステージに魅了されながら奥へ奥へと進むも
長坂山コースの取り付きまでも遠く、さらには最後の滝までそこそこ遠かった。
写真を撮りながらなので遅々として進まなかったので長く感じたのかも。(^^ゞ
最後の滝はさぞかしラストを飾るスゴイ滝なんだろうと思いきや
わりとノーマルだった。(^^ゞ
一般的にはそこで折り返すわけであるが、さらに奥を見やると
何やら高台にフラットになってるところが見えたので先へと進んでみた。
そこは滝の上流にあたる大きな池があり、弁当適地なベンチもある場所で、
日陰が寒いと思える一日だったが、陽のよく当たる温かい場所だった。
さらに奥に行ってみたい気持ちに駆られるほど感じの良いところで
そのまま進むと香落渓を経て曽爾高原まで通じているようだ。
お昼にしたいと思える場所だったが、復路の途中の取り付きから
まだ長坂山へと登って周回しなければならないので泣く泣く後にした。
長坂山への取り付きまで戻ってきて山へと進出してからは
まさかの激登り急登におどろおどろしい「陰」な雰囲気だ。
しかも山に入ってからいきなりくしゃみ連発で花粉症症状が顕著に。
滝コースでエネルギーの大半を使ってしまったので、
こんなステージが最後まで続くんだったら心折れるなぁと思いきや、
登り切るとガラっと様子が変わり、植林帯ではあったが
なんとも快適で明るいゴキゲンなトレイルに変化したではないか。
ここまで整備されていて美しい植林帯は見たことがないとさえ思える
そんな「陽」をもたらすような雰囲気が終わりまで続いた。
長坂山山頂は展望も無さそうでぜんぜん期待していなかったが
それよりなにより山頂の100mほど手前に、
谷側にスパッと切れ落ちた崖っぷち?上部からの大展望があり、
その爽快感はうれしい誤算であった。
遠く青山高原のウィンドファームも見える山並み。
曽爾の屏風岩を連想するほどの高度感だった。
戻ってくると朝は閉まっていた土産物店などが開いていて賑やかだった。
四十八滝というは赤目だけでなく全国にあるんだって。

<立ち寄り先>
 ・湯元 赤目山水園(日帰り温泉800円)

そんなこんなで大量の写真は以下より。
20190323-2.jpg
山と高原地図2016年版+iPhoneX(ジオグラフィカ)ログ  ※時計回り周回

20190323-1.jpg

20190323-3.jpg
朝、まだ早いので静まり返っている

20190323-4.jpg
「えんじゅの森」とある

20190323-5.jpg
「滝みちも 名張の川も ほそりつつ」という文学碑

20190323-6.jpg
温泉でも湧いているのかと思った。。

20190323-7.jpg
「じゃんじゃの水」だそうだ。飲めないらしい。(≧∇≦)

20190323-8.jpg

20190323-9.jpg
いよいよここからスタート

20190323-10.jpg
※画像クリックで拡大可

20190323-13.jpg

20190323-12.jpg
渓谷沿いを行く
しょっぱなからなかなかワイルドだ

20190323-14.jpg

20190323-15.jpg

20190323-16.jpg
何やらスゴイところに出た  ※画像クリックで拡大可

20190323-18.jpg
なんだ?あの谷は?

20190323-20.jpg
竜ヶ谷(龍ノ覗)はまるで大秘境だ  ※画像クリックで拡大可
写真ではこれが限界だが、実際に目の当たりにすると・・

20190323-22.jpg
奥まで行ってみたいが立入禁止だった

20190323-23.jpg

20190323-24.jpg
霊蛇滝

20190323-25.jpg

20190323-27.jpg

20190323-26.jpg

20190323-28.jpg

20190323-29.jpg
最初の段階からなかなか魅せてくれる

20190323-30.jpg

20190323-31.jpg

20190323-32.jpg

20190323-33.jpg

20190323-34.jpg

20190323-35.jpg

20190323-38.jpg
リモコンシャッターは便利だ

20190323-39.jpg

20190323-40.jpg

20190323-41.jpg
千手滝  ※画像クリックで拡大可

20190323-43.jpg

20190323-44.jpg
「護摩の窟」とある

20190323-45.jpg
護摩の窟

20190323-46.jpg

20190323-47.jpg

20190323-48.jpg

20190323-49.jpg

20190323-50.jpg

20190323-51.jpg
写真では入り切らず表現できない囲まれ感

20190323-52.jpg

20190323-53.jpg
布曳滝

20190323-54.jpg

20190323-56.jpg

20190323-57.jpg
滝を高巻きする

20190323-60.jpg
布曳滝の上部

20190323-61.jpg
落ち口

20190323-58.jpg
※画像クリックで拡大可

20190323-62.jpg
行き止まりかと思いきや

20190323-63.jpg
斧ヶ渕を高巻きして越える

20190323-64.jpg
20190323-66.jpg
越えてきたところを振り返る

20190323-65.jpg

20190323-67.jpg

20190323-68.jpg

20190323-69.jpg

20190323-70.jpg

20190323-71.jpg
小滝にもすべて名前が付いていて、
ここまで来るともう滝の名前などどうでも良くなってきた(^^ゞ

20190323-72.jpg

20190323-73.jpg

20190323-74.jpg
え?まだ真ん中?

