FC2ブログ

思い立ったが吉日、呼ばれた山に行ってきます!当ブログへわざわざお越しいただきありがとうございます。

金剛山 第641回 (2019.2.10) 

20190210-1.jpg
金剛山山頂17時のスナップショットより  ※楽しいみなさんと
ちょっとシャッター時間が早めで?腕の角度調整中の時計台ポーズを撮られた。。

自分も初めはそうだった・・のナイトハイク

【ルート】
 登り:ツツジオ谷源流ルート(本道詰め)
 下山:文殊尾根ルート+バス道歩き
 

あろうことか、カメラを忘れてきた・・。(≧∇≦)

ピンクサファイアさん、はじめまして。
顔合わせ兼ねてご一緒していただく機会に恵まれた今日、
えっらい寒いじゃないですか。
ある時はマイナス10℃だった年もあるけれど、
体感温度が気温の数値に比例するとは限らない。
今日みたいな骨身にしみる寒さ、耐えれんわ。。ほんまに。
ピンクさんは汗かいてらっしゃったけど、こっちは重ね着しても震えてた。
この差はなんなんだ。寒がりは辛い~。
歩くのが遅いし、ゆるゆるルートでとのピンクさんのリクエストにお答えして、
最初、カトラ谷の予定だったけれど、ツツジオ谷源流ルートを本道まで詰める
というルートでご案内。
ピンクさん、ぜんぜん歩くの遅くないし、
難所もあるワイルドなルートながらもまったくの余裕だった。

こんなに誰も居ない金剛山、初体験ですとおっしゃってたピンクさん。
夕方17時のライブカメラを震えながら待っていると、
5分前になってワラワラと賑やかな人が集まってきた。
いち、に、さん・・・計8名の方は同じグループのようだ。
フレンドリーな方たちで意気投合。
記念写真をお撮りしましょうか?と言うとカメラが無いとのこと。
唯一のスマホが低温でシャットダウンしたみたい。
コンデジなんかよりずっと大きくて重そうなチェキならあるとのことで
それを使って撮影。
なかなかかわいくて楽しいじゃないですか、チェキ。
チェキ、欲しくなったなぁ。
さて、早く下山しないと日没になるのでってことでお尋ねすると
百ヶ辻から念仏坂を登って来られた様子。
下山もそのルートで帰られるようなので
念の為にライトの類があるのか確認すると無いとのこと。
今どきはスマホのライトでも十分明るいが、寒さでシャットダウンしてる。
山頂気温はマイナス4℃。
ピンクさん、ライトを一つ差し上げられたものの、
さすがに見過ごすことはできず、念仏坂周りよりは近道の文殊尾根にて
一緒に下山することにした。
自分もはじめはそうだった。
あれは忘れもしない金剛山第一回目の前の捺印無しの0回目の紀元前、
2006年11月だった。
当時、山に導いてくれた友人と夕方の金剛山に登り、
山頂でのんきにかまえていたところ、とあるベテランの方から、
「君たち、ライトとか持ってるよね?」と声をかけていただいた。
「いえ、持ってません」と答えると、早く下山しないと、
日没になったら何も見えなくなって下りれなくなると教えてもらった。
当時はスマホは存在せず、ガラケーはライトがつけっぱなしにできず
10秒くらいで消えるという仕様だった。
金剛山って、老若にゃんにょが気軽に登れる山と思っていたし、
まぁ何とかなるさと思っていた。
そういう失敗を繰り返して学習してきて今があるわけで、
困っているときはお互いさま。
世の中ギスギスしてきて、他人のことに無関心で、いや関心を持つのが罪
みたいな社会にされてしまって、スマホの画面しか見てないという時代。
人が人を助けない社会になったら、人としての存在価値なんか無いよなぁ。
人の世話にならずに自分だけで生きていけるわけないのだから。
そんなこんなでフレンドリーなみなさんは、人見知りをしない明るく楽しい方たちで、
後半は漆黒の闇に包まれながらもナイトハイクというまたとない体験を
楽しまれたのではないだろうか。
ご一緒いただいたピンクさん、みなさん、ありがとうございました。

