FC2ブログ

思い立ったが吉日、呼ばれたお山に行ってきます!当ブログへわざわざお越しいただきありがとうございます。

武田尾廃線敷・大峰山・安倉山 (2019.2.2) 

20190202-102.jpg
武田尾廃線敷にて

幻影の安倉山(あくらやま)は迷える森

【ルート】
 JR武田尾駅(駐車)-(電車)-JR生瀬駅-廃線敷-
 大峰山-安倉山-廃線敷-武田尾駅


雪山なんか興味ないし、めんどくさいだけやし、毎回車洗うのも面倒やし。
って言ってみたかった。(^^ゞ
今シーズンは、いや今後、スタッドレスタイヤはよう買わんので
もう雪山には行けなくなったのは確か。
それ以前に、ちょっとお腰の調子が良くなくて。。
子どもの頃から立位体前屈では指先が床につくことがなかった。
固いのが体質なんだと思っていたが、このところ腰痛が頻発しだしたので
これはカラダが固いことが原因としか思えなくなった。
ここ数年は年に一度だけ、春先にお約束のように発生していたが、
この半年の間に3回発生したのは非常事態である。
とりわけ参ったのは、ここは登り専用か?と思うような難路の
鈴鹿山中の8合目あたりでなった時は超ピンチだった。
すぐさま安全なところに移動し、湿布などの処置をしたものの
下山には適さない難路なため、痛みを堪えてヨチヨチ歩きのまま
一旦山頂まで登り、安全なルートでなんとか下山したものの
時間とともに痛みが増すことを恐れ、車に乗り込んだあとは
脇目も振らずノンストップで帰ったのが昨年晩秋のことである。
その後、これしかないと思えるストレッチを研究し、
今後はもう大丈夫だろうと思っていたところ、
正月に1回、そして先週水曜日の会議中、
椅子にもたれていただけで魔女の一撃を食らった。
最近は寝込んで四つん這いでやっと動けるというような重度にはならず
なんとかコルセットして通勤できるかな程度のダメージではあった。
この週末はさすがに観念して大病院行きかなぁと思っていたら、
それなりに回復してきたので、気がついたら山に向かっていた。(^^ゞ
長座前屈どころか足を伸ばして長座すらもできない固さはどうにかしないと
これまた一撃を食らうぞということにようやく気づいたので
今後は少しづつ肉体改造に励むことにした。
そんなこんなで、今回はなるべく平坦なところを歩くだけのハイクで
リハビリをと思い、20年ぶりくらいに武田尾廃線跡に来た。
以前は鉄橋でも枕木の上を歩くスリルあるゾーンもあったが、
今や整備されて自転車でも走れるほど整備されていた。
廃線敷に入ってから5kmほど歩いたところで
ゴールまであと20分くらいとなり、あまりにも歩き足らないので
先日の中山連山の延長線上にある鎌倉山に登ってみた。
完全フラットな廃線敷歩いてからの一時間の登りは、
金剛山のガンドガコバ林道を歩いてからのダイトレの登りか?
はたまた、上高地を歩いてからの涸沢への登りか?
いずれにしても長いフラット歩きの後の登りは心が折れそうになる。
小春日和のポカポカ陽気のトレイルは、雪など遠い夏の花火のように
いつの話?みたいな様子である。
すれ違う年配の方から「今頃の時間からどこへ?」なんて尋ねられた。
午後も2時近くになっての大峰山ピストンする人なんて居ないわな。
こんなことなら、最初から大峰山経由で中山寺に下りれば、
中山連山フルコース完踏となったかもしれないのに失敗やったなぁ。
あ、そもそも今日はリハビリだった。(^^ゞ
今日のコース、直前での思いつきもええとこである。
ピストン嫌いの自分は、大峰山のピークを取ってからは
安倉山(あくらやま)を通るルートで下山することにした。

どんな出来事があったかは以下からの写真とキャプションにて。
20190202-105.jpg
山と高原地図(北摂・京都西山)2012年版+GARMIN GPSログ
生瀬駅から北上して大峰山を時計回りに周回して武田尾にゴール

20190202-7.jpg
駅から6km少々ほぼフラットだった

20190202-106.jpg
右に少し見えるは先日登った中山連山縦走の軌跡

20190202-107.jpg
温泉橋は渡らず、
武田尾駅手前400mほどのところにある駐車場(500円/日)からスタート

20190202-8.jpg

20190202-9.jpg
JR福知山線大阪側の隧道

20190202-10.jpg
武田尾駅は無人駅

20190202-11.jpg
武田尾駅から2駅(190円)の生瀬駅に降り立った

20190202-13.jpg
大阪方面へ去っていく普通車

20190202-14.jpg
わりとすぐに新快速が爆走してきた

20190202-15.jpg

20190202-16.jpg
87年間も運行していたという旧国鉄福知山線の隧道跡か?