20190323-75.jpg

20190323-76.jpg

20190323-77.jpg

20190323-78.jpg

20190323-79.jpg

20190323-80.jpg
右手に長坂山コースへの取り付きを発見
最後の滝まで到達したら折り返してきて、ここから登るのだ

20190323-81.jpg

20190323-82.jpg

20190323-83.jpg

20190323-84.jpg
百畳岩は大きな休憩ポイントだ

20190323-85.jpg

20190323-86.jpg

20190323-87.jpg

20190323-88.jpg

20190323-89.jpg

20190323-90.jpg

20190323-91.jpg
水はエメラルドグリーンで美しい

20190323-92.jpg

20190323-93.jpg

20190323-94.jpg

20190323-95.jpg

20190323-96.jpg

20190323-97.jpg

20190323-98.jpg

20190323-99.jpg
※画像クリックで拡大可

20190323-101.jpg

20190323-116.jpg

20190323-104.jpg
荷担滝

20190323-103.jpg

20190323-105.jpg

20190323-106.jpg

20190323-107.jpg

20190323-108.jpg
琵琶滝 ※画像クリックで拡大可

20190323-110.jpg
えらいところに通路が。。

20190323-111.jpg

20190323-112.jpg
ついに最後の滝に到着するも・・

20190323-113.jpg
わりと普通かな?(^^ゞ

20190323-114.jpg
折り返さずにさらに奥へ進むと弁当適地があった

20190323-115.jpg
さらに奥へ進むと池が回り込んでいた

20190323-117.jpg
ショウジョウバカマ
長坂山の取り付きまで引き返してきた

20190323-118.jpg
いきなりの激登り

20190323-119.jpg

20190323-120.jpg
右側は切れ落ちている

20190323-121.jpg
ややおどろおどろしいかな

20190323-122.jpg

20190323-123.jpg

20190323-124.jpg
登りきったところは展望ポイント

20190323-125.jpg

20190323-126.jpg
たしかに展望はあるが、ちょっと寒い

20190323-127.jpg
快適な植林帯歩きとなる

20190323-128.jpg
明るく爽やかな雰囲気であるが、花粉症は爆発

20190323-129.jpg

20190323-130.jpg

20190323-131.jpg
非常にわかりやすい案内表示

20190323-132.jpg
一旦林道に着地

20190323-133.jpg
杉の枝が落ちていたので、足先で揺すってみると
まるで黄色チョークの粉のようなおびただしい量の花粉が出た。

20190323-134.jpg

20190323-135.jpg
一瞬だけだった林道を離れる

20190323-136.jpg
この細い杉群はナニ?

20190323-137.jpg
なんとも美しいではないか

20190323-138.jpg
こんなところにもしっかり案内表示

20190323-141.jpg
まさかのビューポイントがあった。

20190323-139.jpg

20190323-142.jpg

20190323-140.jpg
駐車地付近を見下ろせた(ズームしている)

20190323-143.jpg
前方遠くには、先日登った青山高原のウィンドファームが眺めれた

20190323-144.jpg
長坂山山頂にて
ほどなく到着

20190323-145.jpg
額井山とあるが額井岳のはず

20190323-146.jpg
額井岳

20190323-147.jpg
名張市内

20190323-148.jpg
舗装林道に着地

20190323-149.jpg
ひぇ~。
揺さぶったら狼煙か煙幕のように花粉が出た(≧∇≦)

20190323-150.jpg
駐車地付近に戻ってきた。

20190323-151.jpg
赤目口駅から4km。
路線バスも出ているが、駅から歩いた猛者を知っている。
[ 2019/03/26 22:03 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(14)
大中小滝を堪能されましたね
私は幼少の頃、ここの小滝で溺れかけた苦い思い出があります。

山ラン(山頂無線)は
2002/02/24 ①「長坂山・585m」
②「大平山・712m」(宇陀郡榛原町)
③「真平山・751m」(桜井市)でした。
PS
長坂山から青山高原の風力発電 [風車] 60基が一望ですね・・(QQ)/・・
「額井岳・812m」から267キロ彼方の「富士山・3776m」が
望めることがある様です。
[ 2019/03/27 18:19 ] [ 編集 ]
JH3JFFさんがまだ幼少だった頃の赤目はどんな様子だったのでしょうね。
入水しても良かったんですね。
なんでもOKの昭和時代、良かったでしょうね。
2002年に長坂山まで来られたのに滝歩きはなかったんでしょうか。
こんな無名に近い山まで歩かれてたのですね。
青山高原の風車は60基もあるのですね。
いま知りました。(^^ゞ
額井岳から富士山が?!
先日の養老山からでも霞んでいて見えなかったのに。。