その他の写真は以下より。
スマホ写真でスミマセン
20190210-8.jpg
ツツジオ谷を行くピンクさん

20190210-7.jpg
二ノ滝とピンクさん
再び二ノ滝の氷爆が見れる日が来るのだろうか。

20190210-6.jpg
二ノ滝トラバース

20190210-5.jpg
ツツジオ谷源流ルートにて

20190210-3.jpg
山頂気温はマイナス4℃で霧氷

20190210-4.jpg
ピンクさんとの記念写真

20190210-2.jpg
楽しかったナイトハイク
みなさんと一期一会のお別れ
ありがとうございました
迷惑でなければ またご一緒させてくださいね
[ 2019/02/10 22:35 ] [ 編集 ]
今日は本当にありがとうございました。本当に感謝です。ありがとうありがとうございました。子供達もとても良い体験が出来一生忘れなません。ありがとうございました。帰り車にお乗せ出来なかったのが残念です。申し訳ないです。又機会があれば喋りかけても、よろしいですか?^_^今日は本当にありがとうありがとうございました。感謝です^_^
[ 2019/02/10 22:36 ] [ 編集 ]
今日はご一緒いただきありがとうございました。
楽しいひとときでした。
スタミナ十分で私なんかもっと軟弱です。
源流ルートは楽しめましたでしょうか。
懲りずにまたお付き合いください。
[ 2019/02/10 22:40 ] [ 編集 ]
さっそくコメントいただきありがとうございます!
比較的安全な金剛山なら許されるナイトハイク。
私はしょっちゅうなので、ひとりで暗闇を歩くとむしろ生命力が高まるような五感が研ぎ澄まされた感じになります。
でも今日はみなさんがドキドキハラハラのまたとない体験されてる様子が楽しかったです、スミマセン。
またこんなオッサンですが、見かけた際はお声がけください。
ありがとうございました。
[ 2019/02/10 22:44 ] [ 編集 ]
時々、忘れ物されるんですね。
登山靴忘れたり、今日はカメラですか~
僕もあまり使わないようなものを詰め込んで大事なものを忘れたりしてしまいます。
この日は午前中にツツジオ谷を登りました。
寒かったこともあり少しは氷瀑期待したのですが、それどころでは無かったですねえ。
又素晴らしい氷瀑見れることを楽しみにしときます。

[ 2019/02/11 20:36 ] [ 編集 ]
近場の山行きだとちゃちゃっと準備するので忘れ物が多いですね。
持ってきたはずなのに車に無いと思ってスタートしてから、持ってきたのは間違いないと気づき、戻ったら車の座席の足元に転がってました。(^^ゞ
予備バッテリーを忘れてすぐに終了ってこともありました。
いまの時期は手袋やチェーンスパイクなどを忘れると致命的ですね。
近場の低山行きでも持ち物をリスト化しておけば良いのですが。。
リスト化しておいても、入ってるはずだとチェックを怠ることも無きにしもあらず。(^^ゞ
山でホットサンドしようと思ってたのにホットサンド器を忘れたときはさすがに反省しました。

午前中に同じルートを登ってらっしゃったのですね。
われわれは15時からの遅いスタートでした。
氷爆はぜんぜんですね。。
もみじ谷第6堰堤前の倒木の氷柱カーテンのほうが見栄えするように思います。
[ 2019/02/12 06:26 ] [ 編集 ]
金剛山のナイトハイクも粋ですね

日本アルプス等へ遠征時は山岳行動の有効時間を確保する為
山小屋からヘッドランプ装着で未明に出発は結構普通なのですが・・・

一度「金剛山」の夜行登山も考えてみます。

Pink sapphireさんはGood Manです。。私も同行登山にお誘いを
受けたことがあるのですが馬力負けしそうなので丁重に
ご辞退を・・m(_ _)m・・ヤマップやジオグラフィカの先達
ですね。
[ 2019/02/12 21:23 ] [ 編集 ]
たしかにヘッデンは早朝早立ちではよく使いますね。
しかし、日没後というのは他の山では歓迎されないことが多いですね。
金剛山のナイトハイク、慣れてくると五感が研ぎ澄まされ野生の感覚が蘇ってくるのが好きです。
ピンクさん、パワフルですよね。
そして誠実な方でした!
私より背も高いですし、足も大きくまさに山男を絵に描いた感じ。
山で何かあってもおんぶして下山してもらえそうですわ。(≧∇≦)
[ 2019/02/13 06:33 ] [ 編集 ]
軽い気持ちで登っても何かがきっかけで日没を迎えてしまうこともありますね。
私も千早本道でかなり昔にあります。
月明りもない闇夜でママリンのケータイの明かりが唯一の頼りでした。
以来、どんな時でもヘッデンと雨具だけは必ず持ってます。
経験が勉強になりますね。
[ 2019/02/17 20:16 ] [ 編集 ]
すぎちゃんでも経験ありなのですね。
昔、auのガラケーの機種忘れましたがカメラのフラッシュ用のLEDライトが10秒で消える仕様だったので、そのたびにOnを繰り返してました。
経験はチカラなり、ですね。
[ 2019/02/18 06:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーもやってましたが、
お金の切れ目は縁の切れ目。(^^ゞ
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小
たまに山に持って行きます

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