20190202-17.jpg
国道176号線の交通量が半端なく多く、排ガスがたまらん。。

20190202-6.jpg
地図を見ると、グリーン色に引いたルートが通れたら
国道歩きを避けることができるのでは?と思った。
ただし、南側は中洲をも跨ぐ大きな橋があったが、
この時点では北側の川を跨ぐ橋があるのかどうかが不明だった。

20190202-18.jpg
ようやく一瞬だけ国道脇から離れられた。

20190202-19.jpg
中国自動車道の下を通り抜ける

20190202-21.jpg
交通量が多くてなかなか渡れない国道を渡って下ったらいよいよ廃線敷だ。

20190202-22.jpg
取り付きは100m先とある

20190202-26.jpg
さきほどの地図のグリーン線の通りに歩けるとしたら、
あの水管橋みたいなのが渡れないと降り出しに戻ってしまうが??

20190202-23.jpg
はるか遠くに廃線敷や先行する人が見えた

20190202-24.jpg
廃線敷への取り付きへすぐには向かわず、
あの水管橋が歩けるのかどうか確かめに行くことにした。

20190202-27.jpg
ようやく水管橋にたどり着いた。
人は渡れなさそうな。。。

20190202-28.jpg
ダメ元で階段を登ってみると・・・

20190202-29.jpg
余裕で通れるではないか!
国道なんか歩くんじゃなかった。。

20190202-25.jpg
、だそうである。

20190202-30.jpg
いい天気すぎて、今日はどこの山も最高だろうなぁ

20190202-31.jpg

20190202-32.jpg
キラキラとまぶしい 。

20190202-33.jpg
今日は誰も歩いてないぞ?

20190202-34.jpg
ちょっと振り返る。
中国道とさきほどの水管橋が見える。

20190202-35.jpg
人が居なさすぎ。

20190202-0.jpg

20190202-37.jpg

20190202-38.jpg

20190202-39.jpg

20190202-40.jpg
やってきた道を振り返る

20190202-41.jpg
最初のトンネル

20190202-42.jpg
ヘッデン、パイルダーオン!
最近ではだれもが持ってるスマホのLEDライトでも必要十分であるが、
昔は懐中電灯が必須で、消費電力の多いクリプトン球の電球だったなぁ。

20190202-43.jpg
やっと出た。

20190202-44.jpg
トンネルがたくさんあるので、ヘッデンはつけっぱなしで。

20190202-45.jpg
枕木美

20190202-46.jpg

20190202-47.jpg

20190202-48.jpg

20190202-50.jpg

20190202-51.jpg

20190202-52.jpg

20190202-53.jpg

20190202-54.jpg

20190202-55.jpg
どれが姉さん岩で、人面岩で、なんとか岩なのか、もうどうでもええような。。

20190202-57.jpg

20190202-56.jpg

20190202-58.jpg
昔は下が丸見えの枕木の上を歩いた鉄橋。
あんときはスリルあったのになぁ。

20190202-59.jpg
鉄橋を渡ってトンネル抜けたら川が左手に移動していた

20190202-60.jpg
たいていのハイカーはこの親水広場周辺でお昼にする広い場所

20190202-61.jpg

20190202-62.jpg

20190202-63.jpg
水が泡立ってる濁っているなぁ。

20190202-64.jpg
大峰山への取り付きはここである。
再びここに戻ってくるのはいつになるだろうか。

20190202-65.jpg

20190202-5.jpg
ピストンを嫌って、このように時計回り周回した。

20190202-66.jpg

20190202-67.jpg
春が来たかのような青々とした葉

20190202-68.jpg
まるで新緑のようだった。
常緑樹なのか?

20190202-69.jpg
東屋を経て・・

20190202-70.jpg
林間広場でお昼にした

20190202-75.jpg
低山里山ならではのピュア100%の自然林

20190202-76.jpg
なにやら西方向の山に弁当広場のような場所が見えたが、またもやゴルフ場か?