[ 2019/03/27 20:53 ] [ 編集 ]
赤目と言えば紅葉、又は新緑の季節と思っていましたが、静かなこの時期もいいですね!
滝フェチの私には、魅力的な所です(^^♪
キバラーさんも花粉症ですか・・・
辛いですよね、お大事に!
[ 2019/03/28 19:45 ] [ 編集 ]
もう35年前くらいに、職場の仲間とわいわい歩いた記憶があります。初夏の頃だったような・・記憶が曖昧ですね(笑) たくさんのみごとな滝を過ぎて、上がったところが舗装道路で、少し興覚めしたような気がするんですが。しかし、黄色い粉のような花粉がやばいです(笑)
こういうゆったり山歩きいいですね。私も、来週あたり、山桜の花見登山に、紀泉アルプス、山中渓駅~南海孝子駅まで、ゆったり歩いてみようと思っています。
[ 2019/03/28 21:30 ] [ 編集 ]
赤目のハイシーズンはどんな様子か知りませんが、紅葉の赤目はさぞ美しいのでしょうね。
今回はぜんぜん人がおらずじっくり楽しめました。
人気の場所にはあえて閑散期に行くのが好きなんです。
1000台くらい停めれる駐車場はガラガラ閑散でした。
サチさんは滝フェチでもあったのですね。
花粉症、杉花粉が終わったのか、ほぼ改善しました。
[ 2019/03/29 06:33 ] [ 編集 ]
昔に行ったことがあるという場所は、過去に行ってるとその当時のイメージをいつまでも引きずるので、昔と今との価値観の相違に気づかずについつい再訪することを考えなかったりしますよね。
舗装道路が近くにあったのでしょうか?
山深い感じでしたよ。
紀泉アルプスはいよいよ桜のハイシーズンに突入なのですね。
[ 2019/03/29 06:36 ] [ 編集 ]
僕もソロソロ行こうかと考えていました。
この時期なら静かな赤目を堪能できるかと思っています。
長坂山にはそんなにいい展望があるなんて思ってませんでした。
ちょっと楽しみです。
駅から歩いた猛者って僕のことみたいですね(笑)
今回はもう少し違うアプローチを考えています。
お楽しみに・・・。
[ 2019/03/30 21:19 ] [ 編集 ]
ヨー君が行かれて良かったとおっしゃってたのを聞き逃しませんでしたよ。
なるべく早く行ってみようとずっと思い続けていたので、今回行けることができました。
ありがとうございました。
期待以上、予想以上に良かったです。
違うアプローチ、楽しみにしています!(≧∇≦)
[ 2019/03/30 23:07 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/04/01 20:17 ] [ 編集 ]
行ったことないです。
赤目は何度も行ってるのに登山するという概念が無かったかも。
いつもハイキングや写真メイン。
ココでは思い出深い写真が何点か撮れました。
個人的には荷担滝が一番好みです。
[ 2019/04/02 02:37 ] [ 編集 ]
巌窟の滝より先はまだまだ気持ちよさそうなトレールが続いていたので、戻れる手段があればもっと先へ行ってみたかったです。
公共交通機関であれば歩き通せたかと思います。
[ 2019/04/02 06:37 ] [ 編集 ]
山のブログなので、滝だけで終わってしまえば観光ネタとなってコンセプトから外れるので半ば無理やり山とくっつけた感があるのですが、やっつけ仕事かと思った山のほうは予想以上に良かったです。
林道を詰めるなど冒険もしたかったのですが。
それよりも最後の巌窟の滝より奥へ歩き通したいと思わせる気持ちの良さそうなトレールが続いているのが気になりました。
[ 2019/04/02 06:39 ] [ 編集 ]
滝から先に登ると普通の道路が有ったような??
2~30年前に道路を渡り、落合と言う集落まで歩いた記憶があります。
国分駅から赤目口駅で降りたがバスの待ち時間が長く
タクシーはもったいないので、仕方なく徒歩で滝まで行、
48滝~落合集落まで歩き、そこからバスで名張駅まで。
丁度今の時期だったと思います、落合までの山道でタラの芽を
大量に収穫しました。長坂山は聞いたこともないですが
中々の山ですね。
[ 2019/04/02 08:43 ] [ 編集 ]
昔行ったことあるという方が多いですね。
私も記憶にないほど昔でした。
今になって再訪すると、まったく印象や価値観が変わっている自分に気づきました。
歳を重ねたもんです。(^^ゞ
タラの芽、ですか?食べたことがないです。
今の畑での旬はのらぼう菜と玉ねぎくらいでしょうか。
最後の滝の向こうまで少し行ってみた際、落合集落まで縦走?!してみたいと思いました。
[ 2019/04/02 22:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)