20190202-77.jpg

20190202-78.jpg
別の水管橋が見えた

20190202-79.jpg
いつか見た、座ることを拒む椅子、
いや、そこらへんに落ちてた石ころの標本か?

20190202-80.jpg
なかなかご機嫌なトレール

20190202-81.jpg

20190202-82.jpg
冬枯れで木漏れ日が眩しい
日焼けしそう、暑っついの~。

20190202-83.jpg
樹木の枝分かれって、人のカラダの血管のようで、つまり人も万物

20190202-84.jpg
大峰山山頂

20190202-85.jpg
三角点

20190202-74.jpg
ここでLCRの呼び出しチャンネルに大野山(おおやさん)天文台から
いながわHK630」局さんとつながり交信いただいた。
その節はありがとうございました。

20190202-71.jpg
受信履歴から相手局のGPS座標を確認すると確かに天文台直下だった。

20190202-72.jpg
0.5Wで17kmは山頂同士ならメリット5で余裕である。

20190202-73.jpg
大峰山から安倉山へ移動中、
生石高原の「わかやまSK747」局がメリット3で入感。
取り込み中だったので応答できなかったが、その距離80km以上!
そういえば金剛山から比叡山間(約50km超)と交信できたんだった。

20190202-86.jpg
大峰山からは迷える森だった。
枝道が多く、3種のアプリをフル活用しないとややこしい場所だった。

20190202-87.jpg
ここですら看板の方向と、やや左の方向に微妙に分岐していて、
それぞれが全く別の方向に行ってしまう低山ならではの難しさ。
ちなみに安倉山はなんとも変わった他にはない不思議な一面があった。
看板に注目。

20190202-90.jpg
でかでかと安倉山と書かれた看板には
安倉山は700m先のような書き込みが。

20190202-91.jpg
いくつ目の看板だったか、
やや近づいてきたところではこのような書き込みが。

20190202-89.jpg
三角点を見つけるのに時間がかかった。

20190202-88.jpg
そこには山名板は無く、ここまでが迷路のようだった。
まるでフラットな安倉山、どうしてそうまでして惑わすのか?

20190202-92.jpg
これを見てほしい。
このような看板が至るところにあるので幻覚を見てるようになるのだ。
はやく逃げよう!(≧∇≦)

20190202-94.jpg

20190202-95.jpg
どっちへ行けば・・

20190202-96.jpg
全山松茸山だと書かれた「あかまつ展望台」からの展望

20190202-97.jpg
ズームしてみた

20190202-93.jpg
帰りに行ってみた「宝塚北SA」は
ウェルカムゲートがあって一般道からも立ち寄れる。

20190202-98.jpg
この山は何?の気になる山。

20190202-99.jpg

20190202-100.jpg
廃線敷まで戻ってきた。

20190202-101.jpg
廃線敷合流点からさらに20分ほど歩いて・・

20190202-103.jpg
ゴールが見えてきた。

20190202-104.jpg
ゴール!
20年前とは大きく様相が異なっていた。

20190202-1.jpg
もしかしたら日没までに間に合うかも!とまたもや伊丹空港にやってきた。
しかし、間に合わなくて暗闇に。(^^ゞ

20190202-3.jpg
着陸態勢の旅客機が連なって下りてきた。

20190202-2.jpg
タッチダウン!

20190202-4.jpg
だから暗すぎるって。。(^^ゞ
Check [ 2019/02/05 22:11 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(16)
私はここへは、西宮名塩から行っています。
排気ガスにやられることが少ないので、、^^;

ここには改修前後4,5回は行っていますが、改修前の鉄橋を渡るときのドキドキ感を覚えています。
もうそれができなく、安全を考慮してなので仕方がありません。
(枕木の犬釘もうないやろーな^^;)

お隣の大峰山。当時は行けることすら知っていなかったので、機会があれば、、、^^;
そうそう、武田尾駅の先に無料の足湯がありますが、行かれたことはありませんか?
ここに行ったとには、タオル必須でいつも寄ってからの帰路になります。
(安倉山 あれだけあったらホラー、、><)
[ 2019/02/06 07:48 ] [ 編集 ]
光陰矢の如し

2017/02/04キバラーさん、金剛山登拝・500回から2年経過
ますますのバイタリティ―にいつも感心しています。

今回の山域は、2000/04/02 1day

①「持兼山・77m」(阪大豊中キャンパス校内)②『カケ渡山・290m』
③『長尾山・302m』④剣美山・475m」⑤『中山・478m』
⑥『大峰山・552m』の6座へ山ラン(山頂無線)していました。

「安倉山・465m」は山ラン無効!で不明です

「この山は何?」→「古宝山(ふるぼうさん)・459.4m」?
武田尾駅の北、3キロですが・・・・
[ 2019/02/06 15:05 ] [ 編集 ]
雪山なんか興味ないし、めんどくさいだけやし、毎回車洗うのも面倒やし 
何て言わずに次の寒波が来たら、霧氷でも見に雪山行きましょう
俺の車で中古のスタットレスタイヤで歩きが遅く体力ナイですが
どこか 良い所考えといて下さい
[ 2019/02/06 21:53 ] [ 編集 ]
キバラーさんこんばんは!
「秘境駅」という言葉に釣られて武田尾駅に降りた時の事を思い出し懐かしくなりました。私が登山を始める数年前で…この頃は写真くらいしか趣味がなかったので、こちらのブログに辿り着かなかったら、きっと鉄道ヲタク(撮り鉄)になっていたかもしれません^^;

当時は登山というワードがアタマに無かったので廃線をちょこっと歩いて帰りましたが、この記事を拝見して次は登山とセットでまた行ってみたくなりました。

チョット遠いですが日本一のモグラ駅と呼ばれている土合駅はもっとスケールが大きいみたいです(行ってみたい)。登山に関係ない話ばかりでスミマセン^^;
[ 2019/02/07 01:58 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/02/08 07:42 ] [ 編集 ]
毎回国道沿いを歩いて排ガスまみれになってます。
水道管が歩けるなんて知らなかった。
次回からはそうすることにします。

お互い歳をとりました。僕も12月に軽いギックリ腰になってました。
今までこんなことはなかったのに・・・という気持ちです。

腰痛ではないけど、冬山は足が攣るのでなかなか足が向きません。
23日の土曜日が休みなので、調子とお天気が良かったらどこかに行きませんか?
[ 2019/02/08 13:15 ] [ 編集 ]
その発想は先入観にとらわれすぎてありませんでした。
なるほど山と高原地図を見ると2012年版でもすでに西宮名塩駅からのコースタイムが書かれていますね。
昔からそういうアプローチができたのでしょうか。
何度か歩いていますが、すべて電車で生瀬からでした。
あの枕木だけの鉄橋はスリルありましたよね。
今では自転車でも余裕で完走できる幅広でフラットになっています。
枕木は残っていて、その上を歩くのは歩幅と合わず歩きにくかったです。
犬釘は探せば落ちてるかも。
大峰山系とまぎらわしい名前はやめてほしいですよね。
足湯はしりませんでした。
あのあたりはずいぶん変わってました。
高級旅館「あざれ」なんかもできてますし。
日帰り食事プラン2500円。
いいかもって思ってたら、入浴付きは+1800円でした。
どんだけ~。
安倉山はホラーです。
[ 2019/02/08 21:32 ] [ 編集 ]
JH3JFFさんを動画で撮らせていただいたあの500回からはや2年ですか。
ほんとに光陰矢の如しです。。
山に入ると風景はさほど変わらないのに時間だけが経過して行き、気づいたら一日が終わってるというパターンですね。
もし山登りをやってなかったら、その時間は何をやっていただろうかと考えることがあります。
良いのか悪いのか、膨大な人生の残り時間を山に費やしています。
JH3JFFさんは2000年頃に登られてたのですね。
きちんと整理されて几帳面に記録されてらっしゃるのですね。
そういうところを見習いたいです。
古宝山ですか?地図で調べてみました。なるほどですね!
登れる山のようですね。
ミステリアスだそうです。
[ 2019/02/08 21:32 ] [ 編集 ]
お誘いありがとうございます。
その時には腰も万全になってますように。
果たして次の寒波は来るんでしょうか。
今日なんてかなり温かいですね。
もう次の雪と会える気がしません。
pink sapphireさんが体力無いなんてことはないでしょ。
活動日記を拝見するとかなりの行動力と体力が伺えますよ。
その点、僕なんかかなり軟弱なほうなので。。
[ 2019/02/08 21:32 ] [ 編集 ]
本格的な装備で冬山を楽しんでおられますね~。
あの美しい青い空の雪景色を見ると、
寒がりの自分でもさすがにひと目見に行きたくなりましたわ。
mizuiさんも武田尾歩かれてるのですね。
昔から有名な廃線跡ですから、関西人で歩いてない人が居たらモグリなくらいですよね。
私のブログの影響で?山に?
だとしたら、ひとりの人生に影響を与えられたということで続けてきた甲斐がありましたわ。(^^ゞ
さすがに廃線ハイクだけだと山ブログだけに無理がありそうなので、無理やり山歩きもくっつけた感アリアリなんですよね。
モグラ駅、土合駅、共にそんなキーワードも初耳でした。
いちおう国鉄時代は鉄道ファンで、鉄道模型なんかも好きでしたが、いかんせん関西圏止まりでしたから。
今の車両はあまり個性がありませんねぇ。
土合駅、気になっていろいろ調べてみましたが、群馬県ですか!
どの山とひっかけた記事にしましょうか。
谷川岳でしょうか。(^^ゞ
[ 2019/02/08 21:33 ] [ 編集 ]
ヨー君もやはり生瀬から国道歩きという昔のメジャールートだったのですね。
私だけかと思って心配になってました。(^^ゞ
ヨー君、何が災いしてか、眼や足や、そしてついに腰ですか。
23日、珍しく土曜日がおやすみなのですね。
予定させていただきます。
連絡先は以前の流水・・ドコモのままでしょうか。
[ 2019/02/08 21:33 ] [ 編集 ]
キバラーさんの雪山嫌いは食わず嫌いかと思いますが(笑)
私もスキーは若い頃信州野沢温泉スキー場などに通いつめ、けっこう経験しましたが、登山の雪山はゲレンデとはまるで違う気がします。
雪に蔽われた山は、普段の山がまるで別世界になります。雪が無ければ降りることもできないような急斜面(ほぼ崖に近い)が、雪山ならば、アイゼンとピッケルを使い、あるいはワカンを履いて、爽快に駆け下ることができます。目に入る景色も普段見慣れた山でも、まるで違う山を歩くような新鮮さがあります。異次元の世界をさまようような緊張感とスリルがたまりません。
この冬、年末の寒波では、新雪が降ったばかりで、下山してきた女性の「トレースの無い雪面に突っ込んだら胸まで埋まった」という話に気圧され、コヤマノ岳で引き返しましたが、1月6日に予定のルートを歩きとおすことができました。武奈ヶ岳~畑のバス停に下山したのが夜の8時、笹峠から真っ暗闇の雪のナイトハイクは、めちゃめちゃスリルがあり、おもしろかったです。
キバラーさんも、毛嫌いせずぜひどなたかと雪の山へ行ってみてください。
[ 2019/02/08 23:25 ] [ 編集 ]
新名神と繋がる迄は渋滞状態化の中国道の下にこんな歴史を感じさせられる場所があるなんて知りませんでした。
腰を大切になさって下さい。
[ 2019/02/09 01:04 ] [ 編集 ]
スキーは2000年一桁台の頃は大好きでした。シーズンが来るのが楽しみで仕方なかったです。
日帰りで北陸はよく行きましたが、登山では遠征する気になれないのは、arajinさんがおっしゃるような感動体験ができていないのかもしれません。
足かせなく歩けて森林浴ができる適度な山登りで十分だと思っているのは今も昔も変わらないのですが、arajinさんは今シーズンも比良で雪まみれになってらっしゃることから、おっしゃることは確かなのでしょう。
まだ間に合うなら、行ってみようかと思っています。
そうなると道具が必要で、ワカンが先か、ピッケルが先か、またはその両方か。
胸まで埋まったんじゃ自力脱出困難そうで怖いですね。
ましてやプチ滑落して頭から突っ込んだりでもしたら、仲間と行っていてもすぐに助けられるとも限らず雪山の怖さもありますね。
arajinさんの熱意に負けそうです。

[ 2019/02/09 18:00 ] [ 編集 ]
中国道名物の宝塚渋滞は、新名神開通後も経験しております。
いつもあの慢性渋滞するあの高速の下がまさかのここだったとは、です。(^^ゞ
ありがとうございます。
[ 2019/02/09 18:01 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2019/02/10 09:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
かれこれ連続何回出場!?
カウントダウンタイマー
45th 大阪府チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーもやってましたが、
お金の切れ目は縁の切れ目。(^^ゞ
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小
たまに山に持って行きます
おおさかSK124
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